大学院研究科

臨床応用看護学 精神看護学分野

教育研究分野紹介

 博士課程前期では、あらゆるライフサイクルにある人のメンタルヘルス、精神疾患、精神障害を抱える人、その家族、あるいは地域社会という幅広い課題をテーマとし、精神看護は何を明らかにし、何をしなければならないのかを、これまでの経験を国内外の文献で意味づけつつ、探求する手法を学びます。

 専門看護師コースでは、精神看護専門看護師に期待される精神の健康問題に取り組む個人、家族および集団のための専門的援助を探求し、エキスパートとして高度な看護援助を提供することのできる実践力を養います。リカバリーに関わる種々の支援活動を主軸としていますが、児童・思春期の精神看護に関するカリキュラムも準備されています。

 博士課程後期では、精神看護学分野における今日的課題について学習し、精神の健康問題に取り組む個人・家族・集団への援助方法論及び実践モデルの確立と開発をめざします。

教員紹介

准教授 澤田 いずみ
助教 塚本 美奈

研究テーマ

  1. 精神障害を抱える人のリカバリーとしての子育て・子育ちに関する研究
  2. 認知症高齢者への援助者のかかわりに関する研究
  3. 暴力問題を抱える家庭の複合的問題と支援に関する研究
  4. 医療・保健・福祉における連携に関わる研究
  5. 修士論文として、発達障害、メンタルヘルスリテラシー、病棟規則などの研究

研究業績

競争的資金