大学院研究科

スポーツ理学療法学(前期・後期)

教育研究分野紹介

 スポーツ選手のみならず様々なレベルでスポーツ活動を実践するあらゆる母集団やクライアントを対象として、安全で効果的なスポーツ活動や運動療法の研究を進めています。特にスポーツ活動に伴う外傷・障害の予防と治療の研究、および内部障害患者のリハビリテーションおよび生活習慣病の予防・改善を目的とした研究を両輪として機能的に進め、 スポーツパフォーマンスを発揮する身体をひとつのシステムとみなしたより効果的なスポーツ理学療法の臨床応用の研究を推進しています。また、臨床機関、スポーツ現場および健康増進施設等の実務現場からの課題発想を重視し、積極的にフィールド活動を進めるとともに研究成果の活用を進めています。

教員紹介

教授 片寄 正樹
准教授 谷口 圭吾
助教 根木 亨
助教 青木 信裕
助教 岩本 えりか

研究テーマ

  1. 身体の形態的・機能的特性を考慮したスポーツ外傷・障害の予防方法の確立
    スポーツ理学療法学
  2. 神経生理学的手法を用いた詳細な骨格筋機能の解明
    スポーツ理学療法学
  3. 呼吸循環代謝疾患を対象とする運動療法効果
    スポーツ理学療法学
  4. 動脈硬化の予防・改善を目的とした介入方法の開発
    スポーツ理学療法学

研究業績

研究論文(原著・短報,症例報告,資料など)

2017

  1. 菊川大輔,谷口圭吾,加藤拓也,片寄正樹:股関節屈曲運動時における長内転筋の筋スティフネスに及ぼす股関節屈曲角度の影響.日本基礎理学療法学雑誌,2017, 印刷中.
  2. Nozaki S, Watanabe K, Katayose M. Three-Dimensional morphometric analysis of the talus: implications for variations in kinematics of the subtalar joint. Surg Radiol Anat. 2017 Apr 4. doi: 10.1007/s00276-017-1851-x. [Epub ahead of print]
  3. 大岩正太郎,岩本えりか,長岡凌平,伊藤翔太,高見次郎,根木 亨,片寄正樹:急性の電気刺激が血流依存性の血管調節機能に与える影響.理学療法科学:32(2):249-254,2017
  4. 戸田創,菅野洋平,片寄正樹.関節窩面に対する肩回旋筋腱板群の筋内腱の走行における健常成人の利き手・非利き手の比較.札幌保健科学雑誌6:7-13, 2017.

2016

  1. 小林匠,谷口圭吾,加藤拓也,金谷耕平,片寄正樹:足関節底屈角度変化が下腿三頭筋の動的筋弾性に及ぼす影響.日本整形外科超音波学会雑誌:28(1):56-61,2016
  2. 加藤拓也,谷口圭吾,佐保泰明,池田祐真,金谷耕平,片寄正樹:股関節角度が長内転筋および大内転筋の受動的な弾性率に及ぼす影響. 日本整形外科超音波学会雑誌:28(1):34-42,2016
  3. Kanno Y, Toda H, Horiuchi T, Nagai K, Katayose M. Reliability and validity Study of a measurement method for the glenoid version by a 3-dimensional bone model from 3.0 Tesla MRI. J Musculoskelet Res. 2016 Sep:19(3)
  4. Sugawara K, Katayose M, Watanabe K. The Variation in the Lumbar Facet Joint Orientation in an Adult Asian Population and Its Relationship with the Cross-Sectional Area of the Multifibus and Erector Spinae. Clin Anat. 2016 Nov;29(8):1066-1074. doi: 10.1002/ca.22785. Epub 2016 Oct 1.
  5. Nozaki S, Watanabe K, Katayose M. Three-Dimensional Analysis of Talar Trochlea Morphology: Implications for Subject-Specific Kinematics of the Talocrural Joint. Clinical Anatomy 2016, 29(8):1066-1074. doi: 10.1002/ca.22785..
  6. 野崎修平,渡邉耕太,山下敏彦,片寄正樹.距骨滑車前後領域別の内側−外側曲率半径比の解析.臨床バイオメカニクス37:115-120,2016.
  7. 小林 匠、渡邉 耕太、田中 昌史、信太 雅洋、片寄 正樹、山下 敏彦.新しいInternational Ankle Consortium基準を用いた慢性足関節不安定症の該当率とその特徴の検討.日本臨床スポーツ医学会誌:24巻2号:269-274、2016
  8. Acute vascular effects of carbonated warm water lower leg immersion in healthy young adults.
    Ogoh S, Nagaoka R, Mizuno T, Kimura S, Shidahara Y, Ishii T, Kudoh M, Iwamoto E
    Physiological reports 4(23) 2016
  9. Blunted blood pressure response during hyperpnoea in endurance runners.
    Itoh Y, Katayama K, Iwamoto E, Goto K, Suzuki Y, Ohya T, Takao K, Ishida K
    Respiratory physiology & neurobiology 230 22-28, 2016
  10. Variations Of Carotid Arterial Elasticity During The Menstrual Cycle Using Ultrasound Shear Wave Elastography.
    Iwamoto E, Minakami M, Nagaoka R, Neki T, Taniguchi K, Katayose M
    Medicine and science in sports and exercise 48(5 Suppl 1) 195, 2016
  11. 戸田創、山本敬三、吉田真、片寄正樹.健常成人における両肩峰間距離に対する鎖骨長の割合と安静立位での肩甲骨アライメントの関係.札幌保健科学雑誌5:19-26,2016
  12. 根木 亨,岩本えりか,片野唆敏,大岩正太郎,澤口雄治,角谷尚哉,佐藤太樹,片寄正樹.弾性胸帯を用いた胸郭制限が定常負荷運動時の自律神経活動に及ぼす影響.日本基礎理学療法学雑誌.19(2):3-12, 2016
  13. 青木信裕,金子文成,片寄正樹.半腱様筋の選択的筋疲労がハムストリング筋活動に及ぼす影響.札幌保健科学雑誌.5:45-52, 2016
  14. Yoshitake Y, Miyamoto N, Taniguchi K, Katayose M, Kanehisa H: The skin acts to maintain muscle shear modulus. Ultrasound in Med & Biol. 42: 674-682, 2016
  15. 谷口圭吾,加藤拓也,野崎修平,河合誠,片寄正樹,山下敏彦:超音波エラストグラフィによる筋硬度評価. 整形・災害外科.59:211-215,2016
  16. 加藤拓也,谷口圭吾,池田祐真,本村遼介,片寄正樹:等速性股関節屈曲・伸展運動時における長内転筋,大内転筋の筋活動と股関節角度の関係.日本基礎理学療法学雑誌.19(2):59-67,2016

2015

  1. Iwamoto E., Katayama K., Ishida K. Exercise intensity modulates brachial artery retrograde blood flow and shear rate during leg cycling in hypoxia. Physiol. Rep. 2015.
  2. Katayama K., Yamashita S., Iwamoto E., Ishida K. Flow-mediated dilation in the inactive limb following acute hypoxic exercise. Clinical Physiology and Functional Imaging. doi: 10.1111/cpf.12194. 2015
  3. Takashima H, Shishido H, Imamura R, Akatsuka Y, Taniguchi K, Nakanishi M, Suzuki J, Nagahama H, Sakurai Y, Sakata M. Effect of ankle flexion on the quantification of MRS for intramyocellular lipids of the tibialis anterior and the medial gastrocnemius. Radiological physics and technology. 8:209-214,2015
  4. 河合誠,谷口圭吾,齋藤輝,秋間広,片寄正樹.スクワット動作における中間広筋の活動特性.日本基礎理学療法学雑誌.18(2):59-67,2015
  5. Taniguchi K, Shinohara M, Nozaki S, Katayose M. Acute decrease in the stiffness of resting muscle belly due to static stretching. Sports Scandinavian journal of medicine & science in sports. 25(1):32-40,2015

2014

  1. Ando R, Taniguchi K, Saito A, Fujimiya M, Katayose M, Akima H. Validity of fascicle length estimation in the vastus lateralis and vastus intermedius using ultrasonography. Journal of Electromyography and Kinesiology. 24(2):214-20,2014
  2. Iida N, Kaneko F, Aoki N, Shibata E: The Effect of Fatigued Internal Rotator and External Rotator Muscles of the Shoulder on the Shoulder Position Sense. Journal of Electromyography and Kinesiology. 24: 72-77, 2014
  3. 青山敏之, 金子文成, 澤田辰徳, 速水達也, 青木信裕: ロボティックデバイスによる脳梗塞症例の上肢運動失調評価とその回復過程. 理学療法学 41(7) 447-454, 2014
  4. Nozaki S, Taniguchi K, Watanabe K, Katayose M. Three-Dimensional Analysis of the Tibiotalar Joint of Intact Male Feet under Unloaded and Axial-Loaded Conditions. Journal of Musculoskeletal Research. 17(3):1450012,1-9,2014
  5. 谷口圭吾. Ultrasound shear wave elastographyによる筋硬度評価. Sportsmedicine. 26(10):20-26,2014
  6. 吉本三徳, 谷口圭吾, 片寄正樹, 山下敏彦. 腰のスポーツ傷害. Medical Rehabilitation. 176:141-147,2014
  7. 河合誠,谷口圭吾,金谷耕平,片寄正樹.Shear wave elastography を用いた大腿四頭筋スティフネスの定量評価.日本整形外科超音波学会誌.26(1):60-67,2014

2013

  1. Katayama K., Fujita O., Iemitsu M., Kawano H., Iwamoto E., Saito M., Ishida K. The effect of acute exercise in hypoxia on flow-mediated vasodilation. European Journal of Applied Physiology. 113: 349–357, 2013.
  2. Katayama K.,Yamashita S., Ishida K., Iwamoto E., Koike T., Saito M. Hypoxic effects on sympathetic vasomotor outflow and blood pressure during exercise with inspiratory resistance. American journal of physiology. Regulatory, integrative and comparative physiology. 304:R374-382, 2013.
  3. Iwamoto E., Katayama K., Yamashita S., Oshida Y., Ishida K. Retrograde blood flow in the inactive limb is enhanced during constant-load leg cycling in hypoxia. European Journal of Applied Physiology. 113: 2565-2575, 2013.
  4. Sakaki Y, Kaneko F, Watanabe K, Kobayashi T, Katayose M, Aoki N, Shibata E, Yamashita T: Effects of different movement directions on electromyography recorded from the shoulder muscles while passing the target positions. Journal of Electromyography and Kinesiology. 23: 1362-1369, 2013
  5. Makizako H, Kaneko F, Aoki N, Ihira H: Age-Related Differences in Reaction Time Responses under Simple- and Dual-task Conditions in Middle-Aged Ski Marathon Amateur Males. International Journal of Sport and Health Science. 11: 33-38, 2013
  6. Kudo M, Watanabe K, Otsubo H, Kamiya T, Kaneko F, Katayose M, Yamashita T: Analysis of effectiveness of therapeutic exercise for knee osteoarthritis and possible factors affecting outcome. J Orthop Sci 18, 2013.
  7. 谷口圭吾,片寄正樹.静的ストレッチングが安静時の筋スティフネスに及ぼす影響.日本整形外科超音波学会誌.25(1):77-83,2013

2012

  1. Iwamoto E., Katayama K., Oshida Y., Ishida K. Hypoxia augments oscillatory blood flow in brachial artery during leg cycling. Medicine & Science in Sports & Exercise. 44: 1035-1042, 2012.
  2. Katayama K., Iwamoto E., Ishida K., Koike T., Saito M. Inspiratory muscle fatigue increases sympathetic vasomotor outflow and blood pressure during submaximal exercise. American journal of physiology. Regulatory, integrative and comparative physiology. 302:R1167-75, 2012.
  3. 石田浩司,片山敬章,岩本えりか,堀田典生,杉浦弘通: 胸郭圧迫が運動時の呼吸・循環応答,筋酸素動態およびパフォーマンスに及ぼす影響.デサントスポーツ科学 Vol. 33, 33-42, 2012. 
  4. 片山敬章,岩本えりか,石田浩司: 低酸素環境における有酸素性運動が血管拡張能に及ぼす影響.第27回健康医科学研究助成論文集.No.27, 34-42, 2012
  5. 岡和田愛実, 金子文成, 柴田恵理子, 青木信裕 : デトレーニング期間中のメンタルプラクティスが未経験運動の短期的練習効果の維持に及ぼす影響. 日本基礎理学療法学会誌. 16 (2): 47-53, 2012
総説
  1. 片寄正樹:【特集 東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて】スポーツ理学療法の国際的動向−オリンピックサポートに向けて.理学療法ジャーナル.50(6):557-562,2016
  2. 谷口圭吾:【筋メカニクス研究の最前線】超高速超音波イメージングによる筋組織性状の可視化.日本基礎理学療法学雑誌.19(2):17-24,2016
  3. 谷口圭吾.【骨格筋研究の最前線】超音波エラストグラフィによる筋組織弾性の可視化.トレーニング科学.26(2):51-60,2015
図書
  1. 谷口圭吾,加藤拓也:Ⅲ.検査評価総論,2.医用画像 エコー(エラストグラフィ).スポーツ理学療法プラクティス.文光堂,東京.p2-11, 2017
  2. 谷口圭吾:Ⅲ.下肢疾患 リハ介入のポイント.メディカルスタッフのための画像のみかた(射場浩介,玉川光春,片寄正樹編).金原出版,東京.p2-60,2015
  3. 谷口圭吾, 片寄正樹. 外傷・障害予防を目的とした動きづくり 滑動作,Skill-UPリハビリテーション&リコンディショニング:アスリートのリハビリテーションとリコンディショニング下巻(小林寛和編). 文光堂,東京.p. 147-153, 2012.
  4. Katayose M, David J. Magee: Pre-Olympic team travel: Logical and treatment considerations. Handbook of Sports Medicine and Science-Sports Therapy Services: Organization and Operations, Olympic Handbook of Sports Medicine (James E. Zachazewski, David J. Magee編), Wiley-Blackwell, 41-47, 2012.

競争的資金

  1. 剪断波エラストグラフィを用いた局所的な動脈硬化の評価および介入効果の検証
    文部科学省:科学研究費補助金 若手研究(B)
    研究期間 :2016年-2019年度 代表者:岩本えりか
  2. 磁気刺激を用いた膝関節屈筋機能評価方法の開発
    文部科学省:科学研究費補助金 若手研究(B)
    研究期間 :2015年-2017年度 代表者:青木信裕
  3. 殿部への磁気刺激を用いた坐骨神経最大上刺激方法の探索
    磁気健康科学研究振興財団 研究助成
    研究期間:2015年度 代表者:青木信裕
  4. 定量的な組織性状マッピングに基づくヒト骨格筋の可塑性評価と運動療法の基盤形成
    文部科学省:科学研究費補助金 基盤研究(C)
    研究期間 :2014年-2017年 代表者:谷口圭吾
  5. 大豆の抗酸化作用が血管機能改善に与える影響
    ノーステック財団 研究開発助成事業
    研究期間: 2014年度   代表者: 岩本えりか
  6. 関節の動きを増幅する屈曲点の出現メカニズムとその機能的意義 
    文部科学省:科学研究費補助金 基盤研究(C)
    研究期間 :2013年-2016年 連携研究者:谷口圭吾(代表: 衣笠竜太)
  7. 温熱と電気刺激が血管機能に与える影響 -運動が困難な者への応用を目指して-
    文部科学省科学研究費 若手研究(B)
    研究期間:2013-2014年度 代表者:岩本えりか
  8. 磁気刺激を用いた膝関節屈筋における機能分担の解明
    文部科学省:科学研究費補助金 若手研究(B)
    研究期間 :2013年- 2014年度 代表者:青木信裕
  9. 低酸素環境が運動時の血流パターンに与える影響 -新たな運動処方プログラム作成を目指して-
    公益財団法人ヤマハ発動機スポーツ振興財団 YMFSチャレンジ研究助成
    研究期間:2013年度 代表者:岩本えりか
  10. 公益財団法人伊藤医薬学術交流財団「平成25年度年度(第19回)助成事業」
    研究期間:2013年 代表者:岩本えりか
  11. 神経科学基盤型リハビリテシステム組込み用電気刺激装置の開発研究
    ノーステック財団 福祉産業共同研究事業
    研究期間:2012年度 共同研究者:青木信裕
  12. 次世代イメージング法によるヒト神経筋セグメントの可塑性評価と運動療法の基盤構築
    文部科学省:科学研究費補助金 若手研究(B)
    研究期間 :2011年-2014年 代表者:谷口圭吾

研究室ホームページへのリンク

スポーツ理学療法学研究室
http://web.sapmed.ac.jp/sptl/SPTL/TOP.html