現在位置の階層

  1. ホーム
  2. プレスリリース・メディア
  3. 當瀬細胞生理学講座教授の新コラム「真健康論」第11回

プレスリリース・メディア

當瀬細胞生理学講座教授の新コラム「真健康論」第11回

當瀬細胞生理学講座教授の毎日新聞連載コラム「真健康論」第11回「高齢者に必要な体力は」(11月6日毎日新聞掲載)

真健康論:第11回「高齢者に必要な体力は」=當瀬規嗣(札幌医科大学医学部細胞生理学講座教授)

 人は年をとるにつれて、「体力がなくなった」と思うことが多くなります。

 例えば、走るとすぐに息が上がる、階段を上ると次第に足が上がらなくなるなどです。もう少し違う場面もあります。夜更かしすると次の日に体が重くなる、仕事を集中してやっているが、頑張りがきかないなどということがあります。

 よく考えると、先にあげた二つの例と、後にあげた二つの例は、異なることだと気が付きます。前者の「体力がない」という意味は、運動能力が明らかに低下したことを指しています。一方、後者は運動ではなく、持続力やストレスに対抗する力の低下を意味しています。つまり、一口に体力といっても、実に広範でさまざまな人の能力を含んでいる言葉だということです。

 ところが、普段、体力測定というと、50メートル走のタイム、ボール投げの距離、前屈の度合いなど、とにかく運動して測ることが当たり前になっています。確かに、これらの測定は体力を量的に表すのには適当でしょうが、この方法では「頑張りがきくのか、きかないのか」は分からないでしょう。

 体力測定はあくまでも、運動するための体力を測っているに過ぎないからです。あえていえば、体力測定が好成績だからといって、病気にならないわけではありません。体力抜群のはずのスポーツ選手だって、早くに死んでしまうこともまれではありません。

 一方、スポーツは全くしない、体の細いおばあさんが長生きしていることも、よくあります。体力が衰えたお年寄りに体力増進のためにと、やたらと運動を奨励するのは、果たして正しいことなのか、大いに疑問です。特に、足腰にトラブルを抱えたお年寄りに体力をつけるための運動が必要でしょうか。

 もっと、別な方法があるような気がします。つまり、運動、スポーツから見た体力ではない、日常を健やかに過ごすための体力の尺度が必要なのではないかと思います。

 その尺度があれば、もっと効果的にお年寄りのためや、高齢化に備えるための体力増進法が開発できると思うのです。体力のためにと熱心に運動して、足腰を痛めてしまった人を見るにつけ考えてしまいます。(とうせ・のりつぐ=札幌医科大教授)=次回は20日掲載
(とうせ・のりつぐ=札幌医科大教授)

毎日新聞 2011年11月6日 東京朝刊(毎日新聞社許諾)
  • 経営企画課広報
  • 発行日:2011年11月07日