学部案内

教育課程編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)

 札幌医科大学保健医療学部では、学位授与方針に掲げた能力を有する人材を育成するために、以下のように教育課程を編成し、実施します。

  1. 教育課程は、「一般教育科目」と「専門教育科目」で編成する。
    1. 1)一般教育科目は、「生物学的理解」「心理・行動・思考」「社会と文化」「生活と情報」「コミュニケーション」で構成し、人類が培ってきた人間・自然・社会に関する文化や知見を広く学ぶとともに、日本語と外国語、手話・点字などを用いたコミュニケーション能力を高めるための科目を配置する。
    2. 2)専門教育科目は、「専門基礎科目」「専門科目」「統合学習」「臨地実習/臨床実習」で構成する。
      1. 「専門基礎科目」では、保健・医療・福祉の対象である人間を統合的に理解し、それぞれの専門領域を支える基礎知識を学習する。
      2. 「専門科目」では、看護学・理学療法学・作業療法学の体系に即した特色ある科目で編成し、それぞれの学問領域の知識と技術を系統的・段階的に学習する。
      3. 「統合学習」には、専門領域の研究に取り組むための基礎的な知識を修得し、研究過程を体験する科目、専門職としての基本的態度やチーム連携を学ぶ3学科及び医学部との合同科目を配置する。本学部の特徴である保健医療総論1~4では、3学科の学生で混成グループを編成し、医療専門職に共通に求められる基本的な態度と、それぞれの専門性を段階的に修得する。
      4. 「臨地実習/臨床実習」では、対象者・関係職種の人々との直接的なかかわりを通して、専門職に必要な知識・技術・態度を実践的に学ぶ。附属病院、その他学外の保健医療福祉施設を学習の場とし、看護師・保健師、理学療法士、作業療法士の専門性に基づく実習体験を通して、各職種に求められる実践力を涵養する。
  2. 将来の専門職としてのモチベーションを高めるため、入学後早期より看護学・理学療法学・作業療法学にかかわる科目を開講し、年次進行に即して段階的に専門性を深めていく漸進的な教育課程編成とする。
  3. 教育課程を構成する諸科目は、教育内容の特性に応じて「講義」「演習」「実験・実習」の形態で展開する。保健・医療・福祉に直接携わる看護師・保健師、理学療法士、作業療法士を育成する本学部の特徴として、実体験に基づき知識・技術・態度を統合的に修得する専門的な演習・実習に重点を置く科目を多く配置する。
  4. 少人数でのグループ学習やフィールド活動等の能動的学習を多く採り入れ、小規模学科の特徴を活かした少人数制教育を重視し、学生の個別性を踏まえた指導を実施する。授業に際しては、事前の準備と事後の展開を含む質・量の伴う学習過程を必須とし、自発的・継続的に学ぶ姿勢を養う。