コンサドーレ札幌「サンタ隊」が附属病院小児科病棟を訪問しました(12月15日訪問)

コンサドーレ札幌「サンタ隊」が附属病院小児科病棟を訪問しました(12月15日訪問)

画像スライド集

コンサドーレ札幌「サンタ隊」のみなさん
コンサドーレ札幌「サンタ隊」のみなさん
選手の紹介

ミットフィルダーの前 寛之選手

ドーレくんとPK対決
記念撮影
 平成29年12月15日(金)、コンサドーレ札幌「サンタ隊」が附属病院小児科病棟を訪問しました。
 コンサドーレ札幌「サンタ隊」とは、コンサドーレ札幌の選手、クラブマスコットのドーレくん、オフィシャルダンスチーム・コンサドールズで結成されたもので、当日は、コンサドーレ札幌のミットフィルダーの前 寛之選手、サンタの格好をしたドーレくん、コンサドールズ3名の方々が小児科病棟を訪問してくれました。

 訪問イベントは小児科病棟のある入院棟7階エレベーターホールで行い、ドーレくんとコンサドールズによるダンス、入院中の子どもたちと選手&ドーレ君のPK対決など、楽しいイベントに子どもたちも終始笑顔となっていました。
 また、サンタ隊からは子どもたちへのクリスマスプレゼントとしてコンサドーレグッズやお菓子などがプレゼントされ、子どもたちからはお返しにメッセージの書かれた色紙をサンタ隊に手渡し、最後にサンタ隊と子どもたちとで一緒に記念撮影をしました。
 サンタ隊は、イベント終了後にもイベントに参加できなかった小児科の病室を訪れ、入院中の子どもたちを元気づけていました。
 サンタ隊とのふれあいを通して、小児科病棟に笑顔があふれた一日となりました。コンサドーレサンタ隊の皆さん本当にありがとうございました。

発行日:

情報発信元
  • 経営企画課企画広報係