平成27年度保健医療学部公開講座(第3回目)の開催

平成27年度の保健医療学部公開講座第3回目を本学で開催しました【7月23日開催】

画像スライド集

保健医療学部公開講座第3回目のようす
講師は、看護学科の長谷川 真澄教授

テーマは「入院してボケないために~せん妄の予防と対応~」

公開講座のようす 
公開講座のようす

平成27年7月23日(木)、平成27年度の保健医療学部公開講座第3回目を開催しました。

本学を会場に開催するこの公開講座は,道民の皆さまの健康づくりに貢献することを目的として平成9年から開催し、今年で18年目を迎えます。

今年度第3回目となる今回は「入院してボケないために~せん妄の予防と対応~」テーマに開催し、せん妄の症状や予防法、発症時の対応などについて看護学科の長谷川 真澄教授が講演しました。20代~70代の51名の皆さまが参加され、熱心にメモを取りながら長谷川教授の話に耳を傾けていました。参加者からは、「家族がせん妄になった時にも落ち着いて対応できそうなポイントが多くあった。」「大変勉強になった」との感想が寄せられました。
 次回第4回目の公開講座は9月10日(木)17時から、「元気は足から!足の諸問題と靴の選び方」(講師は、理学療法学科長の片寄 正樹教授)です。足にまつわる様々な問題と靴の選び方について、わかりやすく紹介します。皆さまのご参加を心よりお待ちしています。

発行日:

情報発信元
  • 学務課保健医療学部教務係