学部案内

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

 札幌医科大学保健医療学部は、人々が健康に暮らせる社会の実現をめざして、様々な立場や役割を担う他者との連携・協働のもとに地域の保健・医療・福祉の充実と発展のため、主体的に貢献できる看護師・保健師、理学療法士、作業療法士を育成します。
 そのため、次のような資質を有する学生を求めます。

  1. 将来は、看護師・保健師、理学療法士、作業療法士として人々の健康と生活を支える役割を担いたいと考えている人
  2. 地域社会への興味・関心を持ち、北海道の保健・医療・福祉に貢献する意志のある人
  3. 良心と社会規範にしたがい、良識ある行動ができる人
  4. 人々との交流を大切にし、常に温かな配慮をもって他者と接することのできる人
  5. 広く社会に目を向け、知的探求心をもって柔軟な発想で物ごとをとらえることのできる人
  6. 人々や社会とのかかわりを通して自らの成長を願い、粘り強く物ごとに取り組むことのできる人

 

 入学までに身につけておいてほしいことは以下のとおりです。

  1. 高等学校で学ぶ諸教科に関する高い基礎学力
    1. 1)人類の文化や自然、社会に関する幅広い基礎知識
      保健・医療・福祉は人間を対象に社会の中で営まれる実践です。したがって、文化や自然、社会に関する偏りのない基礎知識が不可欠です。
    2. 2)人々との交流を深め、論理的に思考し、表現するための語学力
      保健・医療・福祉の実践は人々との交流を基盤とします。したがって、まず、日本語で読み、書き、聞き、話すコミュニケーション力が重要です。また、それらは論理的に物ごとをとらえ、考える力につながります。高等学校までに学ぶ特定の外国語の基礎能力も身につけておく必要があります。
  2. 他者との連携・協働により物ごとに取り組み成し遂げた経験
    保健・医療・福祉の実践はチームで取り組みます。他者と連携・協働して何かに取り組んだ経験は専門的実践を学ぶ上での力となります。
  3. 自らの疑問を解決し、知識を深めるための学習習慣
    専門職には生涯にわたる自己研鑽が求められます。疑問を解決するために、また、知識を広げ深めるために、自ら進んで調べ学ぶ習慣を身につけておく必要があります。
  4. 健康な生活を送るための基本的生活習慣
    人々の健康と生活を守るためには、まず自分の健康に心がけ、しっかりとした基本的生活習慣を身につけていることが不可欠です。