韓国カトリック大学交流学生が来学しました

札幌医科大学と韓国カトリック大学との交流協定に基づき、韓国カトリック大学医学部学生が来学しました【2月23日学長表敬挨拶実施】

画像スライド集

記念撮影

写真左から、堀尾 嘉幸医学部長、Kang Min Sukさん、島本 和明学長、當瀬 規嗣国際交流部長

懇談のようす
懇談のようす

流暢な英語で韓国カトリック大学の授業の様子などについてお話いただきました

懇談のようす

本学オリジナルポストカードで、本学の冬の風物詩であるスノーフェスティバルの様子を見てもらいました

 札幌医科大学と韓国カトリック大学との交流協定に基づき、韓国カトリック大学医学部6年生のKang Min Suk(カン ミンスク)さんが来学しました。
 韓国カトリック大学は、ソウル市内にある150年以上の歴史がある韓国有数の総合大学で、8つの附属病院があり、医学部はそれらと連携した教育を行っています。
 本学と韓国カトリック大学とは、平成23年5月11日に交流協定を締結して以来、学生の相互交流を行っています。
 Kang Min Sukさんは、2月22日から26日まで消化器・総合、乳腺・内分泌外科学講座、2月29日から3月11日まで呼吸器・アレルギー内科学講座、3月14日から18日までリハビリテーション医学講座で臨床実習を行います。

発行日:

情報発信元
  • 事務局経営企画課企画広報係