大学院研究科

神経・精神機能学(前期・後期)

教育研究分野紹介

 リハビリテーションの対象者の多くは中枢神経系に障がいを有する方々です。神経・精神機能学分野では中枢神経系の機能として運動・感覚機能、高次脳機能、精神機能を取り挙げ、これらについて最新の知見をもとに学習を進めて中枢神経系の損傷により惹起される種々の機能障害への理解を深め、リハビリテーションの評価・実践の方法及び原理について探究します。また神経生理学的手法、非侵襲的脳機能計測法、高次脳機能測定法などの原理の学習と実践を通して、中枢神経系の機能発現メカニズムや機能修復メカニズムに関する探究も行います。

教員紹介

教授 松山 清治

研究テーマ

  1. 歩行運動の中枢発現メカニズムの解明
  2. 中枢損傷による姿勢調節機能への影響
  3. 手指運動と高次脳機能との関係

研究業績

競争的資金