現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 免疫・リウマチ内科学

免疫・リウマチ内科学

スタッフ

准教授 Assistant Professor
高橋裕樹 Hiroki Takahashi, M.D., Ph. D.
所属 : 医学部医学科 臨床医学部門講座 免疫・リウマチ内科学
SOM,(SOM),Department of Rheumatology and Clinical Immunology
研究テーマ : 膠原病に対する適確医療の開発,IgG4関連疾患の病因・病態の解明と新規治療法の開発
研究活動と展望 :  関節リウマチを代表とする膠原病は慢性炎症性疾患であり,臓器障害や四肢機能障害を生じることから適切なタイミングでの治療介入がunmet needsとなっている.生物学的製剤やステロイドの効率的な使用が有効であることは証明されつつあるが,重篤な副作用もときにみられ,リスク因子などで症例を選別した適確医療の導入が待たれている.既存の血清マーカーに加え,新規バイオマーカーの開発による,より効率的な治療の開発を目指して臨床研究を行っている.また,21世紀にはいって確立した新規の全身疾患であるIgG4関連疾患に関しても,新規治療法の開発につながる病因・病態解明について検索を進めている.


講師 Assistant Professor
山本元久 Motohisa Yamamoto, N.D., Ph. D.
所属:医学部医学科 臨床医学部門講座 免疫・リウマチ内科学
SOM,(SOM),Department of Rheumatology and Clinical Immunology
研究テーマ : IgG4関連疾患の病因・病態の解明と新規治療法の開発,自己免疫疾患の個別化医療の促進,ステロイド性大腿骨頭壊死の病態解明と予防法の開発
研究活動と展望 : 当科は、IgG4関連疾患の疾患概念の確立において大いに貢献してきた経緯がある。今後も札幌医科大学で構築しているIgG4関連疾患症例登録システムSMARTレジストリーを拡充し、世界に向けて新しい臨床知見を発信し続けることを目標にする。また同時に分子標的薬など副作用を軽減した新しい治療戦略を確立していく。関節リウマチや全身性エリテマトーデスなどの、他のリウマチ性疾患に関しても、新しい切り口での病態解釈を行い、脱ステロイド薬を目指した治療戦略の開発・確立を目指していく。