大学院研究科

女性健康看護学

教育研究分野紹介

 博士課程前期では女性の生涯の健康、そして次世代の育成に寄与する看護について探究します。周産期を中心として、近年、より多様化している女性のライフスタイルの変化に基づく多くの健康課題について、セクシャル・リプロダクティブヘルスの観点からアプローチしていきます。博士課程後期では、女性の健康課題とその背景を科学的に探究し、国際的な観点から論じる能力、研究活動を自立して展開する能力および研究成果を実践に還元できる能力の獲得を目指します。

教員紹介

女性健康看護学

教授 正岡 経子
准教授 荒木 奈緒
講師 林 佳子
講師 荻田 珠江
助教 久野 芳佳
助教 相馬 深輝

研究テーマ

  1. 助産師のケア経験から学ぶ力学びを育む力の評価ツールの開発
  2. 胎児異常を診断された妊婦の子どもを産み育てていくための支援体制の構築
  3. 当事者による分娩時クライシスマネジメントのためのヘルスプローション
  4. 病院・診療所各施設の特徴から生じる出産の真の満足を達成する助産ケア
  5. 特定妊婦の生活行動を規定する胎児への愛着の分析

研究業績

競争的資金