寄附講座「生体工学・運動器治療開発講座」の開講式が行われました

寄附講座「生体工学・運動器治療開発講座」の開講式が行われました

画像スライド集

開講式開催にあたり島本学長より挨拶
右から島本学長、名越特任教授、山下教授(整形外科学講座)
バイオメッド・ジャパン(株) 代表取締役 松本様よりご挨拶
スミス・アンド・ネフュー・オーソベディックス(株) 代表取締役 土橋さまよりご挨拶
感謝状贈呈の様子
感謝状贈呈の様子
司会進行 佐藤産学地域連携センター長 
名越 特任教授による講座概要説明の様子
関係者紹介のようす 渡邉講師
名越 特任教授による講座概要説明の様子

 平成24年6月5日(火)、本学基礎医学研究棟5階共通会議室で、「生体工学・運動器治療開発講座」の開講式が行われました。
  この講座は「緩和医療学講座」「分子標的探索講座」に続き3番目となる本学の寄附講座として、本年4月1日に設置されました。

 本寄附講座の研究内容は、運動器疾患治療における、人工関節置換術での耐用年数、若年者関節の生体工学的環境改善といった、臨床面での困難な問題に対して、臨床的アプローチのみならず基礎研究による解決を目指します。
 さらに、生体工学研究、運動器治療開発過程で得られた知見を基にした教育を通じて、専門的医療人の育成を行うことも目的とします。

 寄附講座等設置期間は平成27年3月までの3年間で、代表教員は名越 智特任教授、担当教授は山下 敏彦整形外科学講座教授が就任しました。

 開講式当日には、本寄附講座の寄附者であるバイオメット・ジャパン株式会社様、スミス・アンド・ネフュー オーソペディックス株式会社様へ本学から感謝状を贈呈いたしました。

発行日: