現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 神経科学講座

神経科学講座

Department of System Neuroscience

スタッフ

教授 Professor
長峯隆 Takashi Nagamine, D. Med. Sci
所属 : 医学部医学科基礎医学部門講座 神経科学講座
医学研究科情報伝達制御医学神経科学脳神経機能学
Department of Basic Medical Science Department of System Neuroscience
研究テーマ :
研究活動と展望 :


准教授 Associate Professor
藤戸裕 Yutaka Fujito, M.S., Ph.D.
所属 : 医学部医学科基礎医学部門講座 神経科学講座
医学研究科情報伝達制御医学神経科学脳神経機能学
Department of Basic Medical Science Department of System Neuroscience
研究テーマ : 学習の神経機構, シナプスの可塑性
研究活動と展望 : 動物は脳神経系の働きにより,外界の状況や環境の変化に迅速に対応できる.高等動物は高度で複雑な脳神経系の機能を主として経験・学習により獲得している.脳神経系の多様で広範囲の適応代償機能と多様な学習機能の基礎過程として,神経細胞(ニューロン)間の接続部すなわちシナプスの可塑性が重要視される.私はシナプス入力の部分破壊や前肢の交叉神経再支配を行った慢性動物において中脳赤核ニューロンのシナプス接続の可塑性を明らかにするなど,中枢神経系の適応代償機能や学習の基礎過程について実験的研究を行っている.これら研究の成果が身体の傷害や脳障害後の機能回復など臨床応用にもつながることが期待される.


講師 Assistant Professor
矢澤省吾 Shogo Yazawa, MD, PhD
所属 : 医学部医学科基礎医学部門講座 神経科学講座
医学研究科情報伝達制御医学神経科学脳神経機能学
Department of Basic Medical Science Department of System Neuroscience
研究テーマ :
研究活動と展望 :


助教 Instructor
石黒雅敬 Masanori Ishiguro, M.D. , Ph.D.
所属 : 医学部医学科基礎医学部門講座 神経科学講座
Department of Basic Medical Science Department of System Neuroscience
研究テーマ : ラット脳スライスを用いた抑制性シナプス伝達様式の海馬内領域差, くも膜下出血後の脳血管攣縮におけるR型カルシウムチャネルの出現
研究活動と展望 : これまでに抑制性シナプス後電位(IPSP)増強作用にラット海馬CA1錐体細胞と歯状回(DG)顆粒細胞でベンゾジアゼピン系薬剤のひとつであるミダゾラムの効果の領域差があることが報告されている.現在、静脈麻酔薬として最も使われているプロポフォールの作用について、海馬内での領域差について検討を行っている。 また、最近発表されたくも膜下出血後の脳血管攣縮でのR型カルシウムチャネルの発現について、臨床上治療のターゲットとしての有用性についての研究を行う。


助教 Instructor
篠崎淳 Jun Shinozaki,
所属 : 医学部医学科基礎医学部門講座 神経科学講座
Department of Basic Medical Science Department of System Neuroscience
研究テーマ :
研究活動と展望 :