JICA日系研修員の研修終了挨拶

JICA日系研修員が研修終了の挨拶を行いました【2月28日】

画像スライド集

懇談の様子

左から松山清治国際交流委員、JICA日系研修員 佐藤 ソニア クリスティーナさん、塚本学長、仙石作業療法学科長

懇談の様子

約10ヶ月間の研修の感想のほか、アルゼンチンへ帰国後の抱負などについてお話いただきました。

懇談の様子

塚本学長から本学での研修終了証が授与されました。

懇談の様子
 平成30年2月28日(水)、JICA日系研修事業により、平成29年5月から本学保健医療学部作業療法学科にて長期研修を行っていた佐藤 ソニア クリスティーナさんが塚本学長へ研修終了の挨拶を行いました。
 本学保健医療学部では、平成19年度からJICAより日系研修事業を受託し、中南米日系人の理学療法士や作業療法士に対して医療技術の指導を行っており、作業療法学科では、2人目の受入となりました。
 当日は、仙石泰仁作業療法学科長、松山清治国際交流委員が同席し、研修終了報告書が佐藤 ソニア クリスティーナさんから塚本学長へ提出され、本学での研修の感想、アルゼンチンへ帰国後の抱負などの話題を交えた懇談が行われたほか、塚本学長から佐藤 ソニア クリスティーナさんへ研修終了証が手渡されました。

発行日:

情報発信元
  • 国際交流部