韓国カトリック大学臨床実習派遣学生が島本学長を表敬訪問

韓国カトリック大学臨床実習派遣学生が島本学長を表敬訪問しました【10月26日】

画像スライド集

記念撮影

(左から佐藤昇志国際交流部長、医学部5年朴さん、医学部5年加藤さん、島本和明学長、黒木由夫医学部長)

懇談の様子
懇談の様子
 平成23年10月26日(水)、平成23年度韓国カトリック大学臨床実習への学生派遣事業により、韓国カトリック大学へ派遣する本学医学部第5学年2名が学長表敬訪問を行いました。

  派遣先の韓国カトリック大学はソウル市内にあり、150年以上の歴史がある総合大学で、医学部は8つの附属病院と連携するなど特に有名です。
本学と韓国カトリック大学とは、平成23年5月11日に交流協定を締結しており、今回が初の交流となります。

  表敬訪問では、学生から本事業に応募した動機や抱負が語られ、また島本学長、黒木医学部長、佐藤国際交流部長から韓国や韓国カトリック大学についての話があり、学生の体調管理について気配りするとともに、実りある臨床実習となるよう2人を激励しました。

  臨床実習は10月31日(月)から11月25日(金)までの4週間、2科目で実施されます。


発行日:

情報発信元
  • 経営企画課国際交流