社会連携・地域貢献

社会連携・地域貢献の方針

 本学は、道民のニーズによって設立され、北海道の地域医療を牽引する役割を担っています。建学の精神である「地域医療への貢献」のもと、保健医療学部においても卒業生の道内への定着や地域に貢献する医療人の育成など、北海道の保健・医療を支える人材輩出のみならず、種々の社会連携・地域貢献によって道民の皆さまのニーズに応え、保健・医療・福祉の向上のため努力しています。

 保健医療学部は、以下の考え方に基づき、社会連携・地域貢献を行っています。

社会連携・地域貢献の目的

 地域社会との連携・共同、住民との交流を通して、保健医療学部の教育・研究の成果を道民に還元することにより、地域の保健医療環境の充実と発展、道民の健康水準の向上に寄与します。 具体的には、以下のような取り組みを行います。