倶知安中学校の大学見学学習

倶知安中学校の大学見学学習を受け入れました【5月17日実施】

画像スライド集

看護師のお仕事についての説明を熱心に聞く倶知安中学校の皆さん

中学生の皆さんに説明をする様子

左:澤田いずみ准教授、右:安川揚子講師

 
 平成24年5月17日(木)、保健医療学部看護学科において、倶知安中学校の看護及び医療職志望の生徒5名の大学見学学習を受け入れました。
 保健医療学部看護学科・澤田いずみ准教授、安川揚子講師が、大学での学びをはじめ、医療職の役割や病院の現状について説明しました。
 中学生からは、「病院で働く上で大切なこと」など、多くの質問が出されました。
 その後、附属病院内を見学し、大学の演習室において手洗い実習を体験しました。
 中学生からは、「大きな病院でたくさんの医療に携わる人たちの姿が見られてよかった」、「手洗いの重要性を実感した」等の感想が寄せられました。
 
 保健医療学部では、若い世代に医学・医療への興味を深めていただくために、道内の中学生の大学訪問などを積極的に受け入れております。

発行日:

情報発信元
  • 札幌医科大学学務課(保健医療学部)