病院ボランティアの会「フローレンス」活動20周年記念ジャズコンサートを開催しました

病院ボランティア活動20周年「フリーサウンズジャズオーケストラ」コンサートを開催しました【11月17日実施】

画像スライド集

「フリーサウンズジャズオーケストラ」コンサートの様子
「フリーサウンズジャズオーケストラ」の皆さん
コンサートを楽しむ患者さんとご家族
「フリーサウンズジャズオーケストラ」コンサートの様子
コンサートを楽しむ患者さんとご家族
「フリーサウンズジャズオーケストラ」コンサートの様子
「フリーサウンズジャズオーケストラ」コンサートの様子
ジャズコンサートの曲目リスト

 平成29年11月17日(金)18時40分~附属病院玄関ロビーにおいて、ジャズオーケストラによるコンサートを開催しました。
 このコンサートは、病院ボランティアの会「フローレンス」の活動20周年を記念して開催したもので、札幌を中心に活動する「フリーサウンズジャズオーケストラ(FSJO)」総勢22名の奏者が、「ムーンライトセレナーデ」や「真珠の首飾り」、「A列車で行こう」等のジャズの名曲をはじめ、演歌「津軽海峡冬景色」等、アンコールを含む10曲を演奏。会場に集まった約200名の患者さんやご家族、職員は、迫力あるサウンドを思う存分楽しむとともに、回復を願うぬくもりある音色に魅了されました。
 演奏を楽しんだ患者さんは、「札医大のボランティアの皆さんには、通院中から助けていただき、本当に感謝の気持ちしかない。また、今日は、思いがけずビッグバンドの醍醐味を堪能でき、とても嬉しかった。」と感想を話されていました。
 小澤ボランティアコーディネーターは「活動20周年は通過点。今後も患者さんのために活動し、これまで以上に楽しんでもらえるイベントを企画していきたい。」と話していました。

発行日:

情報発信元
  • 附属病院医療連携福祉センター