大学院研究科

臨床応用看護学 精神看護学分野

教育研究分野紹介

 博士課程前期では、あらゆるライフサイクルにある人のメンタルヘルス、精神疾患、精神障害を抱える人、その家族、あるいは地域社会という幅広い課題をテーマとし、精神看護は何を明らかにし、何をしなければならないのかを、これまでの経験を国内外の文献で意味づけつつ、探求する手法を学びます。

 博士課程前期では、あらゆるライフサイクルにある人のメンタルヘルス、精神疾患、精神障害を抱える人、その家族、あるいは地域社会という幅広い課題をテーマとし、精神看護は何を明らかにし、何をしなければならないのかを、これまでの経験を国内外の文献で意味づけつつ、探求する手法を学びます。 専門看護師コースでは、精神科領域における精神障害を持つ人のアセスメントおよび精神障害を持つ人に向けての看護の介入技法について事例検討を通して検証します。そうして、精神看護専門看護師が行うべき精神の健康問題に取り組む個人、家族および集団のための専門的援助を探求します。同時に、精神障害を持つ人、家族、集団に対して、精神看護のエキスパートとして高度な看護援助を提供することのできる実践力を養います。

 博士課程後期では、精神看護学分野における今日的課題について学習し、精神の健康問題に取り組む個人・家族・集団への援助方法論及び実践モデルの確立と開発をめざします。

教員紹介

教授 吉野 淳一
准教授 澤田 いずみ

 

研究テーマ

  1. 成員を自死で亡くした遺族へのナラティヴ・アプローチに関する研究
  2. 精神障害を抱える親の子育て支援に関する研究
  3. 子ども虐待の予防に関する研究
  4. 精神疾患をもつ人の子どもを含めた家族支援についての研究

研究業績

競争的資金