保健医療学部公開講座「健康寿命を目指して~未病、そしてPPKとは」(看護学科 齋藤重幸教授)

保健医療学部公開講座「健康寿命を目指して~未病、そしてPPKとは」(看護学科 齋藤重幸教授)を開催しました(7月19日開催)

画像スライド集

演者・齋藤重幸教授

「健康寿命を目指して~未病、そしてPPKとは」

公開講座のようす

健康維持に関心の高い市民の方が集まりました

講演後、熱心に質問される参加者
 平成24年7月19日(木)、札幌医科大学保健医療学部棟4階講義室で、保健医療学部公開講座「健康寿命を目指して~未病、そしてPPKとは」(講演者:看護学科 齋藤重幸教授)を開催しました。※PPK(ピン・ピン・コロリの略、元気に生き抜き、病まずに死ぬという、理想の第三の人生)

 当日は、60代、70代を中心とした約40名の市民の方々が参加し、齋藤教授が、我が国における高齢者の現状についての説明を交えながら、健康維持のポイントをわかりやすく紹介すると、熱心にメモを取りながら講演を聞いていました。
 また「今回の内容を、これからの健康づくりに是非役立てたい。」と、講演後も齋藤教授に積極的に質問する姿が見られました。
 次回(第4回)の公開講座は、9月13日(木)です。たくさんの皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

発行日:

情報発信元
  • 保健医療学部