現在位置の階層

  1. ホーム
  2. これまでのGPの取組

これまでのGPの取組

札幌医科大学で過去に採択されたGP等について、以下にご紹介します。それぞれの取組については、各サイトをご覧ください。

自立した専門医を育むオール北海道プラス1


「自立した専門医を育むオール北海道プラス1(ワン):4大学連携および教育病院共有化による地域大学循環型専門研修プログラム」は平成20年度から行われている文部科学省「大学病院連携型高度医療人養成推進事業」の一つであり、これによって、北海道大学病院・札幌医科大学附属病院・旭川医科大学病院の北海道の3医育大学病院と東京慈恵会医科大学附属病院が連携して専門研修を支援する体制が整えられました。

死亡時画像診断による教育支援プログラム(H20年度採択教育GP)

イメージ画像
 「死亡時画像診断による教育支援プログラム」は、平成20年度に採択された「質の高い大学教育推進プログラム(教育GP)」であり、平成22年度で3年間の取組が一旦終了しました。
  取組の詳細については、下記サイトをご覧ください。

学部一貫教育による地域医療マインドの形成(H19年度採択特色GP)

 「学部一貫教育による地域医療マインドの形成」は、平成19年度に採択された「特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)」です。 この取組は、地域医療に貢献しうる人材育成という札幌医科大学の建学の精神に基づいて、平成12年度より着実に実績を積み上げてきた「地域滞在型実習」「チーム体験型実習」「地域密着型チーム医療実習」に、いっそうの継続性と統一性を持たせ、学部一貫教育によって地域医療マインドを育成するものです。
 取組の詳細については、下記サイトをご覧ください。

双方向型医療コミュニケーション教育の展開(H19年度採択現代GP)

イメージ画像
 「双方向型医療コミュニケーション教育の展開~多職種参加型「メディカル・カフェ」の開設による地域医療の向上を目指して~」は、平成19年度に採択された「現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代GP)」です。
 本取組は、北海道の広大な地域医療に責務を負う公立札幌医科大学が私立北海道医療大学とともに、過疎地に住む住民の抱く医療に対する不安や、将来過疎地 医療に直接関与する医療関連学部学生の不安に対応するために、科学技術コミュニケーションを導入したカリキュラムを確立しようとするものです。
 取組の詳細については、下記サイトをご覧ください。
 

大学、メディア、行政が連携する「高齢者健康づくりリーダー」実践的養成プログラム(H19年度採択社会人学び直し)

 『大学、メディア、行政が連携する「高齢者健康づくりリーダー」実践的養成プログラム』は、H19年度に採択された「社会人の学び直しニーズ対応教育推進プログラム」です。
 本取組の詳細は、下記サイトをご覧ください。

医学研究者・地域医療従事者支援型知財教育(H17年度採択現代GP)

「医学研究者・地域医療従事者支援型知財教育」は、平成17年度に採択された「現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代GP)」です。
 本取組は、医療系の専門教育機関としての立場と、卒業生の多くが北海道全域で地域医療に従事しているという道立大学としての特色を生 かしつつ、学生の多様なニーズ、意欲にも対応できるよう、知財への関心喚起を狙いとした入門講座から、研究成果の実効的な技術移転を可能とする研究者の養 成まで、そのおかれているポジションなどに応じた5つのコース別知財教育を行うものです。
 取組の詳細については、下記サイトをご覧ください。