受験生の皆様

在学生からのメッセージ

 

看護学科  ▼理学療法学科  ▼作業療法学科


看護学科2年生  古賀 百合乃札幌南高等学校出身
看護学科2年生 こが ゆりの
他学科の学生と一緒に学ぶことで自分の視野を広めることができます。

 少人数制で一人ひとりが行き届いた教育を受けることのできるところに魅力を感じ、札幌医科大学を選びました。医学科や理学療法、作業療法学科の学生と接することで、自分の視野を広めることができます。志の高い仲間にも囲まれ、恵まれた環境だと感じています。地域医療合同セミナーの授業では、地域住民の方々とお話しする中で、求められている医療人とは何かを考え直す良い機会になりました。患者さんの声にしっかり耳を傾けて、人の気持ちに寄り添える看護師になりたいと思います。受験勉強は大変だと思いますが、乗り越えれば楽しい大学生活が待っています。大学生になった自分、医療人として働いている自分を想像して頑張ってください!


看護学科4年生  岸野 吉宏旭川北高等学校出身
看護学科4年生 きしの よしひろ
臨床経験豊かな先生方に支えられ心強く感じています。

 札幌医科大学を志望した理由は、チーム医療を学ぶことができるからです。特に印象に残っている授業は小児看護方法で、難しい治療内容を子どもが理解するために、ぬいぐるみや絵を使う技術があることを学びました。大学生活は 楽しいこともたくさんありますが、悩むときもあります。そういったときに、臨床経験豊富な先生方からアドバイスをもらうことができるのは、とても心強く、この大学の強みだと思います。卒業後は、患者さんが治療に対して前向きになれるよう支えられる医療人を目指したいです。大学での勉強は直接将来に関わるものばかりで、自分の将来像がはっきりしていきます。ぜひこの大学で一緒に医療人を目指しましょう。


理学療法学科2年生  近藤 竣貴釧路湖陵高等学校出身
理学療法学科2年生 こんどう しゅんき
医療人に必要なコミュニケーション能力を向上させることができます。

 自分の生まれ育った北海道に将来恩返しをしたいと思い、札幌医科大学を選びました。理学療法士にどんな能力が必要とされるのかを日々学んでいます。この大学は、同期の仲間や先輩・後輩、教員との距離が本当に近く、 医療人として必要なコミュニケーション能力を向上させることができると思います。また、困ったときに様々な人に 相談することができるのも魅力の一つです。将来は、野球の経験を生かし、スポーツリハビリトレーナーと運動能力 の回復を支える理学療法士として二刀流で働くのが目標です。受験勉強中、モチベーションが上がらないときは、大 学案内LEAPを読んで楽しい大学生活をイメージしていました。自分が今何を目指しているのか、そのために何をすべきなのかを常に忘れずに受験勉強を頑張ってください。


理学療法学科4年生  有田 一衣札幌西高等学校出身
理学療法学科4年生 ありた ひとえ
同期と共に切磋琢磨できる環境で日々成長を実感しています。

 世界に目を向けた医療と地域に根差した視点を学びたいと思い、札幌医科大学に進学しました。2年生の解剖学実習では、実際に人体の中を観察することで構造を理解し、運動イメージを想像することができるようになりました。現在受講している授業でも、その知識が生かされています。ここには、同期と共に切磋琢磨できる環境があり、医療人としても人間としても日々成長を実感しています。卒業後は、様々な知識を有し、患者さんの希望を可能な限り実現できるようになりたいです。この大学は、様々な分野のエキスパートである先生方がたくさんいますので、他の大学では得ることができない知識や経験を積むことができると思います。


作業療法学科2年生  古瀨 美咲小樽潮陵高等学校出身
作業療法学科2年生 ふるせ みさき
少人数の授業で分からないときも質問しやすい環境です。

 札幌医科大学は、少人数制の授業や地域医療に重点をおいていて、この大学なら将来なりたい作業療法士像を見つけられると思い目指しました。解剖学実習では、ご献体に直接触れて学ぶことができ、とて も印象に残っています。授業は少人数で行われるため、分からないときも質問しやすい環境です。将来は、患者さんからも職場の人からも信頼される医療人になりたいと考えています。受験生の皆さん、体調管理には気を付けて受験勉強を乗り切ってください。


作業療法学科4年生  佐藤 大樹札幌藻岩高等学校出身
作業療法学科4年生 さとう だいき
専門的な講義と人とのつながりで充実した大学生活を送れます。

 自分が育った北海道の医療に貢献したい、最先端の医療を学びたいという思いで、札幌医科大学への入学を志望しました。日々の講義はとても専門的ですし、1学年20人という少人数のため、先輩、後輩、先生方との距離が近く、本当に充実した大学生活を送っています。特に、解剖学実習では、ご献体を解剖し人体について深く学ぶとともに、何よりも人の命の尊さを肌で学ぶことができる貴重な体験でした。卒後は、誰にでも信頼され、これからの北海道の医療を引っ張っていけるような医療人になりたいです。高校時代の勉強や部活動など、努力した経験は必ず大学でも生かされます。皆さんと一緒に大学生活を送れる日を楽しみにしています。