受験生の皆様

在学生からのメッセージ

 

看護学科  ▼理学療法学科  ▼作業療法学科


看護学科1年生  土屋 菜穂岩見沢東高等学校出身
看護学科1年生 つちやなほ

 私が札幌医科大学を選んだ理由は、1年生から専門教科を学べることや、全学部全学科合同の授業でチーム医療を学べることです。入学して実際にチーム医療を学んで、問題を多方向から見ることの大切さを実感しました。少人数制のため、先生は学生の名前を覚えてくださり、演習の授業でも細かい所までしっかり指導していただけます。ここで学んだことを生かし、「自分に必要とされていることは何か」「看護とは何か」を考えながら、技術もあり、患者さんの心も満たす看護師を目指していきたいです。受験勉強は長く感じると思いますが、終わってみれば案外あっという間です。ぜひ一緒に札幌医科大学で学びましょう。


看護学科3年生  中武 延札幌藻岩高等学校出身
看護学科3年生 なかたけのぶ

 札幌医科大学は附属病院があるため、自分の学びを充実させることができると思い、志望しました。入学した当初に受講した解剖学では、御献体を見て人体の構造を学び、その後の看護系の科目に必要な知識を得ることができました。普段は学習していて困ったことや分からないこともありますが、すぐに先生に相談できる環境です。卒業後は、学んだ知識や技術を生かし、患者さんのニーズを正確に把握し、必要な看護を展開できるようになりたいです。また、他職種の視点も理解して、チーム医療に貢献できる医療人を目指します。札幌医科大学は自分の学びたいことを好きなだけ学べる学校です。看護師を目指している人はぜひ札幌医科大学を受験してください。


理学療法学科1年生  玉井 勝是室蘭栄高等学校出身
理学療法学科1年生 玉井勝是

 私はスポーツ障害分野の理学療法に興味を持ち、理学療法士を志しました。札幌医科大学はこの分野を専門としている先生方が多いので、入学したいと思いました。講義で理学療法を詳しく学ぶたびに、理学療法士という職業に魅力を感じています。また、1年生から病院実習もあり、将来に必要な実践的な技術を学ぶことができます。卒業後は、専門的な知識を持つことはもちろん、患者さんや同僚等の医療従事者に対して思いやりを持って気配りのできる医療人になりたいです。高校での部活や行事で仲間と行動する経験は必ず大学でも活きてきます。受験勉強は大変ですが、いろいろなことに興味を持って、自分の経験の幅を広げる時間も作ってほしいと思います。応援しています。


理学療法学科3年生  芦田 雪小樽潮陵高等学校出身
理学療法学科3年生 芦田雪

 少人数制教育のため高い医療知識が学べると思い、札幌医科大学を志望しました。入学後は、新しい実習棟で動作の解析や運動療法等の授業を受けています。他大学と比べて各学年の人数が少ないため、横のつながりだけでなく、縦のつながりも強く、みんな仲が良いことも特長です。卒業後はしっかりとした知識を持ち、コミュニケーション能力の高い信頼のある理学療法士を目指しています。札幌医科大学は、学びと遊びのメリハリがある、楽しい大学です。一緒に楽しく医療人を目指しましょう。


作業療法学科1年生  山田 佳佑北見北斗高等学校出身
作業療法学科1年生 山田佳佑

 地域医療に力を入れ、技術力のある卒業生を多く輩出している札幌医科大学に魅力を感じ、志望しました。入学して最初に「保健医療総論」という、保健医療学部全学科の学生が合同で学ぶ授業を受けました。とても緊張しましたが、他学科との学生と交流することで、チーム医療を学びました。授業や日常生活の中で分からないことがあった時も、先生や職員の方々がすぐに相談に乗ってくださり、安心して学べる環境が整っています。将来は、多職種の医療人や患者さんの家族と連携して、患者さんにとって一番良い治療方法を選択できる作業療法士になりたいです。入学試験は緊張すると思いますが、今まで勉強してきた自分を信じてがんばってください。


作業療法学科3年生  髙木 こはる釧路江南高等学校出身
作業療法学科3年生 髙木こはる

 私は地元である釧路の医療に役立ちたいと思い、北海道内の医療に力を入れている札幌医科大学への入学を志望しました。入学し、作業療法学科の専門科目の授業を学ぶことで、職種についての理解がさらに深まり、自分の将来についてより具体的に考えるようになりました。作業療法学科は1学年が20人と少人数のため、先生方や先輩、同期、後輩との距離がとても近いです。卒業後は、患者さんの精神的サポートや環境の整備をし、地域の医療に貢献する医療人になりたいです。札幌医科大学での大学生活は先生方をはじめ、友人等、周囲の人に恵まれ、とても充実しています。受験勉強は大変だと思いますが、必ずがんばって良かったと思える日が来ます。一緒に大学生活を送れる日を楽しみにしています。