保健医療学部オープンキャンパス開催

2011年保健医療学部オープンキャンパスを開催しました【8月4日/6日開催】

画像スライド集

保健医療学部オープンキャンパス

オリエンテーションに合わせ会場に集まる高校生ら

保健医療学部オープンキャンパス会場のようす
乾保健医療学部長による挨拶
医療人育成センター傳野教授による入試概要説明
司会進行 医療人育成センター三瀬講師
看護学科紹介のようす(看護学科長 大日向教授)
理学療法学科紹介のようす(理学療法学科長 小塚教授)
作業療法学科紹介のようす(作業療法学科長 松山教授)
多くの高校生らが熱心に聞いておりました
施設見学(標本館の見学)のようす
模型を使って標本館の説明をする内山教授
看護学科体験コーナー

小児看護体験風景

看護学科 オムツ交換の体験のようす
看護学科 創傷ケア体験
看護学科 聴診器でいのちの音を聞いてみよう
看護学科マスコットキャラクター?との記念撮影
作業療法学科 池田教授模擬講義のようす

「知っておきたい認知症のABC」

作業療法学科 体験コーナー

「認知症の検査を体験しよう!」

理学療法学科 展示・体験コーナーのようす
理学療法学科 体験コーナー

「膝の中を見てみよう!」

 平成23年8月4日(木)、8月6日(土)の2日間、保健医療学部のオープンキャンパスが開催され、延べ約580名の受験生や保護者の方が本学のキャンパスを訪れました。

 参加者で埋め尽くされた講堂では、各科共通のオリエンテーションが行われ、乾保健医療学部長から、本学の入学者受け入れ方針であるアドミッションポリシーの説明や、本学保健医療学部を目指す皆さんへ応援の言葉がおくられました。次に、医療人育成センターの傳野教授から入試概要の説明がありました。

 オリエンテーションでは看護学科、理学療法学科、作業療法学科の学科長から各学科の紹介があり、その後、保健医療学部棟にて各学科による特色ある体験学習や模擬講義が行われ、参加した受験生や保護者らが各ブースを回り賑わっていました。

 看護学科では、赤ちゃん抱っことオムツ交換の体験や、気管吸引や創傷ケア体験など看護師の仕事にふれる実習体験が行われました。理学療法学科では、超音波を用いて膝の中の筋肉の動きをみる実習などが行われ、作業療法学科では、「知っておきたい認知症のABC」と題した池田教授による模擬講義や、食事動作に対する治療体験などが行われました。

 当日、参加した受験生や保護者の皆様は、さまざまなプログラムを通して、先生や在学生と交流し、札幌医科大学生のキャンパスライフを実感されておりました。また、教員や在学生が対応した個別相談コーナーにも多くの方にご参加いただきました。
 
 本学保健医療学部では、医療人を目指す意欲ある皆さんをお待ちしております。

発行日:

情報発信元
  • 経営企画課広報