現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 写真ニュース
  3. 平成26年度「秋山財団賞」を島本和明学長が受賞しました

写真ニュース

平成26年度「秋山財団賞」を島本和明学長が受賞しました

 平成26年9月3日(水)に、公益財団法人秋山記念生命科学振興財団の平成26年度贈呈式が、札幌プリンスホテル国際館パミールにおいて開催されました。
 秋山財団賞は、北海道の生命科学の振興に長年にわたる功績のあった研究者を顕彰し、その研究を支援するために平成3年度に制定され、選考委員会によって厳正な審査によって決定される栄誉ある賞です。
 本年度の秋山財団賞には、本学の島本和明学長が選ばれ、同財団の秋山孝二理事長より、贈呈書と記念品が授与されました。
 贈呈式の後、財団賞を受賞された島本和明学長による記念講演が行われました。
 演題は受賞研究である「高血圧、メタボリックシンドロームの疫学・基礎・臨床研究による包括的研究」で、座長は同財団副理事長の秋野豊明先生(渓仁会グループ会長・札幌医科大学名誉教授)が務められました。

受賞概要は下記のとおりです。
受賞者    :北海道公立大学法人 札幌医科大学 学長 島本 和明
受賞テーマ :高血圧、メタボリックシンドロームの疫学・基礎・臨床研究による包括的研究
共同研究者 :札幌医科大学医学部 循環器・腎臓・代謝内分泌内科学講座 三浦哲嗣教授
       札幌医科大学医学部 公衆衛生学講座 大西 浩文 准教授 

 また、秋山財団奨励助成に、本学医学部医化学講座 有木 茂講師の研究テーマ「肺コレクチンによるレジオネラ菌の細胞内増殖抑制の分子機構の解明」が選ばれました。

  • 経営企画課広報
  • 発行日:2014年09月09日