現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 公衆衛生学講座

公衆衛生学講座

わが教室はがんやその他の病気の疫学的な研究を継続的に行っている。これらの研究の目的は主として病気のリスク要因を検索することと関連している。また、それらの病気の死亡率を下げることを目的とした予後因子にも関心を持っている。われわれは、前立腺がん、多発性骨髄腫、原発性胆汁性肝硬変などの危険因子に関する研究、インフルエンザワクチンの評価の研究に参画している。

Dept.of Public Health

Our department has been conducting epidemiological researches on cancer and other diseases. Object of these researches is mostly associated with identification of risk factors for these diseases. We are also concerned with prognostic factors for them in order to reduce their mortality rates. We have been involved in researches on risk factors for prostate cancer, multiple myeloma, primary biliary cirrhosis, and so on, as well as evaluation of influenza vaccine.
教授 Professor
森満 Mitsuru Mori, M.D., Ph.D.
所属 : 医学部医学科基礎医学部門講座 公衆衛生学講座
医学研究科地域医療人間総合医学地域医療総合医学地域保健予防医学
Department of Basic Medical Science Dept.of Public Health
研究テーマ : 癌のリスク要因としての食生活習慣等の疫学的研究, 健康日本21計画推進のための生活習慣病に関する疫学的研究, 職場におけるストレス関連疾患の疫学的研究, 日本の医療保険制度、介護保険制度のもとでの保健医療福祉の連携に関する研究
研究活動と展望 : 疾病の予防という観点から宿主要因と環境要因の交互作用を疫学的方法に基づいて研究している。特に、がんの予防に関する疫学的研究、特定疾患、その他の疾患の疫学的研究、地域における保健医療福祉の連携に関する研究などを行っている。具体的には、卵巣、乳房、大腸、膵臓、肝臓、前立腺がんなどの増加傾向にあるがんの発生関連要因の検索を行っており、それらの研究に分子生物学的手法を取り入れつつある。また、北海道内の集団を継続的に追跡調査して全死因死亡、がん死亡、脳血管疾患死亡などと関連する要因を検討している。特定疾患に指定されている全身性強皮症、特発性大腿骨頭壊死症、難治性の肝疾患(原発性胆汁性肝硬変、自己免疫性肝疾患、劇症肝炎)などの疫学的研究を行っている。


准教授 Associate Professor
大西浩文 Hirofumi Ohnishi, M.D., Ph.D.
所属 : 医学部医学科基礎医学部門講座 公衆衛生学講座
Department of Basic Medical Science Dept.of Public Health
研究テーマ : 広域医療情報ネットワーク構築, ITを用いた生活習慣病の予防, 地域一般住民における循環器疾患危険因子の解明
研究活動と展望 : これまで、生活習慣病の発症基盤と考えられるインスリン抵抗性と動脈硬化性疾患の関連について、北海道端野・壮瞥両町をフィールドとした疫学調査を行ってきた。地域一般住民におけるインスリン抵抗性の頻度、インスリン抵抗性と冠危険因子の集積との関連について、インスリン抵抗性下の脂質代謝異常におけるレムナントコレステロールの役割、糖代謝異常と大動脈脈波伝播速度の関連について研究してきた。現在も端野・壮瞥町の健診データを元に、地域一般住民における生活習慣病・メタボリックシンドロームと循環器疾患発症との関連についての研究を行っている。


講師 Assistant Professor
園田智子 Tomoko Sonoda, D.D.S., Ph.D.
所属 : 医学部医学科基礎医学部門講座 公衆衛生学講座
医学研究科地域医療人間総合医学地域医療総合医学地域医療保健学
Department of Basic Medical Science Dept.of Public Health
研究テーマ : 前立腺癌の疫学, 骨粗鬆症の疫学, 思春期における性教育
研究活動と展望 : (1)多発性骨髄腫と前立腺癌の疫学調査を行っている。多発性骨髄腫は近年増加傾向にあり、予後の悪い疾患である。環境因子がリスクファクターであるといわれているが不明であり、詳細な症例対照研究を継続中である。前立腺癌も近年かなり増加しており、食生活の欧米化がその一因と言われている。我々の症例対照研究では、脂質が危険因子であり、大豆製品が予防因子であることが示唆されている。 (2)21世紀を迎えて、国は一次予防に重点を置く「健康日本21」という国民健康づくり運動を計画した。帯広市・釧路市では、その地方計画を立ち上げた。我々は、アンケート調査・集計分析・計画の評価マニュアルの策定に携わっており、今後、北海道における保健医療対策に積極的に関わっていく予定である。


講師 Assistant Professor

樋室伸顕 Nobuaki Himuro, P.T., Ph.D.

所属:医学部医学科基礎医学部門講座 公衆衛生学講座

Department of Basic Medical Science Dept. of Public Health

研究テーマ:家族を中心とした療育、脳性麻痺児の移動能力に関する縦断的研究、評価尺度の信頼性・妥当性

研究活動と展望:(1)障害がある子供へのリハビリテーションにおける家族への情報提供のあり方を研究している。(2)脳性麻痺児の移動能力低下を予防するため、その推移と原因を縦断的に研究している。(3)リハビリテーション、特に小児領域における機能分類システムや評価尺度の信頼性・妥当性と臨床有用性を研究している。