第8回スノーフェスティバルin2012開催

第8回スノーフェスティバルin2012を開催しました【2月12日・13日開催】

画像スライド集

第8回 スノーフェスティバルin 2012

スノーキャンドルが設置された遊歩道の全景

第8回 スノーフェスティバルin 2012

点灯式の様子:左から鈴木看護部長、篠村副病院長、武田スノーフェスティバル実行委員長、NPO法人ノックオン

第8回 スノーフェスティバルin 2012

遊歩道の様子

第8回 スノーフェスティバルin 2012

附属病院前の雪像

第8回 スノーフェスティバルin 2012

附属病院前の雪像

第8回 スノーフェスティバルin 2012

沿道に設置されたスノーキャンドル

第8回 スノーフェスティバルin 2012

スノーキャンドルを見つめる通行人の姿

 平成25年2月12日(火)、2月13日(水)、第8回スノーフェスティバルin2012を開催しました。

 このイベントは、患者様の一日も早い回復を願い、スノーフェスティバル実行委員会やNPO法人ノックオンが中心となり毎年開催しているもので、この日のためにボランティアの協力を得て、遊歩道や周辺の商店街の歩道に約2000個のスノーキャンドル、病院玄関前に雪像を制作しました。

 今年は8回目の開催という事で、周辺の住民の皆様も、キャンドル制作中に「点灯はいつなのか?」と声をかけてくれるなど、このイベントが地域に定着している様子がうかがえました。

 点灯式は2月12日17時30分に始まり、篠村副病院長、鈴木看護部長(副病院長)、武田スノーフェスティバル実行委員長らが、雪像に設置されたろうそくに火をつけ、制作したすべてのスノーキャンドルに灯りがともりました。

 点灯後は、風もない穏やかな天気で、スノーキャンドルによって遊歩道がオレンジ色に照らされて、とても幻想的な雰囲気となりました。
 また入院患者様に向けて、病棟から見えるよう制作した星型のスノーキャンドルもきれいに輝き、通りかかる歩行者の目を楽しませていました。

発行日:

情報発信元
  • 経営企画課企画広報係