<<「新人看護職員対象」へ戻る

平成29年度 新人看護職員対象 研修報告

「他部門研修」

 9月20日(水)、9月27日(水)に「他部門研修」を行いました。

 6部門(薬剤部・リハビリテーション部・医療材料部・放射線部・院内SPDセンター・検査部)のうち2部門で同行研修を行い、その後の報告会では行かなかった部門についてもお互いに学びを共有しました。

 他職種の役割や業務を理解・経験したことで、「患者の生活に接している看護師として、患者の状態を他の職種や部門に伝えていくことも大切な役割だと思った」「それぞれの役割や専門性を理解し、情報共有を行って、協力していくことが必要だと再認識した」などの発言があり、連携や協力の必要性について学ぶことができました。

  • 薬剤部:注射薬の管理や薬剤を払い出すまでの流れを学びました
  • 薬剤部:数種類の軟膏を混合する機械を見学しました
  • リハビリテーション部:理学療法で使用する道具の使い方を学びました
  • リハビリテーション部:作業療法で使用する道具を体験しました
  • 医療材料部:滅菌バックに正しくパック!
  • 医療材料部:滅菌の種類を実際の機械を見ながら学びました
  • 放射線部:MRIの磁石の強さを体験しました
  • 放射線科:臓器を忠実に作成できる3Dプリンターを見学しました
  • 院内SPDセンター:SPDの仕組み・運用や在庫管理の実際を学びました
  • 院内SPDセンター:病棟への物品補充を経験しました
  • 検査部:採血管の種類や検査方法について学びました
  • 訪問しなかった部門について報告会を行い学びを共有しました

 


「フィジカルアセスメントⅠ」

 7月25日に新人看護職員研修「フィジカルアセスメントⅠ」を行いました。

 呼吸器系・循環器系・神経系・消化器系それぞれの系統別に、アセスメントに関する基礎的な知識や問診・視診・聴診・触診・打診などの観察技術について、演習を交えながら講義で学びました。

 「神経系」「消化器系」では、講義で学んだ知識をすぐに活用して模擬患者の症状・兆候からアセスメントと看護ケアの方向性を検討する課題にグループで取り組みました。最後にグループで検討した内容を発表し、講師からの解説を聞きました。目的を持って情報収集しアセスメントすることにより、患者の状態を正確に捉えることができること、それが患者に必要な看護ケアにつながること、そのために必要な観察技術についても学びを深めることができました。

 11月には「フィジカルアセスメントⅡ」の研修が待っています。今回の学びを活かして取り組めるような研修を企画しますのでお楽しみに!

  • 対光反射の観察:ペンライトの持ち方・当て方から復習します
  • 頸動脈で脈拍触知の確認
  • 心電図判読演習:みんな頭を悩ませています
  • 講義後には講師に質問する姿もありました
  • カーテンの向こうには模擬患者さんが・・・
  • 模擬患者の症状・兆候を観察していきます
  • 「何を観察するのか」「どのように観察するのか」グループで相談したり・・・
  • 援助者から助言を受けながら情報収集しました
  • 得た情報を、グループでアセスメントします
  • 看護ケアの方向性も考えます
  • 他のグループの考えや講師の解説を聞いて、学びを深めました

 


「フォローアップ研修」

 平成29年7月12日(水)に「フォローアップ研修」を行いました。

 この研修は同期と交流しリフレッシュでき、情報を交換する中で思いを表出し、今後の仕事への意欲につなげることができるというねらいがありました。

 今年度は同期とのグループ交流会を2回行い、リフレッシュとして玉入れ・フラフープ送り・大縄跳びの3競技を行いました。

 グループ交流会①では就職してから公私共に「嬉しかったこと」「自慢できること」「印象に残っている体験」「リフレッシュ方法」などについて、グループ毎楽しく交流しながら模造紙にまとめ、全体発表しました。

 グループ交流会②では「目標にしたい先輩看護師」「これから自分がどうなりたいか」などについて話し合い、最後に「私もなれる○○○看護師」を一人ずつ発表しました。

 どちらの交流会も同期で情報を共有することによって「同期と話せてみんな同じような思いを持っていることがわかりまた明日から頑張れそう」という感想が多く、今後の意欲につながる研修でした。

  • グループ名も自分達で考え、楽しそうに交流しています
  • リラックスした体勢で書いています(^v^)
  • 4月からの自分たちの成長が書き込まれていました!
  • 絵もいろいろ描かれていて楽しい発表になりました
  • 熱い思いを発表しています
  • 「私にもなれる思いに寄り添える看護師」など様々な決意がありました
  • みんなで輪になり発表しました

 

 リフレッシュの運動はなつかしの玉入れ・フラフープ送り・大縄跳びの3競技を行いました。新人看護職員のリフレッシュしている姿!輝いています!→動画をご覧ください!

 どの競技もチームワークが大切なので、その中で自分の意見を述べる発信力や、相手の意見を聴く傾聴力などいろいろな社会人基礎力も発揮されていました。

 


「糖尿病の薬物療法と看護」「社会人基礎力」「院内BLS・AED」

 6月27日に「糖尿病の薬物療法と看護」「社会人基礎力」「院内BLS・AED」の研修を行いました。

 「糖尿病の薬物療法と看護」では、インスリン・経口血糖降下薬の特徴や、高血糖症状・低血糖症状の観察とその対処方法、退院される患者さんへの薬物療法に関する指導などについて、事例を通して学びました。

 「社会人基礎力」は4月、6月、11月と複数開催する研修です。2回目となる今回は、4月の研修で立案した社会人基礎力の12の能力要素毎の行動目標について、各自振り返った上で研修に参加し、今度は11月頃までに求められる社会人基礎力についてグループディスカッションをしました。

 「院内BLS・AED」では、一次救命処置から二次救命処置までの流れについて、講義と演習を交互に行いながら学習しました。指導者から説明を受けて演習を重ねる中で、救命処置の技術やチームワークが向上していきました。

 いつどこで救命処置が必要になっても自分の役割を見つけて力を発揮できるように、院内外の研修会などへも参加して技術の維持・向上を図ってもらいたいと思います。

  • 指導者からの説明に、真剣に聞き入っています
  • 胸骨圧迫の質を維持することの大変さを実感しました
  • 講義で学習したバッグバルブマスクの当て方を・・・
  • すぐに演習でやってみます
  • 適時指導を受けながら、演習を重ねました
  • 一次救命処置から二次救命処置へ!気管挿管の介助を学びます
  • 最後はチーム全員参加!
  • BLSからALSまでの流れを学びました

 


「褥瘡予防」「多重課題」

 6月9日(金)に「褥瘡予防」「多重課題」の研修を行いました。

 「褥瘡予防」では、褥瘡とは・・・?から褥瘡発生のメカニズム、褥創のリスクアセスメントなどを講義で学び、褥瘡発生した事例について観察の視点や発生要因、DESING-R判定、予防ケアなどグループディスカッションを行いました。

 「多重課題」では、4名の患者を受け持ち一日の行動計画の立案や、業務の割り込みが発生した場合など多重課題に対応するためのプロセスについて机上でトレーニングしました。グループディスカッションと振り返りを繰り返し、重なる看護ケアを調整するための視点をみんなで導き出しました。課題を提示された際に抱いた「フリーズする」「慌ててしまう」など、自分の感情を振り返る時間も設けました。病棟でも業務の割り込みが発生した場合は、今回の重なる看護ケアを調整するための視点を思い出し、冷静に一つずつ対処していければと思っています。

 最後にSBARについての講義を受け、事例を使用してSBARを用いた報告をグループで検討しました。

  • 個人で模擬事例の一日の行動計画を考えます。
  • 代表グループは模造紙で各患者の看護ケアとその調整を考えます。
  • 他のグループは付箋に看護ケアを書き出しながら検討しました。
  • 重なる看護ケアを調整し他の業務に支障がないか考えています
  • 重なる看護ケアを調整する視点を話し合っています。
  • 業務の割り込みが発生した際に抱いた感情を振り返っています。
  • 業務の割り込みが発生した事例の看護ケアを挙げています。

 


「導尿」「膀胱内留置カテーテルの挿入と管理」

 5月18日(木)に「導尿」「膀胱内留置カテーテルの挿入と管理」の研修を行いました。

 「導尿」の研修は、昨年度の新人看護職員のリクエストにお答えして、今年度新たに設けた研修でした。講義の後に、導尿についての演習と振り返りを一通り行なってから、膀胱内留置カテーテルの挿入・抜去の演習を行ないました。段階を追って学習したことにより、滅菌手袋の装着方法や滅菌物の扱い方、利き手・非利き手の清潔・不潔の区別、安全にカテーテルを挿入・抜去する方法など、手技に関する根拠や留意点の理解が深まったと共に、手技に気を取られて疎かになりがちな羞恥心への配慮や患者への説明の重要性についても学び、自己の課題を明確にして研修を終えた様子が窺えました。

  • どこからどこまでが清潔?清潔操作の基本を考えます。
  • まずは滅菌手袋の装着方法から!
  • 上手に装着できたようですね
  • 導尿の準備。滅菌物の取扱いは慎重に。
  • 実施したことを振り返り、さらに良いケアを目指します。
  • 膀胱内留置カテーテルを挿入しています。
  • 指導を受ける受講者の眼差しは真剣そのものでした。

 


「浣腸」「経管栄養法」「ME機器の取扱い」

 4月27日(木)に「浣腸」「経管栄養法」「ME機器の取扱い」の研修を行いました。
 「浣腸」「経管栄養法」では、安全・安楽に実施する方法や観察点、トラブル時の対応などについて、グループディスカッションを交えながら学びました。
 「ME機器の取扱い」では、安全に輸液ポンプ・シリンジポンプを使用するための原理・原則や使用方法、ポンプ使用中の患者の看護について学びました。

  • 「浣腸」「経管栄養法」では動画を活用して技術を学びました。
  • 皆さん真剣に講義を聴いています。
  • 看護技術の根拠を考えるグループディスカッション
  • 「ME機器の取扱い」では演習も行いました。
  • 2人ペアになって、確認しながら操作してみます。
  • サイフォニング現象に釘付け!

 


新規採用時研修

平成29年4月3日、札幌医科大学附属病院は新規採用看護職員35名を迎えました!
 4月3日(月)~6日(木)、4月11日(火)の計5日間、新規採用時研修を行いました。辞令交付式に始まり、病院や看護部の理念、安全管理、電子カルテについてや接遇、静脈血採血演習など、当院の看護職員として必要なオリエンテーションや研修を行いました。

  • 緊張感高まる辞令交付式
  • 看護師長紹介と配属看護室発表!
  • 実際の電話対応など接遇演習
  • 新人交流会(^v^)/。みんな笑顔でこれからも宜しくね
  • 電子カルテの使い方を真剣に学んでいます
  • 重要な手洗い!細部まで泡で洗う!
  • ちゃんと綺麗になったか確認!
  • 個人防護具完璧です
  • ドキドキの静脈血採血演習
  • 実際の血管走行を援助者と共に確認
  • 残菜処理機などゴミ処理施設見学
  • ボイラー室や貯水槽など制御センター見学
  • 電気システムも学び節電の必要性を実感
  • 救急搬送時のヘリポート使用の説明
  • 暖かい日差しの中ヘリポート見学
  • 同期みんなで仲良くハイチーズ!
  • 明日に向かってジャンプo(^^o)(o^^)o
  • 病院経営や医療安全もしっかり学びます
  • 実践さながらの吸引技術演習
  • 社会人基礎力についてグループディスカッション

~新人バッジについて~

新人看護職員は1年間「新人バッジ」を装着します。
これは、新人看護職員が初心者としての自覚を持ち看護に取り組むため、また患者さん・ご家族・他職種へ新人であることを提示するためのものです。
看護職員の名札にこのバッジを見かけた際には、あたたかくご指導いただければと思います。

<<「新人看護職員対象」へ戻る

看護職員の皆さまへ

キャリアarekore情報室

資料の新着情報をお知らせします。

詳しくはこちら

看護スキルスラボ

事前の予約が必要です。

使用申込書
物品借用願出書