平成27年度札幌医科大学短期留学助成事業研修報告会

平成27年度の札幌医科大学短期留学助成事業研修報告会を行いました【11月30日実施】

画像スライド集

記念撮影

写真左から、仙石 泰仁作業療法学科長、後藤 幸枝さん、島本 和明学長、當瀬 規嗣国際交流部長

報告のようす
報告のようす
報告のようす
 平成27年11月30日(月)、札幌医科大学短期留学助成事業に基づき、短期留学を終えた本学大学院保健医療学研究科理学療法学・作業療法学専攻博士課程後期第1学年の後藤幸枝さんが、島本学長への研修報告を行いました。
 本事業は、本学の大学院生、研究生及び研究医に、海外の大学における研修の機会を与え、国際水準の研究者を育成することにより、本学の研究及び教育水準の向上を目的として、平成20年度に創設され、これまでに5名の大学院生や研究生を派遣しています。
 平成27年度は、後藤さんがカナダのアルバータ大学・グレンローズリハビリテーション病院で、約3ヶ月間の研修を行いました。
 報告会では、後藤さんから、自身の専門である作業療法学に関する研修内容や成果についての報告のほか、アルバータでの生活についてエピソードを交えての話がありました。

発行日:

情報発信元
  • 事務局経営企画課主査(国際・学術交流)