現在位置の階層

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. フロンティア医学研究所分子医学部門の佐久間准教授の研究チームの発表論文が、「Laboratory Investigation (Volume 96, No 4, April 2016) 」の表紙を飾りました

お知らせ

フロンティア医学研究所分子医学部門の佐久間准教授の研究チームの発表論文が、「Laboratory Investigation (Volume 96, No 4, April 2016) 」の表紙を飾りました

 本学医学部附属フロンティア医学研究所分子医学部門の佐久間 裕司准教授の研究チームの発表論文が、北米病理学会の機関誌「Laboratory Investigation (Volume 96, No 4, April 2016) 」の表紙を飾りました。
■掲載誌:Laboratory Investigation (Volume 96, No 4, April 2016)
■発表者:医学部附属フロンティア医学研究所 分子医学部門 佐久間 裕司准教授の研究チーム
■掲載論文タイトル:
 “Prolyl isomerase Pin1 promotes survival in EGFR-mutant lung adenocarcinoma cells with an epithelial-mesenchymal transition phenotype”
 「プロリン異性化酵素Pin1は上皮間葉移行を生じたEGFR遺伝子変異陽性肺腺癌細胞の生存を促進する」
  • 事務局経営企画課企画広報係
  • 発行日:2016年04月04日