現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 写真ニュース
  3. 世界生物学的精神医学会議にてBest Poster Award受賞

写真ニュース

世界生物学的精神医学会議にてBest Poster Award受賞

第10回世界生物学的精神医学会議において、神経精神医学講座 渡邊公彦診療医がBest Poster Awardに選出されました【6月2日受賞】

 本学神経精神医学講座 渡邊公彦(わたなべ きみひこ)診療医が、5月30日~6月2日にプラハ(チェコ共和国)で開催された、第10回世界生物学的精神医学会議(10th World Federation of Societies of Biological Psychiatry)にて、5月31日のポスターセッションがBest Poster Award (10人)に選出され、学会最終日に表彰を受けました。


受賞研究:The migration of peripheral brain-derived neurotrophic factor (BDNF) to the hippocampus in rats.(末梢BDNFの脳内移行に関する検討) 

受賞者:札幌医科大学医学部神経精神医学講座 渡邊 公彦(わたなべ きみひこ)診療医 

受賞日:2011年6月2日 

発表概要:末梢BDNFの脳内移行に関する検討

背 景
 脳由来神経栄養因子(BDNF)は、当初脳組織より抽出されたものであるが、その後、末梢のほうに多量に存在することが知られるようになった神経系の栄養/増殖因子である。近年の精神薬理学的研究において、うつ病患者の血清BDNF濃度が、その治療反応性と正の相関を示すことなど、末梢血BDNF濃度がうつ病やその他の精神疾患の病態に何らかに関連しているのではないかと考える報告が相次いでいる。しかし、末梢血におけるBDNF増加の生物学的意義については、未だほとんど理解が進んでいない。

方 法
 蛍光BDNFであるBDNF-FITCを成体ラットに静注する方法で、末梢由来のBDNFが脳内にどのように移行するかについて検討を行なった。BDNF-FITC投与12、24、48時間後の海馬を観察した。

結 果
 投与24、48時間後のラット海馬で蛍光BDNFが認められ、その一部は神経細胞の形態を有していた。

結 論
 血液脳関門(BBB)の通過様式は明らかではないものの、末梢から投与したBDNFが脳内の海馬で認められた。海馬歯状回は、中枢でも特に神経新生が盛んな所であることが知られていることから、脳内での神経新生には中枢由来のBDNFだけではなく末梢由来のBDNFも直接関与している可能性が示唆された。   

  • 経営企画課
  • 発行日:2011年06月15日