現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 写真ニュース
  3. 第10回学生のためのスポーツ医学セミナー

写真ニュース

第10回学生のためのスポーツ医学セミナー

第10回学生のためのスポーツ医学セミナーを開催しました【10月18日】

 平成26年10月18日(土)、札幌医科大学臨床大講堂において、「第10回学生のためのスポーツ医学セミナー」を開催しました。
 本学医学部整形外科学講座では、平成15年よりスポーツ診療外来を開設し、本学保健医療学部の理学療法学科と共同で、スポーツ障害症例の診療や病態分析を行っており、日本オリンピック委員会とも連携してトップアスリートを対象とした医学サポートを実施しています。
 今回のスポーツ医学セミナーでは、「スポーツ医学の現場」などをテーマに、トリノ・ロンドン・ソチオリンピックで、日本選手団本部ドクターやメディカルスタッフを務めた先生をはじめ、5人の先生方が講演しました。
 さらに、「トップアスリート対談」として、長野冬季オリンピックのスキージャンプ金メダリスト、船木 和喜(ふなき かずよし)さんをゲストにお迎えし、長野オリンピックスキージャンプ団体で金メダルを獲得した伝説秘話や、個人・団体で金メダルを獲得し世界のトップを極めた後でも、その後のルール改正などに、苦しまれたお話などがありました。
 また学生からは、トップアスリートから見て、医師にはどんなことを希望するかという問いに、「医師として、曖昧な答えではなく、選手にはっきり伝えてほしい。」という話がありました。
 当日、船木選手は、長野で獲得した貴重な金メダルを会場に持参され、講演会に参加した学生や地域の皆さんに手渡されると、参加者はメダルを手に取り、その重みを感じたり、写真に撮ったりしながら、船木選手の話に聞き入っていました。
 また、本学は、本年6月23日に、(財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と、2020年に開催する東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催に向け、オリンピック教育の推進や大会機運の醸成等、大会に向けた取り組みを進めるための協定を締結しました。
 セミナー当日は、講堂の入口に、2020年に開催する東京オリンピック・パラリンピックのPRブースを設け、オリンピックのピンバッジを配るなどの啓発を行いました。
  • 経営企画課広報
  • 発行日:2014年10月20日