大地みらい信用金庫及び留萌信用金庫との包括連携協定について

大地みらい信用金庫及び留萌信用金庫と包括連携協定を締結しました【6月13日調印式】

画像スライド集

調印式 記念撮影

左:留萌信用金庫 金子理事長、中央:札幌医科大学 島本理事長、 右:大地みらい信用金庫 遠藤理事長

大地みらい信用金庫 遠藤理事長との握手

左:札幌医科大学 島本理事長、右:大地みらい信用金庫 遠藤理事長

留萌信用金庫 金子理事長との握手

左:留萌信用金庫 金子理事長、右:札幌医科大学 島本理事長

調印の様子
札幌医科大学医療人育成センター 相馬教授による概要説明

「札幌医科大学における地域との連携による地域医療一貫教育」


 平成25年6月13日(木)、本学と大地みらい信用金庫(本店:根室市 理事長 遠藤修一)及び、留萌信用金庫(本店:留萌市 理事長 金子 守)は、産学の連携を通じて相互の発展に寄与するとともに、北海道の保健・医療・福祉の向上など、地域社会の発展に資することを目的に、本学にて連携協定の調印式を行い、包括連携協定を締結しましたのでお知らせいたします。

 連携協定の内容は次のとおりです。

【連携の範囲】
 目的を達成するため、次に掲げる事項について、連携・協力するものとする。
  ① 地域医療教育に関わる支援
  ② 保健・医療・福祉に関する共同セミナー・イベントの開催
  ③ 共同研究・受託研究の推進
  ④ その他相互に連携協力することが必要と認められる事項


【具体的な取り組み】
 ① 信用金庫の店舗を利用し、地域住民( 中標津町、留萌市) を対象とした、本学教員、医学部・保健医療学部学
  生によるメディカルカフェの実施
 ② 信用金庫職員による、本学学生に対する、地域経済の状況と課題などの講義


発行日:

情報発信元
  • 経営企画課広報