患者サービス向上委員会主催「セラピードッグふれあい会」を開催しました

附属病院において「セラピードックふれあい会」を開催しました【9月12日実施】

画像スライド集

「セラピードッグふれあい会」の様子

大人気のナース見習いのセラピー犬

「セラピードッグふれあい会」の様子
「セラピードッグふれあい会」の様子
「セラピードッグふれあい会」の様子

写真撮影に応じるセラピー犬

「セラピードッグふれあい会」の様子

看護師長のセラピー犬と萩原看護部長

「セラピードックふれあい会」の様子
「北海道ボランティアドッグの会」の皆さん

 平成29年9月12日(火)、附属病院において、患者さんとご家族を対象に「セラピードッグふれあい会」を開催しました。
 このイベントは、患者さんやご家族にセラピー犬とのふれあいを楽しんでいただき、心を癒していただきたいという目的で患者サービス向上委員会が主催し、今年度初めて開催したものです。
 当日は、「北海道ボランティアドッグの会」から8匹のセラピー犬が派遣され、午後1時から3時までの2時間で、250名以上の患者さんやご家族が途切れることなく会場に訪れ、ゴルデンレトリバーやラブラトールレトリバー、トイプードル、ミニチュアシュナウザーとふれあう時間を過ごされました。
 訪れた患者さんからは「可愛いセラピー犬とふれあい、本当に穏やか気持ちになれた。また企画してほしい。」「飼っていた犬を思い出して励まされた。」との感想が寄せられました。
 イベントを企画した萩原委員長(看護部長)は「患者さんの素敵な笑顔が印象的だった。見学に来ていた病院職員も癒されたようでよかった。会場が混み合っていたので、ゆっくりできなかった患者さんには申し訳なかった。」と話していました。
                                       医療連携福祉センター

発行日:

情報発信元
  • 附属病院医療連携福祉センター