業績

2017年

Ⅰ 英文原著

  1. Kawakami K, Minami N, Matsuura M, Iida T, Toyonaga T, Nagaishi K, Arimura Y, Fujimiya M, Uede T, Nakase H. Osteopontin attenuates acute gastrointestinal graft-versus-host disease by preventing apoptosis of intestinal epithelial cells. Biochem Biophys Res Commun. 2017 Feb 9. [Epub ahead of print]
  2. Minami N, Matsuura M, Koshikawa Y, Yamada S, Honzawa Y, Yamamoto S, Nakase H. Maternal and fetal outcomes in pregnant Japanese women with inflammatory bowel disease: our experience with a series of 23 cases. Intest Res. 2017 Jan;15(1):90-96.
  3. Kai M, Yamamoto E, Sato A, Yamano HO, Niinuma T, Kitajima H, Harada T, Aoki H, Maruyama R, Toyota M, Hatahira T, Nakase H, Sugai T, Yamashita T, Toyota M, Suzuki H. Epigenetic silencing of diacylglycerol kinase gamma in colorectal cancer. Mol Carcinog. 2017 Feb 20. [Epub ahead of print]
  4. Kanno S, Nosho K, Ishigami K, Yamamoto I, Koide H, Kurihara H, Mitsuhashi K, Shitani M, Motoya M, Sasaki S, Tanuma T, Maguchi H, Hasegawa T, Kimura Y, Takemasa I, Shinomura Y, Nakase H. MicroRNA-196b is an independent prognostic biomarker in patients with pancreatic cancer. Carcinogenesis. 2017 Feb 10. [Epub ahead of print]
  5. Yamamoto I, Nosho K, Kanno S, Igarashi H, Kurihara H, Ishigami K, Ishiguro K, Mitsuhashi K, Maruyama R, Koide H, Okuda H, Hasegawa T, Sukawa Y, Okita K, Takemasa I, Yamamoto H, Shinomura Y, Nakase H. EZH2 expression is a prognostic biomarker in patients with colorectal cancer treated with anti-EGFR therapeutics. Oncotarget. 2017 Jan 27. [Epub ahead of print]
  6. Nakase H, Sakuma S, Fukuchi T, Yoshino T, Mohri K, Miyata K, Kumagai H, Hiwatari K, Tsubaki K, Ikejima T, Tobita E, Zhu M, Wilson KJ, Washington K, Gore JC, Pham W. Evaluation of a novel fluorescent nanobeacon for targeted imaging of Thomsen-Friedenreich associated colorectal cancer. International Journal of Nanomedicine. 2017 March 2. 12: 1747?1755
  7. Idogawa M, Ohashi T, Sasaki Y, Nakase H, Tokino T. Long non-coding RNA NEAT1 is a transcriptional target of p53 and modulates p53-induced transactivation and tumor-suppressor function. Int J Cancer. 2017 Mar 14. doi: 10.1002/ijc.30689. [Epub ahead of print]
  8. Tanaka Y, Yamano HO, Yamamoto E, Matushita HO, Aoki H, Yoshikawa K, Takagi R, Harada E, Nakaoka M, Yoshida Y, Eizuka M, Sugai T, Suzuki H, Nakase H. Endoscopic and molecular characterization of colorectal sessile serrated adenoma/polyps with cytologic dysplasia. Gastrointest Endosc. 2017 May 10. pii: S0016-5107(17)31888-6. doi: 10.1016/j.gie.2017.05.006. [Epub ahead of print]
  9. Iida T, Nakagaki S, Satoh S, Shimizu H, Kaneto H, Nakase H. Clinical outcomes of sigmoid colon volvulus: identification of the factors associated with successful endoscopic detorsion. Intest Res. 2017 Apr;15(2):215-220. doi: 10.5217/ir.2017.15.2.215. Epub 2017 Apr 27.
  10. Adachi Y, Nojima M, Mori M, Yamashita K, Yamano HO, Nakase H, Endo T, Wakai K, Sakata K, Tamakoshi A. Insulin-like growth factor-1, IGF binding protein-3, and the risk of esophageal cancer in a nested case-control study. World J Gastroenterol. 2017 May 21;23(19):3488-3495.
  11. Nakase H, Motoya S, Matsumoto T, Watanabe K, Hisamatsu T, Yoshimura N, Ishida T, Kato S, Nakagawa T, Esaki M, Nagahori M, Matsui T, Naito Y, Kanai T, Suzuki Y, Nojima M, Watanabe M, Hibi T; DIAMOND study group.  Significance of measurement of serum trough level and anti-drug antibody of adalimumab as personalised pharmacokinetics in patients with Crohn's disease: a subanalysis of the DIAMOND trial. Aliment Pharmacol Ther. 2017 Sep 8. doi: 10.1111/apt.14318. [Epub ahead of print]
共同研究
  1. Nagata K, Endo S, Honda T, Yasuda T, Hirayama M, Takahashi S, Kato T, Horita S, Furuya K, Kasai K, Matsumoto H, Kimura Y, Utano K, Sugimoto H, Kato H, Yamada R, Yamamichi J, Shimamoto T, Ryu Y, Matsui O, Kondo H, Doi A, Abe T, Yamano HO, Takeuchi K, Hanai H, Saida Y, Fukuda K, Nappi J, Yoshida H. Accuracy of CT Colonography for Detection of Polypoid and Nonpolypoid Neoplasia by Gastroenterologists and Radiologists: A Nationwide Multicenter Study in Japan. Am J Gastroenterol. 2017 Jan;112(1):163-171.
  2. Eizuka M, Sugai T, Habano W, Uesugi N, Takahashi Y, Kawasaki K, Yamamoto E, Suzuki H, Matsumoto T. Molecular alterations in colorectal adenomas and intramucosal adenocarcinomas defined by high-density single-nucleotide polymorphism arrays. J Gastroenterol. 2017 Feb 14. doi: 10.1007/s00535-017-1317-2. [Epub ahead of print]
  3. Sugai T, Eizuka M, Takahashi Y, Fukagawa T, Habano W, Yamamoto E, Akasaka R, Otuska K, Matsumoto T, Suzuki H. Molecular subtypes of colorectal cancers determined by PCR-based analysis. Cancer Sci. 2017 Jan 13. doi: 10.1111/cas.13164. [Epub ahead of print]
  4. Drew DA, Nishihara R, Lochhead P, Kuchiba A, Qian ZR, Mima K, Nosho K, Wu K, Wang M, Giovannucci E, Fuchs CS, Chan AT, Ogino S. A Prospective Study of Smoking and Risk of Synchronous Colorectal Cancers. Am J Gastroenterol. 2017;112:493-501.

Ⅱ 英文症例報告

  1. Iida T, Hirano T, Onodera K, Kubo T, Yamashita K, Yamano H, Nakase H. Endoscopic removal of an impacted barolith at the sigmoid colon: a rare case report. Clin J Gastroenterol. 2017 Aug;10(4):361-363. doi: 10.1007/s12328-017-0752-1.
  2. Iida T, Yamashita K, Nakase H. A Unique Cause of Persistent Diarrhea. Gastroenterology. 2017 May;152(6):1291-1292.
共同研究

Ⅲ 英文総説

  1. Iida T, Onodera K, Nakase H. Role of autophagy in the pathogenesis of inflammatory bowel disease. World J Gastroenterol. In Press.

Ⅳ 日本語論文(著書、総説、原著、症例報告含む)

  1. 飯田智哉, 小野寺馨, 仲瀬裕志.「5-ASA製剤」日本臨床 2017; 75(3): 392-397.
  2. 飯田 智哉, 仲瀬 裕志.「ワールドコングレスレポート CCFA2016 Annual Meeting」IBD Research 2017年3月号
  3. 仲瀬裕志.炎症性腸疾患病態におけるサイトメガロウイルス感染症の関与.THE GI FOREFRONT 2017, 12:25-27

Ⅴ 海外学会

Ⅵ 国内学会・研究会等

主題演題
  1. 【ワークショップ:日本における消化管希少疾患の実態】飯田 智哉, 大和田紗恵, 平野 雄大, 小野寺 馨, 久保 俊之, 山本英一郎, 能正 勝彦, 山下健太郎, 仲瀬 裕志. 消化管アミロイドーシス診断における適切な内視鏡下粘膜生検法. 第13回日本消化管学会総会学術集会 2017, 2, 17-18. 名古屋.
  2. 【シンポジウム:慢性炎症と発癌】飯田 智哉, 川上賢太郎, 仲瀬 裕志. 炎症性大腸発癌におけるRalの役割. 第120回日本消化器病学会北海道支部例会 2017, 3, 4-5. 札幌
  3. 【ビデオシンポジウム:胆膵内視鏡-困難例に対する工夫とトラブルシューティング-】川上裕次郎, 鈴木一也, 林優希, 赤保内正和, 福田昂一郎, 米澤和彦, 阿部敬. 第114回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会 2017, 3, 4-5. 札幌
  4. 【ワークショップ:消化管癌に対する新しいバイオマーカーによる個別化治療の展開】能正 勝彦. 大腸癌におけるEZH2発現とエピゲノム異常との関連の検討と抗EGFR抗体薬の効果予測バイオマーカーとしての可能性. 第13回日本消化管学会総会学術集会 2017.2.18. 名古屋
一般演題
  1. 【内視鏡専修医最優秀演題賞受賞】平野 雄大, 飯田 智哉, 山下健太郎, 大和田紗恵, 小野寺 馨, 久保 俊之, 山本英一郎, 大沼啓之, 能正 勝彦, 山野泰穂, 仲瀬 裕志. 第114回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会 2017, 3, 4-5. 札幌
  2. 飯田 智哉, 山下 健太郎, 三宅 高和, 小野寺 馨, 久保 俊之, 山本 英一郎, 能正 勝彦, 山野 泰穂, 仲瀬 裕志. Universal screening with MSI to identify Lynch syndrome. 第92回 北海道腸疾患研究会. 2017, 1, 14. 札幌.
  3. 【基調講演】能正勝彦.高齢者大腸癌の臨床・分子生物学的特徴を利用した癌予防の治療戦略.第92回北海道腸疾患研究会.2017, 1, 14. 札幌.
  4. 仲瀬裕志.炎症性腸疾患と腸管外病変.第43回難治性気道疾患研究会.2017, 2, 4. 東京.
  5. 【第279回 日本内科学会北海道地方会 優秀若手奨励賞】大久保 陽介, 飯田 智哉, 大和田 紗恵, 平野 雄大, 三宅 高和, 小野寺 馨, 久保 俊之, 山本 英一郎, 能正 勝彦, 山下 健太郎, 山野 泰穂, 仲瀬 裕志. 第279回 日本内科学会北海道地方会. 消化管病変により蛋白漏出性胃腸症を呈したサルコイドーシスの1例 2017, 2, 18. 札幌.
  6. 鈴木綜馬,矢嶋秀教,齋藤潤信,内藤崇史,矢花 崇,安達雄哉,有村佳昭,近藤吉広,仲瀬裕志.食道壁内偽憩室症を伴う急性食道粘膜病変により狭窄を来した1例.第279回日本内科学会北海道地方会.2017, 2, 18. 札幌.
  7. 橋野 健,赤保内正和,林 優希,福田昂一郎,川上裕次郎,鈴木一也,米澤和彦,阿部 敬,今泉俊雄.診断に苦慮した多発性肝・肺・脳腫瘍、脳室炎の1例.第279回日本内科学会北海道地方会.2017, 2, 18. 札幌.
  8. 土谷円花,榮浪洋介,佐藤修司,我妻康平,一色裕之,伊早坂 舞,清水晴夫,金戸宏行,今 信一郎.鏡画像を呈する肝転移巣を認めた膵癌の1剖検例.第279回日本内科学会北海道地方会.2017, 2, 18. 札幌.
  9. 大久保陽介,飯田智哉,平野雄大,小野寺 馨,久保俊之,山本英一郎,能正勝彦,山下健太郎,山野泰穂,仲瀬裕志.消化管病変により蛋白漏出性胃腸症を呈したサルコイドーシスの1例.第279回日本内科学会北海道地方会.2017, 2, 18. 札幌.
  10. 三宅高和,阿久津典之,平野雄大,佐々木 基,若杉英樹,志谷真啓,本谷雅代,佐々木 茂,仲瀬裕志.肝障害を伴った遅発性薬剤熱の1例.第279回日本内科学会北海道地方会.2017, 2, 18. 札幌.
  11. 笠原 薫,山川 司,横山佳浩,牛島慶子,沼田泰尚,鈴木 亮,岡 俊州,小林寿久,矢和田 敦.蛋白漏出性胃腸症を合併した好酸球性胃腸炎.第279回日本内科学会北海道地方会.2017, 2, 18. 札幌.
  12. 鈴木 亮,山川 司,横山佳浩,沼田泰尚,牛島慶子,岡 俊州,笠原 薫,小林寿久,矢和田 敦,池田 健.慢性C型肝炎の治療計画中に、腸結核の合併が判明し先行して治療を行った1例.第279回日本内科学会北海道地方会.2017, 2, 18. 札幌.
  13. 佐々木 基,志谷真啓,平野雄大,三宅高和,若杉英樹,阿久津典之,本谷雅代,佐々木 茂,仲瀬裕志.稀な画像所見を呈した肝門部肝腫瘤の1例.第279回日本内科学会北海道地方会.2017, 2, 18. 札幌.
  14. 仲瀬裕志.What is a current treat to target approach for patients with ulcerative colitis? 第29回大阪クローン病治療研究会.2017, 2, 24. 大阪.
  15. 大久保陽介.当科におけるSpyglassの使用経験.第36回札幌肝胆膵研究会.2017, 3, 3. 札幌.
  16. 飯田智哉,川上賢太郎,仲瀬裕志.炎症性大腸発癌におけるRalの役割.第120回日本消化器病学会北海道支部例会.2017, 3, 4-5. 札幌.
  17. 大和田紗恵,飯田智哉,小野寺 馨,久保俊之,山本英一郎,能正勝彦,山下健太郎,山野泰穂,仲瀬裕志.造血幹細胞移植後のGVHD関連腸炎と感染性腸炎の臨床病理学的比較検討.第120回日本消化器病学会北海道支部例会.2017, 3, 4-5. 札幌.
  18. 佐々木尚英,結城敏志,川本泰之,中積宏之,辻 靖,曽我部 進,畑中一映,奥田博介,太宰昌佳,紺野 潤,中村路夫,太田智之,石黒 敦,工藤峰生,阿部雅一,大場彩音,小野寺 馨,江藤和範,館山美樹,坂本直哉,小松嘉人.切除不能進行大腸癌に対するレゴラフェニブ療法の後方視的研究:HGCSG1401.第120回日本消化器病学会北海道支部例会.2017, 3, 4-5. 札幌.
  19. 赤保内正和,米澤和彦,林 優希,福田昂一郎,川上裕次郎,鈴木一也,阿部 敬.当科におけるB型慢性肝疾患に対する核酸アナログ製剤の治療成績.第120回日本消化器病学会北海道支部例会.2017, 3, 4-5. 札幌.
  20. 平野雄大,阿久津典之,高木秀安,安達雄哉,大和田紗恵,大久保陽介,三宅高和,飯田智哉,佐々木 基,若杉英樹,志谷真啓,本谷雅代,佐々木 茂,仲瀬裕志.当科におけるC型慢性肝疾患に対するDAA製剤の治療効果に関する検討.第120回日本消化器病学会北海道支部例会.2017, 3, 4-5. 札幌.
  21. 山口洋志,木村康利,永山 稔,今村将史,河野 剛,志谷真啓,本谷雅代,山本元久,水口 徹,仲瀬裕志,竹政伊知朗.肝内胆管癌との鑑別が困難であり切除を行ったIgG4関連硬化性胆管炎の1例.第120回日本消化器病学会北海道支部例会.2017, 3, 4-5. 札幌.
  22. 一色裕之,金戸宏行,榮浪洋介,我妻康平,伊早坂 舞,佐藤修司,清水晴夫.当科における軽症急性胆嚢炎の入院後経過と胆道ドレナージ病についての検討.第120回日本消化器病学会北海道支部例会.2017, 3, 4-5. 札幌.
  23. 河野 剛,木村康利,山口洋志,今村将史,永山 稔,水口 徹,志谷真啓,本谷雅代,竹政伊知朗.40年前の胆石症手術として施行された胆管十二指腸側々吻合術後に生じた十二指腸癌の一例.
    第120回日本消化器病学会北海道支部例会.2017, 3, 4-5. 札幌.
  24. 金澤あゆみ,榮浪洋介,我妻康平,一色裕之,伊早坂 舞,佐藤修司,清水晴夫,金戸宏行,佐々木賢一,今 信一郎.当院における虫垂原発低悪性度粘液産生腫瘍および腹膜偽粘液腫の治療成績.
    第120回日本消化器病学会北海道支部例会.2017, 3, 4-5. 札幌.
  25. 大久保陽介,飯田智哉,久保俊之,大和田紗恵,小野寺 馨,山本英一郎,能正勝彦,山下健太郎,山野泰穂,仲瀬裕志.腹部大動脈瘤破裂後に狭窄型虚血性直腸炎を呈した一例.第120回日本消化器病学会北海道支部例会.2017, 3, 4-5. 札幌.
  26. 川上裕次郎,鈴木一也,林 優希,赤保内正和,福田昂一郎,米澤和彦,阿部 敬,吉田雄亮,宮崎 大,井上 玲,福田直也,佐藤暢人,飯村泰昭,長谷川直人.外傷性膵損傷に対する緊急ERP.第120回日本消化器病学会北海道支部例会.2017, 3, 4-5. 札幌.
  27. 平野雄大,本谷雅代,大和田紗恵,大久保陽介,三宅高和,佐々木 基,若杉英樹,志谷真啓,阿久津典之,佐々木 茂,仲瀬裕志.IFN投与中に糖尿病性ケトアシドーシスから重症急性膵炎を来した1例.第120回日本消化器病学会北海道支部例会.2017, 3, 4-5. 札幌.
  28. 岡 俊州,山川 司,横山佳浩,牛島慶子,沼田泰尚,鈴木 亮,笠原 薫,小林寿久,矢和田 敦.当科における超音波内視鏡下膵嚢胞ドレナージ術(EUS-CD)の現状.第120回日本消化器病学会北海道支部例会.2017, 3, 4-5. 札幌.
  29. 佐々木 基,本谷雅代,大和田紗恵,平野雄大,三宅高和,若杉英樹,志谷真啓,阿久津典之,佐々木 茂,仲瀬裕志.膵癌症例の過去画像検討.第120回日本消化器病学会北海道支部例会.2017, 3, 4-5. 札幌.
  30. 三宅高和,飯田智哉,山下健太郎,小野寺 馨,久保俊之,山本英一郎,能正勝彦,山野泰穂,仲瀬裕志.腸重積を呈したSTK11遺伝子全欠失型Peutz-Jeghers症候群の1例.第120回日本消化器病学会北海道支部例会.2017, 3, 4-5. 札幌.
  31. 伊早坂 舞,清水晴夫,榮浪洋介,我妻康平,一色裕之,佐藤修司,金戸宏行.アルコール多飲を背景に非閉塞性腸管虚血症をきたした若年女性の1例.第120回日本消化器病学会北海道支部例会.2017, 3, 4-5. 札幌.
  32. 上野あかり,林 優希,赤保内正和,福田昂一郎,川上裕次郎,鈴木一也,米澤和彦,阿部 敬.胃癌術後再発における骨髄癌腫症とDICに対してS-1+シスプラチン療法が著効した1例.第120回日本消化器病学会北海道支部例会.2017, 3, 4-5. 札幌.
  33. 川上裕次郎,鈴木一也,林 優希,赤保内正和,福田昂一郎,米澤和彦,阿部 敬.経乳頭的アプローチ困難症例に対する超音波内視鏡下胆道ドレナージ.第114回日本消化器内視鏡学会.2017, 3, 4-5. 札幌.
  34. 三宅高和,飯田智哉,小野寺 馨,久保俊之,山本英一郎,能正勝彦,山下健太郎,山野泰穂,仲瀬裕志.内視鏡下生検によるアミロイドーシスの診断能.第114回日本消化器内視鏡学会.2017, 3, 4-5. 札幌.
  35. 平野雄大,飯田智哉,山下健太郎,大和田紗恵,小野寺 馨,久保俊之,山本英一郎,大沼啓之,能正勝彦,山野泰穂,仲瀬裕志.内視鏡的粘膜生検後出血の頻度および臨床像.第114回日本消化器内視鏡学会.2017, 3, 4-5. 札幌.
  36. 一色裕之,清水晴夫,榮浪洋介,我妻康平,伊早坂 舞,佐藤修司,金戸宏行.胃術後の十二指腸憩室内結石による憩室炎に対し、内視鏡的治療が奏功した一例.第114回日本消化器内視鏡学会.2017, 3, 4-5. 札幌.
  37. 飯田 智哉, 川上 賢太郎, 仲瀬 裕志. 炎症性大腸発癌の機序における低分子量GTP蛋白Ralの機能解析.第1回 Sapporo Digestive Disease Scientific Forum 2017, 3, 4. 札幌.
  38. 菅野伸一.消化器癌ホルマリン固定標本を用いたFusobacterium属DNA解析と分子異常・予後との関連.The 1st Sapporo Digestive Disease Scientific Forum.2017, 3, 4. 札幌.
  39. 石上敬介.胆道癌とmiccroRNAについて.The 1st Sapporo Digestive Disease Scientific Forum.2017, 3, 4. 札幌.
  40. 若杉英樹.HBVのHCC発癌にかかわるmiRNAの探索.The 1st Sapporo Digestive Disease Scientific Forum.2017, 3, 4. 札幌.
  41. 仲瀬裕志.Lipocalin 2と腸管炎症との関与.第20回福島県腸疾患研究会.2017, 3, 11. 福島.
  42. 仲瀬裕志.ステロイド依存性潰瘍性大腸炎へのアプローチ~チオプリン製剤、生物学的製剤を使いこなす~.会津若松IBDカンファレンス.2017, 3, 13. 福島.
  43. 鈴木 亮,山川 司,横山佳浩,沼田泰尚,牛島慶子,岡 俊州,笠原 薫,小林寿久,矢和田 敦.食道胃接合部癌に対して内視鏡的粘膜下層剥離術を行い粘膜下層浸潤距離が400μMだった一例.第44回北海道食道癌研究会.2017, 4, 8. 札幌.
  44. 久保俊之,山下健太郎,飯田智哉,小野寺 馨,山本英一郎,能正勝彦,山野泰穂,仲瀬裕志.食道病変を契機として診断に至った腸管症型T細胞リンパ腫の一例.第44回北海道食道癌研究会.2017, 4, 8. 札幌.

Ⅶ 学位

Ⅷ 受賞・その他

  1. 仲瀬裕志.IBD治療の最新情報とBS情報.九州IBDバイオシミラー講演会.2017, 1, 14. 福岡.
  2. 仲瀬裕志.ステロイド依存性潰瘍性大腸炎へのアプローチ~チオプリン製剤をつかいこなす~.Clinical Practice Seminar on UC.2017, 1, 21. 東京.
  3. 仲瀬裕志.IBD治療の最新情報とBS情報.旭川地区IBD講演会.2017, 2, 2. 旭川.
  4. 仲瀬裕志.Current positioning of thiopurine in IBD therapy―what should we know for optimizing use?―.第7回 IBD Clinical Seminar.2017, 2, 7. 大分.
  5. 仲瀬裕志.潰瘍性大腸炎長期寛解維持のための治療法とは?札幌市医師会西区・手稲区支部合同学術講演会.2017, 2, 16. 札幌.
  6. 仲瀬裕志.Current positioning of thiopurine in IBD therapy―what should we know for optimizing use?―.第6回京都桂消化器懇話会.2017, 3, 2. 京都.
  7. 山野泰穂.大腸内視鏡検査前処置における等張および高調腸管洗浄液の比較.EA Pharma Lecture Meeting.EAファーマ(株).2017, 札幌.
  8. 山野泰穂.大腸腫瘍性病変に対する内視鏡診断―診断の基礎と応用―.宮崎県北地区消化器内視鏡懇談会.2017, 3, 14. 宮崎.
  9. 佐々木 茂.C型肝炎治療について.函館五稜郭Liver Meeting.2017, 3, 15. 函館.
  10. 仲瀬裕志.Inflammatory bowel disease unclassifiedの中に潜むMEFV腸炎.第8回岐阜IBDセミナー.2017, 3, 16. 岐阜.
  11. 仲瀬裕志.Lipocalin2による腸管炎症制御機構―IBD病態への関与―.第17回Osaka Gut Forum.2017, 3, 17. 大阪.
  12. 仲瀬裕志.サイトメガロウイルスの炎症性腸疾患病態への関与―臨床から基礎へ、基礎から臨床へ―.第13回臨床消化器病フォーラム.2017, 3, 18. 大阪.
  13. 仲瀬裕志.Thiopurine製剤をつかいこなす―炎症性腸疾患治療においてしっておくべき基本事項とは?―.炎症性腸疾患治療におけるチオプリン製剤使用のPit Fall.2017, 4, 15. 東京.
  14. 仲瀬裕志.クローン病治療における抗体製剤と免疫調節薬のエビデンス.第4回Biologics Workshop on IBD.2017, 4, 22. 東京.
  15. 小野寺 馨.消化器内科における慢性便秘治療.社外講師勉強会.マイランEPD合同会社.2017, 札幌.
  16. 佐々木 茂.B型肝炎の病態と診断と治療について.GSJ社員研修会.ギリアド・サイエンシズ(株).2017, 札幌.
  17. 仲瀬裕志.食事で消化器疾患予防を目指す―腸内細菌を整えることの重要性―.平成28年度先端医学公開講座.主催:札幌医科大学大学院医学研究科.2017, 札幌.
  18. 佐々木 茂.脂肪肝から肝がん―腸内細菌が関与する?―.平成28年度先端医学公開講座.主催:札幌医科大学大学院医学研究科.2017, 札幌.
  19. 仲瀬裕志.Reconsider teratments of Crohn’s disease in the era of biologics.ゼンタコートWEB講演会.ゼリア新薬工業(株).2017, 札幌.
  20. 仲瀬裕志.知らなきゃ損!基礎研究で身につく論理的思考の重要性.消化器病学サイエンス 2017, 8-9
  21. 飯田 智哉. 日本学術振興会特別研究員 (DC2)
  22. 飯田 智哉. 公益財団法人中山がん研究所消化器疾患研究助成金
  23. 飯田 智哉. 公益信託小野がん研究助成基金

2016年

Ⅰ 学位

Ⅱ 著書

  1. 仲瀬裕志.下痢.診療ガイドライン UP-TO-DATE 2016-2017.監修 門脇 孝,小室一成,宮地良樹.メディカルレビュー社(大阪).2016, pp242-246
  2. 仲瀬裕志.潰瘍性大腸炎.消化器研修ノート 改定第2版.編集 五十嵐良典,榎本信幸,穂刈量太.診断と治療社(東京).2016, pp375-380

Ⅲ 総説

  1. Nosho K, Sukawa Y, Adachi Y, Ito M, Mitsuhashi K, Kurihara H, Kanno S, Yamamoto I, Ishigami K, Igarashi H, Maruyama R, Imai K, Yamamoto H, Shinomura Y. Association of Fusobacterium nucleatum with immunity and molecular alterations in colorectal cancer. World J Gastroenterol 2016, 22:557-566
  2. 山本元久,高橋裕樹.治療からみたIgG4関連疾患の病因・病態.分子リウマチ治療 2016, 9:21-25
  3. 仲瀬裕志.潰瘍性大腸炎治療戦略:総論.医学のあゆみ 2016, 256:1055-1057
  4. 仲瀬裕志.現在開発中のクローン病治療薬.INTESTINE 2016, 20:203-206
  5. 川上賢太郎,永石歓和,有村佳昭.間葉系幹細胞を用いた消化管再生医療.Medical Science Digest 2016, 42:65-68
  6. 仲瀬裕志.5-アミノサリチル酸製剤.薬局 2016, 67:2137-2139
  7. Nakase H, Herfarth H. Cytomegalovirus Colitis, Cytomegalovirus Hepatitis and Systemic Cytomegalovirus Infection: Common Features and Differences. Inflamm Intest Dis. 2016 Apr;1(1):15-23. Epub 2016 Jan 23.
  8. Nakase H, Onodera K. Targeting cytomegalovirus during ulcerative colitis flare-ups. Expert Rev Gastroenterol Hepatol. 2016 Jun 2:1-7. [Epub ahead of print]
  9. Suzuki H, Maruyama R, Yamamoto E, Niinuma T, Kai M. Relationship Between Noncoding RNA Dysregulation and Epigenetic Mechanisms in Cancer. 2016;927:109-35.
  10. 小野寺馨,仲瀬裕志.大腸がん発症のメカニズム.日本臨牀 2016, 74: 2-4
  11. 行澤 斉悟, 川上賢太郎. 臨床消化器内科 31巻7号 Page873-876 (2016.05)
  12. 石田 禎夫, 青木 由佳, 石黒 一也.【多発性骨髄腫学-最新の診療と基礎研究-】 多発性骨髄腫の治療と支持療法 多発性骨髄腫に対する化学療法(解説/特集).日本臨床)74巻増刊5 多発性骨髄腫学 Page299-303(2016.07)
  13. 飯田智哉, 小野寺馨, 仲瀬裕志. IBD診療におけるバイオマーカーの必要性と問題点-総論-. IBD Research 2016年12月号

Ⅳ 原著

  1. Shimizu H, Arimura Y, Onodera K, Takahashi H, Okahara S, Kodaira J, Oohashi H, Isshiki H, Kawakami K, Yamashita K, Shinomura Y, Hosokawa M. Malignant potential of gastrointestinal cancers assessed by structural equation modeling. Plos One 2016, 10:e0149327
  2. Saito M, Yamashita K, Arimura Y, Kaneto H, Okuda H, Nojima M, Hagiwara T, Suzuki K, Adachi T, Goto A, Nakachi K, Yawata A, Yoshimoto M, Tanuma T, Adachi Y, Yamaoka S, Mizukoshi T, Kawayama M, Hamamoto Y, Shinomura Y. Serum HER2 as an adjunct to assess HER2 status for advanced gastric cancer: a prospective multicenter trial (SHERLOCK). Acta Oncol 2016, 55:309-317
  3. Kurihara H, Maruyama R, Ishiguro K, Kanno S, Yamamoto I, Ishigami K, Mitsuhashi K, Igarashi H, Ito M, Tanuma T, Sukawa Y, Okita K, Hasegawa T, Imai K, Yamamoto H, Shinomura Y, Nosho K. The relationship between EZH2 expression and microRNA-31 in colorectal cancer and the role in evolution of the serrated pathway. Oncotarget 2016, 7:12704-12717
  4. Sawada T, Yamamoto E, Yamano HO, Nojima M, Harada T, Maruyama R, Ashida M, Aoki H, Matsushita HO, Yoshikawa K, Harada E, Tanaka Y, Wakita S, Niinuma T, Kai M, Eizuka M, Sugai T, Suzuki H. Assessment of epigenetic alterations in early colorectal lesions containing BRAF mutations. Oncotarget. 2016 Apr 27
  5. Sugimoto R, Sugai T, Habano W, Endoh M, Eizuka M, Yamamoto E, Uesugi N, Ishida K, Kawasaki T, Matsumoto T, Suzuki H. Clinicopathological and molecular alterations in early gastric cancers with the microsatellite instability-high phenotype. Int J Cancer. 2016 Apr 1;138(7):1689-97.
  6. Kumegawa K, Maruyama R, YamamotoE, Ashida M, Kitajima H, Tsuyada A, Niinuma T, Kai M, Yamano H, Sugai T, Tokino T, Shinomura Y, Imai K, Suzuki H. A genomic screen for long noncoding RNA genes epigenetically silenced by aberrant DNA methylation in colorectal cancer. 2016 Sci Rep [Epub ahead of print]
  7. Okada K, Arai S, Itoh H, Adachi S, Hayashida M, Nakase H, Ikemoto M. CD68 on rat macrophages binds tightly to S100A8 and S100A9 and helps to regulate the cells' immune functions. J Leukoc Biol. 2016 Jun 16. pii: jlb.2A0415-170RRR. [Epub ahead of print]
  8. Naganuma T, Takemoto Y, Iwai T, Kuwabara N, Uchida J, Nakatani T, Kitamura K, Masuda A, Ohmori K, Matsuura M, Nakase H. Effects of Granulocyte and Monocyte Adsorptive Apheresis in Renal Transplantation Recipients With Concomitant Cytomegalovirus Infection. Transplant Proc. 2016 Apr;48(3):929-32.
  9. Song M, Nishihara R, Cao Y, Chun E, Qian ZR, Mima K, Inamura K, Masugi Y, Nowak JA, Nosho K, Wu K, Wang M, Giovannucci E, Garrett WS, Fuchs CS, Ogino S, Chan AT. Marine ω-3 polyunsaturated fatty acid intake and risk of colorectal cancer according to tumor-infiltrating T cells. JAMA Oncology. in press
  10. Masugi Y, Nishihara R, Yang J, Mima K, Silva A, Shi Y, Inamura K, Cao Y, Song M, Nowak JA, Liao X, Nosho K, Chan AT, Giannakis M, Bass AJ, Hodi FS, Freeman GJ, Rodig S, Fuchs CS, Qian ZR, Ogino S. Tumour CD274 (PD-L1) expression and T cells in colorectal cancer. Gut. in press
  11. Giannakis M, Mu XJ, Shukla SA, Qian ZR, Cohen O, Nishihara R, Bahl S, Cao Y, Amin-Mansour A, Yamauchi M, Sukawa Y, Stewart C, Rosenberg M, Mima K, Inamura K, Nosho K, Nowak JA, Lawrence MS, Giovannucci EL, Chan AT, Ng K, Meyerhardt JA, Van Allen EM, Getz G, Gabriel SB, Lander ES, Wu CJ, Fuchs CS, Ogino S, Garraway LA. Genomic Correlates of Immune-Cell Infiltrates in Colorectal Carcinoma. Cell Rep. in press
  12. Mima K, Nishihara R, Nowak J, Kim SA, Song M, Inamura K, Sukawa Y, Masuda A, Yang J, Dou R, Nosho K, Baba H Professor, Giovannucci EL, Bowden M, Loda M, Giannakis M, Bass AJ, Dranoff G, Freeman GJ, Chan AT, Fuchs CS, Qian ZR, Ogino S. MicroRNA MIR21 and T cells in Colorectal Cancer. Cancer Immunol Res. 2016;4:33-40.
  13. Song M, Nishihara R, Wang M, Chan AT, Qian ZR, Inamura K, Zhang X, Ng K, Kim SA, Mima K, Sukawa Y, Nosho K, Fuchs CS, Giovannucci EL, Wu K, Ogino S. Plasma 25-hydroxyvitamin D and colorectal cancer risk according to tumour immunity status. Gut. 2016;65:296-304.
  14. Yamasaki K, Matsui T, Hisabe T, Yano Y, Hirai F, Morokuma T, Iwao Y, Matsumoto T, Ohi H, Andoh A, Esaki M, Aoyagi K, Sugita A, Nakase H, Fujiya M, Higashi1 D, Futami K. Retrospective Analysis of Growth Speed of 54 Lesions of Colitis-associated Colorectal Neoplasia. Anticancer Res. 2016; 36: 3731-3740.
  15. Nakase H, Keum B, Ye BD, et al. Treatment of inflammatory bowel disease in Asia: the results of a multinational web-based survey in the 2nd Asian Organization of Crohn's and Colitis (AOCC) meeting in Seoul. Intestinal Research 2016; 14: 231-239.
  16. Hiejima E, Nakase H, Matsuura M, et al. Diagnostic accuracy of endoscopic features of pediatric acute gastrointestinal graft-versus-host disease.Dig Endosc. 2016;28:548-55.
  17. Tamaki H, Nakase H, Inoue S, et al. Efficacy of probiotic treatment with Bifidobacterium longum 536 for induction of remission in active ulcerative colitis: A randomized, double-blinded, placebo-controlled multicenter trial. Dig Endosc. 2016;28:67-74.
  18. Watanabe T Ajioka Y, Mitsuyama K, Watanabe K, Hanai H, Nakase H, Kunisaki R, Matsuda K, Iwakiri R, Hida N, Tanaka S, Takeuchi Y, Ohtsuka K, Murakami K, Kobayashi K, Iwao Y, Nagahori M, Iizuka B, Hata K, Igarashi M, Hirata I, Kudo SE, Matsumoto T, Ueno F, Watanabe G, Ikegami M, Ito Y, Oba K, Inoue E, Tomotsugu N, Takebayashi T, Sugihara K, Suzuki Y, Watanabe M, Hibi T. Comparison of Targeted vs Random Biopsies for Surveillance of Ulcerative Colitis-associated Colorectal Cancer. Gastroenterology. 2016 Aug 11. pii: S0016-5085(16)34897-1. doi: 10.1053/j.gastro.2016.08.002. [Epub ahead of print]
  19. Matsumoto T, Motoya S, Watanabe K, Hisamatsu T, Nakase H, Yoshimura N, Ishida T, Kato S, Nakagawa T, Esaki M, Nagahori M, Matsui T, Naito Y, Kanai T, Suzuki Y, Nojima M, Watanabe M, Hibi T, Diamond Study Group. Adalimumab monotherapy and a combination with azathioprine for Crohn's disease: A prospective, randomized trial. J Crohns Colitis. 2016 Aug 26. pii: jjw152.
  20. Toyonaga T, Matsuura M, Mori K, Honzawa Y, Naoki M, Yamada S, Kobayashi T, Hibi T, Nakase H. Lipocalin 2 prevents intestinal inflammation by enhancing phagocytic bacterial clearance in macrophages. Scientific Reports (in press)
  21. Yokota T, Kato K, Hamamoto Y, Tsubosa Y, Ogawa H, Ito Y, Hara H, Ura T, Kojima T, Chin K, Hironaka S, Kii T, Kojima Y, Akutsu Y, Matsushita H, Kawakami K, Mori K, Nagai Y, Asami C, Kitagawa Y. Phase II study of chemoselection with docetaxel plus cisplatin and 5-fluorouracil induction chemotherapy and subsequent conversion surgery for locally advanced unresectable oesophageal cancer. Br J Cancer. 2016 Nov 3. doi: 10.1038/bjc.2016.350. [Epub ahead of print]
  22. Sugai T, Sugimoto R, Habano W, Endoh M, Eizuka M, Tsuchida K, Yamamoto E, Kawasaki K, Yanai S, Matsumoto T, Suzuki H. Genetic differences stratified by PCR-based microsatellite analysis in gastric intramucosal neoplasia. Gastric Cancer. 2016 May 28. [Epub ahead of print]
  23. Arakawa N, Sugai T, Habano W, Eizuka M, Sugimoto R, Akasaka R, Toya Y, Yamamoto E, Koeda K, Sasaki A, Matsumoto T, Suzuki H. Genome-wide analysis of DNA copy number alterations in early and advanced gastric cancers. Mol Carcinog. 2016 Jun 17. doi: 10.1002/mc.22514. [Epub ahead of print]
  24. Sugai T, Habano W, Takagi R, Yamano H, Eizuka M, Arakawa N, Takahashi Y, Yamamoto E, Kawasaki K, Yanai S, Ishida K, Suzuki H, Matsumoto T. Analysis of molecular alterations in laterally spreading tumors of the colorectum. J Gastroenterol. 2016 Oct 4. [Epub ahead of print]
  25. Adachi Y, Akino K, Mita H, Kikuchi T, Yamashita K, Sasaki Y, Arimura Y, Endo T. Systemic Prophylactic Antibiotics for the Modified Introducer Method for Percutaneous Endoscopic Gastrostomy: A Prospective, Randomized, Double-Blind Study. J Clin Gastroenterol. 2016 Oct;50(9):727-32
  26. Mabe K, Kato M, Oba K, Nakagawa S, Seki H, Katsuki S, Yamashita K, Ono S, Shimizu Y, Sakamoto N; Sapporo Consensus Study Group. A prospective, multicenter survey on the validity of shorter periendoscopic cessation of antithrombotic agents in Japan. J Gastroenterol. 2016 Apr 16. [Epub ahead of print]
  27. Matsunaga Y, Adachi Y, Sasaki Y, Koide H, Motoya M, Nosho K, Takagi H, Yamamoto H, Sasaki S, Arimura Y, Tokino T, Carbone DP, Imai K, Shinomura Y. The effect of forced expression of mutated K-RAS gene on gastrointestinal cancer cell lines and the IGF-1R targeting therapy. Mol Carcinog. in press
  28. Cao Y, Nishihara R, Qian ZR, Song M, Mima K, Inamura K, Nowak JA, Drew DA, Lochhead P, Nosho K, Morikawa T, Zhang X, Wu K, Wang M, Garrett WS, Giovannucci EL, Fuchs CS, Chan AT, Ogino S. Regular Aspirin Use Associates With Lower Risk of Colorectal Cancers With Low Numbers of Tumor-Infiltrating Lymphocytes. Gastroenterology. in press
  29. Dou R, Nishihara R, Cao Y, Hamada T, Mima K, Masuda A, Masugi Y, Shi Y, Gu M, Li W, da Silva A, Nosho K, Zhang X, Meyerhardt JA, Giovannucci EL, Chan AT, Fuchs CS, Qian ZR, Ogino S. MicroRNA let-7, T Cells, and Patient Survival in Colorectal Cancer. Cancer Immunol Res. in press
  30. Iida T, Nakagaki S, Satoh S, Shimizu H, Kaneto H, Nakase H. Clinical outcomes of sigmoid colon volvulus: identification of the factors related to success in endoscopic detorsion. Intest Res in Press.
  31. Yamazaki K, Nagase M, Tamagawa H, Ueda S, Tamura T, Murata K, Eguchi Nakajima T, Baba E, Tsuda M, Moriwaki T, Esaki T, Tsuji Y, Muro K, Taira K, Denda T, Funai S, Shinozaki K, Yamashita H, Sugimoto N, Okuno T, Nishina T, Umeki M, Kurimoto T, Takayama T, Tsuji A, Yoshida M, Hosokawa A, Shibata Y, Suyama K, Okabe M, Suzuki K, Seki N, Kawakami K, Sato M, Fujikawa K, Hirashima T, Shimura T, Taku K38, Otsuji T, Tamura F, Shinozaki E, Nakashima K, Hara H, Tsushima T, Ando M, Morita S, Boku N, Hyodo I. Randomized phase III study of bevacizumab plus FOLFIRI and bevacizumab plus mFOLFOX6 as first-line treatment for patients with metastatic colorectal cancer (WJOG4407G). Ann Oncol. 2016 Aug;27(8):1539-46.
症例報告
  1. Iida T, Yamashita K, Arimura Y, Shinomura Y. Colonic Sarcoidosis Presenting as Granulomatous Appendicitis. J Gastrointestin Liver Dis. 2016 Mar;25(1):8
  2. Iida T, Satoh S, Nakagaki S, Shimizu H, Kaneto H. Autoimmune hemolytic anemia triggered by infection with human parvovirus B19 after total abdominal colectomy for ulcerative colitis. Intern Med 2016, 55:677-681
  3. Iida T, Adachi T, Tabeya T, Nakagaki S, Yabana T, Goto A, Kondo Y, Kasai K. Rare type of pancreatitis as the fist presentation of anti-neutrophil cytoplasmic antibody-related vasculitis.World J Gastroenterol 2016, 22:2383-2390
  4. Iida T, Adachi T, Nakagaki S, Yabana T, Goto A, Kondo Y, Nakase H. Pneumomediastinum caused by hypopharyngeal perforation during endoscopic ultrasound-guided fine-needle aspiration. Endoscopy. 2016;48 Suppl 1:E206-7. doi: 10.1055/s-0042-108574. Epub 2016 Jun 10. No abstract available.
  5. Yamamoto M, Takahashi H, Takano K, Shimizu Y, Sakurai N, Suzuki C, Naishiro Y, Yajima H, Awakawa T, Himi T, Nakase H. Efficacy of abatacept for IgG4-related disease over 8 months. Ann Rheum Dis. 2016 May 4. pii: annrheumdis-2016-209368. doi: 10.1136/annrheumdis-2016-209368. [Epub ahead of print] No abstract available.
  6. Koshikawa Y, Nakase H, Matsuura M, et al. Ischemic enteritis with intestinal stenosis. Intest Res. 2016 ;14:89-95.
  7. Saito M, Kawakami Y, Yamashita K, Nasuno H, Ishimine YU, Fukuda K, Isshiki H, Suzuki R, Arimura Y, Shinomura Y. HER2-positive gastric cancer identified by serum HER2: A case report. Oncol Lett. 2016 Jun; 11(6): 3575?3578.
  8. Yamada S, Koshikawa Y, Minami N, Honzawa Y, Matsuura M, Nakase H. Ileal follicular lymphoma with atypical endoscopic findings. Endosc Int Open. 2016;4(3):E323-5.
  9. Ishiguro K, Hayashi T, Aoki Y, Murakami R, Ikeda H, Ishida T. Other Iatrogenic Immunodeficiency-associated Lymphoproliferative Disorder Presenting as Primary Bone Lymphoma in a Patient with Rheumatoid Arthritis. Intern Med. 2016;55:2259-64.
  10. Igawa T, Hayashi T, Ishiguro K, Maruyama Y, Takeuchi M, Takata K, Yoshino T, Sato Y. IgG4-producing lymphoma arising in a patient with IgG4-related disease. Med Mol Morphol. 2016;49:243-249.
  11. Iida T, Yamashita K, Nakase H. An unique cause of persistent diarrhea. Gastroenterology in Press.
  12. Iida T, Goto A, Nakase H. An unusual cause of persistent abdominal pain. Gastroenterology 2016 Sep 30 [Epub ahead of print]
  13. Iida T, Adachi T, Ohe Y, Nakagaki S, Yabana T, Kondo Y, Nakase H. Re-recurrence after distal gastrectomy for recurrence of needle tract implantation by endoscopic ultrasound-guided fine-needle aspiration of a pancreatic adenocarcinoma. Endoscopy 2016, 48: E304-305
  14. Iida T, Yabana T, Nakagaki S, Adachi T, Kondo Y. Rupture of lung metastatic lesion of colon cancer, leading to pneumothorax caused by bevacizumab. Intern Med 2016, 55: 3125-3129
  15. Iida T, Yabana T, Nakagaki S, Adachi T. Rare pharynx malformation. Intern Med 2016, 55: 3225
  16. Iida T, Adachi T, Nakagaki S, Yabana T, Goto A, Kondo Y, Kawamata T, Ota T, Watanabe Y, Echizenya H, Gondo H, Kasai K. A case of xanthogranulomatous cholecystitis with high CA19-9 levels that normalized post-cholecystectomy. J Clin Case Rep 2016, 6; 2
  17. Iida T, Adachi T, Nakagaki S, Yabana T, Goto A, Kondo Y, Watanabe Y, Kasai K. Needle tract implantation after endoscopic ultrasound-guided fine-needle aspiration of a pancreatic adenocarcinoma. J Gastroenterol Hepatol. 2016, 31: 28
  18. 横山佳浩, 飯田智哉, 金戸宏行, 山本至, 村上佳世, 佐藤修司, 清水晴夫, 佐々木賢一, 小西康宏, 今信一郎. ERCP下生検で術前診断が可能であった下部胆管原発腺扁平上皮癌の1例. 日本消化器病学会雑誌. 113(8); 1425-1432: 2016

Ⅴ 学会・研究会等

  1. Iida T, Minami N, Kawakami K, Ikeuchi H, Seiichi H, Shirakawa R, Horiuchi H, Nakase H. Role of small GTPase Ral in the mechanism of colitis-associated cancer. Advances in Inflammatory Bowel Diseases, Crohn’s & Colitis Foundation of America’s (CCFA) Clinical & Research Conference 2016, Orlando, Florida.
  2. Nakase H.Current therapeutic concept of CMV infection in active ulcerative colitis. Asian Pacific Digestive Week (APDW) 2016, Kobe.
  3. Yamamoto E, Yamano H, Sugai T, Suzuki H, Nakase H. Repressive histone mark in normal colon is associated with the risk of CRC with CpG island methylator phenotype. Asian Pacific Digestive Week (APDW) 2016, Kobe.
  4. Yamashita K. Kubo T, Onodera K, Nosho K, Yamamoto E, Iida T, Kawakami K, Nakase H. SDHB immunohistochemistry in gastrointestinal stromal tumors. Asian Pacific Digestive Week (APDW) 2016, Kobe.
  5. Iida T, Yamashita K, Miyake T, Onodera K, Kubo T, Yamamoto E, Nosho K, Nakase H. Interval Gastric Cancers Allowing for Retrospective Review of Endoscopic Images. Asian Pacific Digestive Week (APDW) 2016, Kobe.
  6. Ishigami K, Shitani M, Sasaki H, Wakasugi H, Akutsu N, Motoya M, Sasaki S, Nakase H. Identifying the promising predictor of post-ERCP pancreatitis in patients with native papilla. Asian Pacific Digestive Week (APDW) 2016, Kobe.
  7. Yamamoto E, Yorozu A, Aoki H, Nishidate T, Yamano H, Sugai T, Suzuki H, Nakase H. Molecular dissection of tumor angiogenesis in colorectal cancer. United European Gastroenterology Week. Oct15-19, 2016. Vienna.
  8. Aoki H, Yamamoto E, Yamano H, Yoshikawa K, Matsushita H, Takagi R, Harada E, Tanaka Y, Sugai T, Suzuki H. Subclasses of TypeⅡ pit pattern reveal altenative tumorgenic pathways of colorectal serrated lesions. United European Gastroenterology Week. Oct15-19, 2016. Vienna.
  9. Kawakami Y, Suzuki K, Hayashi Y, Akahonai M, Fukuda K, Yatsu T, Yonezawa K, Abe T. Efficacy of endoscopic gallbladder stenting in acute cholecystitis. United European Gastroenterology Week. Oct15-19, 2016. Vienna.
  10. Ishigami K, Shitani M, Ito A, Wakasugi H, Akutsu N, Motoya M, Sasaki S, Nakase H. The analysis of Post-ERCP pancreatitis and asymptomatic hyperamylasemia in native papilla. The 20th meeting of the International Association of Pancreatology(IAP). 2016, 8, 4-7. Sendai.
  11. Yamamoto I, Kurihara H, Maruyama R, Kanno S, Ishigami K, Ishiguro K, Mitsuhashi K, Igarashi H, Ito M, Tanuma T, Sukawa Y, Okita K, Hasegawa T, Shinomura Y, Imai K, Yamamoto H, Nosho K. EZH2 regulates microRNA-31 expression in colorectal cancer and may affect differentiation and evolution of the serrated pathway. Digestive Disease Week 2016. May21-24, 2016. San Diego.
  12. Aoki H, Yamamoto E, Yamano H, Niinuma T, Kai M, Maruyama R, Adachi Y, Endo T, Sugai T, Suzuki H. Identification of aberrant DNA methylation associated with the development of traditional serrated adenoma. Tenth AACR-Joint Conference. Feb16-20, 2016. Hawaii.
  13. Kumegawa K, Maruyama R, Yamamoto E, Kitajima H, Niinuma T, Kai M, Yamano H, Sugai T, Tokino T, Suzuki H. Genome-wide identification of long noncoding RNAs epigenetically silenced by aberrant DNA methylation in colorectal cancer. Tenth AACR-Joint Conference. Feb16-20, 2016. Hawaii.
  14. Suzuki H, Kai M, Niinuma T, Yamamoto E, Maruyama R, Yorozu A, Kumegawa K, Aoki H, Shindo T, Tokino T, Imai K. Possible role of TET1 dysregulation in inducing aberrant DNA methylation in colorectal cancer. Tenth AACR-Joint Conference. Feb16-20, 2016. Hawaii.
  15. Yorozu A, Yamamoto E, Maruyama R, Kai M, Niinuma T, Furuhata T, Nishidate T, Sugai T, Suzuki H. Identification of tumor endothelium-related genes in colorectal cancer. Tenth AACR-Joint Conference. Feb16-20, 2016. Hawaii.
  16. Yokota T, Kato K, Hamamoto Y, Tsubosa Y, Ogawa H, Ito Y, Hara H, Ura T, Kojima T, Chin K, Hironaka S, Kii T, Kojima Y, Akutsu Y, Matsushita H, Kawakami K, Mori K, Nagai Y, Asami C, Kitagawa Y. ASCO Annual Meeting Jun 4, 2016. Chicago
  17. 榮波洋介.髄膜炎との鑑別を要したメサラジンアレルギー潰瘍性大腸炎の1例.第12回日本消化管学会総会学術集会.2016, 2, 26-27.東京.
  18. 山本 至,三橋 慧,栗原弘義,菅野伸一,石上敬介,高橋宏明,丸山玲緒,山本博幸,篠村恭久,能正勝彦.直腸カルチノイド症例の分子異常の解析と生物学的悪性度との関連.第12回日本消化管学会総会学術集会.2016, 2, 26-27.東京.
  19. 守田卓人,川上裕次郎,林 優希,福田昴一郎,赤保内正和,鈴木一也,米澤和彦,阿部 敬.インフリキシマブ加療中に自己免疫性肝炎を発症した関節リウマチの1例.第276回日本内科学会北海道地方会.2016, 2, 27. 札幌.
  20. 池田 博,石黒一也,青木由佳,石田禎夫.自家末梢血幹細胞移植を施行した多剤耐性骨髄腫患者細胞の次世代シークエンサーを用いた遺伝子異常解析.第38回日本造血細胞移植学会総会.2016, 3, 3-5.名古屋.
  21. 佐藤美帆,飯田智哉,後藤 啓,中垣 卓,矢花 崇,安達雄哉,近藤吉広.原発不明の腹膜藩種と鑑別を要し、診断的腹腔鏡が有用であった結核性腹膜炎の1例.第118回日本消化器病学会北海道支部例会.2016, 3, 5-6. 札幌.
  22. 近藤智之,山下健太郎,日比則孝,横山佳浩,山本 至,小野寺 馨,久保俊之,山本英一郎,能正勝彦,有村佳昭.MSH6異変によるLynch症候群の一例.第118回日本消化器病学会北海道支部例会.2016, 3, 5-6. 札幌.
  23. 我妻康平,村上佳世,伊志嶺 優,佐々木 基,永縄由美子,谷 元博,佐藤修司,清水晴夫,金戸宏行.当院でのボノプラザンによるHelicobacter pylori除菌治療の除菌成功率と副作用状況.第118回日本消化器病学会北海道支部例会.2016, 3, 5-6. 札幌.
  24. 伊東文子,本谷雅代,石上敬介,若杉英樹,志谷真啓,阿久津典之,佐々木 茂.術前に診断しえた胆嚢管原発の癌肉腫の一例.第118回日本消化器病学会北海道支部例会.2016, 3, 5-6. 札幌.
  25. 佐々木 基,金戸宏行,我妻康平,伊志嶺 優,永縄由美子,谷 元博,村上佳世,佐藤修司,清水晴夫.当科における胆汁培養の検討とMRSA検出症例の特徴.第118回日本消化器病学会北海道支部例会.2016, 3, 5-6. 札幌.
  26. 石上敬介,志谷真啓,榮浪洋介,伊東文子,若杉英樹,阿久津典之,本谷雅代,佐々木 茂.自己免疫性膵炎の寛解後に出現したIgG4関連硬化性胆嚢炎の一例.第118回日本消化器病学会北海道支部例会.2016, 3, 5-6. 札幌.
  27. 榮浪洋介,本谷雅代,石上敬介,伊東文子,若杉英樹,志谷真啓,阿久津典之,佐々木 茂.自己免疫性膵炎の診断におけるEUSソノプシーCYの使用経験.第118回日本消化器病学会北海道支部例会.2016, 3, 5-6. 札幌.
  28. 川本泰之,小松嘉人,結城敏志,澤田憲太郎,辻 靖,小林良充,吉田俊太郎,畑中一映,奥田博介,太宰昌桂,中村路夫,太田智之,石黒 敦,佐藤康史,小野寺 馨,紺野 潤,工藤峰生,加藤寛士,坂田 優,坂本直哉.HGCSG1401:切除不能進行大腸癌に対するレゴラフェニブ療法の後方視的研究(第1報).第118回日本消化器病学会北海道支部例会.2016, 3, 5-6. 札幌.
  29. 伊志嶺 優,清水晴夫,我妻康平,谷 元博,永縄由美子,佐々木 基,村上佳世,佐藤修司,金戸宏行.大腸原発のneuroendocrine carcinomaの2例.第118回日本消化器病学会北海道支部例会.2016, 3, 5-6. 札幌.
  30. 仲瀬裕志.炎症性腸疾患治療における抗TNF-α抗体療法の今後の位置づけ.第112回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2016, 3, 6. 札幌.
  31. 大江悠希,飯田智哉,安達雄哉,中垣 卓,矢花 崇,後藤 啓,近藤吉広.膵癌に対する超音波内視鏡下穿刺吸引術(EUS-FNA)によりまれな偶発症を呈した2例.第112回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2016, 3, 5-6. 札幌.
  32. 日比則孝,山下健太郎,近藤智之,横山佳浩,山本 至,小野寺 馨,久保俊之,山本英一郎,能正勝彦,有村佳昭.内視鏡的に除去したbarolith(バリウム結石)の1例.第112回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2016, 3, 5-6. 札幌.
  33. 横山佳浩,久保俊之,近藤智之,日比則孝,山本 至,小野寺 馨,山本英一郎,能正勝彦,山下健太郎,有村佳昭.ポリスチレンスルホン酸カルシウム内服中に発症した門脈ガス血症を伴う回盲部潰瘍の一例.第112回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2016, 3, 5-6. 札幌.
  34. 谷 元博,村上佳世,我妻康平,伊志嶺 優,佐々木 基,永縄由美子,佐藤修司,清水晴夫,金戸宏行,斉藤慶太,佐々木賢一.下腿浮腫、肝脂肪を契機に発見された巨大胃空腸横行結腸瘻の1例.第112回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2016, 3, 5-6. 札幌.
  35. 仲瀬裕志.消化管上皮再生におけるヘパラン硫酸の重要性.第34回サイトプロテクション研究会.2016, 3, 11. 京都.
  36. 阿久津典之.肝細胞癌のソラフェニブ療法と血圧上昇の関連.第53回Hokkaido Digestive Disease Club.2016, 3, 26. 札幌.
  37. 能正勝彦,栗原弘義,丸山玲緒,菅野伸一,山本至,石上敬介,石黑一也,五十嵐央祥,三橋慧,須河恭敬,山本博幸,篠村恭久. 大腸癌におけるmicroRNA-31発現を制御するポリコーム蛋白の解析.第53回日本臨床分子医学会学術集会. 2016.4.15. 東京
  38. 栗原弘義,五十嵐央祥,能正勝彦.大腸癌の抗EGFR抗体薬における効果予測因子としてのmicroRNA-31およびその発現に関与するポリコーム蛋白の検討.第102回日本消化器病学会総会.2016, 4, 21-23. 東京.
  39. 菅野伸一,須河恭敬,能正勝彦.消化器癌の臨床検体を利用した常在微生物群ゲノム解析と分子異常との関連の検討.第102回日本消化器病学会総会.2016, 4, 21-23. 東京.
  40. 伊東文子,山本 至,若杉英樹,青木由佳,久保俊之,志谷真啓,山本英一郎,阿久津典之,本谷雅代,能正勝彦,高木秀安,山下健太郎,佐々木 茂,有村佳昭.皮下埋め込み型中心静脈ポートの留置後合併症の後方視的検討.第102回日本消化器病学会総会.2016, 4, 21-23. 東京.
  41. 飯田智哉,安達雄哉,中垣 卓,矢花 崇,後藤 啓,近藤吉広.膵癌に対するEUS-FNA後に生じた胃への播種性病変に対し根治的外科切除術を施行した1例.第102回日本消化器病学会総会.2016, 4, 21-23. 東京.
  42. 小野寺馨,榮浪洋介,横山佳浩,石黒一也,石上敬介,清水悠以,伊東文子,山本至,若杉英樹,青木由佳,久保俊之,志谷真啓,山本英一郎,阿久津典之,本谷雅代,能正勝彦,高木秀安,山下健太郎,佐々木茂,有村佳昭.皮下埋め込み型中心静脈ポートの留置後合併症の後方視的検討.第102回 日本消化器病学会総会.2016, 4, 21-23. 東京.
  43. 仲瀬裕志.バイオ製剤時代における5-ASA製剤の役割.第102回日本消化器病学会総会.2016, 4, 21-23. 東京.
  44. 仲瀬裕志.炎症性腸疾患病態における家族性地中海熱遺伝子変異の意義.第3回弘前T-Cell研究会.2016, 5, 2. 弘前.
  45. 仲瀬裕志.Thiopurine製剤を使いこなす-既存治療の最適化を目指して―.京都消化器医会 定例学術講演会.2016, 5, 14. 京都.
  46. 石黑 一也、林 敏昭、 横山 佳浩、青木 由佳、池田 博、石田 禎夫、仲瀬 裕志. 当科における全身性ALアミロイドーシス44例の後方視的解析. 第41回日本骨髄腫学会学術総会. 2016, 5,28-29. 徳島
  47. 仲瀬裕志.炎症性腸疾患病態において家族性地中海熱遺伝子変異は、どこまで関与しているのか?第13回肝・消化器代謝栄養研究会.2016, 6, 4. 大阪.
  48. 山下健太郎、久保俊之、小野寺馨、山本至、仲瀬裕志.Lynch症候群の大腸腺腫・早期癌におけるミスマッチ修復機構の異常.第22回家族性腫瘍学会 6,3-4 愛媛.
  49. 小野寺 馨.炎症性腸疾患治療におけるステロイド性大腿骨頭壊死症.第16回IBDフォーラムin札幌.2016, 6, 11. 札幌.
  50. 川上賢太郎, 有村佳昭, 永石歓和, 一色裕之, 小野寺馨, 山下健太郎, 藤宮峯子, 仲瀬裕志. ラット大腸上皮オルガノイド培養における間葉系幹細胞のニッチ作用. 第37回 日本炎症・再生医学会総会,2016, 6,16. 京都.
  51. 仲瀬裕志.潰瘍性大腸炎治療と粘膜治癒評価-How far are we going? UCフォーラムin埼玉2016.2016, 6, 21. 埼玉.
  52. 佐々木 茂.B型肝炎ウイルス再活性化対策.血液・腫瘍領域病診連携セミナーin新札幌.2016, 6, 22. 札幌.
  53. 飯田智哉.Interval gastric cancerの遡及的検討.第39回札幌消化管研究会.2016, 6, 22. 札幌.
  54. 大久保陽介,若杉英樹,佐々木 基,志谷真啓,阿久津典之,本谷雅代,佐々木 茂,仲瀬裕志.中間型肝癌の一例.2016, 6, 25. 札幌.
  55. 仲瀬裕志.潰瘍性大腸炎粘膜治癒の客観的評価を目指した解析システムの開発.第11回南神奈川腸疾患カンファレンス.2016, 6, 30. 鎌倉.
  56. 仲瀬裕志.Inflammatory bowel disease unclassifiedを紐解くには! 第7回IBD若鷹の会.2016, 7, 2-3. 福岡.
  57. 仲瀬裕志.IBDモニタリングツールとしての便中カルプロテクチンの有用性.第7回日本炎症性腸疾患学会学術集会.2016, 7, 10. 京都.
  58. 仲瀬裕志.炎症性腸疾患病態におけるサイトメガロウイルス感染症の関与-臨床、基礎からのアプローチ.GAST SUMMIT JAPAN 学術講演会.2016, 7, 16. 札幌.
  59. 仲瀬裕志.Reevaluation of conventional therapy for IBD patients in the era of biologics.BIO Progress Meeting in TOYAMA.2016, 7, 19. 富山.
  60. 仲瀬裕志.Review of thiopurine for current management of Crohn’s disease.IBD最新情報報告会.2016, 7, 20. 東京.
  61. 澤井健之,川上裕次郎,林 優希,赤保内正和,福田昂一郎,谷津高文,鈴木一也,米澤和彦,阿部 敬.原因不明の腹痛に対してカプセル内視鏡にて診断し得た回虫症の1例.第277回日本内科学会北海道地方会.2016, 7, 23. 札幌
  62. 榮浪洋介,佐藤修司,我妻康平,一色裕之,伊早坂 舞,清水晴夫,金戸宏行.術前の画像診断にて診断し得た回腸脂肪種による腸重積の1例.第277回日本内科学会北海道地方会.2016, 7, 23. 札幌.
  63. 沼田泰尚.Gd-EOB-DTPAの取り込み動態の変化を認めた肝細胞癌の一例.第35回札幌肝胆膵研究会.2016, 7, 23. 札幌.
  64. 佐々木 基.当院における免疫抑制・化学療法中のHBV再活性化チェックの現状.第35回札幌肝胆膵研究会.2016, 7, 23. 札幌.
  65. 仲瀬裕志.Current therapeutic strategies for ulcerative colitis under the special situation.炎症性腸疾患講演会.2016, 7, 27. 米子.
  66. 横山佳浩,小野寺馨,榮浪洋介,清水悠以,山本至,久保俊之,阿久津典之,山下健太郎,有村佳昭.化学療法奏功中に皮膚筋炎を発症した進行食道小細胞癌の1例.第14回 日本臨床腫瘍学会学術集会.2016, 7, 29. 神戸.
  67. 久保俊之, 山下健太郎, 飯田智哉, 小野寺馨,山本英一郎, 能正勝彦, 仲瀬裕志. 大腸細径内視鏡の使用経験. 第33回北海道地区消化器内視鏡懇談会プログラム
  68. 仲瀬裕志.Thiopurine代謝を念頭にいれた今後の炎症性腸疾患治療.兵庫IBD連携Meeting.2016, 8, 4. 神戸.
  69. 仲瀬裕志.Medical therapy for management of refractory ulcerative colitis―what and how to use―.南大阪IBD Young Meeting.2016, 8, 5. 大阪.
  70. 仲瀬裕志.IBD治療の過去・現在・未来.HUMIRA R IBD Forum 2016 in 神戸.2016, 8, 20. 神戸.
  71. 仲瀬裕志.炎症性腸疾患病態におけるMucosal-associated invariant T 細胞の役割.第38回三内臨床医の会.2016, 8, 31. 札幌.
  72. 仲瀬裕志.腸管上皮機能の炎症性腸疾患病態における重要性―マウスモデルが教えてくれたこと―.第30回札幌IBDミニカンファレンス.2016, 9, 2. 札幌.
  73. 北嶋洋志,丸山玲緒,山本英一郎,新沼 猛,甲斐正広,仲瀬裕志,時野隆至,鈴木 拓.慢性炎症から発がんに関与する長鎖noncoding RNAの同定.第114回北海道癌談話会例会.2016, 9, 3. 札幌.
  74. 新沼 猛,北嶋洋志,甲斐正広,鈴木 拓.エピジェネティック制御を受けるlncRNAの解析.第114回北海道癌談話会例会.2016, 9, 3. 札幌.
  75. 小野寺 馨.実症例に学ぶ!中心静脈ポート感染症.消化器内科セミナーin札幌.2016, 9, 3. 札幌.
  76. 本谷雅代.急性膵炎・胆管炎の治療―リコモジュリンの使用を含めて―.消化器内科セミナーin札幌.2016, 9, 3. 札幌.
  77. 大和田紗恵,小野寺馨,畠山巧生,大久保陽介,平野雄大,三宅高和,飯田智哉,久保俊之,山本英一郎,能正勝彦,山下健太郎,仲瀬裕志.播種性血管内凝固を併発するも,集学的治療により30ヶ月の生存が得られた胃原発神経内分泌細胞癌の1例.第119回 日本消化器病学会北海道支部例会.2016, 9, 3. 札幌.
  78. 小野山直輝,小野寺馨,山下健太郎,大和田紗恵,大久保陽介,平野雄大,三宅高和,飯田智哉,久保俊之,山本英一郎,能正勝彦,仲瀬裕志.悪性腹膜中皮腫の1例.第119回 日本消化器病学会北海道支部例会.2016, 9, 3. 札幌.
  79. 一色裕之,清水晴夫,榮浪洋介,我妻康平,伊早坂 舞,佐藤修司,金戸宏行.内視鏡的止血術を施行された出血性消化性潰瘍に対する抗血小剤・抗凝固剤の与える影響の検討.第119回日本消化器病学会北海道支部例会.2016, 9, 3-4. 札幌.
  80. 三宅高和,飯田智也,山下健太郎,大和田紗恵,大久保陽介,平野雄大,小野寺 馨,久保俊之,山本英一郎,能正勝彦,仲瀬裕志.MSIを用いたuniversal screeningによるLynch症候群の拾い上げ.第119回日本消化器病学会北海道支部例会.2016, 9, 3-4. 札幌.
  81. 大久保陽介,志谷真啓,本谷雅代,大和田紗恵,平野雄大,三宅高和,佐々木 基,若杉英樹,阿久津典之,佐々木 茂,仲瀬裕志.自己免疫性膵炎非典型例3例の検討.第119回日本消化器病学会北海道支部例会.2016, 9, 3-4. 札幌.
  82. 沼田泰尚,山川 司,横山佳浩,牛島慶子,鈴木 亮,岡 俊州,笠原 薫,小林寿久,矢和田 敦.Gd-EOB-DTPAの取り込み動態の変化を認めた肝細胞癌の1例.第119回日本消化器病学会北海道支部例会.2016, 9, 3-4. 札幌.
  83. 澤井健之,川上裕次郎,林 優希,赤保内正和,福田昂一郎,谷津高文,鈴木一也,米澤和彦,阿部 敬.EUS-FNAが診断に有用であった肝エキノコックス症の1例.第119回日本消化器病学会北海道支部例会.2016, 9, 3-4. 札幌.
  84. 我妻康平,金戸宏行,榮浪洋介,一色裕之,伊早坂 舞,佐藤修司,清水晴夫,佐々木賢一,小西康宏.無症状で発見された膵尾部肝様腺癌の1例.第119回日本消化器病学会北海道支部例会.2016, 9, 3-4. 札幌.
  85. 山川 司,横山佳浩,沼田泰尚,牛島慶子,鈴木 亮,岡 俊州,笠原 薫,小林寿久,矢和田 敦.妊娠中の女性に合併した十二指腸神経内分泌腫瘍の1例.第119回日本消化器病学会北海道支部例会.2016, 9, 3-4. 札幌.
  86. 飯田智哉,山下健太郎,三宅高和,小野寺 馨,久保俊之,山本英一郎,能正勝彦,仲瀬裕志.内視鏡画像の遡及的検討が可能であったInterval Gastric CancersにおけるMissed CancersとNew Cancersの比較.第113回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2016, 9, 3-4. 札幌
  87. 榮浪洋介,我妻康平,一色裕之,伊早坂 舞,佐藤修司,清水晴夫,金戸宏行,中野正一郎,佐々木賢一,今 信一郎.内視鏡にて穿孔部位を特定できた魚骨による上行結腸穿孔の1例.第113回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2016, 9, 3-4. 札幌.
  88. 林 優希,鈴木一也,赤保内正和,福田昂一郎,川上裕次郎,谷津高文,米澤和彦,阿部 敬.ダブルバルーン内視鏡下にAPC止血術を施行することで、待機的な外科切除術に至った出血性小腸GISTの1例.第113回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2016, 9, 3-4. 札幌.
  89. 福田昂一郎,鈴木一也,林 優希,赤保内正和,川上裕次郎,谷津高文,米澤和彦,阿部」敬.迷入した膵管ステントを胆石除去用バルーンカテーテルと生検鉗子の同時使用により回収した1例.第113回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2016, 9, 3-4. 札幌.
  90. 槙山佳浩,山川 司,沼田泰尚,牛島慶子,鈴木 亮,岡 俊州,笠原 薫,小林寿久,矢和田 敦.下部直腸に発生した乏色素性悪性黒色腫の1例.第113回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2016, 9, 3-4. 札幌.
  91. 仲瀬裕志.家族性地中海熱遺伝子関連腸炎とは?―新しい疾患概念の確立に向けて―.札幌消化管診療セミナー.2016, 9, 14. 札幌.
  92. 能正勝彦,栗原弘義,丸山玲緒,菅野伸一,山本至,石上敬介,石黑一也,三橋慧,沖田憲司,竹政伊知朗,山本博幸,篠村恭久,仲瀬裕志. 大腸癌におけるポリコーム蛋白EZH2発現と分子異常・生命予後との関連とmicroRNA-31の制御機構. 第27回日本消化器癌発生学会総会. 2016.9.15-16. 鹿児島
  93. 三橋慧,能正勝彦,須河恭敬,菅野伸一,山本至,石上敬介,伊藤美樹,栗原弘義,山本博幸,篠村恭久,仲瀬裕志. 消化器癌におけるFusobacterium属の陽性率と臨床病理・分子生物学的因子との関連. 第27回日本消化器癌発生学会総会. 2016.9.15-16. 鹿児島
  94. 山本英一郎, 萬顯, 青木敬則, 菅井有, 仲瀬裕志, 鈴木拓. 大腸がんの腫瘍血管新生に関わる遺伝子異常の探索. 第27回日本消化器癌発生学会総会. 2016.9.15-16. 鹿児島
  95. 仲瀬裕志.Current medical therapy for inflammatory bowel disease―where we go ?―.釧路IBDオープンセミナー.2016, 9, 16. 釧路.
  96. 仲瀬裕志.適切な寛解導入から長期寛解維持を目指した潰瘍性大腸炎治療とは?第1回九州IBD治療研究会.2016, 9, 17. 福岡.
  97. 仲瀬裕志.腸内細菌叢の変化はクローン病患者の骨代謝に影響を及ぼすのか?第5回北海道IBD学術講演会.2016, 9, 30. 札幌.
  98. 仲瀬裕志.炎症性腸疾患病態における母乳蛋白成分の重要性.第7回京滋IBDコンセンサスミーティング.2016, 10, 1. 京都.
  99. 進藤哲哉,清水 崇,西山直隆,新沼 猛,北嶋洋志,甲斐正広,伊藤直樹,舛森直哉,鈴木 拓.尿中のDNAメチル化解析による膀胱がん再発診断法の開発.第36回日本分子腫瘍マーカー研究会.2016, 10, 5. 横浜.
  100. 福島久代,佐々木泰史,田村みゆき,池田 博,石黒一也,櫻井晃洋,時野隆至.次世代シークエンサーを用いた多発性骨髄腫における遺伝子変異とコピー数異常の解析.第75回日本癌学会学術総会.2016, 10, 6-8. 横浜.
  101. 山本博幸,渡邊嘉行,及川律子,森田 亮,吉田良仁,松尾康正,小澤俊一郎,佐藤義典,前畑忠輝,谷口博昭,能正勝彦,安田 宏,伊東文生.内視鏡胃洗浄廃液あるいは胃液エクソソームDNAを用いたBARHL2遺伝子メチル化は胃癌診断の有用なマーカーである.第75回日本癌学会学術総会.2016, 10, 6-8. 横浜.
  102. 佐々木泰史,中垣貴文,田村みゆき,小山良太,福島久代,大箸智子,井戸川雅史,萩 和弘,平塚博義,時野隆至.口腔扁平上皮癌におけるがん関連50遺伝子の変異解析.第75回日本癌学会学術総会.2016, 10, 6-8. 横浜.
  103. 田村みゆき,佐々木泰史,中垣貴文,小山良太,大箸智子,井戸川雅史,荻 和弘,平塚博義,時野隆至.半導体シーケンサーを用いた口腔扁平上皮癌の全エクソームシーケンス.第75回日本癌学会学術総会.2016, 10, 6-8. 横浜.
  104. 青木敬則,山本英一郎,山野泰穂,萬 顕,石黒一也,原田 拓,新沼 猛,甲斐正広,足立 靖,遠藤高夫,菅井 有,鈴木 拓.大腸鋸歯状腺腫の進展に関わるDNAメチル化異常の同定.第75回日本癌学会学術総会.2016, 10, 6-8. 横浜.
  105. 足立 靖,野島正寛,森 満,山下健太郎,佐々木 茂,遠藤高夫,仲瀬裕志,坂田清美,玉腰暁子.IGF1,IGFBP3と食道癌発症リスク.第75回日本癌学会学術総会.2016, 10, 6-8. 横浜.
  106. 北嶋洋志,丸山玲緒,山本英一郎,新沼 猛,青木敬則,原田 拓,甲斐正広,仲瀬裕志,時野隆至,鈴木 拓.慢性胃炎および胃癌に関連する長鎖noncoding RNAの同定.第75回日本癌学会学術総会.2016, 10, 6-8. 横浜.
  107. 萬 顕,山本英一郎,津矢田明泰,沼田有斗,甲斐正広,新沼 猛,北嶋洋志,青木敬則,若杉英樹,時野隆至,仲瀬裕志,菅井 有,鈴木 拓.大腸癌における腫瘍血管内皮関連遺伝子の同定.第75回日本癌学会学術総会.2016, 10, 6-8. 横浜.
  108. 新沼 猛,若杉英樹,山本英一郎,甲斐正広,鈴木 拓.消化管間質腫瘍の再発に関連するmicroRNAの解析.第75回日本癌学会学術総会.2016, 10, 6-8. 横浜.
  109. 西山廣陽,粂川昂平,丸山玲緒,新沼 猛,北嶋洋志,荻 和弘,出張裕也,甲斐正広,宮崎晃亘,佐々木泰史,時野隆至,平塚博義,鈴木 拓.口腔扁平上皮癌に関与する長鎖非コードRNAの同定.第75回日本癌学会学術総会.2016, 10, 6-8. 横浜.
  110. 岩谷 岳,遠藤史隆,久米浩平,佐々木泰史,時野隆至,澤田元太,新井田厚司,三森功士,西塚 哲.がん関連遺伝子target sequenceによる食道扁平上皮癌の解析.第75回日本癌学会学術総会.2016, 10, 6-8. 横浜.
  111. 小山良太,佐々木泰史,田村みゆき,中垣貴文,大箸智子,井戸川雅史,時野隆至.p53ファミリー遺伝子の標的としてのBRMS1L(breast cancer metastasis suppressor 1 like BRMS1-like)の同定と機能解析.第75回日本癌学会学術総会.2016, 10, 6-8. 横浜.
  112. 石黒一也,北嶋洋志,新沼 猛,丸山玲緒,甲斐正広,西山廣陽,進藤哲哉,池田 博,石田禎夫,佐々木泰史,時野隆至,仲瀬裕志,鈴木 拓.多発性骨髄腫に有効なヒストンメチル化阻害薬の探索.第75回日本癌学会学術総会.2016, 10, 6-8. 横浜.
  113. 進藤哲哉,西山直隆,丸山玲緒,新沼 猛,北嶋洋志,甲斐正広,時野隆至,鈴木 拓,舛森直哉.膀胱癌におけるシスプラチン耐性に関与するマイクロRNAの同定.第75回日本癌学会学術総会.2016, 10, 6-8. 横浜.
  114. 中垣貴文,佐々木泰史,井戸川雅史,小山良太,田村みゆき,大箸智子,萩 和弘,平塚博義,時野隆至.次世代半導体シーケンサーを用いた口腔扁平上皮癌におけるがん関連遺伝子の網羅的解析.第75回日本癌学会学術総会.2016, 10, 6-8. 横浜.
  115. 藤井一恭,井戸川雅史,金蔵拓郎.ケルセチンはHSP72高発現細胞株Hut78においてボリノスタットによるアポトーシス誘導を増強する.第75回日本癌学会学術総会.2016, 10, 6-8. 横浜.
  116. 井戸川雅史,大箸智子,佐々木泰史,時野隆至.癌におけるp53および長鎖非コードRNA(lncRNA)による転写ネットワーク解析.第75回日本癌学会学術総会.2016, 10, 6-8. 横浜.
  117. 大箸智子,井戸川雅史,田村みゆき,中垣貴文,小山良太,佐々木泰史,時野隆至.新規p53標的遺伝子LIMA1は癌細胞浸潤を抑制し低発現が予後不良と相関する.第75回日本癌学会学術総会.2016, 10, 6-8. 横浜.
  118. 宇田川智野,時野隆至,佐々木泰史,塩谷文章,大西保行,末永洋志,前佛 均.がん関連遺伝子のエクソーム解析による細胞傷害性抗がん剤感受性マーカーの探索.第75回日本癌学会学術総会.2016, 10, 6-8. 横浜.
  119. 能正勝彦,須河恭敬,菅野伸一,山本 至,石上敬介,三橋 慧,伊藤美樹,栗原弘義,山本博幸,篠村恭久,仲瀬裕志.消化器癌におけるFusobacterrium属の役割と癌の分子異常・生物学的悪性度との関連.第75回日本癌学会学術総会.2016, 10, 6-8. 横浜.
  120. 阿久津典之,若杉英樹,平野雄大,大久保陽介,三宅高和,佐々木 基,志谷真啓,本谷雅代,佐々木 茂,鈴木知佐子,山本元久,高橋裕樹,仲瀬裕志.IgG4関連疾患に併存した肝硬化性血管腫の1例.日本超音波医学会第46回北海道地方会学術集会.2016, 10, 15. 札幌.
  121. 三宅高和,志谷真啓,佐々木 基,若杉英樹,阿久津典之,本谷雅代,佐々木 茂,仲瀬裕志.術前診断に苦慮したIPMN由来浸潤癌の1例.日本超音波医学会第46回北海道地方会学術集会.2016, 10, 15. 札幌.
  122. 山下健太郎、小野寺馨、久保俊之、飯田智哉、能正勝彦、山本英一郎、仲瀬裕志.散発性MSI陽性大腸癌の検討.第37回大腸肛門病学会北海道支部例会10,15
  123. 仲瀬裕志.Current medical therapy for inflammatory bowel disease―where we go ?―.函館消化器病懇談会学術講演会.2016, 10, 21. 函館.
  124. 阿久津典之.当科におけるB型肝炎核酸アナログ投与の現状.第10回札幌肝疾患フォーラム.2016, 10, 21. 札幌.
  125. 本谷雅代.切除不能膵臓の化学療法.がん診療推進講演会.2016, 10, 21. 小樽.
  126. 小野寺馨,榮浪洋介,横山佳浩,山本至,久保俊之,山本英一郎,能正勝彦,山下健太郎,仲瀬裕志.Weekly paclitaxel+ramucirumabによる二次治療中に脳梗塞を発症した進行胃癌の1例.第54回 日本癌治療学会学術集会. 2016, 10, 21. 横浜.
  127. 仲瀬裕志.Optimal clinical application of current therapies for ulcerative colitis.IBD Forum 2016 in Otaru.2016, 10, 28. 小樽.
  128. 仲瀬裕志.消化器内科の立場から.第5回関西Bio Safety Forum.2016, 10, 29. 大阪.
  129. 仲瀬裕志.潰瘍性大腸炎治療のエッセンス:ここだけはおさえたい5-ASA治療.JDDW. 2016, 11, 3-6. 神戸.
  130. 仲瀬裕志.生物学的製剤時代の自己免疫疾患の診療―消化器内科の立場より―.JDDW. 2016, 11, 3-6. 神戸.
  131. 山野泰穂.明日からすぐに役立つ消化器内視鏡の最先端 大腸検査前処置における高張腸管洗浄剤の導入―飲用法、効果、安全性―.JDDW. 2016, 11, 3-6. 神戸.
  132. 菅野伸一,石上敬介,仲瀬裕志.膵癌におけるmicroRNA-196b発現と生命予後および分子生物学的因子との関連.JDDW. 2016, 11, 3-6. 神戸.
  133. 志谷真啓,石上敬介,伊東文子,本谷雅代,小野道洋,木村康利,仲瀬裕志.膵癌リンパ節転移の術前診断の問題と術後生存におけるImpact.JDDW. 2016, 11, 3-6. 神戸.
  134. 我妻康平,村上佳世,伊志嶺 優,佐々木 基,永縄由美子,谷 元博,佐藤修司,清水晴夫,金戸宏行,今 信一郎.ボノプラザンと既存のPPIの除菌率の比較とボノプラザン除菌治療による副作用の検討.JDDW. 2016, 11, 3-6. 神戸.
  135. 佐々木 基,金戸宏行,我妻康平,伊志嶺 優,永縄由美子,谷 元博,村上佳世,佐藤修司,清水晴夫.当科における初回胆道感染症における胆汁培養の検討.JDDW. 2016, 11, 3-6. 神戸.
  136. 小野寺馨,有村佳昭,榮浪洋介,横山佳浩,山本至,一色裕之,川上賢太郎,久保俊之,山下健太郎,仲瀬裕志.パーソナルゲノム解析を通じた日本人クローン病感受性遺伝子の探索.JDDW. 2016, 11, 3-6. 神戸.
  137. 川上賢太郎, 一色裕之, 有村佳昭, 小野寺馨, 永石歓和, 山下健太郎, 藤宮峯子, 仲瀬裕志. ラット大腸3次元培養における間葉系幹細胞のニッチ作用. JDDW. 2016, 11, 3-6. 神戸.
  138. 山本 至,能正勝彦,仲瀬裕志.大腸癌に対する抗EGFR抗体薬の治療抵抗性予測因子としてのEZH2発現の意義. JDDW. 2016, 11, 3-6. 神戸.
  139. 久保俊之, 山下健太郎, 飯田智哉, 小野寺馨, 山本英一郎, 能正勝彦, 仲瀬裕志. 大腸ポリープ切除に際しての抗血栓薬と後出血の関連. JDDW. 2016, 11, 3-6. 神戸.
  140. 能正勝彦, 栗原弘義, 山本 至, 菅野伸一, 石上敬介, 石黑一也, 三橋慧, 伊藤美樹, 丸山玲緒, 沖田憲司, 竹政伊知朗, 篠村恭久, 仲瀬裕志. 大腸癌の次世代分子診断・治療のバイオマーカーとしてのポリコーム蛋白EZH2と microRNA-31の可能性. 第71回日本大腸肛門病学会学術総会. 2016.11.18-19. 伊勢

Ⅵ 受賞・その他

  1. 阿久津典之.肝疾患の画像検査.第22回肝臓病教室・札幌医科大学附属病院肝疾患相談センター.2016, 札幌.
  2. 石上敬介.血液データの見方.第22回肝臓病教室・札幌医科大学附属病院肝疾患相談センター.2016, 札幌.
  3. 佐々木 茂.肝がんと脂肪肝.平成27年度 第116回臨床栄養セミナー.2016, 札幌.
  4. 阿久津典之.C型肝炎の治療と肝細胞癌.肝疾患と在宅ケア.共催:北海道大学病院肝疾患相談センター・旭川医科大学病院肝疾患相談支援室・札幌医科大学附属病院肝疾患相談センター.2016, 札幌.
  5. 佐々木 茂.生活習慣病と肝臓の関係.第23回肝臓病教室・札幌医科大学附属病院肝疾患相談センター.2016, 札幌.
  6. 佐々木 茂.怖い!!膵がん・肝がん.市民医療講演会.主催:札幌禎心会病院.2016, 札幌.
  7. 若杉英樹.ウイルス性肝炎.第24回肝臓病教室・札幌医科大学附属病院肝疾患相談センター.2016, 札幌.
  8. 仲瀬裕志.サイトメガロウイルスの炎症性腸疾患病態への関与―臨床から基礎へ、基礎から臨床へ―.平成28年度札幌医科大学第一内科同門会総会・講演会.2016, 札幌.
  9. 本谷雅代.当科におけるGemcitabine+nab-paclitaxelの使用状況と副作用対策.Taiho Pancreatic Cancer Forum in Sapporo 2016.大鵬薬品工業(株).2016, 札幌.
  10. 能正勝彦. 消化器癌の次世代分子診断・標的治療への応用を目指したノンコーティングRNA解析. 北海道科学技術奨励賞. 2016, 札幌.
  11. 能正勝彦. Clinicopathological and molecular characteristics of serrated lesions in Japanese elderly patients. Digestion 2015. 日本消化管学会最優秀賞(基礎部門). 2016, 東京.
  12. 山本至. Analysis of the molecular features of rectal carcinoid tumors to identify new biomarkers that predict biological malignancy. Oncotarget 2015, 6:22114-22125. 癌談話会奨励賞 2016.9.3 札幌
  13. 栗原弘義. The relationship between EZH2 expression and microRNA-31 in colorectal cancer and the role in evolution of the serrated pathway. Oncotarget. 2016;7:12704-17. 札幌医科大学大学院医学研究科優秀論文賞 2016.9.27 札幌
  14. 佐々木 茂.B型肝炎の再活性化と当院の現状.平成28年度トピックス研修会.主催:医療事故防止対策委員会・安全対策委員会.2016, 札幌.
  15. 仲瀬裕志.炎症性腸疾患病態におけるMEFV遺伝子変異の意義.2016年度 札幌医科大学同窓会室蘭支部総会.2016, 室蘭.
  16. 仲瀬裕志.炎症性腸疾患をときあかす!―現在、そしてこれからの課題―.すこやかライフ講座.主催:道新ぶんぶんクラブ・札幌医科大学.2016, 札幌.
  17. 佐々木 茂.ウイルス性肝炎の現状.市民公開講座.主催:一般社団法人日本肝臓学会.2016, 札幌.
  18. 阿久津典之.肝疾患と栄養.第25回肝臓病教室・札幌医科大学附属病院肝疾患相談センター.2016, 札幌.
  19. 仲瀬裕志.進化し続ける消化器内視鏡―過去、現在、そして未来に向けて―.市民医療講演会.主催:ねむろ医心伝言ネットワーク会議.2016, 根室.
  20. 飯田智哉. 金原一郎記念医学医療振興財団 基礎医学医療研究助成金
  21. 飯田智哉. JSIBD「CCFA 2016 Travel Award (December 8-10, 2016, Orlando, Florida)」

2015年

Ⅰ 学位

小野寺 馨

Low-frequency IL23R coding variant associated with Crohn's disease susceptibility in Japanese subjects identified by personal genomics analysis.

「パーソナルゲノム解析を通じた日本人クローン病疾患感受性遺伝子の探索」

PLoS One 2015, 10:e0137801

栗原 弘義

The relationship between EZH2 expression and microRNA-31 in colorectal cancer and the role in evolution of the serrated pathway.

「大腸癌におけるEZH2およびmicroRNA-31発現の関連とserrated pathwayにおける役割」

Oncotarget 2016, 7:12704-12717

松村 悠以

Role of interleukin-32 in the mechanism of chronic inflammation in IgG4-related disease and as a predictive biomarker for drug-free remission.

「IgG4関連疾患の慢性炎症の機序におけるIL-32の役割およびドラッグフリー寛解の予後予測因子としての働き」

Mod Rheumatol 2016, 26:391-397

矢島 秀教

Loss of interleukin-21 leads to atrophic germinal centers in multicentric Castleman's disease.

「多中心性キャッスルマン病の胚中心の萎縮とInterleukin-21の関与について」

Ann Hematol 2016, 95:35-40

Ⅱ 著書

  1. 山本元久,篠村恭久.免疫学的検査 補体・免疫グロブリン(5)IgG4.臨床検査ガイド2015~2016.編集 和田 攻,矢崎義雄,小池和彦,小室一成.文光堂(東京).2015, pp688-690
  2. 山本元久,高橋裕樹.リウマチ性疾患との鑑別.IgG4関連疾患の実践的臨床から病因論へ-IgG4研究会モノグラフ.監修 中村誠司,住田孝之.編集 川 茂幸,川野充弘.前田書店(金沢).2015, pp51-60
  3. 佐伯敬子,山本元久,水島伊知郎,乳原善文,中島 衡,松井祥子,正木康史.IgG4関連疾患の治療-膵胆道系以外.IgG4関連疾患の実践的臨床から病因論へ-IgG4研究会モノグラフ.監修 中村誠司,住田孝之.編集 川 茂幸,川野充弘.前田書店(金沢).2015, pp101-105
  4. 山本元久.問題242.生涯教育のためのセルフトレーニング問題と解説第3集.編集 一般社団法人日本内科学会専門医部会.日本内科学会(東京).2015, pp158
  5. 山本元久.問題243.生涯教育のためのセルフトレーニング問題と解説第3集.編集 一般社団法人日本内科学会専門医部会.日本内科学会(東京).2015, pp159
  6. 齊藤真由子,篠村恭久.消化管悪性リンパ腫.消化器疾患最新の治療2015-2016.編集 菅野健太郎,上西紀夫,小池和彦.南江堂(東京).2015, pp279-282
  7. 高橋裕樹.ミクリッツ病.南山堂医学大辞典 第20版.南山堂(東京).2015, pp2374-2375
  8. 山本元久,高橋裕樹.その他の疾患 IgG4関連疾患.リウマチ・膠原病診療ハイグレード 分子標的/Bio時代のリウマチ・膠原病治療ストラテジー.編集 松本 功,保田晋助,三森経世,桑名正隆.文光堂(東京).2015, pp405-416
  9. 高橋裕樹,鈴木知佐子,山本元久.Mikulicz病.新領域別症候群シリーズNo. 34 免疫症候群 第2版.日本臨床社(大阪).2015, pp549-553

Ⅲ 総説

  1. Shinomura Y. Recent advances in the diagnosis and treatment of gastrointestinal diseases. Digestion 2015, 91:5-6
  2. Nagaishi K, Arimura Y, Fujimiya M. Stem cell therapy for inflammatory bowel disease. J Gastroenterol 2015, 50:280-286
  3. 山本元久,高橋裕樹,篠村恭久,関 伸彦,高野賢一,氷見徹夫.IgG4関連疾患:SMARTデータベースから日常診療へ.日本口腔・咽頭科学会雑誌 2015, 28:7-14
  4. 安井 寛,石田禎夫.多発性骨髄腫に対する新たな抗体医薬開発の現状.血液内科 2015, 70:203-210
  5. 山本元久.自然免疫を介した自己免疫疾患病態の理解 マクロファージ.Keynote R・A 2015, 3:66-70
  6. 高橋裕樹,鈴木知佐子,山本元久.IgG4関連疾患の臨床.臨床病理 2015, 63:590-597
  7. 石田禎夫.くすぶり型骨髄腫に対する早期治療.血液内科 2015, 70:717-722
  8. 菅井 有,山本英一郎,木村友昭,山野泰穂,鈴木 拓.大腸鋸歯状病変の臨床病理と分子異常.日本消化器病学会誌 2015, 112:661-668
  9. 永石歓和,有村佳昭.MMPを介したシグナル伝達.分子消化器病 2015, 12:81-86
  10. 高橋裕樹,鈴木知佐子,山本元久.IgG4関連涙腺・唾液腺炎.日本内科学会雑誌 2015, 104:1838-1843
  11. 高橋裕樹,鈴木知佐子,山本元久.IgG4関連疾患の治療.Modern Physician 2015, 35:1318-1321
  12. 山本元久,高橋裕樹,篠村恭久.IgG4関連涙腺・唾液腺炎(ミクリッツ病).Modern Physician 2015, 35:1329-1333
  13. 高橋裕樹,鈴木知佐子,山本元久.IgG4関連疾患の臨床スペクトラム.腎臓内科・泌尿器科 2015, 2:259-264
  14. 高橋裕樹,鈴木知佐子,山本元久.イラストで見る自己免疫疾患の発症を解き明かす鍵とは?第6回IgG4と疾患.Mebio 2015, 32:82-89
  15. 高橋裕樹,山本元久,清水悠以.IgG4関連疾患の予後予測について.リウマチ科 2015, 54:639-644

Ⅳ 原著

  1. Akutsu N, Sasaki S, Takagi H, Motoya M, Shitani M, Igarashi M, Hirayama D, Wakasugi H, Yamamoto H, Kaneto H, Yonezawa K, Yawata A, Adachi T, Hamamoto Y, Shinomura Y. Development of hypertension within 2 weeks of initiation of sorafenib for advance hepatocellular carcinoma is a predictor of efficacy. Int J Clin Oncol 2015, 20:105-110
  2. Yamamoto M, Nojima M, Takahashi H, Yokoyama Y, Ishigami K, Yajima H, Shimizu Y, Tabeya T, Matsui M, Suzuki C, Naishiro Y, Takano K, Himi T, Imai K, Shinomura Y. Identification of relapse predictors in IgG4-related disease using multivariate analysis of clinical data at the first visit and initial treatment. Rheumatology (oxford) 2015, 54:45-49
  3. Yamamoto M, Takahashi H, Simizu Y, Yajima H, Suzuki C, Naishiro Y, Imai K, Shinomura Y. Seasonal allergies and serial changes of serum levels of IgG4 in cases treated with maintenance therapy for IgG4-related disease. Mod Rheumatol 2015, 13:1-2
  4. Nosho K, Igarashi H, Ito M, Mitsuhashi K, Kurihara H, Kanno S, Yoshii S, Mikami M, Takahashi H, Kusumi T, Hosokawa M, Sukawa Y, Adachi Y, Hasegawa T, Okita K, Hirata K, Maruyama R, Suzuki H, Imai K, Yamamoto H, Shinomura Y. Clinicopathological and molecular characteristics of serrated lesions in Japanese elderly patients. Digestion 2015, 91:57-63
  5. Yamamoto M, Yajima H, Takahashi H, Yokoyama Y, Ishigami K, Shimizu Y, Tabeya T, Suzuki C, Naishiro Y, Takano K, Yamashita K, Hashimoto M, Keira Y, Honda S, Abe T, Suzuki Y, Mukai M, Himi T, Hasegawa T, Imai K, Shinomura Y. Everyday clinical practice in IgG4-related dacryoadenitis and/or sialadenitis: results from the SMART database. Mod Rheumatol 2015, 25:199-204
  6. Yamamoto M, Shimizu Y, Takahashi H, Yajima H, Yokoyama Y, Ishigami K, Tabeya T, Suzuki C, Matsui M, Naishiro Y, Imai K, Shinomura Y. CCAAT/enhancer binding protein α (C/EBPα)+M2 macrophages contribute to fibrosis in IgG4-related disease Mod Rheumatol 2015, 25:484-486
  7. Mitsuhashi K, Nosho K, Sukawa Y, Matsunaga Y, Ito M, Kurihara H, Kanno S, Igarashi H, Naito T, Adachi Y, Tachibana M, Tanuma T, Maguchi H, Shinohara T, Hasegawa T, Imamura M, Kimura Y, Hirata K, Maruyama R, Suzuki H, Imai K, Yamamoto H, Shinomura Y. Association of Fusobacterium species in pancreatic cancer tissues with molecular features and prognosis. Oncotarget 2015, 6:7209-7220
  8. Nakajima A, Masaki Y, Nakamura T, Kawanami T, Ishigaki Y, Takegami T, Kawano M, Yamada K, Tsukamoto N, Matsui S, Saeki T, Okazaki K, Kamisawa T, Miyashita T, Yakushijin Y, Fujikawa K, Yamamoto M, Hamano H, Origuchi T, Hirata S, Tsuboi H, Sumida T, Morimoto H, Sato T, Iwao H, Miki M, Sakai T, Fujita Y, Tanaka M, Fukushima T, Okazaki T, Umehara H. Decreased expression of innate immunity-related genes in peripheral blood mononuclear cells from patients with IgG4-related disease. PLoS One 2015, 10:e0126582
  9. Saito K, Kukita K, Kutomi G, Okuya K, Asanuma H, Tabeya T, Naishiro Y, Yamamoto M, Takahashi H, Torigoe T, Nakai A, Shinomura Y, Hirata K, Sato N, Tamura Y. Heat shock protein 90 associates with Toll-like receptors 7/9 and mediates self-nucleic acid recognition in SLE. Eur J Immunol 2015, 45:2028-2041
  10. Khosroshahi A, Wallace ZS, Crowe JL, Akamizu T, Azumi A, Carruthers MN, Chari ST, Della Torre E, Frulloni L, Goto H, Hart PA, Kamisawa T, Kawa S, Kawano M, Kim MH, Kodama Y, Kubota K, Lerch MM, Lohr M, Masaki Y, Matsui S, Mimori T, Nakamura S, Nakazawa T, Ohara H, Okazaki K, Ryu JH, Saeki T, Schleinitz N, Shimatsu A, Shimosegawa T, Takahashi H, Takahira M, Tanaka A, Topazian M, Umehara H, Webster GJ, Witzig TE, Yamamoto M, Zhang W, Chiba T, Stone JH. International consensus guidance statement on the management and treatment of IgG4-related disease. Arthritis Rheumatol 2015, 67:1688-1699
  11. Ito M, Kanno S, Nosho K, Sukawa Y, Mitsuhashi K, Kurihara H, Igarashi H, Takahashi T, Tachibana M, Takahashi H, Yoshii S, Takenouchi T, Hasegawa T, Okita K, Hirata K, Maruyama R, Suzuki H, Imai K, Yamamoto H, Shinomura Y. Association of Fusobacterium nucleatum with clinical and molecular features in colorectal serrated pathway. Int J Cancer 2015, 137:1258-1268
  12. Isosaka M, Niinuma T, Nojima M, Kai M, Yamamoto E, Maruyama R, Nobuoka T, Nishida T, Kanda T, Taguchi T, Hasegawa T, Tokino T, Hirata K, Suzuki H, Shinomura Y. A screen for epigenetically silenced microRNA genes in gastrointestinal stromal tumors. PLoS One 2015, 10:e0133754
  13. Terao C, Matsumura T, Yoshifuji H, Kirino Y, Maejima Y, Nakaoka Y, Takahashi M, Amiya E, Tamura N, Nakajima T, Origuchi T, Horita T, Matsukura M, Kochi Y, Ogimoto A, Yamamoto M, Takahashi H, Nakayamada S, Saito K, Wada Y, Narita I, Kawaguchi Y, Yamanaka H, Ohmura K, Atsumi T, Tanemoto K, Miyata T, Kuwana M, Komuro I, Tabara Y, Ueda A, Isobe M, Mimori T, Matsuda F. Brief Report: Takayasu arteritis and ulcerative colitis: high rate of co-occurrence and genetic overlap. Arthritis Rheumatol 2015, 67:2226-2232
  14. Ishiguro K, Hayashi T, Igarashi T, Maruyama Y, Ikeda H, Ishida T, Shinomura Y. Decrease of B-type natriuretic peptide to less than 200 pg/mL predicts longer survival in cardiac immunoglobulin light chain amyloidosis. Int J Hematol 2015, 102:200-204 Yuda S, Hayashi T, Yasui K, Muranaka A, Ohnishi H, Hashimoto A, Ishida T, Tsuchihashi K, Shinomura Y. Pericardial effusion and multiple organ involvement are independent predictors of mortality in patients with systemic light chain amyloidosis. Intern Med 2015, 54:1833-1840
  15. Igarashi H, Kurihara H, Mtsuhashi K, Ito M, Okuda H, Kanno S, Naito T, Yoshii S, Takahashi H, Kusumi T, Hasegawa T, Sukawa Y, Adachi Y, Okita K, Hirata K, Imamura Y, Baba Y, Imai K, Suzuki H, Yamamoto H, Nosho K, Shinomura Y. Association of microRNA-31-5p with clinical efficacy of anti-EGFR therapy in patients with metastatic colorectal cancer. Ann Surg Oncol 2015, 22:2640-2648
  16. Nakagaki S, Arimura Y, Nagaishi K, Isshiki H, Nasuno M, Watanabe S, Idogawa M, Yamashita K, Naishiro Y, Adachi Y, Suzuki H, Fujimiya M, Imai K, Shinomura Y. Contextual niche signals towards colorectal tumor progression by mesenchymal stem cell in the mouse xenograft model. J Gastroenterol 2015, 50:962-974
  17. Mitsuhashi K, Yamamoto I, Kurihara H, Kanno S, Ito M, Igarashi H, Ishigami K, Sukawa Y, Tachibana M, Takahashi H, Tokino T, Maruyama R, Suzuki H, Imai K, Shinomura Y, Yamamoto H, Nosho K. Analysis of the molecular features of rectal carcinoid tumors to identify new biomarkers that predict biological malignancy. Oncotarget 2015, 6:22114-22125
  18. Kamimae S, Yamamoto E, Kai M, Niinuma T, Yamano H, Nojima M, Yoshikawa K, Kimura T, Takagi R, Harada E, Harada T, Maruyama R, Sasaki Y, Tokino T, Shinomura Y, Sugai T, Imai K, Suzuki H. Epigenetic silencing of NTSR1 is associated with lateral and noninvasive growth of colorectal tumors. Oncotarget 2015, 6:29975-29990
  19. Ikeda H, Ishiguro K, Igarashi T, Aoki Y, Hayashi T, Ishida T, Sasaki Y, Tokino T, Shinomura Y. Molecular diagnostics of a single drug-resistant multiple myeloma case using targeted next-generation sequencing. Onco Targets Ther 2015, 8:2805-2815
  20. Yamamoto M, Takahashi H, Shinomura Y. Are Sjogren's syndrome and IgG4-related disease able to coexist Mod Rheumatol 2015, 25:970-971
  21. Mima K, Sukawa Y, Nishihara R, Qian ZR, Yamauchi M, Inamura K, Kim SA, Masuda A, Nowak JA, Nosho K, Kostic AD, Giannakis M, Watanabe H, Bullman S, Milner DA, Harris CC, Giovannucci E, Garraway LA, Freeman GJ, Dranoff G, Chan AT, Garrett WS, Huttenhower C, Fuchs CS, Ogino S. Fusobacterium nucleatum and T cell in colorectal carcinoma. JAMA Oncol 2015, 1:653-661
  22. Ichimura N, Shinjo K, An B, Shimizu Y, Yamao K, Ohka F, Katsushima K, Hatanaka A, Tojo M, Yamamoto E, Suzuki H, Ueda M, Kondo Y. Aberrant TET1 methylation closely associated with CpG island methylator phenotype in colorectal cancer. Cancer Prev Res 2015, 8:702-711
  23. Onodera K, Arimura Y, Isshiki H, Kawakami K, Nagaishi K, Yamashita K, Yamamoto E, Niinuma T, Naishiro Y, Suzuki H, Imai K, Shinomura Y. Low-frequency IL23R coding variant associated with Crohn’s disease susceptibility in Japanese subjects identified by personal genomics analysis. PLoS One 2015, 10:e0137801
  24. Suga Y, Sugai T, Uesugi N, Kawasaki T, Fukagawa T, Yamamoto E, Ishida K, Suzuki H, Sugiyama T. Molecular analysis of isolated tumor glands from endometrial endometrioid adenocarcinomas. Pathology International 2015, 65:240-249
  25. Konishi Y, Hayashi H, Suzuki H, Yamamoto E, Sugisaki H, Higashimoto H. Comparative analysis of methods to determine DNA methylation levels of a tumor-related microRNA gene. Anal Biochem 2015, 1:66-71
  26. 川上賢太郎,有村佳昭.硬さ環境に応じた間充織凝縮により血管構造をもつ機能的な「さまざまな臓器の芽」を人為的に作製できる.G.I.Research 2015, 23:528-529
症例報告
  1. Akutsu N, Adachi Y, Isosaka M, Mita H, Takagi H, Sasaki S, Yamamoto H, Arimura Y, Ishii Y, Masumori N, Endo T, Shinomura Y. Mediastinal yolk sac tumor producing protein induced by vitamin K absence or antagonist-Ⅱ. Intern Med 2015, 54:1531-1536
  2. 東出侑子,林 敏昭,平山大輔,我妻康平,青木由佳,丸山ゆみ子,池田 博,石田禎夫,篠村恭久.Dose Adjusted EPOCH-R療法が奏効した縦隔(胸腺)原発大細胞型B細胞リンパ腫の1例. 癌と化学療法 2015, 42:119-122
  3. 矢花 崇,後藤 啓,山本元久,伊志嶺 優,矢嶋秀教,中垣 卓,安達雄哉,近藤吉広.大腸癌診断時に認識された無症候性抗リン脂質抗体キャリアの1手術例―周術期の血栓予防に関する考察―.日本消化器病学会雑誌 2015, 112:78-85
  4. 飯田智哉,我妻康平,谷 元博,佐々木 基,永縄由美子,一色裕之,村上佳世,佐藤修司,清水晴夫,金戸宏行.血液透析が有効であった1例を含む、5-FUにより意識障害をともなう高アンモニア血症をきたした大腸癌多発肝転移の4例.日本消化器病学会雑誌 2015, 112:287-296
  5. 佐々木 基,金戸宏行,飯田智哉,永縄由美子,佐藤修司,清水晴夫,佐々木賢一,小西康宏,今 信一郎.mFOLFOX6による化学療法が奏功し、根治切除が可能となった十二指腸原発低分化腺癌の1例.日本消化器病学会雑誌 2015, 112:2135-2143

Ⅴ 学会・研究会等

  1. Kanno S, Mitsuhashi K, Kurihara H, Ito M, Yamamoto I, Ishigami K, Igarashi H, Suzuki H, Yamamoto H, Nosho K, Shinomura Y. Analysis of molecular features of rectal carcinoid tumors for identification of new biomarkers that predict biological malignancy. Digestive Disease Week 2015. May16-19, 2015. Washington.(Best Poster Award)
  2. Kurihara H, Nosho K, Mitsuhashi K, Sukawa Y, Matsunaga Y, Ito M, Kanno S, Igarashi H, Yamamoto I, Adachi Y, Tanuma T, Maguchi H, Imamura M, Kimura Y, Hirata K, Maruyama R, Suzuki H, Imai K, Yamamoto H, Shinomura Y. Association of tumor Fusobacterium status in pancreatic cancers with molecular alterations and patient survival. Digestive Disease Week 2015. May16-19, 2015. Washington.(Best Poster Award)
  3. Ito M, Nosho K, Sukawa Y, Mitsuhashi K, Kanno S, Kurihara H, Igarashi H, Tachibana M, Yoshii S, Suzuki H, Imai K, Yamamoto H, Shinomura Y. Fusobacterium nucleatum is associated with clinical and molecular features in colorectal serrated pathway. Digestive Disease Week 2015. May16-19, 2015. Washington.(Best Poster Award)
  4. Nosho K, Mitsuhashi K, Igarashi H, Okuda H, Kurihara H, Ito M, Kanno S, Adachi Y, Yoshii S, Sukawa Y, Maruyama R, Suzuki H, Imai K, Okita K, Hirata K, Yamamoto H, Shinomura Y. MicroRNA-31-5p as a new biomarker for anti-EGFR therapy and a therapeutic target in patients with colorectal cancer. Digestive Disease Week 2015. May16-19, 2015. Washington.
  5. Yamamoto E, Yamano H, Shinomura Y, Suzuki H. Epigenetic silencing of neurotensin receptor 1 is associated with lateral and noninvasive growth of colorectal tumors. Digestive Disease Week 2015. May16-19, 2015. Washington.
  6. Yamamoto M, Yajima H, Shimizu Y, Suzuki C, Naishiro Y, Okazaki S, Nagoya S, Takahashi H, Shinomura Y. Occurrence of glucocorticoid-induced avascular necrosis of the femoral heads in IgG4-related disease and the roles of interferon α to the pathogenesis. The 13th International Symposium on Sjogren's Syndrome. May19-22, 2015. Norway.
  7. Kubo T.Antithrombotic agents and post-polypectomy bleeding. 23st United European Gastroenterology Week. Oct24-28, 2015. Barcelona.
  8. Yamamoto E, Yamano H, Sugai T, Suzuki H. Histone H3K27 trimethylation in normal colon is associated with development of colorectal tumor with CpG island methylator phenotype. 23st United European Gastroenterology Week. Oct24-28, 2015. Barcelona.
  9. Aoki H, Yamamto E, Yamano H, Endo T, Sugai T, Suzuki H. Endoscopic and molecular features reveal progression of serrated lesions. 23st United European Gastroenterology Week. Oct24-28, 2015. Barcelona.
  10. Sawada T, Yamamoto E, Yamano H, Harada T, Suzuki H. Methylation analysis of colorectal precursor lesions with BRAF mutations and their normal background mucosa. 23st United European Gastroenterology Week. Oct24-28, 2015. Barcelona.
  11. 白石沙耶可,荒川朋子,尾形早百合,茅原悦子,三木彩子,本間野の子,高木秀安,吉田英昭,佐々木 茂.2型糖尿病患者に対する継続栄養指導の効果について.第18回日本病態栄養学会年次学術集会.2015, 1, 10-11. 京都.
  12. 五十嵐麻衣,佐々木 茂,高木秀安,鬼原 彰,篠村恭久.慢性肝不全患者における、就寝前肝不全用経腸栄養剤摂取後の血糖値の推.第18回日本病態栄養学会年次学術集会.2015, 1, 10-11. 京都.
  13. 林 敏昭.多発性骨髄腫の新しい診断基準と新しい治療.Myeloma Case Interacts.2015, 1, 22. 札幌.
  14. 有村佳昭.日本人のIBD感受性遺伝子.第154回日本消化器内視鏡学会東北支部例会.2015, 2, 6. 仙台.
  15. 山本元久.IgG4関連疾患-日常診療から最新トピックスまで.第37回熊本膠原病研究会.2015, 2, 6. 熊本.
  16. 越前栄次朗,菅野伸一,有村佳昭,篠村恭久.精神疾患の存在が発見を遅らせたと考えるPress Through Packageによる食道穿孔の1例.第273回日本内科学会北海道地方会.2015, 2, 7. 札幌.
  17. 高橋裕樹.本邦発の全身性疾患 IgG4関連疾患Up To Date.IgG4研究会.2015, 2, 13. 高知.
  18. 菅野伸一,能正勝彦,伊藤美樹,三橋 慧,栗原弘義,須河恭敬,五十嵐央祥,山本英一郎,足立 靖,丸山玲緒,鈴木 拓,山本博幸,平田公一,篠村恭久.本邦における大腸癌のFusobacterium発現と分子異常の関連.第11回日本消化管学会総会学術集会.2015, 2, 13-14. 東京.
  19. 我妻康平,村上佳世,飯田智哉,佐々木 基,永縄由美子,谷 元博,佐藤修司,清水晴夫,金戸宏行,田沼徳真,今 信一郎.当院の胃ESDにおける適応拡大病変の治療成績.第11回日本消化管学会総会学術集会.2015, 2, 13-14. 東京.
  20. 谷 元博,村上佳世,佐藤修司,我妻康平,飯田智哉,佐々木 基,永縄由美子,清水晴夫,金戸宏行,今 信一郎.multiple lymphomatous polyposis(MLP)病変を有した悪性リンパ腫の2例.第11回日本消化管学会総会学術集会.2015, 2, 13-14. 東京.
  21. 伊藤美樹,能正勝彦,三橋 慧,栗原弘義,菅野伸一,五十嵐央祥,須河恭敬,篠村恭久,高橋宏明,田沼徳真,山本博幸.上部消化管癌におけるFusobacterium nucleatumの発現と発癌・分子異常との関連.第47回胃病態機能研究会.2015, 2, 14-15. 東京.
  22. 石黒一也.関節リウマチに対するMTX療法中に発症した骨原発悪性リンパ腫の1例.第41回北海道血液疾患研究会.2015, 2, 21. 札幌.
  23. 小野寺 馨.大腸がん化学療法~若手の疑問に答えます~.第41回北海道血液疾患研究会.2015, 2, 21. 札幌.
  24. 篠村恭久.癌リスクを考慮した消化管疾患の診療.第20回実地医家医療研究会.2015, 2, 28. 大阪.
  25. 高橋裕樹.涙腺・唾液腺を侵す全身疾患シェーグレン症候群IgG4関連疾患の治療と予後.第2回県北シェーグレン研究会.2015, 3, 4. 長崎.
  26. 池田 博,五十嵐哲祥,青木由佳,林 敏昭,石田禎夫,篠村恭久.脳原発悪性リンパ腫(Primary CNS Lymphoma)9症例に対する治療成績:単施設における後方視的検討.第37回日本造血細胞移植学会総会.2015, 3, 5-7. 神戸.
  27. 阿久津典之.進行肝細胞癌におけるソラフェニブ投与後PD症例の検討.第51回Hokkaido Digestive Disease Club.2015, 3, 7. 札幌.
  28. 木村有志,原田 拓,野村昌史,田沼徳真,浦出伸治,古賀英彬,山本 至,真口宏介,野口寛子,篠原敏也.鋸歯状病変からの癌化が示唆された早期大腸癌の1例.第116回日本消化器病学会北海道支部例会.2015, 3, 7-8. 札幌.
  29. 谷 元博,金戸宏行,我妻康平,飯田智哉,佐々木 基,永縄由美子,村上佳世,佐藤修司,清水晴夫.腹痛、嘔気嘔吐を主訴に発症した胆嚢胃瘻の1例.第116回日本消化器病学会北海道支部例会.2015, 3, 7-8. 札幌.
  30. 岡原 聡,高橋宏明,栗原弘義,大橋広和,工平美和子,菅原伸明,小平純一,松本岳士,小池容史,吉川智宏,木ノ下義宏,細川正夫.低分化型バレット食道癌の一例.第116回日本消化器病学会北海道支部例会.2015, 3, 7-8. 札幌.
  31. 大橋広和,松本岳士,栗原弘義,岡原 聡,工平美和子,菅原伸明,小平純一,小池容史,高橋宏明.膵癌確診前CT画像の検討.第116回日本消化器病学会北海道支部例会.2015, 3, 7-8. 札幌.
  32. 佐々木 基,金戸宏行,我妻康平,谷 元博,飯田智哉,永縄由美子,村上佳世,佐藤修司,清水晴夫,佐々木賢一.膵リンパ上皮嚢胞の一例.第116回日本消化器病学会北海道支部例会.2015, 3, 7-8. 札幌.
  33. 榮浪洋介,菅野伸一,山下健太郎,小野寺 馨,久保俊之,川上賢太郎,林 優希,能正勝彦,山本英一郎,有村佳昭,篠村恭久,沖田憲司,加藤寛士,守田玲菜.第116回日本消化器病学会北海道支部例会.2015, 3, 7-8. 札幌.
  34. 若杉英樹,高木秀安,伊東文子,志谷真啓,阿久津典之,本谷雅代,佐々木 茂,篠村恭久.当科における薬剤溶出性球状塞栓物質を用いた肝細胞癌の治療経験.第116回日本消化器病学会北海道支部例会.2015, 3, 7-8. 札幌.
  35. 久保俊之,山下健太郎,林 優希,菅野伸一,川上賢太郎,小野寺 馨,青木敬則,山本英一郎,能正勝彦,有村佳昭,篠村恭久.鋸歯状腺腫、管状腺腫、粘膜内癌と多彩な病理組織像を呈した直腸LSTの遺伝子解析.第110回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2015, 3, 7-8. 札幌.
  36. 飯田智哉,金戸宏行,我妻康平,谷 元博,佐々木 基,永縄由美子,村上佳世,佐藤修司,清水晴夫.超高齢者総胆管結石症例に対する内視鏡治療の安全性についての検討.第110回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2015, 3, 7-8. 札幌.(専修医最優秀演題賞)
  37. 伊志嶺 優,中垣 卓,矢島秀教,矢花 崇,安達雄哉,後藤 啓,近藤吉宏.口腔および食道内に発症した粘膜優位型尋常性天疱瘡の1例.第110回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2015, 3, 7-8. 札幌.
  38. 伊東文子,志谷真啓,若杉英樹,阿久津典之,本谷雅代,高木秀安,佐々木 茂,篠村恭久,今村将史,木村康利.EUSを用いた診断および経過観察されたIPMNに関する検討.第110回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2015, 3, 7-8. 札幌.
  39. 古賀英彬,田沼徳真,木村有志,山本 至,浦出伸治,原田 拓,野村昌史,真口宏介.抗血栓薬内服者に対するガイドライン変更後の胃ESDの現状.第110回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2015, 3, 7-8. 札幌.
  40. 林 優希,菅野伸一,川上賢太郎,小野寺 馨,久保俊之,山本英一郎,能正勝彦,山下健太郎,有村佳昭,篠村恭久.下部消化管内視鏡で粘膜下血腫を認めたALアミロイドーシスの4例.第110回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2015, 3, 7-8. 札幌.
  41. 我妻康平,村上佳世,飯田智哉,佐々木 基,永縄由美子,谷 元博,佐藤修司,清水晴夫,金戸宏行,今 信一郎.当院における除菌後胃癌の3例.第110回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2015, 3, 7-8. 札幌.
  42. 伊藤美樹,能正勝彦,五十嵐央祥,三橋 慧,奥田博介,丸山玲緒,鈴木 拓,山本博幸,篠村恭久.大腸癌の新規バイオマーカーとしてのmiR-31の可能性.第112回日本内科学会講演会.2015, 4, 10-12. 京都.
  43. 谷 元博,佐藤修司,我妻康平,飯田智哉,佐々木 基,永縄由美子,村上佳世,清水晴夫,金戸宏行.当科で経験したACTH単独欠損症4例の臨床的検討.第112回日本内科学会講演会.2015, 4, 10-12. 京都.
  44. 阿久津典之.IgG4関連疾患に対する免疫抑制療法後に肝不全を呈したHBVキャリアの1例:脳死肝移植非実施にて死亡した症例.第16回札幌肝不全懇話会.2015, 4, 15. 札幌.
  45. 高橋裕樹.IgG4関連疾患.第59回日本リウマチ学会総会・学術集会.2015, 4, 23-25. 名古屋.
  46. 桐野洋平,川口鎮司,多田芳史,岩本雅弘,大田俊行,長澤浩平,塚本 浩,武井修治,堀内孝彦,山田秀裕,高橋裕樹,上田敦久,大田明英,石ヶ坪良明.成人スティル病における血清フェリチン・ヘムオキシゲナーゼ1の診断への有用性:多施設共同研究の中間報告.第59回日本リウマチ学会総会・学術集会.2015, 4, 23-25. 名古屋.
  47. 山本元久,矢島秀教,清水悠以,鈴木知佐子,苗代康可,岡崎俊一郎,名越 智,高橋裕樹,今井浩三,篠村恭久.IgG4関連疾患におけるステロイド性大腿骨頭壊死の発生とIFNαの関与の検討.第59回日本リウマチ学会総会・学術集会.2015, 4, 23-25. 名古屋.
  48. 佐伯敬子,川野充弘,水島伊知郎,山本元久,乳原善文,中島 衡,和田庸子,伊藤朋之,山崎 肇,成田一衛,斉藤喬雄.腎機能低下に対しステロイド治療を行ったIgG4関連腎臓病の腎予後.第59回日本リウマチ学会総会・学術集会.2015, 4, 23-25. 名古屋.
  49. 岡崎俊一郎,名越 智,山本元久,鈴木知佐子,清水悠以,高橋裕樹,井上裕匡.ステロイド性大腿骨頭壊死症発生における自然免疫機構.第59回日本リウマチ学会総会・学術集会.2015, 4, 23-25. 名古屋.
  50. 岡崎俊一郎,名越 智,山本元久,鈴木知佐子,清水悠以,高橋裕樹,井上裕匡.ステロイド性大腿骨頭壊死症の発生と転写制御因子活性.第59回日本リウマチ学会総会・学術集会.2015, 4, 23-25. 名古屋.
  51. 菅野伸一,山下健太郎,川上賢太郎,小野寺 馨,久保俊之,山本英一郎,能正勝彦,有村佳昭,篠村恭久.多発大腸癌・他臓器癌重複大腸癌におけるマイクロサテライト不安定性の検討.第101回日本消化器病学会総会.2015, 4, 23-25. 仙台.
  52. 伊東文子,阿久津典之,若杉英樹,志谷真啓,本谷雅代,高木秀安,佐々木 茂,篠村恭久.肝細胞癌に対する球状塞栓物質使用経験.第101回日本消化器病学会総会.2015, 4, 23-25. 仙台.
  53. 横山佳浩,飯田智哉,金戸宏行,我妻康平,佐々木 基,永縄由美子,谷 元博,山本 至,村上佳世,佐藤修司,清水晴夫,佐々木賢一,澁谷 均,小西康宏,今 信一郎.術前診断が可能であった下部胆管腺扁平上皮癌の1例.第101回日本消化器病学会総会.2015, 4, 23-25. 仙台.
  54. 高橋裕樹.RA診療における骨粗鬆症の対応.多領域から考える骨粗鬆症フォーラム.2015, 5, 14. 札幌.
  55. 山下健太郎.内視鏡画像の遡及的検討およびmicrosatellite instabilityからみたinterval gastric.第89回日本消化器内視鏡学会総会.2015, 5, 29-31. 名古屋.
  56. 飯田智哉,金戸宏行,我妻康平,谷 元博,佐々木 基,永縄由美子,村上佳世,佐藤修司,清水晴夫,篠村恭久.当院における超高齢者(85歳以上)総胆管結石症例の内視鏡治療の現状―地域・大学関連研修病院での85歳未満症例との比較―.第89回日本消化器内視鏡学会総会.2015, 5, 29-31. 名古屋.
  57. 山本 至.超高齢者早期胃癌者に対するESD適応.第89回日本消化器内視鏡学会総会.2015, 5, 29-31. 名古屋.
  58. 伊東文子.自己免疫性膵炎の診断におけるERCP,EUSFNAの役割.第89回日本消化器内視鏡学会総会.2015, 5, 29-31. 名古屋.
  59. 阿久津典之.2nd lineの薬剤がない中でソラフェニブをどのように使用すべきか? 第12回日本肝がん分子標的治療研究会共催シンポジウム.2015, 6, 6. 倉敷.
  60. 本谷雅代.膵臓治療における化学療法について.第111回北海道癌談話会春季シンポジウム.2015, 6, 6. 札幌.
  61. 山本元久.RA治療の実際と最新情報.SAPPORO関節リウマチ薬剤師セミナー.2015, 6, 15. 札幌.
  62. 有村佳昭.間葉系幹細胞による腸管再生.第10回新都心内視鏡病態機能研究会.2015, 6, 17. 東京.
  63. 石田禎夫.多発性骨髄腫治療のアップデート―近未来の治療戦略―.Multiple Myeloma学術講演会.2015, 6, 19. 仙台.
  64. 能正勝彦,伊藤美樹,栗原弘義,菅野伸一,五十嵐央祥,山本 至,石上敬介,吉井新二,丸山玲緒,鈴木 拓,山本博幸,篠村恭久.大腸鋸歯状病変の発育進展におけるエピジェネティックな異常とmicroRNA-31発現の検討.第83回大腸癌研究会.2015, 7, 3. 久留米.
  65. 栗原弘義,菅野伸一,伊藤美樹,五十嵐央祥,山本 至,石上敬介,奥田博介,久須美貴哉,沖田憲司,古畑智久,篠村恭久,能正勝彦.高齢者大腸癌における大腸鋸歯状病変の分子病理学的検討.第83回大腸癌研究会.2015, 7, 3. 久留米.
  66. 伊東文子.進行肝細胞癌のソラフェニブ治療に伴う高血圧発症とその発症に関わる遺伝学的因子の検討.第65回日本体質医学会総会.2015, 7, 4-5. 札幌.
  67. 伊藤美樹.早期食道腺癌における喫煙とDNAメチル化異常との関連.第65回日本体質医学会総会.2015, 7, 4-5. 札幌.
  68. 石上敬介.膵癌の生物学的悪性度におけるFusobacterium属の関与.第65回日本体質医学会総会.2015, 7, 4-5. 札幌.
  69. 山本元久.IgG4関連疾患の前向き観察研究「SMART」レジストリー2014を用いた臨床的解析.第65回日本体質医学会総会.2015, 7, 4-5. 札幌.
  70. 有村佳昭.間葉系幹細胞による腸管再生.根室消化器病研究会.2015, 7, 9. 根室.
  71. 菅野伸一.膵癌組織におけるFusobacteriumの発現と分子異常・予後との関連度との関連.第13回日本臨床腫瘍学会学術総会.2015, 7, 16-18. 札幌.
  72. 小野寺 馨.上腕皮下埋込型中心静脈ポートの合併症についての後方視的検討.第13回日本臨床腫瘍学会学術総会.2015, 7, 16-18. 札幌.
  73. 山本元久.トファシチニブ最新の知見.関節リウマチ懇話会.2015, 7, 17. 札幌.
  74. 四十坊直貴,山本元久,菅原太郎,横山佳浩,清水悠以,櫻井のどか,鈴木知佐子,苗代康可,高橋裕樹.MPO-ANCA陽性特発性間質性肺炎の経過中に全身性血管炎を発症した1例.第39回北海道コラーゲン研究会.2015, 7, 18. 札幌.
  75. 櫻井のどか.アクテムラ投与中にベーカー嚢胞を合併した全身型若年性特発性関節炎の2例.第39回北海道コラーゲン研究会.2015, 7, 18. 札幌.
  76. 石黒一也.同種造血幹細胞移植を施行した多発性骨髄腫患者細胞の次世代シークエンサーによる遺伝子異常解析.第14回ミニ移植フォーラム.2015, 7, 22. 札幌.
  77. 高橋裕樹.本邦発の新たな全身性疾患 IgG4関連疾患 発見物語.第19回沖縄リウマチ医の会.2015, 8, 3. 沖縄.
  78. 石田禎夫.多発性骨髄腫診療について.血液がん診療最前線講演会.2015, 8, 4. 東京.
  79. 高橋裕樹.最近のリウマチ治療の動向.第14回北海道リウマチ医の会.2015, 8, 21. 札幌.
  80. 高木秀安,石上敬介,伊東文子,若杉英樹,志谷真啓,阿久津典之,本谷雅代,佐々木 茂,近藤吉広.当科におけるC型慢性肝疾患に対するダクラタスビル・アスナプレビル併用療法の現状と今後の治療戦略.第117回日本消化器病学会北海道支部例会.2015, 8, 29-30. 札幌.
  81. 伊東文子,本谷雅代,石上敬介,若杉英樹,志谷真啓,阿久津典之,高木秀安,染谷正則,坂田耕一,佐々木 茂.当科における胆道癌に対する化学放射線療法の成績.第117回日本消化器病学会北海道支部例会.2015, 8, 29-30. 札幌.
  82. 槇 龍之介,小野寺 馨,榮浪洋介,横山佳浩,山本 至,菅野伸一,川上賢太郎,久保俊之,山本英一郎,能正勝彦,山下健太郎,有村佳昭.入院化学療法中に原因不明のサルモネラ菌感染症を発症した進行胃癌の1例.第117回日本消化器病学会北海道支部例会.2015, 8, 29-30. 札幌.
  83. 我妻康平,阿久津典之,佐々木 基,金戸宏行,石上敬介,伊東文子,若杉英樹,高木秀安,佐々木 茂,米澤和彦,矢和田 敦,安達雄哉.進行肝細胞癌へのソラフェニブ治療における、PD時のPD pattern数と増悪後生存期間の関連.第117回日本消化器病学会北海道支部例会.2015, 8, 29-30. 札幌.
  84. 横山佳浩,本谷雅代,明石浩史,石上敬介,伊東文子,若杉英樹,志谷真啓,阿久津典之,高木秀安,佐々木 茂.当院における進行・再発膵癌に対するGME+nab-PTX併用療法の使用経験.第117回日本消化器病学会北海道支部例会.2015, 8, 29-30. 札幌.
  85. 永縄由美子,金戸宏行,我妻康平,伊志嶺 優,佐々木 基,谷 元博,村上佳世,佐藤修司,清水晴夫.診断に難渋した肝腫瘍の1例.第117回日本消化器病学会北海道支部例会.2015, 8, 29-30. 札幌.
  86. 榮浪洋介,川上賢太郎,山本 至,菅野伸一,小野寺 馨,久保俊之,山本英一郎,能正勝彦,山下健太郎,有村佳昭,西海豊寛,阿部庄作.術後再発肺癌に対する緩和的化学療法中に重篤な出血性大腸炎を発症した1例.第111回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2015, 8, 29-30. 札幌.
  87. 日比則孝,久保俊之,槇 龍之介,榮浪洋介,山本 至,清水悠以,小野寺 馨,山本英一郎,鈴木知佐子,山本元久,能正勝彦,山下健太郎,有村佳昭,高橋裕樹.難治性の直腸潰瘍をきたした全身性エリテマトーデス(SLE)の1例.第111回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2015, 8, 29-30. 札幌.
  88. 伊東文子,本谷雅代,石上敬介,若杉英樹,志谷真啓,阿久津典之,高木秀安,染谷正則,坂田耕一,佐々木 茂.当科における胆道癌に対する化学放射線療法の成績.第111回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2015, 8, 29-30. 札幌.
  89. 佐々木 基,村上佳世,我妻康平,谷 元博,伊志嶺 優,永縄由美子,佐藤修司,清水晴夫,金戸宏行,佐々木賢一.内視鏡的に胆嚢十二指腸瘻と胆石陥頓を確認できた胆石性イレウスの1例.第111回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2015, 8, 29-30. 札幌.
  90. 石上敬介,志谷真啓,横山佳浩,伊東文子,若杉英樹,阿久津典之,本谷雅代,高木秀安,佐々木 茂.当科の初回ERCP症例における検査後の高アミラーゼ血症と関連する因子の検討.第111回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2015, 8, 29-30. 札幌.
  91. 山下健太郎,有村佳昭,久保俊之,小野寺 馨,山本 至.Lynch症候群における大腸腺腫・早期癌の内視鏡像およびミスマッチ修復機構.第111回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2015, 8, 29-30. 札幌.
  92. 池田 博.札幌医科大学におけるHIV治療の現状.第8回道央圏HIV感染症セミナー.2015, 9, 9. 札幌.
  93. 丸山玲緒,山本英一郎,鈴木 拓.胃癌の発生に関与するエピゲノム変化と長鎖非コードRNAの解析.第74回日本癌学会学術総会.2015, 10, 8-10. 名古屋.
  94. 五十嵐央祥,伊藤美樹,菅野伸一,須河恭敬,三橋 慧,栗原弘義,山本 至,石上敬介,今井浩三,山本博幸,篠村恭久,能正勝彦.大腸前癌病変におけるF.nucleatumと分子学的異常の関連.第74回日本癌学会学術総会.2015, 10, 8-10. 名古屋.
  95. 能正勝彦,三橋 慧,五十嵐央祥,栗原弘義,伊藤美樹,菅野伸一,山本 至,石上敬介,須河恭敬,丸山玲緒,鈴木 拓,山本博幸,篠村恭久.MiR-31-5pは大腸癌症例における抗EGFR抗体治療の有望なバイオマーカーであり、治療の標的にもなりうる.第74回日本癌学会学術総会.2015, 10, 8-10. 名古屋.
  96. 佐々木泰史,中垣貴文,田村みゆき,竹田康佑,大箸智子,井戸川雅史,時野隆至.半導体シーケンサーを用いたがん関連遺伝子のターゲットシーケンス解析.第74回日本癌学会学術総会.2015, 10, 8-10. 名古屋.
  97. 新沼 猛,若杉英樹,山本英一郎,甲斐正広,丸山玲緒,鈴木 拓.消化管間質腫瘍の再発に関連するmicroRNAの解析.第74回日本癌学会学術総会.2015, 10, 8-10. 名古屋.
  98. 山本英一郎,丸山玲緒,山野泰穂,青木敬則,檜森亮吾,萬 顕,新沼 猛,甲斐正広,菅井 有,今井浩三,篠村恭久,鈴木 拓.正常大腸粘膜におけるヒストンH3K27トリメチル化はCIMP大腸がんの発生に関与する.第74回日本癌学会学術総会.2015, 10, 8-10. 名古屋.
  99. 澤田 武,山本英一郎,山野泰穂,野島正寛,原田 拓,青木敬則,新沼 猛,丸山玲緒,甲斐正広,片岡洋望,菅井 有,鈴木 拓,城 卓志.BRAF遺伝子変異を伴う大腸前癌病変と背景粘膜のメチル化解析.第74回日本癌学会学術総会.2015, 10, 8-10. 名古屋.
  100. 萬 顕,山本英一郎,丸山玲緒,津矢田明泰,甲斐正広,新沼 猛,檜森亮吾,廣橋良彦,西舘敏彦,古畑智久,平田公一,菅井 有,鈴木 拓.大腸癌における腫瘍血管内皮特異的遺伝子の新規同定.第74回日本癌学会学術総会.2015, 10, 8-10. 名古屋.
  101. 佐藤由梨,丸山玲緒,北嶋洋志,山本英一郎,新沼 猛,粂川昂平,甲斐正広,能正勝彦,井戸川雅史,佐々木泰史,篠村恭久,時野隆至,鈴木 拓.慢性胃炎から胃癌への発癌過程に関与する長鎖非コードRNAの同定と機能解析の試み.第74回日本癌学会学術総会.2015, 10, 8-10. 名古屋.
  102. 石上敬介,三橋 慧,菅野伸一,松永康孝,栗原弘義,山本 至,足立 靖,真口宏介,木村康利,今井浩三,山本博幸,篠村恭久.膵癌におけるDNAメチル化と分子異常および生物学的悪性度との関連.第74回日本癌学会学術総会.2015, 10, 8-10. 名古屋.
  103. 鈴木 拓,新沼 猛,甲斐正広,丸山玲緒,山本英一郎,今井浩三.がん細胞のDNAメチル化維持におけるUHRF1の関与.第74回日本癌学会学術総会.2015, 10, 8-10. 名古屋.
  104. 石黒一也,粂川昂平,丸山玲緒,山本英一郎,津矢田明泰,進藤哲也,新沼 猛,甲斐正広,山野泰穂,菅井 有,時野隆至,篠村恭久,鈴木 拓.大腸癌においてDNAメチル化により抑制されている長鎖非コードRNAの網羅的同定.第74回日本癌学会学術総会.2015, 10, 8-10. 名古屋.
  105. 松永康孝,足立 靖,佐々木泰史,能正勝彦,高木秀安,山本博幸,佐々木 茂,有村佳昭,遠藤高夫,加藤康夫,時野隆至,篠村恭久.消化器癌における変異kRAS遺伝子の影響の解析およびIGF-1R阻害.第74回日本癌学会学術総会.2015, 10, 8-10. 名古屋.
  106. 青木敬則,山本英一郎,山野泰穂,檜森亮吾,新沼 猛,甲斐正広,丸山玲緒,足立 靖,遠藤高夫,菅井 有,鈴木 拓.鋸歯状腺腫の発育進展に関わる新規遺伝子のメチル化同定のためのエピジェネティックスおよび臨床的特徴の統合解析.第74回日本癌学会学術総会.2015, 10, 8-10. 名古屋.
  107. 甲斐正広,山本英一郎,丸山玲緒,佐藤亜紀子,新沼 猛,鈴木 拓.大腸がんにおけるDGKGエピジェネティック発現抑制の影響.第74回日本癌学会学術総会.2015, 10, 8-10. 名古屋.
  108. 竹田康佑,佐々木泰史,中垣貴文,田村みゆき,大箸智子,井戸川雅史,荻 和弘,平塚博義,時野隆至.p53ファミリーの新規標的ICAM2の同定と機能解析.第74回日本癌学会学術総会.2015, 10, 8-10. 名古屋.
  109. 大箸智子,井戸川雅史,田村みゆき,竹田康佑,中垣貴文,佐々木泰史,時野隆至.p53による癌細胞浸潤の抑制には新規標的遺伝子LIMA1の発現誘導が必要である.第74回日本癌学会学術総会.2015, 10, 8-10. 名古屋.
  110. 井戸川雅史,大箸智子,佐々木泰史,時野隆至.RNA-seqの複合解析による非コードRNAを含むp53標的遺伝子の同定.第74回日本癌学会学術総会.2015, 10, 8-10. 名古屋.
  111. 中垣貴文,佐々木泰史,井戸川雅史,竹田康佑,田村みゆき,大箸智子,荻 和弘,平塚博義,時野隆至.次世代半導体シーケンサーを用いた口腔扁平上皮癌におけるがん関連遺伝子の網羅的解析.第74回日本癌学会学術総会.2015, 10, 8-10. 名古屋.
  112. 山本 至,三橋 慧,栗原弘義,菅野伸一,伊藤美樹,五十嵐央祥,石上敬介,須河恭敬,時野隆至,今井浩三,篠村恭久,山本博幸,能正勝彦.生物学的悪性度を予測するバイオマーカー探索を目指した直腸カルチノイドの分子異常の解析.第74回日本癌学会学術総会.2015, 10, 8-10. 名古屋.
  113. 田村みゆき,佐々木泰史,竹田康佑,中垣貴文,大箸智子,井戸川雅史,時野隆至.CRKLはmiR-200ファミリーを介してp53により発現抑制される.第74回日本癌学会学術総会.2015, 10, 8-10. 名古屋.
  114. 池田 博,石黒一也,青木由佳,石田禎夫,佐々木泰史,時野隆至.薬剤耐性を示した多発性骨髄腫患者の次世代シークエンサーを用いた遺伝子解析.第74回日本癌学会学術総会.2015, 10, 8-10. 名古屋.
  115. 足立 靖,野島正寛,松永康孝,高木秀安,佐々木 茂,森 満,黒沢洋一,若井建志,玉腰暁子.IGF関連因子と肝癌罹患リスク-a nested case-control study.第74回日本癌学会学術総会.2015, 10, 8-10. 名古屋.
  116. 吉田良仁,山本博幸,渡邊嘉行,及川律子,森田 亮,松尾康正,小澤俊一郎,佐藤義典,前畑忠輝,谷口博昭,能正勝彦,安田 宏,伊東文生.胃液由来exosomesのDNAメチル化解析は胃癌の早期診断に有用である.第74回日本癌学会学術総会.2015, 10, 8-10. 名古屋.
  117. 菅野伸一.大腸Serrated pathwayにおけるFusobacterium nucleatumと臨床病理イト不安定性の検討.第57回日本消化器病学会大会.2015, 10, 8-11. 東京.
  118. 伊東文子.分枝型IPMN(BD-IPMN)の方針決定における画像所見の検討.第57回日本消化器病学会大会.2015, 10, 8-11. 東京.
  119. 横山佳浩,飯田智哉,清水晴夫,佐々木 基,永縄由美子,石上敬介,中垣 卓,佐藤修司,金戸宏行.当院で経験したS状結腸軸捻転症についての検討.第57回日本消化器病学会大会.2015, 10, 8-11. 東京.
  120. 高橋裕樹.関節リウマチ診療の実際~バイオの功罪を考える~.第9回秋田県整形外科RAトータルマネジメントフォーラム.2015, 10, 9. 秋田.
  121. 佐々木 茂.肝疾患の今とこれから~ウイルス性肝炎からメタボまで~.肝疾患と生活習慣病セミナー.2015, 10, 20. 函館.
  122. 石田禎夫.新規薬剤時代の多発性骨髄腫ALアミロイドーシスの治療戦略.Myeloma学術講演会.2015, 11, 12. 札幌.
  123. 高橋裕樹.生物学的製剤使用が困難な場合の対応.第25回リウマチ学会北海道・東北支部学術集会.2015, 11, 13-14. 盛岡.
  124. 鈴木知佐子.トシリズマブが奏効したWeber-Christian病の1例.第25回リウマチ学会北海道・東北支部学術集会.2015, 11, 13-14. 盛岡.
  125. 横山佳浩.門脈圧亢進症を合併したIgG4関連疾患の4例.第25回リウマチ学会北海道・東北支部学術集会.2015, 11, 13-14. 盛岡.
  126. 能正勝彦,須河恭敬,山本博幸,篠村恭久,荻野周史.大腸癌におけるFusobacterium属の存在とマイクロサテライト不安定性、免疫応答への関与.第26回日本消化器癌発生学会総会.2015, 11, 19-20. 米子.
  127. 能正勝彦,五十嵐央祥,栗原弘義,三橋 慧,伊藤美樹,菅野伸一,石上敬介,山本 至,高橋宏明,沖田憲司,丸山玲緒,鈴木 拓,今井浩三,山本博幸,篠村恭久.大腸癌の抗EGFR抗体薬における治療抵抗性予測因子としてのmicroRNA-31の有用性.第26回日本消化器癌発生学会総会.2015, 11, 19-20. 米子.
  128. 五十嵐央祥,伊藤美樹,三橋 慧,栗原弘義,菅野伸一,山本 至,石上敬介,丸山玲緒,鈴木 拓,山本博幸,篠村恭久,能正勝彦.大腸発癌における新規バイオマーカー探索を目指したmicroRNAの網羅的解析.第26回日本消化器癌発生学会総会.2015, 11, 19-20. 米子.
  129. 青木敬則,山本英一郎,山野泰穂,檜森亮吾,新沼 猛,甲斐正広,丸山玲緒,足立 靖,遠藤高夫,菅井 有,鈴木 拓.鋸歯状腺腫においてメチル化する遺伝子の同定と臨床病理・分子生物学的検討.第26回日本消化器癌発生学会総会.2015, 11, 19-20. 米子.
  130. 石田禎夫.多発性骨髄腫治療のアップデート:2015.Multiple Myeloma Clinical Conference.2015, 11, 20. 大阪.
  131. 高橋裕樹.IgG4関連疾患は自己免疫疾患か? ヒューマン イムノロジー フォーラム 2015.2015, 11, 20-21.札幌.
  132. 石田禎夫.新規薬剤時代の多発性骨髄腫の治療戦略.第3回浜松多発性骨髄腫セミナー.2015, 11, 27. 浜松.
  133. 大江悠希,飯田智哉,安達雄哉,中垣 卓,矢花 崇,後藤 啓,近藤吉広.異常高値を呈したCA19-9が胆摘後に正常化した黄色肉芽腫性胆嚢炎の1例.第275回日本内科学会北海道地方会.2015, 12, 5. 札幌.
  134. 四十坊直貴,清水悠以,鈴木知佐子,山本元久,桜井のどか,苗代康可,高橋裕樹.間質性肺炎が先行したANCA関連血管炎の1例.第275回日本内科学会北海道地方会.2015, 12, 5. 札幌.
  135. 我妻康平,佐藤修司,伊志嶺 優,佐々木 基,永縄由美子,谷 元博,村上佳世,清水晴夫,金戸宏行.間質性肺炎との鑑別を要した血管内大細胞型B細胞性リンパ腫(IVLBCL)の1例.第275回日本内科学会北海道地方会.2015, 12, 5. 札幌.
  136. 膵癌に対する超音波内視鏡化穿刺吸引術(EUS-FNA)により偶発症を呈した2例.第34回札幌肝胆膵研究会.2015, 12, 5. 札幌.
  137. 榮浪洋介.当科におけるEUSソノプシーCYの使用経験.第34回札幌肝胆膵研究会.2015, 12, 5. 札幌.
  138. 横山佳浩.関節リウマチ治療中に肺出血を呈した一例.第40回北海道コラーゲン研究会.2015, 12, 19. 札幌.
  139. 小野寺 馨.難治性腸疾患治療に伴う大腿骨頭壊死症.第40回北海道コラーゲン研究会.2015, 12, 19. 札幌.

Ⅵ 受賞・その他

  1. 高橋裕樹.IgG4関連疾患について.社員向講演会.ヤンセンファーマ(株).2015, 札幌.
  2. 石田禎夫.モーニングセミナー2・全体ケーススタディー4(骨髄腫).第8回「研修医(初期・後期)のための血液学セミナー」.2015, 大津.
  3. 石田禎夫.多発性骨髄腫.第2回市民公開セミナーin旭川~血液がんを専門医と語り合おう2015~.2015, 旭川.
  4. 石田禎夫.深い奏効を目指した治療戦略~Triplet Regimenをどう用いるか?~.ベルケイド全国Web講演会「多発性骨髄腫治療の現状と今後」.武田薬品工業(株).2015, 東京.
  5. 佐々木 茂.最新治療情報.第18回肝臓病教室・札幌医科大学附属病院肝疾患相談センター.2015, 札幌.
  6. 佐々木 茂.B型・C型肝炎の最新治療について.第4回肝疾患市民公開講座.札幌医科大学附属 病院肝疾患相談センター.2015, 小樽.
  7. 佐々木 茂.C型肝炎治療のいま.日本肝臓学会北海道地区市民公開講座.共催:北海道大学病院・札幌医科大学附属病院・名古屋市立大学病院・愛媛大学医学部附属病院 肝疾患相談センター.2015, 札幌.
  8. 佐々木 茂.ソバルディRとハーボニーRの特徴.発売記念講演会~C型肝炎治療を考える~.ギリアド・サイエンシズ(株).2015, 札幌.
  9. 佐々木 茂.C型肝炎治療の最前線.第21回肝臓病教室・札幌医科大学附属病院肝疾患相談センター.2015, 札幌.
  10. 佐々木 茂.肝疾患相談センター活動報告とその活用.平成27年度北海道肝疾患医療従事者研修会.主催:北海道大学・旭川医科大学・札幌医科大学・北海道.2015, 釧路.
  11. 佐々木 茂.B型肝炎治療はどうなってるの?肝臓病市民公開講座in岩見沢.2015, 岩見沢.
  12. 佐々木 茂.肝炎ウイルスをやっつけよう~肝がんにならないために~.市民医療講演会.主催:札幌禎心会病院.2015, 札幌.
  13. 山下健太郎.遺伝性大腸癌について.社内教育勉強会.武田薬品工業(株).2015, 札幌.
  14. 山下健太郎.Lynch症候群(遺伝性大腸がん).札幌医科大学附属病院 第12回臨床遺伝カンファレンス.2015, 札幌.
  15. 山下健太郎.大腸癌における最新の話題.Takeda GI Conference in Hakodate.武田薬品工業(株).2015, 函館.
  16. 高木秀安.ちょっと詳しい肝炎の話~B型・C型の病態~.第4回肝疾患市民公開講座.札幌医科 大学附属病院肝疾患相談センター.2015, 小樽.
  17. 高木秀安.B型肝炎治療~これまでの成果と今後の展望~.第2回肝炎学術講演会.共催:北海道大学病院肝疾患相談センター・札幌医科大学附属病院肝疾患相談センター.2015, 札幌.
  18. 高木秀安.肝硬変の進展予防.第20回肝臓病教室・札幌医科大学附属病院肝疾患相談センター.2015, 札幌.
  19. 阿久津典之.BEYOND PD治療におけるソラフェニブの検討.函館肝がんセミナー.2015, 函館.
  20. 阿久津典之.BEYOND PD治療におけるソラフェニブの検討.室蘭肝がんセミナー.2015, 室蘭.
  21. 阿久津典之.肝炎から肝がんへ病態について.第19回肝臓病教室・札幌医科大学附属病院肝疾患相談センター.2015, 札幌.
  22. 阿久津典之.意外と知らないがんと肝臓のはなし.札幌医科大学附属病院がん相談サロン 平成27年度 第4回学習会.2015, 札幌.
  23. 池田 博.身近になったHIV感染症.第8回道央・道南地区HIVカンファレンス.2015, 小樽.
  24. 池田 博.当科で経験した結核合併後天性免疫不全症候群5例の検討.第5回北海道HIV情報交換会.2015, 札幌.
  25. 池田 博.本当はおもしろい血液疾患.平成26年度道民医療推進セミナー.広域紋別病院.2015, 紋別.
  26. 池田 博.本当はおもしろい免疫疾患.平成27年度道民医療推進セミナー.広域紋別病院.2015, 紋別.
  27. 池田 博.HIV感染症と最新治療.平成27年度HIV講演会.主催:HIV委員会看護師会.2015, 札幌.
  28. 池田 博.悪性腫瘍に対する診断、治療、予防の大切さについて.第11回市民公開講座.主催:広域紋別病院・札幌医科大学道民医療推進学講座.2015, 紋別.
  29. 池田 博.HIV感染症の治療方法と動向.第9回道央・道南地区HIVカンファレンス.2015, 函館.
  30. 能正勝彦.大腸癌のmolecular classificationに基づいた血中microRNAによる分子診断とその阻害薬を用いた個別化治療への応用.小林がん学術振興会(がん薬物療法に関する先駆的治療法に対する研究助成).2015, 東京.
  31. 能正勝彦.消化器癌の新規バイオマーカーとしてのグローバルDNAメチル化の重要性とmicroRNA発現の解析.武田科学振興財団研究助成(医学系研究奨励継続).2015, 大阪.
  32. 能正勝彦.早期食道癌のESD検体を用いたゲノム・エピゲノム解析と内視鏡洗浄廃液による分子診断の可能性.大和ヘルス財団(調査研究助成).2015, 東京.
  33. 山本元久.IgG4関連疾患におけるmicroRNAの網羅的発現と自然免疫応答の解析.加藤記念難病助成基金(研究助成金).2015, 東京.
  34. 能正勝彦.消化器癌における常在微生物群ゲノム解析の重要性と分子異常との関連.日本消化器病学会研究助成. 2015, 東京.
  35. 能正勝彦. 消化器癌における常在微生物群ゲノムの解析と分子異常・免疫応答・環境因子との関連. 日本医師会医学研究奨励賞. 2015, 東京.
  36. 能正勝彦. 消化器癌の発癌予防や個別化治療を目指した常在微生物群ゲノムの解析. リレー・フォー・ライフ・ジャパン「プロジェクト未来」研究助成. 2015, 東京.
  37. 能正勝彦. 早期食道バレット腺癌の分子異常の網羅的解析と食道洗浄廃液を用いた次世代分子診断法の開発. 寿原記念財団研究助成. 2015, 札幌.

2014年

Ⅰ 学位

伊藤 美樹

MicroRNA-31 expression in relation to BRAF mutation, CpG island methylation and colorectal continuum in serrated lesions.

「大腸鋸歯状病変におけるmicroRNA-31とBRAF変異、CpG islandメチル化、colorectal continuumの関連」

Int J Cancer 2014, 135:2507-2515

伊早坂 舞

A screen for epigenetically silenced microRNA genes in gastrointestinal stromal tumors.

「消化管間質腫瘍においてエピジェネティックに不活性化されたマイクロRNA遺伝子の探索」

札幌医学雑誌2015, 投稿中

一色 裕之

Rat colonic organoid culture with mesenchymal stem cell niche.

「間葉系幹細胞ニッチ存在下におけるラット大腸オルガノイド培養」

札幌医学雑誌2015, 投稿中

齊藤 真由子

Pharyngeal cancer surveillance using narrow band imaging during conventional upper gastrointestinal endoscopy.

「上部消化管内視鏡検査時におけるNBIを用いた咽頭癌サーベイランス」

Digestion 2013, 88:229-234

高木 秀安

Frequent epigenetic inactivation of SFRP genes in hepatocellular carcinoma.

「肝癌における高頻度なWntシグナル活性化とSFRP遺伝子のエピジェネティックな不活化」

J Gastroenterol 2008, 43:378-389

内藤 崇史

IGF2 differentiated resgion hypomethylation in relation to pathological and molecular features of serrated lesions.

「大腸鋸歯状病変の病理学的および分子学的特徴に関連するIGF2 DMR0低メチル化」

World J Gastroenterol 2014, 20:10050-10061

松永 康孝

The effect of forced expression of mutated K-ras gene on gastrointestinal cancer cell lines and the IGF-IR targeting therapy.

「K-ras変異遺伝子導入による消化器癌細胞株の形質変化とIGF-IRを標的とした治療効果の検討」

札幌医学雑誌2015, 投稿中

三橋 慧

Association of Fusobacterium species in pancreatic cancer tissues with molecular features and prognosis.

「膵癌におけるフソバクテリウム属と分子生物学的因子および予後との関連」

Oncotarget 2015, 6:7209-7220

山野 泰穂

Carbon dioxide insufflation for colonoscopy: evaluation of gas volume, abdominal pain, examination time and transcutaneous partial CO2 pressure.

「大腸内視鏡検査における炭酸ガス送気:送ガス量、腹痛、検査時間、血中CO2濃度の評価」

J Gastroenterol 2010, 45:1235-1240

Ⅱ 著書

  1. Yasui H, Ishida T, Imai K. The role of DNA methylation in the genetics and epigenetics of multiple myeloma. Multiple myeloma. Risk Factors, Diagnosis and Treatments 2014, pp147-156 Nova Biomedical.New York.
  2. 山本元久,高橋裕樹,篠村恭久.IgG4関連腎臓病とは何か IgG4関連疾患と腎臓病の研究の流れMikulicz病の立場から.IgG4関連腎臓病のすべて.編集 斉藤喬雄,西 慎一.南江堂(東京).2014, pp5-7
  3. 石田禎夫.CANDLE STUDY~未治療初発移植非適応骨髄腫患者に対する第Ⅱ相臨床研究~.多発性骨髄腫Updating第5巻.編集 清水一之,阿部正博,島崎千尋,鈴木憲史.医薬ジャーナル社(大阪).2014, pp134-142
  4. 石田禎夫.難治性骨髄腫に対する初回治療.多発性骨髄腫Updating第7巻.編集 清水一之,阿部正博,島崎千尋,鈴木憲史.医薬ジャーナル社(大阪).2014, pp84-92
  5. 石田禎夫.移植非適応初発骨髄腫の治療方針.EBM血液疾患の治療2015~2016.編集 金倉 譲,木崎昌弘,鈴木律朗,神田善伸.中外医学社(東京).2014, pp357-361
  6. 石田禎夫.移植非適応骨髄腫の維持療法.EBM血液疾患の治療2015~2016.編集 金倉 譲,木崎昌弘,鈴木律朗,神田善伸.中外医学社(東京).2014, pp362-364
  7. 石田禎夫.多発性骨髄腫.新領域別症候群シリーズ 神経症候群 第2版.日本臨床社(大阪).2014, pp495-498
  8. 高橋裕樹,鈴木知佐子,山本元久.IgG4関連疾患 治療.シェーグレン症候群の診断と治療マニュアル.監修 住田孝之,川上 純.編集 日本シェーグレン症候群学会.診断と治療社(東京).2014, pp211-216
  9. 山本元久,高橋裕樹,篠村恭久.第三 泪腺及涎腺病.IgG4相性疾病解.監修 梅原久範,岡崎和一.編集 川 茂幸,川野充弘.王占奎(主),英牟坤(副主)人民軍醫出版社.(北京).2014, pp128-137
  10. 高橋裕樹.IgG4関連疾患.今日の治療指針 私はこう治療している TODAY’S THERAPY 2014.監修 山口 徹,北原光夫.編集 福井次也,高木 誠,小室一成.医学書院(東京).2014, pp812-813
  11. 遠藤高夫,有村佳昭,高橋宏明.Barrett食道・Barrett食道腺癌.拡大内視鏡 極限に挑む.監修 工藤進英,吉田茂昭.編集 拡大内視鏡研究会.日本メディカルセンター(東京).2014, pp56-64

Ⅲ 総説

  1. Shinomura Y. Advances in endoscopic techniques. Digestion 2014, 89:5
  2. Yamamoto M, Takahashi H, Shinomura Y. Mechanisms and assessment of IgG4-related disease: lessons for the rheumatologist. Nat Rev Rheumatol 2014, 10:148-159
  3. Yamamoto M, Hashimoto M, Takahashi H, Shinomura Y. IgG4 disease. J Neuroophthalmol 2014, 34:393-399
  4. Yamamoto H, Watanabe Y, Maehata T, Morita R, Yoshida Y, Oikawa R, Ishigooka S, Ozawa S, Matsuo Y, Hosoya K, Yamashita M, Taniguchi H, Nosho K, Suzuki H, Yasuda H, Shinomura Y. An updated review of gastric cancer in the next-generation sequencing era: insights from bench to bedside and vice versa. World J Gastroenterol 2014, 20:3927-3937
  5. Sukawa Y, Yamamoto H, Nosho K, Ito M, Igarashi H, Naito T, Mitsuhashi K, Matsunaga Y, Takahashi T, Mikami M, Adachi Y, Suzuki H, Shinomura Y. HER2 expression and Pl3K-Akt pathway alterations in gastric cancer. Digestion 2014, 89:12-17
  6. 山下健太郎,有村佳昭,篠村恭久,遠藤高夫.胃癌の分子生物学と発癌機序 分子生物学 胃癌とMSI(マイクロサテライト不安定性).日本臨牀 2014, 72:105-109
  7. 山本元久,清水悠以,高橋裕樹,篠村恭久.IgG4関連疾患における早期治療の必要性.リウマチ科 2014, 51:314-319
  8. 高橋裕樹.本邦発の新しい全身性疾患―IgG4関連疾患―.MBL自己免疫レポート 2014, 40:1-11
  9. 能正勝彦,五十嵐央祥,山本英一郎,鈴木 拓,山本博幸,篠村恭久.大腸癌の分子異常と体質、生活様式、腸内微生物の関連.日本体質医学会雑誌 2014, 76:99-103
  10. 高橋裕樹,山本元久,篠村恭久.IgG4関連疾患.細胞 2014, 46:464-468
  11. 高橋裕樹,山本元久,篠村恭久.IgG4関連疾患.日本内科学会雑誌 2014, 103:2520-2526
  12. 佐々木 茂,阿久津典之,伊東文子,高木秀安,篠村恭久.肝がん.内科 2014, 114:613-616
  13. 石田禎夫.骨髄腫の染色体異常とclonal evolution.臨床血液 2014, 55:2036-2045
  14. 石田禎夫.多発性骨髄腫に対する新規薬剤開発の動向.血液内科 2014, 69:491-496
  15. 高橋裕樹,山本元久.IgG4関連疾患の臨床的意義.日本医事新報 2014, 4694:18-21
  16. 高橋裕樹,山本元久,篠村恭久.眼・口腔乾燥症状.リウマチ科 2014, 51:506-512
  17. 山本元久,高橋裕樹,篠村恭久.IgG4関連疾患における血清IgG4値の有用性.Rheumatology Clinical Research 2014, 3:202-206
  18. 能正勝彦, 五十嵐央祥, 伊藤美樹, 三橋 慧, 栗原弘義, 菅野伸一, 内藤崇史, 須河恭敬, 松永康孝, 足立 靖, 野島正寛, 今井浩三, 丸山玲緒, 鈴木 拓, 山本博幸, 篠村恭久.大規模コホートを用いた大腸癌のノンコーディングRNA発現異常と生活習慣の分子疫学的解析.W’Waves 2014, 20: 60-63
  19. 有村佳昭,小野寺 馨,一色裕之,川上賢太郎.間葉系幹細胞による消化管再生医療.G.I.Research 2014, 22:435-442
  20. 鈴木 拓,山本英一郎,丸山玲緒,甲斐正広.がんのmethylator phenotype : ゲノムとエピゲノムの接点.実験医学 2014, 32:95-100
  21. 氷見徹夫,高野賢一,野村一顕,阿部亜由美,山本元久,高橋裕樹.耳鼻咽喉科領域のIgG4関連疾患.日本耳鼻咽喉科学会会報 2014, 117:1438-1447

Ⅳ 原著

  1. Nosho K, Igarashi H, Nojima M, Ito M, Maruyama R, Yoshii S, Naito T, Sukawa Y, Mikami M, Sumioka W, Yamamoto E, Kurokawa S, Adachi Y, Takahashi H, Okuda H, Kusumi T, Hosokawa M, Fujita M, Hasegawa T, Okita K, Hirata K, Suzuki H, Yamamoto H, Shinomura Y. Association of microRNA-31 with BRAF mutation, colorectal cancer survival and serrated pathway. Carcinogenesis 2014, 35:776-783
  2. Takahashi H, Washio M, Kiyohara C, Tada Y, Asami T, Ide S, Atsumi T, Kobashi G, Yamamoto M, Horiuchi T; the Kyushu Sapporo SLE (KYSS) Study Group. Psychological stress in a Japanese population with systemic lupus erythematosus: finding from KYSS study. Mod Rheumatol 2014, 24:448-452
  3. Arimura Y, Isshiki H, Onodera K, Nagaishi K, Yamashita K, Sonoda T, Matsumoto T, Takahashi A, Takazoe M, Yamazaki K, Kubo M, Fujimiya M, Imai K, Shinomura Y. Characteristics of Japanese inflammatory bowel disease susceptibility loci. J Gastroenterol 2014, 49:1217-1230
  4. Arimura Y, Isshiki H, Hirayama D, Onodera K, Murakami K, Yamashita K, Shinomura Y. Polypectomy to eradicate cap polyposis with protein-losing enteropathy. Am J Gastroenterol 2014, 109:1689-1691
  5. Hayashi T, Ikeda H, Igarashi T, Maruyama Y, Aoki Y, Nojima M, Ishida T, Shinomura Y. Autologous stem cell transplantation for AL amyloidosis: adjustment of melphalan dose by factors including BNP. Int J Hematol 2014, 100:554-558
  6. Yamashita K, Arimura Y, Fukuda K, Onodera K, Murakami K, Isshiki H, Saito M, Shinomura Y. Major bleeding after endoscopic biopsy in relation to use of antithrombotics. Endoscopy 2014, 46:538
  7. Watanabe S, Arimura Y, Nagaishi K, Isshiki H, Onodera K, Nasuno M, Yamashita K, Idogawa M, Naishiro Y, Murata M, Adachi Y, Fujimiya M, Imai K, Shinomura Y. Conditioned mesenchymal stem cells produce pleiotropic gut trophic factors. J Gastroenterol 2014, 49:270-282
  8. Adachi Y, Ohashi H, Imsumran A, Yamamoto H, Matsunaga Y, Taniguchi H, Nosho K, Suzuki H, Sasaki Y, Arimura Y, Carbone DP, Imai K, Shinomura Y. The effect of IGF-I receptor blockade for human esophageal squamous cell carcinoma and adenocarcinoma. Tumour Biol 2014, 35:973-985
  9. Nasuno M, Arimura Y, Nagaishi K, Isshiki H, Onodera K, Nakagaki S, Watanabe S, Idogawa M, Yamashita K, Naishiro Y, Adachi Y, Suzuki H, Fujimiya M, Imai K, Shinomura Y. Mesenchvmal stem cells cancel azoxymethane-induced tumor initiation. Stem Cells 2014, 32:913-925
  10. Suzuki R, Yamamoto E, Nojima M, Maruyama R, Yamano H, Yoshikawa K, Kimura T, Harada T, Ashida M, Niinuma T, Sato A, Nosho K, Yamamoto H, Kai M, Sugai T, Imai K, Suzui H, Shinomura Y. A berrant methylation of microRNA-34b/c is a predictive marker of metachronous gastric cancer risk. J Gastroenterol 2014, 49:1135-1144
  11. Naito T, Nosho K, Ito M, Igarashi H, Mitsuhashi K, Yoshii S, Aoki H, Nomura M, Sukawa Y, Yamamoto E, Adachi Y, Takahashi H, Hosokawa M, Fujita M, Takenouchi T, Maruyama R, Suzuki H, Baba Y, Imai K, Yamamoto H, Ogino S, Shinomura Y. IGF2 differentially methylated region hypomethylation in relation to pathological and molecular features of serrated lesions. World J Gastroenterol 2014, 20:10050-10061
  12. Ito M, Mitsuhashi K, Igarashi H, Nosho K, Naito T, Yoshii S, Takahashi H, Fujita M, Sukawa Y, Yamamoto E, Takahashi T, Adachi Y, Nojima M, Sasaki Y, Tokino T, Baba Y, Maruyama R, Suzuki H, Imai K, Yamamoto H, Shinomura Y. MicroRNA-31 expression in relation to BRAF mutation, CpG island methylation and colorectal continuum in serrated lesions. Int J Cancer 2014, 135:2507-2515
  13. Tabeya T, Yamamoto M, Naishiro Y, Ishigami K, Shimizu Y, Yajima H, Suzuki C, Seki N, Takano K, Himi T, Imai K, Takahashi H, Shinomura Y. The role of cytotoxic T cells in IgG4-related dacryoadenitis and sialadenitis, the so-called Mikulicz’s disease. Mod Rheumatol 2014, 24:953-960
  14. Idogawa M, Ohashi T, Sugisaka J, Sasaki Y, Suzuki H, Tokino T. Array-based genome-wide RNAi screening to identify shRNAs that enhance p53-related apoptosis in human cancer cells. Oncotarget 2014, 5:7540-7548
  15. Idogawa M, Ohashi T, Sasaki Y, Maruyama R, Kashima L, Suzuki H, Tokino T. Identification and analysis of large intergenic non-coding RNAs regulated by p53 family members through a genome-wide analysis of p53-binding sites. Hum Mol Genet 2014, 23:2847-2857
  16. Nagaishi K, Ataka K, Echizen E, Arimura Y, Fujimiya M. Mesenchymal stem cell therapy ameliorates diabetic hepatocyte damage in mice by inhibiting infiltration of bone marrow-derived cells. Hepatology 2014, 59:1816-1829
  17. Takano K, Yajima R, Seki N, Abe A, Yamamoto M, Takahashi H, Himi T. A study of infraorbital nerve swelling associated with immunoglobulin G4 Mikulicz’s disease. Mod Rheumatol 2014, 24:798-801
  18. Harada T, Yamamoto E, Yamano H, Nojima M, Maruyama R, Kumegawa K, Ashida M, Yoshikawa K, Kimura T, Harada E, Takagi R, Tanaka Y, Aoki H, Nishizono M, Nakaoka M, Tsuyada A, Niinuma T, Kai M, Shimoda K, Shinomura Y, Sugai T, Imai K, Suzuki H. Analysis of DNA methylation in bowel lavage fluid for detection of colorectal cancer. Cancer Prev Res 2014, 7:1002-1010
  19. Abe A, Takano K, Seki N, Jitsukawa S, Yamamoto M, Takahashi H, Himi T. The clinical characteristics of patients with IgG4-related disease with infiltration of the labial salivary gland by IgG4-positive cells. Mod Rheumatol 2014, 24:949-952
  20. Takano K, Keira Y, Seki N, Abe A, Yamamoto M, Takahashi H, Himi T. Evaluation of submandibular versus labial salivary gland fibrosis in IgG4-related disease. Mod Rheumatol 2014, 24:1023-1025
  21. Hirayama Y, Ishitani K, Ota S, Kurosawa M, Kondo T, Takimoto R, Mori A, Sakai H, Torimoto Y, Yamamoto S, Sato K, Iwasaki H, Kohda K, Ishida T, Kakinoki Y, Fukuhara T, Kato J. Long-term survey of survival time, histological transformation, and secondary malignancies in Japanese patients with advanced-stage follicular lymphoma in the rituximab era: Hokkaido hematology study group. Int J Hematol 2014, 100:281-289
  22. Mizushima I, Inoue D, Yamamoto M, Yamada K, Saeki T, Ubara Y, Matsui S, Masaki Y, Wada T, Kasashima S, Harada K, Takahashi H, Notohara K, Nakanuma Y, Umehara H, Yamagishi M, Kawano M. Clinical course after corticosteroid therapy in IgG4-related aortitis/periaortitis and periarteritis: a retrospective multicenter study. Arthritis Res Ther 2014, 16:R156
  23. Yoshii S, Nojima M, Nosho K, Omori S, Kusumi T, Okuda H, Tsukagoshi H, Fujita M, Yamamoto H, Hosokawa M. Factors associated with risk for colorectal cancer recurrence after endoscopic resection of T1 tumors. Clin Gastroenterol Hepatol 2014, 12:292-302e3
  24. Imamura Y, Lochhead P, Yamauchi M, Kuchiba A, Qian ZR, Liao X, Nishihara R, Jung S, Wu K, Nosho K, Wang YE, Peng S, Bass AJ, Haigis KM, Meyerhardt JA, Chan AT, Fuchs CS, Ogino S. Analyses of clinicopathological, molecular, and prognostic associations of KRAS codon 61 and codon 146 mutations in colorectal cancer: cohort study and literature review. Mol Cancer 2014, 13:135
  25. Tamura M, Sasaki Y, Koyama R, Takeda K, Idogawa M, Tokino T. Forkhead transcription factor FOXF1 is a novel target gene of the p53 family and regulates cancer cell migration and invasiveness. Oncogene 2014, 33:4837-4846
  26. Aoki H, Nosho K, Igarashi H, Ito M, Mitsuhashi K, Naito T, Yamamoto E, Tanuma T, Nomura M, Maguchi H, Shinohara T, Suzuki H, Yamamoto H, Shinomura Y. MicroRNA-31 expression in colorectal serrated pathway progression. World J Gastroenterol 2014, 20:12346-12349
  27. 五十嵐央祥,能正勝彦,伊藤美樹,内藤崇史,三橋 慧,山本博幸,篠村恭久.大腸腺腫と大腸鋸歯状病変における遺伝子異常と生活習慣の関連.消化器科 2014, 58:605-611
症例報告
  1. Mitsuhashi K, Yamashita K, Goto A, Adachi T, Kondo Y, Kasai K, Suzuki R, Saito M, Arimura Y, Shinomura Y. Gastric diffuse large B-cell lymphoma cured with Helicobacter pylori eradication regardless of whether it contains features of MALT lymphoma. Intern Med 2014, 53:695-698
  2. Kawakami Y, Yamamoto M, Tabeya T, Yajima H, Shimizu Y, Ishigami K, Matsui M, Suzuki C, Naishiro Y, Takahashi H, Shinomura Y. IgG4-related orbital tumour with eye enucleation-infra-orbital nerve enlargement. Rheumatology 2014, 53:610
  3. 矢島秀教,山本元久,田邉谷徹也,鈴木知佐子,五十嵐哲祥,松井美琴子,苗代康可,高橋裕樹,篠村恭久.炎症性腹部大動脈瘤のグルココルチコイド治療中に発症したhuman herpesviru-6脳炎の一例.日本臨床免疫学会誌 2014, 37:96-100
  4. 伊早坂 舞,安達雄哉,飯田智哉,三橋 慧,田中道寛,近藤吉宏,鈴木 隆,田沼徳真,笠井 潔.Mucosa-associated lymphoid tissue(MALT)リンパ腫と早期胃癌の衝突腫瘍の1例.日本消化器病学会雑誌 2014, 111:1391-1398
  5. 金子昌史,野村昌史,三井慎也,田沼徳真,村上佳世,永井一正,真口宏介,篠原敏也.シングルバルーン内視鏡により診断した腎細胞癌小腸転移の1例.日本消化器内視鏡学会雑誌 2014, 56:2171-2176
  6. 石黒一也,林 敏昭,青木由佳,丸山ゆみ子,池田 博,石田禎夫,篠村恭久.自家造血幹細胞移植後に再発し同種骨髄移植を施行した肝原発びまん性大細胞型B細胞リンパ腫.日本消化器病学会雑誌 2014, 111:1798-1804
  7. 吉田幸成,有村佳昭,國本浩明,菅原伸明,南 貴恵,岩田徳和,矢嶋知巳,秦 史壮,篠村恭久.初発時に食道を含むすべての上部消化管に粘膜病変を認め、インフリキシマブを含む治療が有効であったクローン病の1例.IBD Research 2014, 8:305-310
  8. 高橋 徹,伊藤英人,吉本 満,辻崎正幸,林 敏昭.特異な経過を示したmixed phenotype acute leukemia, B/myeloid, NOSの1症例.内科 2014, 114:892-895

Ⅴ 学会・研究会等

  1. Yamamoto M, Takahashi H, Yajima H, Shimizu Y, Tabeya T, Yokoyama Y, Ishigami K, Matsui M, Suzuki C, Naishiro Y, Imai K, Shinomura Y. Can only the monitoring serum levels of IgG4 prevent the relapse in IgG4-RD In. 2nd International Symposium on IgG4-related disease. Feb16-19, 2014. Honolulu.
  2. Hayashi T, Maruyama Y, Ikeda H, Ishida T, Shinomura Y. B type natriuretic peptide (BNP) less than 200pg/ml represents good candidate for high dose melphalan and predicts longer survival in systemic light chain amyloidosis. 5th International Hematologic Malignancies Conference. Feb14-15, 2014. Taipei.
  3. Ikeda H, Aoki Y, Hayashi T, Maruyama Y, Ishida T, Tokino T, Shinomura Y, Sasaki Y. Interaction between monocytes and bone marrow microenvironment in pathogenesis of multiple myeloma. American Association for Cancer Research (AACR) Annual Meeting. Apr5-9, 2014. San Diego.
  4. Ikeda H, Ishida T, Shinomura Y. A study of antiretroviral therapy (ART) in two patients with congenital renal malformation. 20th International AIDS Conference. Jul20-25, 2014. Australia.
  5. Yamashita K, Arimura Y, Onodera K, Isshiki H, Murakami K, Saito M, Shinomura Y, Endo T. Interval gastric cancer: precise review of past endoscopic images, clinicopathological features and microsatellite instability. 22st United European Gastroenterology Week. Oct18-22, 2014. Vienna.
  6. Washio M, Fujii T, Kuwana M, Kawaguchi Y, Mimori A, Horiuchi T, Tada Y, Takahashi H, Mimori T. Risk factors for mixed connective tissue disease (MCTD) and systemic lupus erythematosus (SLE). The 58th Annual General Assembly and Scientific Meeting of the Japan College of Rheumatology. Apr24-26, 2014. Tokyo.
  7. Maruyama R, Su Y, Subedee A, Suzuki H, Polyak K. Integrative genome-wide analysis of somatic cell hybrids identified candidate key regulators of luminal and basal-like breast cancer cell phenotypes. The 33rd Sapporo International Cancer Symposium. Jun26-28, 2014. Sapporo.
  8. Ito M, Nosho K, Igarashi H, Mitsuhashi K, Okuda H, Takahashi H, Nojima M, Suzuki H, Yamamoto H, Shinomura Y. MicroRNA-31 may be a prognostic biomarker for metastatic colorectal cancer treated with anti-EGFR therapy. The 12th Annual Meeting of Japanese Society of Medical Oncology. Jul17-19, 2014.Fukuoka.(奨励賞)
  9. Ikeda H, Igarashi T, Aoki Y, Hayashi T, Ishida T, Shinomura Y. The global analysis of multi-drug resistance myeloma patient genome. The 76th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology. Oct31-Nov2, 2014.Osaka.
  10. Igarashi H, Nosho K, Ito M, Mitsuhashi K, Kurihara H, Kanno S, Yamamoto E, Okuda H, Nojima M, Suzuki H, Yamamoto H, Shinomura Y. Association of microRNA-31 with BRAF mutation and survival in colorectal cancer. The 25th Annual Meeting of the Japanese Society for Gastroenterological Carcinogenesis. Nov13-14, 2014, Fukuoka.
  11. Nosho K, Ito M, Mitsuhashi K, Kurihara H, Kanno S, Sukawa Y, Igarashi H, Yamamoto E, Adachi Y, Maruyama R, Suzuki H, Yamamoto H, Hirata K, Shinomura Y. Association between Fusobacterium expression and molecular feature using 391 Japanese patients with colorectal cancer. The 25th Annual Meeting of the Japanese Society for Gastroenterological Carcinogenesis. Nov13-14, 2014, Fukuoka.
  12. 五十嵐麻衣,佐々木 茂,高木秀安,阿久津典之,志谷真啓,本谷雅代,東 貴代,鬼原 彰,篠村恭久.肝がん細胞株における高インスリン状態とBCAAの効果.第17回日本病態栄養学会年次学術集会.2014, 1, 11-12. 大阪.
  13. 五十嵐麻衣,佐々木 茂,高木秀安,阿久津典之,志谷真啓,本谷雅代,東 貴代,鬼原 彰,篠村恭久.肝がん細胞株におけるペプチドトランスポーターの発現.第17回日本病態栄養学会年次学術集会.2014, 1, 11-12. 大阪.
  14. 石黒一也.当科における全身性ALアミロイドーシスの治療成績.Myeloma Case Interacts.2014, 1, 15. 札幌.
  15. 池田 博.ボルテゾミブ皮下注射の実際.Myeloma Case Interacts.2014, 1, 15. 札幌.
  16. 池田 博,林 敏昭,石田禎夫,佐々木泰史,篠村恭久.The relationship of myeloma cells stromal cells and monocytes under bone marrow microenvironment. 平成25年度文部科学省新学術領域研究公開シンポジウム.2014, 1, 30-31. 東京.
  17. 有村佳昭.IBDに対する幹細胞治療―炎症・発癌に対するMSCの多彩な作用―.IBD講演会in釧路.2014, 1, 31. 釧路.
  18. 横山佳浩,飯田智哉,佐藤修司,金戸宏行,佐々木 基,永縄由美子,石上敬介,中垣 卓,清水晴夫,一色裕之.PTHrPの上昇を伴う高Ca血症で再発した膵原発悪性リンパ腫の1例.第270回日本内科学会北海道地方会.2014, 2, 8. 札幌.
  19. 石黒一也,林 敏昭,丸山ゆみ子,池田 博,石田禎夫,篠村恭久.当科における全身性ALアミロイドーシスの治療成績.第270回日本内科学会北海道地方会.2014, 2, 8. 札幌.
  20. 能正勝彦,五十嵐央祥,伊藤美樹,内藤崇史,吉井新二,須河恭敬,三上雅史,高橋宏明,久須美貴哉,細川正夫,奥田博介,藤田昌宏,青木敬則,山本英一郎,足立 靖,沖田憲司,平田公一,鈴木 拓,山本博幸,篠村恭久.高齢者の大腸鋸歯状病変における臨床病理学的特徴と分子異常の検討.第10回日本消化管学会総会学術集会.2014, 2, 14-15. 福島.
  21. 伊藤美樹,能正勝彦,五十嵐央祥,内藤崇史,三橋 慧,田沼徳真,山本桂子,高橋宏明,細川正夫,山本博幸,篠村恭久.表在型食道胃接合部癌における分子生物学的異常の解析.第10回日本消化管学会総会学術集会.2014, 2, 14-15. 福島.
  22. 栗原弘義,三井慎也,田沼徳真,浦出伸治,田中一成,野村昌史,真口宏介.ESD後幽門狭窄に対する予防的ステロイド局注の検討.第10回日本消化管学会総会学術集会.2014, 2, 14-15. 福島.
  23. 石黒一也,小野寺 馨,山下健太郎,赤保内正和,東出侑子,平山大輔,福田昴一郎,我妻康平,一色裕之,村上佳世,山本英一郎,能正勝彦,有村佳昭,長谷川 匡,篠村恭久.imatinibが奏効したPDGFRA遺伝子変異陽性原発GISTの1例.第10回日本消化管学会総会学術集会.2014, 2, 14-15. 福島.
  24. 飯田智哉,一色裕之,中垣 卓,佐々木 基,永縄由美子,石上敬介,佐藤修司,清水晴夫,金戸宏行.5-FUにより意識障害を伴う高アンモニア血症を来した大腸癌、多発肝転移の4例.第10回日本消化管学会総会学術集会.2014, 2, 14-15. 福島.
  25. 我妻康平,山下健太郎,小野寺 馨,赤保内正和,石黒一也,東出侑子,平山大輔,福田昴一郎,伊志嶺 優,一色裕之,村上佳世,能正勝彦,有村佳昭,西舘敏彦,荻野次郎,佐野晋司,近藤伸彦,遠藤高夫,篠村恭久.出血性小腸潰瘍を合併したcutaneomucosal venous malformationの1例.第10回日本消化管学会総会学術集会.2014, 2, 14-15. 福島.
  26. 若杉英樹,阿久津典之,高木秀安,佐々木 茂,篠村恭久.難治性腹水に対して右下肝静脈ステントが奏功し長期経過観察中、下大静脈狭窄を生じたBubb-Chiari症候群の1例.第61回北海道血管造影Interventional Radiology研究会.2014, 2, 15. 札幌.
  27. 見田裕章,足立 靖,菊地剛史,秋野公臣,高橋秀明,安達靖代,中村正弘,吉田幸成,加藤康夫,石井良文,小野寺 馨,山下健太郎,有村佳昭,篠村恭久.胸椎浸潤をきたし食道原発と考えられたGISTの1例.第114回日本消化器病学会北海道支部例会.2014, 3, 1-2. 札幌.
  28. 平山大輔,小野寺 馨,本谷雅代,東出侑子,福田昴一郎,我妻康平,若杉英樹,一色裕之,村上佳世,志谷真啓,山本英一郎,大橋広和,能正勝彦,奥田博介,山下健太郎,有村佳昭,荻野次郎,長谷川 匡,篠村恭久.原発性膵癌との鑑別が困難であった上行結腸癌、膵臓・胆道・腹膜転移の1例.第114回日本消化器病学会北海道支部例会.2014, 3, 1-2. 札幌.
  29. 那須野 央,米澤和彦,川上裕次郎,本間賢太,藤井健一,高橋文彦,鈴木一也,阿部 敬,篠村恭久.胃全摘後に発生し転移性肝癌と鑑別を要した肝S4限局性脂肪肝の1例.第114回日本消化器病学会北海道支部例会.2014, 3, 1-2. 札幌.
  30. 福田昴一郎,阿久津典之,赤保内正和,我妻康平,若杉英樹,志谷真啓,本谷雅代,高木秀安,佐々木 茂,篠村恭久.増大する肝過形成結節を認めた先天性門脈欠損症の一例.第114回日本消化器病学会北海道支部例会.2014, 3, 1-2. 札幌.
  31. 赤保内正和,若杉英樹,我妻康平,志谷真啓,阿久津典之,本谷雅代,山本元久,高木秀安,佐々木 茂,高橋裕樹,篠村恭久.IgG4関連疾患に門脈圧亢進症を来した2例.第114回日本消化器病学会北海道支部例会.2014, 3, 1-2. 札幌.
  32. 柏木智則,山下健太郎,村上佳世,小野寺 馨,一色裕之,能正勝彦,山本英一郎,有村佳昭,篠村恭久,古畑智久,平田公一,長谷川 匡.散発性腸間膜デスモイドの臨床病理・分子学的検討.第114回日本消化器病学会北海道支部例会.2014, 3, 1-2. 札幌.
  33. 矢和田 敦,牛島慶子,須藤豪太,柾木喜晴,谷津高文,岡 俊州,笠原 薫,小林寿久.バウヒン弁を介して上行結腸に脱出した小腸腫瘍の一例.第108回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2014, 3, 1-2. 札幌.
  34. 平山大輔,一色裕之,福田昴一郎,赤保内正和,石黒一也,東出侑子,村上佳世,小野寺 馨,山本英一郎,山下健太郎,有村佳昭,篠村恭久.内視鏡的治療により改善を認めたCap polyposisの1例.第108回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2014, 3, 1-2. 札幌.
  35. 東出侑子,村上佳世,平山大輔,一色裕之,小野寺 馨,山本英一郎,能正勝彦,山下健太郎,有村佳昭,篠村恭久.Dome-like phenotypeを呈した早期大腸癌の一例.第108回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2014, 3, 1-2. 札幌.
  36. 村上佳世,山下健太郎,東出侑子,平山大輔,我妻康平,一色裕之,小野寺 馨,山本英一郎,能正勝彦,有村佳昭,林 敏昭,石田禎夫,篠村恭久.当科で経験した消化管アミロイドーシスの内視鏡像と生検陽性率.第108回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2014, 3, 1-2. 札幌.
  37. 飯田智哉,中垣 卓,佐々木 基,永縄由美子,石上敬介,佐藤修司,清水晴夫,金戸宏行,篠村恭久.魚骨食道穿孔による縦隔気腫および縦隔炎に対し保存的加療を行った1例.第108回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2014, 3, 1-2. 札幌.
  38. 池田 博,青木由佳,五十嵐哲祥,林 敏昭,石田禎夫,篠村恭久.原発性アミロイドーシスに対して治療経過中に2回の自家末梢血幹細胞移植を要した2症例の解析.第36回日本造血細胞移植学会総会.2014, 3, 7-9. 沖縄.
  39. 林 敏昭,池田 博,青木由佳,丸山ゆみ子,石田禎夫,篠村恭久.ALアミロイドーシスに対する自家末梢血幹細胞移植―BNPを用いたメルファラン投与量の調節―.第36回日本造血細胞移植学会総会.2014, 3, 7-9. 沖縄.
  40. 清水悠以,池田 博,鈴木知佐子,山本元久,苗代康可,林 敏昭,石田禎夫,高橋裕樹,篠村恭久.シェーグレン症候群に無症候性骨髄腫を合併し、過粘稠度症候群、肺高血圧症を来した1例.第39回北海道リウマチ研究会.2014, 3, 8. 札幌.
  41. 篠村恭久.消化管腫瘍の分子診断と治療戦略.消化器疾患学術講演会.2014, 3, 19. 札幌.
  42. 林 敏昭,丸山ゆみ子,五十嵐哲祥,池田 博,石田禎夫,篠村恭久.ボルテゾミブ、メルファラン、デキサメタゾン併用療法により血液学的完全奏功となり臓器効果を示したALアミロイドーシス.第49回日本血液学会春季北海道地方会.2014, 4, 5. 札幌.
  43. 小野寺 馨.大学病院におけるIBD診療の現状報告.第22回北海道IBD研究会.2014, 4, 5. 札幌.
  44. 有村佳昭.北海道IBD研究会の足跡.第22回北海道IBD研究会.2014, 4, 5. 札幌.
  45. 五十嵐央祥,能正勝彦,野島正寛,伊藤美樹,丸山玲緒,内藤崇史,三橋 慧,山本英一郎,奥田博介,鈴木 拓,山本博幸,篠村恭久.大腸癌におけるEGFR下流シグナルを制御するmicroRNAの網羅的発現解析と新規バイオマーカーとしての可能性.第51回日本臨床分子医学会学術集会.2014, 東京.
  46. 五十嵐央祥,能正勝彦,三橋 慧,内藤崇史,伊藤美樹,篠村恭久.大腸鋸歯状病変の癌化におけるエピジェネティックな異常の検討.第111回日本内科学会総会・講演会.2014, 4, 11-12. 東京.
  47. 岩田徳和,森藤吉哉,井口知加子,南 貴恵,池田公子,諏訪高麿,篠村恭久.クロピドグレル硫酸塩による血栓性血小板減少性紫斑病の2例.第111回日本内科学会総会・講演会.2014, 4, 11-13. 東京.
  48. 見田裕章,小野寺 馨,東出侑子,石黒一也,一色裕之,村上佳世,高橋秀明,秋野公臣,山下健太郎,足立 靖,有村佳昭,遠藤高夫,石井良文,篠村恭久.骨浸潤を認め、食道原発GISTと考えられた1例.第41回北海道食道癌研究会.2014, 4, 19. 札幌.
  49. 五十嵐央祥,能正勝彦,篠村恭久.大腸癌の分子診断・標的治療の新規バイオマーカーとしてのmicroRNA-31の可能性.第100回日本消化器病学会総会.2014, 4, 23-26. 東京.
  50. 三橋 慧,五十嵐央祥,篠村恭久.大腸癌における抗EGFR抗体薬のテーラーメード治療を目指したmicroRNAの解析.第100回日本消化器病学会総会.2014, 4, 23-26. 東京.
  51. 能正勝彦,三上雅史,吉井新二.SSA/P由来の大腸癌症例におけるエピジェネティックな異常とmicroRNA発現の検討.第100回日本消化器病学会総会.2014, 4, 23-26. 東京.
  52. 志谷真啓,松永康孝,本谷雅代,高木秀安,石井雅之,木村康利,小野道洋,石渡裕俊,林 毅,廣川直樹,佐々木 茂,坂田耕一,加藤淳二,平田公一,篠村恭久.胆管癌切除症例における術前進展度評価についての検討.第100回日本消化器病学会総会.2014, 4, 23-26. 東京.
  53. 阿久津典之,高木秀安,三橋 慧,若杉英樹,志谷真啓,本谷雅代,佐々木 茂,佐々木 基,石上敬介,金戸宏行,本間賢太,米澤和彦,須藤豪太,小林寿久,矢和田 敦,安達雄哉,浜本康夫,横尾英樹,神山俊哉,篠村恭久.進行肝細胞癌に対するソラフェニブ治療における病勢進行後継続投与の前向き試験.第100回日本消化器病学会総会.2014, 4, 23-26. 東京.
  54. 飯田智哉,中垣 卓,佐々木 基,永縄由美子,石上敬介,佐藤修司,清水晴夫,金戸宏行.5-FUにより意識障害を伴う高アンモニア血症を来した症例の検討.第100回日本消化器病学会総会.2014, 4, 23-26. 東京.
  55. 高橋裕樹,鈴木知佐子,山本元久,篠村恭久.膠原病に伴う難治性消化器病変の治療.第58回日本リウマチ学会総会・学術集会.2014, 4, 24-26. 東京.
  56. 清水悠以,田邉谷徹也,矢島秀教,鈴木知佐子,山本元久,苗代康可,高橋裕樹,篠村恭久.IgG4関連ミクリッツ病診断基準(2008)の検証.第58回日本リウマチ学会総会・学術集会.2014, 4, 24-26. 東京.
  57. 佐伯敬子,川野充弘,水島伊知郎,山本元久,乳原善文,中島 衡,伊藤朋之,山崎 肇,成田一衛,斉藤喬雄.IgG4関連腎臓病におけるステロイド初期投与量の検討.第58回日本リウマチ学会総会・学術集会.2014, 4, 24-26. 東京.
  58. 水島伊知郎,山田和徳,山本元久,佐伯敬子,乳原善文,松井祥子,正木康史,和田隆志,梅原久範,川野充弘.IgG4関連動脈周囲炎の臨床経過に関する多施設共同後方的研究.第58回日本リウマチ学会総会・学術集会.2014, 4, 24-26. 東京.
  59. 鈴木知佐子,清水悠以,田邉谷徹也,矢島秀教,山本元久,苗代康可,高橋裕樹,篠村恭久.脾梗塞を合併した混合性結合組織病の1例.第58回日本リウマチ学会総会・学術集会.2014, 4, 24-26. 東京.
  60. 矢島秀教,高橋裕樹,山本元久,鈴木知佐子,清水悠以,田邉谷徹也,松井美琴子,苗代康可,篠村恭久.生物学的製剤使用中の抗DNA抗体測定の意義.第58回日本リウマチ学会総会・学術集会.2014, 4, 24-26. 東京.
  61. 高橋裕樹.免疫原性を考慮したRA治療における生物学的製剤の使い分け.第58回日本リウマチ学会総会・学術集会.2014, 4, 24-26. 東京.
  62. 高橋宏明,岡原 聡,有村佳昭.食道表在癌ESD後狭窄に対するステロイド局注療法の有用性の検討.第87回日本消化器内視鏡学会総会.2014, 福岡.
  63. 佐々木 基,齊藤真由子,小平純一,萩原 武,吉本 満,田沼徳真,足立 靖,水越常徳,後藤 啓,金戸宏行,山下健太郎,有村佳昭,篠村恭久.早期胃癌における組織HER2発現と血清HER2.第87回日本消化器内視鏡学会総会.2014, 5, 15-17. 福岡.
  64. 檜森亮吾,山野泰穂,吉川健二郎,原田英嗣,高木 亮,青木敬則,田中義人,中岡宙子,永塚 真,片野 優子,佐藤健太郎,今井 靖,松下弘雄,菅井 有,山本英一郎,鈴木 拓.BRAF変異を有する進行大腸癌の検討.第87回日本消化器内視鏡学会総会.2014, 5, 15-17. 福岡.
  65. 田沼徳真,村上佳世,清水晴夫,木村有志,田中一成,浦出伸治,栗原弘義,野村昌史,真口宏介.早期胃癌の組織型診断におけるNBI拡大観察の有用性.第87回日本消化器内視鏡学会総会.2014, 5, 15-17. 福岡.
  66. 浦出伸治,田沼徳真,野村昌史,栗原弘義,田中一成,真口宏介.超高齢早期胃癌患者の臨床経過.第87回日本消化器内視鏡学会総会.2014, 5, 15-17. 福岡.
  67. 平山大輔,一色裕之,福田昴一郎,赤保内正和,石黒一也,東出侑子,村上佳世,小野寺 馨,山本英一郎,山下健太郎,有村佳昭,篠村恭久.内視鏡的治療により改善を認めたCap polyposisの1例.第87回日本消化器内視鏡学会総会.2014, 5, 15-17. 福岡.
  68. 山下健太郎,有村佳昭,小野寺 馨,村上佳世,一色裕之,齊藤真由子,篠村恭久,遠藤高夫.胃癌に併存する胃良性病変の検討.第87回日本消化器内視鏡学会総会.2014, 5, 15-17. 福岡.
  69. 本谷雅代,志谷真啓,阿久津典之,高木秀安,佐々木 茂,篠村恭久.当科における膵・消化管病変に対するEUS-FNAの成績.第87回日本消化器内視鏡学会総会.2014, 5, 15-17. 福岡.
  70. 栗原弘義,田沼徳真,浦出伸治,田中一成,野村昌史,真口宏介.小ポリープに対するCold polypectomy導入期における安全性の検討.第87回日本消化器内視鏡学会総会.2014, 5, 15-17. 福岡.
  71. 福田昴一郎,山下健太郎,村上佳世,一色裕之,小野寺 馨,齊藤真由子,山本英一郎,能正勝彦,有村佳昭,佐藤康史,篠村恭久.抗血栓薬と内視鏡生検後出血.第87回日本消化器内視鏡学会総会.2014, 5, 15-17. 福岡.
  72. 村上佳世,我妻康平,平山大輔,一色裕之,小野寺 馨,山本英一郎,能正勝彦,山下健太郎,有村佳昭,林 敏昭,石田禎夫,篠村恭久.消化管アミロイドーシスの診断に関する検討.第87回日本消化器内視鏡学会総会.2014, 5, 15-17. 福岡.
  73. 飯田智哉,金戸宏行,佐々木 基,永縄由美子,石上敬介,中垣 卓,佐藤修司,清水晴夫.ガイドワイヤー単独による経鼻ドレナージチューブの鼻腔内誘導法に関する前向き検討.第87回日本消化器内視鏡学会総会.2014, 5, 15-17. 福岡.
  74. 田中一成,田沼徳真,野村昌史,栗原弘義,浦出伸治,真口宏介.早期十二指腸癌・十二指腸腺腫の当センターにおける内視鏡治療の現状.第87回日本消化器内視鏡学会総会.2014, 5, 15-17. 福岡.
  75. 田中義人,山野泰穂,吉川健二郎,高木 亮,原田英嗣,青木敬則,中岡宙子,檜森亮吾,片野優子,永塚 真,菅井 有,山本英一郎,鈴木 拓.大腸鋸歯状病変の拡大内視鏡を基盤とした臨床病理学的、遺伝子学的特徴の検討.第87回日本消化器内視鏡学会総会.2014, 5, 15-17. 福岡.
  76. 石上敬介,金戸宏行,伊東文子,山本 至,飯田智哉,佐々木 基,永縄由美子,中垣 卓,佐藤修司,清水晴夫.腹腔内リンパ節に対するEUS-FNAが診断の契機となったサルコイドーシスの一例.第87回日本消化器内視鏡学会総会.2014, 5, 15-17. 福岡.
  77. 石黒一也,林 敏昭,丸山ゆみ子,池田 博,石田禎夫,篠村恭久.当院における全身性ALアミロイドーシス24例の後方視的解析.第39回日本骨髄腫学会学術集会.2014, 5, 17-18. 掛川.
  78. 川上賢太郎.内視鏡治療後に進行癌として再発した早期大腸癌の2例.第36回札幌消化管研究会.2014, 5, 28. 札幌.
  79. 菅野伸一.大腸Microbiomeと分子異常の検討.第36回札幌消化管研究会.2014, 5, 28. 札幌.
  80. 有村佳昭.共分散構造分析による消化管癌の臨床的悪性度の評価.第36回札幌消化管研究会.2014, 5, 28. 札幌.
  81. 若杉英樹,志谷真啓,阿久津典之,本谷雅代,高木秀安,佐々木 茂,篠村恭久,川本雅樹,水口 徹,平田公一.術前にEOB-MRIを施行した肝細胞癌切除症例におけるEOB-MRI肝細胞相での信号強度と肝細胞膜トランスポーター発現に関する検討.第50回日本肝臓学会総会.2014, 5, 29-31. 東京.
  82. 有村佳昭.大腸癌のリンパ節転移予測~Endoscopic Scientistを目指して~.第27回腸を語る会.2014, 6, 10. 秋田.
  83. 能正勝彦.大規模コホートを用いた大腸癌のノンコーディングRNA発現異常と生活習慣の分子疫学的解析.第23回日本癌病態治療研究会.2014, 6, 12-13. 岐阜.
  84. 能正勝彦.大腸癌の超早期分子診断・個別化治療を目指したゲノム・エピゲノム研究の最前線.第3回Tokyo大腸がん治療懇話会.2014, 6, 17. 東京.
  85. 伊東文子,林 優希,若杉英樹,志谷真啓,阿久津典之,本谷雅代,高木秀安,佐々木 茂,篠村恭久.肝細胞癌に対する球状塞栓物質の初期使用経験.第25回北海道肝がん研究会.2014, 6, 21. 札幌.
  86. 榮浪洋介,五十嵐哲祥,池田 博,林 敏昭,石田禎夫,篠村恭久.骨髄異形成症候群(MDS)に対して臍帯血移植を施行した4年後にホジキンリンパ腫を発症した1例.第25回北海道造血細胞移植研究会.2014, 6, 28. 札幌.
  87. 石田禎夫.ALアミロイドーシスの最新の治療.第10回北海道腎疾患を考える会.2014, 6, 28. 札幌.
  88. 高木秀安.当科におけるC型慢性肝炎に対する3剤併用療法の現状.札幌肝疾患フロンティア学術講演会.2014, 7, 2. 札幌.
  89. 本谷雅代,志谷真啓,若杉英樹,佐々木 茂,篠村恭久.広範な主膵管内進展を伴ったTS1膵臓の一例.第45回日本膵臓学会大会.2014, 7, 11-12. 北九州.
  90. 矢島秀教.IgG4関連疾患のリンパ濾胞における免疫関連分子発現の差異について.第23回札幌臨床免疫アレルギーの集い.2014, 7, 16. 札幌.
  91. 林 敏昭.Gemtuzumab ozogamicinが有効であった同種移植後再発急性骨髄腫白血病の1例.第13回ミニ移植フォーラム.2014, 7, 16.札幌.
  92. 阿久津典之,高木秀安,佐々木 茂,金戸宏行,米澤和彦,矢和田 敦,安達雄哉,神山俊哉,浜本康夫,篠村恭久.「切除不能肝細胞癌に対するソラフェニブの初回病勢進行後の継続投与における安全性検討」臨床第Ⅱ相試験.第12回日本臨床腫瘍学会学術集会.2014, 7, 17-19. 福岡.
  93. 奥田博介,岩村千晴,伊藤美樹,新沼 猛,能正勝彦,鈴木 拓,野島正寛,久須美貴哉,細川正夫.日常臨床におけるRAS遺伝子変異検索の重要性.第12回日本臨床腫瘍学会学術集会.2014, 7, 17-19. 福岡.
  94. 小野寺 馨,我妻康平,齊藤真由子,一色裕之,村上佳世,山本英一郎,能正勝彦,山下健太郎,有村佳昭,篠村恭久.5-FU/Leucovorin+Bevacizumab療法中に間質性肺疾患を発症した大腸癌の1例.第12回日本臨床腫瘍学会学術集会.2014, 7, 17-19. 福岡.
  95. 川上賢太郎,行澤斉悟,小野寺 馨,割田悦子,山中康弘.実地臨床における胃癌術後補助化学療法後の早期再発に対するカペシタビン+シスプラチン療法の治療成績.第12回日本臨床腫瘍学会学術集会.2014, 7, 17-19. 福岡.
  96. 伊東文子.肝細胞癌に対する球状塞栓物質の初期使用経験.第31回札幌肝胆膵研究会.2014, 7,19.札幌.
  97. 豊嶋慶子,小野寺 馨,我妻康平,林 優希,平田 翔,一色裕之,村上佳世,山下健太郎,有村佳昭,篠村恭久.ランソプラゾールが原因と考えられたcollagenous colitisの1典型例.第271回日本内科学会北海道地方会.2014, 7, 19. 札幌.
  98. 佐賀潤也,柏木智則,柏木葉月,清水悠以,鈴木知佐子,山本元久,林 敏昭,高橋裕樹,篠村恭久.原発性シェーグレン症候群に血栓性血小板減少性紫斑病を合併した1例.第271回日本内科学会北海道地方会.2014, 7, 19. 札幌.
  99. 石黒一也,矢和田 敦,平山大輔、牛島慶子,須藤豪太,鈴木 亮,岡 俊州,笠原 薫,小林寿久.多発筋炎の再燃にタクロリムスが有効であった2例.第37回北海道コラーゲン研究会.2014, 7, 19. 札幌.
  100. 山本元久,清水悠以,矢島秀教,鈴木知佐子,苗代康可,高橋裕樹,篠村恭久.当科における関節リウマチに対するインフリキシマブの長期成績.第37回北海道コラーゲン研究会.2014, 7, 19. 札幌.
  101. 中山一郎,小林壮光,田邉谷徹也,伊早坂 舞,佐藤裕信,柏谷琴映,淡川照仁,戸次英一,山下健太郎,篠村恭久.カプセル内視鏡が発見の契機となった深部十二指腸癌の一例.第7回日本カプセル内視鏡学会学術集会.2014, 7, 27. 東京.
  102. 山本英一郎.大腸癌の分子病態と臨床への橋渡し研究.第5回道南分子病態研究会.2014, 7, 31. 函館.
  103. 林 優希.骨髄異形成症候群に発症したcutaneous myeloid sarcomaにazacitidineが有効であった1例.第40回北海道血液疾患研究会.2014, 8, 23. 札幌.
  104. 伊藤美樹,能正勝彦,三橋 慧,栗原弘義,菅野伸一,五十嵐央祥,須河恭敬,鈴木 拓,山本博幸,篠村恭久.大腸腫瘍における腸内microbiome解析と、大腸発癌過程の解明.第64回日本体質医学会総会.2014, 9,6-7. 大阪.
  105. 山本元久,清水悠以,矢島秀教,鈴木知佐子,苗代康可,高橋裕樹,篠村恭久.IgG4関連疾患における血清IgG4値の季節性変動.第64回日本体質医学会総会.2014, 9,6-7. 大阪.
  106. 佐賀潤也,川上賢太郎,我妻康平,菅野伸一,小野寺 馨,久保俊之,山本英一郎,能正勝彦,山下健太郎,有村佳昭,篠村恭久,山本雅樹,堀  司.腸閉塞を契機に診断し、化学療法単独で緩解に至った小児回盲部原発Burkittリンパ腫の1例.第115回日本消化器病学会北海道支部例会.2014, 9, 6-7. 札幌.
  107. 飯田智哉,清水晴夫,我妻康平,谷 元博,佐々木 基,永縄由美子,村上佳世,佐藤修司,金戸宏行,内山素伸,奥谷浩一,斉藤慶太,佐々木賢一,澁谷 均.S状結腸軸捻転症についての臨床的検討―緊急手術を要した症例を中心に―.第115回日本消化器病学会北海道支部例会.2014, 9, 6-7. 札幌.
  108. 沼田泰尚,齊藤真由子,鈴木一也,安達雄哉,仲地耕平,金戸宏行,矢和田 敦,奥田博介,吉本 満,田沼徳真,浜本康夫,山下健太郎,有村佳昭,篠村恭久.進行胃癌に対するカペシタビン+シスプラチン±トラスツズマブ療法.第115回日本消化器病学会北海道支部例会.2014, 9, 6-7. 札幌.
  109. 菅野伸一,山下健太郎,平田 翔,川上賢太郎,小野寺 馨,久保俊之,山本英一郎,能正勝彦,有村佳昭,篠村恭久.多発大腸癌・他臓器癌重複大腸癌におけるマイクロサテライト不安定性の検討.第115回日本消化器病学会北海道支部例会.2014, 9, 6-7. 札幌.
  110. 林 優希,志谷真啓,伊東文子,若杉英樹,阿久津典之,本谷雅代,明石浩史,高木秀安,佐々木 茂,篠村恭久.画像上膵癌との鑑別が問題となったFNA施行後経過観察中の3例.第115回日本消化器病学会北海道支部例会.2014, 9, 6-7. 札幌.
  111. 平田 翔,小野寺 馨,菅野伸一,川上賢太郎,久保俊之,山下健太郎,能正勝彦,有村佳昭,篠村恭久.上腕皮下埋込型中心静脈ポートの長期合併症の検討.第115回日本消化器病学会北海道支部例会.2014, 9, 6-7. 札幌.
  112. 我妻康平,村上佳世,飯田智哉,佐々木 基,永縄由美子,谷 元博,佐藤修司,清水晴夫,金戸宏行,田沼徳真,今 信一郎.高齢者(75歳以上)に対する胃ESDの治療成績と安全性.第109回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2014, 9, 6-7. 札幌.
  113. 永縄由美子,村上佳世,我妻康平,飯田智哉,佐々木 基,谷 元博,佐藤修司,清水晴夫,金戸宏行,今 信一郎.リンパ球浸潤胃癌(GCLS)の2症例.第109回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2014, 9, 6-7. 札幌.
  114. 谷 元博,佐藤修司,村上佳世,我妻康平,飯田智哉,佐々木 基,永縄由美子,清水晴夫,金戸宏行,今 信一郎,太田修一.上部消化管にmultiple lymphomatous polyposis(MLP)病変を有したマントル細胞リンパ腫の1例.第109回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2014, 9, 6-7. 札幌.
  115. 佐藤修司,清水晴夫,我妻康平,飯田智哉,佐々木 基,永縄由美子,谷 元博,村上佳世,金戸宏行,佐々木賢一,澁谷 均.巨大胃脂肪腫の1例.第109回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2014, 9, 6-7. 札幌.
  116. 伊東文子,本谷雅代,林 優希,若杉英樹,志谷真啓,阿久津典之,高木秀安,佐々木 茂.病理組織学的検査を繰り返し診断に至った非露出腫瘤型乳頭部癌の1例.第109回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2014, 9, 6-7. 札幌.
  117. 三橋 慧,能正勝彦,菅野伸一,栗原弘義,伊藤美樹,高橋宏明,細川正夫,武内利直,山下健太郎,有村佳昭,篠村恭久.直腸カルチノイドにおける臨床・分子生物学的因子と悪性度との関連.第109回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2014, 9, 6-7. 札幌.
  118. 伊早坂 舞,新沼 猛,山本英一郎,甲斐正広,丸山玲緒,篠村恭久,鈴木 拓.消化管間質腫瘍におけるmicroRNA遺伝子のエピジェネティックな制御.第110回北海道癌談話会例会.2014, 9, 13. 札幌.
  119. 三橋 慧,能正勝彦,菅野伸一,栗原弘義,伊藤美樹,五十嵐央祥,田沼徳真,真口宏介,今村将史,木村康利,平田公一,篠村恭久.膵癌におけるmicroRNA-31の新規バイオマーカーとしての可能性.第110回北海道癌談話会例会.2014, 9, 13. 札幌.
  120. 佐々木泰史,中垣貴文,田村みゆき,小橋健太,竹田康佑,井戸川雅史,鈴木 拓,篠村恭久,時野隆至.lon PGMシーケンサーを用いたがん関連遺伝子の網羅的変異解析.第110回北海道癌談話会例会.2014, 9, 13. 札幌.
  121. 西山廣陽,丸山玲緒,竹田康佑,中垣貴文,新沼 猛,荻 和弘,出張裕也,宮崎晃亘,甲斐正広,佐々木泰史,時野隆至,平塚博義,鈴木 拓.口腔扁平上皮癌の発生や進展において重要な役割を果たす長鎖非コードRNAの同定.第110回北海道癌談話会例会.2014, 9, 13. 札幌.
  122. 竹田康佑,佐々木泰史,中垣貴文,田村みゆき,大箸智子,井戸川雅史,荻 和弘,平塚博義,時野隆至.p53ファミリーの新規標的遺伝子intercellular adhesion molecule-2 (ICAM2)の同定と機能解析.第110回北海道癌談話会例会.2014, 9, 13. 札幌.
  123. 大箸智子,井戸川雅史,田村みゆき,佐々木泰史,時野隆至.p53の直接転写標的AKR1B10は大腸癌で発現抑制されp53誘導アポトーシスを制御する.第110回北海道癌談話会例会.2014, 9, 13. 札幌.
  124. 田村みゆき,佐々木泰史,竹田康佑,中垣貴文,大箸智子,井戸川雅史,時野隆至.p53のmiR-200ファミリーを介したCRKLの発現抑制.第110回北海道癌談話会例会.2014, 9, 13. 札幌.
  125. 青木敬則,足立 靖,秋野公臣,菊地剛史,高橋秀明,見田裕章,安達靖代,中村正弘,吉田幸成,加藤康夫,石井良文,山本英一郎,鈴木 拓,山下健太郎,遠藤高夫.発育進展を考える上で興味深いと思われた鋸歯状腺腫の1癌化例.第35回日本大腸肛門病学会北海道地方会.2014, 9, 13. 札幌.
  126. 山本元久,高橋裕樹,篠村恭久.IgG4.第42回日本臨床免疫学会総会.2014, 9, 25-27. 東京.
  127. 矢島秀教,山本元久,高橋裕樹,清水悠以,鈴木知佐子,苗代康可,今井浩三,篠村恭久.IgG4関連疾患とキャッスルマン病における臨床病態及び免疫関連分子比較.第42回日本臨床免疫学会総会.2014, 9, 25-27. 東京.
  128. 市村典久,新城恵子,大岡史治,勝島啓佑,畑中彬良,山本英一郎,鈴木 拓,近藤 豊.大腸がんメチル化高集積例におけるTET1遺伝子不活化の影響.第73回日本癌学会学術集会.2014, 9, 25-27. 横浜.
  129. 甲斐正広,山本英一郎,丸山玲緒,佐藤亜紀子,新沼 猛,津矢田明泰,鈴木 拓.大腸がんにおけるDGKGエピジェネティック発現抑制とがん細胞表現系の関連.第73回日本癌学会学術集会.2014, 9, 25-27. 横浜.
  130. 鈴木 拓,丸山玲緒,津矢田明泰,新沼 猛,山本英一郎,伊早坂 舞,甲斐正広,篠村恭久,今井浩三.大腸がんのDNAメチル化異常におけるTET1関与の可能性.第73回日本癌学会学術集会.2014, 9, 25-27. 横浜.
  131. 五十嵐哲祥,粂川昴平,丸山玲緒,山本英一郎,津矢田明泰,鈴木 亮、新沼 猛,甲斐正広,山野泰穂,菅井 有,時野隆至,篠村恭久,鈴木 拓.大腸癌においてDNAメチル化により抑制されているlincRNAの網羅的同定.第73回日本癌学会学術集会.2014, 9, 25-27. 横浜.
  132. 伊藤美樹,能正勝彦,三橋 慧,栗原弘義,菅野伸一,五十嵐央祥,田沼徳真,岡原 聡,高橋宏明,鈴木 拓,山本博幸,篠村恭久.表在型食道腺癌における分子生物学的特徴とゲノムワイドDNA低メチル化.第73回日本癌学会学術集会.2014, 9, 25-27. 横浜.
  133. 丸山玲緒,北嶋洋志,山本英一郎,新沼 猛,萬  顕,粂川昴平,津矢田明泰,鈴木 亮,甲斐正広,能正勝彦,時野隆至,篠村恭久,鈴木 拓.慢性胃炎から胃癌への発癌過程に関与する長鎖ncRNAの網羅的探索と機能解析の試み.第73回日本癌学会学術集会.2014, 9, 25-27. 横浜.
  134. 田村みゆき,佐々木泰史,竹田康佑,中垣貴文,大箸智子,井戸川雅史,時野隆至.p53のmiR-200ファミリーを介したCRKLの発現抑制.第73回日本癌学会学術集会.2014, 9, 25-27. 横浜.
  135. 大箸智子,井戸川雅史,田村みゆき,竹田康佑,中垣貴文,佐々木泰史,時野隆至.p53標的遺伝子AKR1B10は大腸癌で発現減少し予後不良と相関する.第73回日本癌学会学術集会.2014, 9, 25-27. 横浜.
  136. 竹田康佑,佐々木泰史,中垣貴文,田村みゆき,大箸智子,井戸川雅史,荻 和弘,平塚博義,時野隆至.p53ファミリーの新規標的遺伝子ICAM2の同定.第73回日本癌学会学術集会.2014, 9, 25-27. 横浜.
  137. 井戸川雅史,大箸智子,佐々木泰史,時野隆至.ゲノム網羅的p53結合領域解析とマイクロアレイを組み合わせたp53ファミリー標的長鎖非コードRNA(lincRNA)の同定と解析.第73回日本癌学会学術集会.2014, 9, 25-27. 横浜.
  138. 佐々木泰史,中垣貴文,田村みゆき,竹田康佑,井戸川雅史,大箸智子,鈴木 拓,篠村恭久,時野隆至.半導体シーケンサーを用いたがん関連遺伝子の網羅的解析.第73回日本癌学会学術集会.2014, 9, 25-27. 横浜.
  139. 三橋 慧,伊藤美樹,菅野伸一,栗原弘義,松永康孝,須河恭敬,足立 靖,能正勝彦,田沼徳真,真口宏介,木村康利,平田公一,篠村恭久.microRNA-31-5pは膵癌における有望な予後予測のバイオマーカーとなりうる.第73回日本癌学会学術集会.2014, 9, 25-27. 横浜.
  140. 池田 博,五十嵐哲祥,青木由佳,林 敏昭,石田禎夫,佐々木泰史,時野隆至,篠村恭久.多発性骨髄腫における単球と骨髄ストローマ細胞の関連性.第73回日本癌学会学術集会.2014, 9, 25-27. 横浜.
  141. 山本博幸,渡邊嘉行,及川律子,森田 亮,吉田良仁,松尾康正,細谷浩介,山下真幸,前畑忠輝,谷口博昭,能正勝彦,安田 宏,伊東文生.内視鏡胃洗浄廃液DNAを用いたBARHL2遺伝子メチル化解析は胃癌の早期診断に有用である.第73回日本癌学会学術集会.2014, 9, 25-27. 横浜.
  142. 青木敬則,山本英一郎,山野泰穂,新沼 猛,甲斐正広,丸山玲緒,足立 靖,遠藤高夫,菅井 有,鈴木 拓.BRAF変異を伴う混合鋸歯状病変におけるエピジェネティックな変化は異なる腫瘍形成経路を示す.第73回日本癌学会学術集会.2014, 9, 25-27. 横浜.
  143. 栗原弘義,能正勝彦,五十嵐央祥,伊藤美樹,三橋 慧,菅野伸一,奥田博介,久須美貴哉,平田公一,今井浩三,鈴木 拓,山本博幸,篠村恭久.MicroRNA-31-5pは転移性大腸癌に対する抗EGFR抗体治療の効果予測因子となりうる.第73回日本癌学会学術集会.2014, 9, 25-27. 横浜.
  144. 山本英一郎,丸山玲緒,山野泰穂,青木敬則,新沼 猛,甲斐正広,菅井 有,篠村恭久,鈴木 拓.正常大腸粘膜におけるヒストンH3K27トリメチル化はCIMP大腸腫瘍の発生と関連する.第73回日本癌学会学術集会.2014, 9, 25-27. 横浜.
  145. 能正勝彦,伊藤美樹,五十嵐央祥,三橋 慧,栗原弘義,菅野伸一,足立 靖,野島正寛,丸山玲緒,鈴木 拓,今井浩三,山本博幸,篠村恭久.大腸serrated pathwayにおけるmiR-31-5p発現とBRAF遺伝子変異、CIMP、colorectal continuumの関連.第73回日本癌学会学術集会.2014, 9, 25-27. 横浜.
  146. 菅野伸一,能正勝彦,須河恭敬,伊藤美樹,三橋 慧,栗原弘義,五十嵐央祥,山本英一郎,鈴木 拓,沖田憲司,平田公一,山本博幸,篠村恭久.本邦における大腸癌364症例を用いたFusobacteriumと分子異常の関連.第73回日本癌学会学術集会.2014, 9, 25-27. 横浜.
  147. 藤井一恭,井戸川雅史,近藤 格,岩月啓氏,金蔵拓郎.HSPA1AはHDAC阻害剤による内因性アポトーシスを阻害する.第73回日本癌学会学術集会.2014, 9, 25-27. 横浜.
  148. 新沼 猛,伊早坂 舞,若杉英樹,山本英一郎,甲斐正広,丸山玲緒,篠村恭久,鈴木 拓.消化管間質腫瘍におけるmicroRNA遺伝子のエピジェネティックな制御.第73回日本癌学会学術集会.2014, 9, 25-27. 横浜.
  149. 伊早坂 舞,新沼 猛,若杉英樹,山本英一郎,甲斐正広,丸山玲緒,鈴木 拓,篠村恭久.消化管間質腫瘍の再発に関連するmicroRNAの解析.第73回日本癌学会学術集会.2014, 9, 25-27. 横浜.
  150. 西山廣陽,丸山玲緒,竹田康佑,中垣貴文,新沼 猛,荻 和弘,出張裕也,甲斐正広,宮崎晃亘,佐々木泰史,時野隆至,平塚博義,鈴木 拓.口腔扁平上皮癌の発生や進展において重要な役割を果たす長鎖非コードRNAの同定.第73回日本癌学会学術集会.2014, 9, 25-27. 横浜.
  151. 有村佳昭.IBDに対する幹細胞治療~炎症・発癌におけるMSCの多彩な作用~.SMUGS研究会.2014, 10, 21. 滝川.
  152. 三橋 慧,能正勝彦,篠村恭久.新規バイオマーカー探索を目指した直腸カルチノイドの分子病理学的因子の検討.第88回日本消化器内視鏡学会総会.2014, 10, 23-26. 神戸.
  153. 保内正和,本谷雅代,若杉英樹,志谷真啓,阿久津典之,高木秀安,佐々木 茂,篠村恭久.当科における悪性胃十二指腸狭窄に対する内視鏡ステント留置術の成績.第88回日本消化器内視鏡学会総会.2014, 10, 23-26. 神戸.
  154. 菅野伸一,伊藤英人,吉本 満,高橋 徹,辻崎正幸,大畑央樹,外木秀文.半消化態栄養剤から成分栄養剤への変更により改善した小児好酸球性食道炎の1例.第56回日本消化器病学会大会.2014, 10, 23-26. 神戸.
  155. 佐々木 基,金戸宏行,我妻康平,飯田智哉,永縄由美子,石上敬介,村上佳世,中垣 卓,佐藤修司,清水晴夫,谷 元博,佐々木賢一,小西康宏,今 信一郎.原発性十二指腸癌11症例の臨床病理学的検討.第56回日本消化器病学会大会.2014, 10, 23-26. 神戸.
  156. 矢和田 敦,石黒一也,平山大輔,牛島慶子,須藤豪太,柾木喜晴,谷津高文,岡 俊州,笠原 薫,小林寿久.DPP-4阻害剤の2型糖尿病患者の肝機能に対する影響.第56回日本消化器病学会大会.2014, 10, 23-26. 神戸.
  157. 山本英一郎.大腸腫瘍の形態と分子異常~遺伝子解析結果からみた本研究会症例の再考~.第26回東北消化管臨床・病理研究会.2014, 11, 1. 秋田.
  158. 篠村恭久.GIST診療の現状と課題.第45回釧路消化器研究会.2014, 11, 5. 釧路.
  159. 青木敬則,山本英一郎,山野泰穂,新沼 猛,甲斐正広,丸山玲緒,足立 靖,遠藤高夫,菅井 有,鈴木 拓.BRAF変異を有する混合鋸歯状病変における分子生物学的検討.第25回日本消化器癌発生学会総会.2014, 11, 13-14. 福岡.
  160. 鈴木 拓,山本英一郎,青木敬則,新沼 猛,丸山玲緒.大腸がんのDNAメチル化異常におけるTET1関与の可能性.第25回日本消化器癌発生学会総会.2014, 11, 13-14. 福岡.
  161. 山本元久,平田 翔,清水悠以,矢島秀教,松井美琴子,鈴木知佐子,苗代康可,高橋裕樹,篠村恭久.IgG4関連疾患の臨床病型(限局型・全身型)とサイトカイン環境.第24回日本リウマチ学会北海道・東北支部学術集会.2014, 11, 22-23. 札幌.
  162. 矢島秀教,山本元久,清水悠以,田邉谷徹也,鈴木知佐子,苗代康可,高橋裕樹,篠村恭久.IgG4関連疾患と多中心性キャッスルマン病の胚中心における免疫関連分子発現の差異について.第24回日本リウマチ学会北海道・東北支部学術集会.2014, 11, 22-23. 札幌.
  163. 平田 翔,山本元久,清水悠以,矢島秀教,鈴木知佐子,苗代康可,高橋裕樹,篠村恭久.トシリズマブにより長期寛解が維持されているステロイド抵抗性高安動脈炎の一例.第24回日本リウマチ学会北海道・東北支部学術集会.2014, 11, 22-23. 札幌.
  164. 新沼 猛,伊早坂 舞,若杉英樹,山本英一郎,甲斐正広,丸山玲緒,篠村恭久,鈴木 拓.消化管間質腫瘍の再発に関連するmicroRNAの解析.第37回日本分子生物学会年会.2014, 11, 25-27. 横浜.
  165. 丸山玲緒,北嶋洋志,山本英一郎,新沼 猛,萬 顕,粂川昴平,西山廣陽,津矢田明泰,鈴木 亮,甲斐正広,時野隆至,篠村恭久,鈴木 拓.慢性胃炎から胃癌への発癌過程に関与する長鎖ncRNAの網羅的探索と機能解析の試み.第37回日本分子生物学会年会.2014, 11, 25-27. 横浜.
  166. 井戸川雅史,大箸智子,佐々木泰史,時野隆至.ゲノム網羅的p53結合領域解析とマイクロアレイを組み合わせたp53標的長鎖非コードRNA(lincRNA)の同定と解析.第37回日本分子生物学会年会.2014, 11, 25-27. 横浜.
  167. 大箸智子,井戸川雅史,佐々木泰史,時野隆至.p53標的遺伝子AKR1B10はp53誘導性アポトーシスを増強することで大腸発癌を抑制する.第37回日本分子生物学会年会.2014, 11, 25-27. 横浜.
  168. 小橋健太,佐々木泰史,中垣貴文,竹田康佑,田村みゆき,大箸智子,井戸川雅史,時野隆至.lon PGMシーケンサーを用いたがん関連遺伝子の網羅的変異解析.第37回日本分子生物学会年会.2014, 11, 25-27. 横浜.
  169. 篠村恭久.大腸癌をめぐる最近の話題.函館消化器病懇談会.2014, 11, 28. 函館.
  170. 佐々木 塁,後藤 啓,矢島秀教,伊志嶺 優,中垣 卓,矢花 崇,安達雄哉,近藤吉宏.大腸癌診断時に認識された無症候性抗リン脂質抗体キャリアの1手術例.第272回日本内科学会北海道地方会.2014, 11, 29. 札幌.
  171. 中川裕一朗,鈴木 亮,矢和田 敦,小林寿久,笠原 薫,岡 俊州,須藤豪太,牛島慶子,平山大輔,石黒一也.mFOLFOX6療法後に高アンモニア血症をきたした1例.第272回日本内科学会北海道地方会.2014, 11, 29. 札幌.
  172. 須藤豪太,平山大輔,石黒一也,牛島慶子,鈴木 亮,岡 俊州,笠原 薫,小林寿久,矢和田 敦.十二指腸穿孔が疑われたScholein-Henoch紫斑病の1例.第272回日本内科学会北海道地方会.2014, 11, 29. 札幌.
  173. 平山大輔,石黒一也,須藤豪太,牛島慶子,鈴木 亮,岡 俊州,笠原 薫,小林寿久,矢和田 敦.慢性下痢症の原因となったcollagenous colitisの2例.第272回日本内科学会北海道地方会.2014, 11, 29. 札幌.
  174. 谷 元博,佐藤修司,我妻康平,飯田智哉,佐々木 基,永縄由美子,村上佳世,清水晴夫,金戸宏行.不明熱を契機に発見されたACTH単独欠損症の1例.第272回日本内科学会北海道地方会.2014, 11, 29. 札幌.
  175. 伊東文子.当科においてFOLFIRINOXを施行した進行膵癌3症例.第32回札幌肝胆膵研究会.2014, 11, 29. 札幌.
  176. 池田 博,五十嵐哲祥,青木由佳,林 敏昭,村上則子,宮越郁子,國本雄介,任田宜史,石田禎夫,篠村恭久.結核合併後天性免疫不全症候群5例の治療経験.第28回日本エイズ学会学術集会総会.2014, 12, 3-5. 大阪.
  177. Mayuko Saito, Kentaro Yamashita, Hiroyuki Kaneto, Hiroyuki Okuda, Takeshi Hagiwara, Mitsuru Yoshimoto, Kazuya Suzuki, Takeya Adachi, Kohei Nakachi, Atsushi Yawata, Tokuma Tanuma, Yasushi Adachi, Masanori Nojima, Yoshiaki Arimura, Yasuhisa Shinomura. The Clinical Utility of Serum HER2 in Gastric Cancer. 22st United European Gastroenterology Week. Oct18-22, 2014. Vienna.
  178. 沼田泰尚,斉藤真由子, 鈴木一也, 安達雄哉, 仲地耕平,金戸宏行, 矢和田敦, 奥田博介,吉本満,田沼徳真,野島正寛, 浜本康夫, 山下健太郎,有村佳昭,篠村恭久. 切除不能進行・再発胃癌に対するカペシタビン+シスプラチン±トラスツズマブ療法. 第73回日本癌学会学術集会.2014, 9, 25-27. 横浜.

Ⅵ 受賞・その他

  1. 篠村恭久.発癌リスクを考慮した消化管病変の治療戦略.市立室蘭総合病院 平成26年度学術講演会.2014, 室蘭.
  2. 篠村恭久.内科疾患における多様性と個別化医療.札幌医科大学第一内科同門会総会.2014, 札幌.
  3. 篠村恭久.ドクターズリラックスタイム「謡曲を謡って時空間をタイムスリップしています」.新医療 2014, 6:82
  4. 篠村恭久.胃がんのスクリーニング、長粘膜がんに対する内視鏡検査.サハリン州国際がんシンポジウム.2014, サハリン.
  5. 高橋裕樹.免疫原性を考慮した生物学的製剤の適応と使い分け.第二回RAエキスパートミーティング.ファイザー(株).2014, 兵庫.
  6. 高橋裕樹.リウマチが心配なときにどこにかかればよいか?ラジオ番組「医の力~札幌医科大学 最前線~」.エフエム北海道(AIR-G).2014, 札幌.
  7. 高橋裕樹.知っておきたい薬の副作用.2014年アレルギー週間記念講演会“今年もアレルギーは要注意-最新の治療とトピックス”.2014, 札幌.
  8. 高橋裕樹.強皮症とうまくつきあうために~病気の理解と治療~.2014年度札幌市難病医療相談会.2014, 札幌.
  9. 石田禎夫.多発性骨髄腫治療におけるトピックス.ASH2013血液癌治療のトピックス.武田薬品工業(株).2014, 札幌.
  10. 石田禎夫.最近のC型肝炎治療.社内講演会.バクスター(株).2014, 札幌.
  11. 石田禎夫.モーニングセミナー2・全体ケーススタディー4(骨髄腫).第7回「研修医(初期・後期)のための血液学セミナー」.2014, 大津.
  12. 有村佳昭.慢性便秘症の治療に関して.Abbott Japan Medical Symposium in 釧路.アボットジャパン(株).2014, 釧路.
  13. 有村佳昭.IBDに対するMSC治療―Surmountable IBD with ready-to-use MSC―.JT医薬探索研究所講演会.日本たばこ産業(株).2014, 横浜.
  14. 佐々木 茂.肥満と肝がん.肝疾患市民公開講座.札幌医科大学附属病院肝疾患相談センター主催.2014, 帯広.
  15. 佐々木 茂.C型肝炎の治療.第14回肝臓病教室・札幌医科大学附属病院肝疾患相談センター.2014, 札幌.
  16. 佐々木 茂.NASHと糖尿病.社内研修会.ノバルティスファーマ(株).2014, 札幌.
  17. 佐々木 茂.C型肝炎の治療の変遷~進歩を続けたインターフェロン治療~.市民公開講座.主催:北海道新聞社.2014, 札幌.
  18. 佐々木 茂.C型肝炎治療ガイドラインに関して.平成26年度北海道肝疾患医療従事者研修会.主催:北海道.2014, 旭川.
  19. 佐々木 茂.肝疾患の全てを学ぶ~解剖生理、代謝機能、肝臓の分類(原因と臨床経過、主な肝機能検査).北海道医療栄養士協議会秋期研修会.2014, 札幌.
  20. 佐々木 茂.肥満・肝臓・がん.平成26年度第103回NSTセミナー.2014, 札幌.
  21. 能正勝彦.大腸癌の遺伝子異常を標的とした新たな分子診断・個別化治療の開発.聖マリアンナ医科大学 文部科学省 がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン特別セミナー.主催:がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン高度がん医療開発を先導する専門家の養成.2014, 東京.
  22. 能正勝彦.大腸癌のゲノム・エピゲノムの異常とその治療戦略.市立室蘭総合病院 平成26年度学術講演会.2014, 室蘭.
  23. 山本元久.IgG4関連疾患に関して.社内講演会.旭化成ファーム(株).2014, 札幌.
  24. 山本元久.ゼルヤンツの適正使用.社内勉強会.ファイザー(株).2014, 札幌.
  25. 山本元久.関節リウマチの診療.秋田市北部・男鹿南秋Bio懇話会.ファイザー(株).2014, 秋田.
  26. 林 敏昭.非ホジキンリンパ腫の診断と治療について.社内勉強会.日本製薬(株).2014, 札幌.
  27. 山下健太郎.遺伝性の大腸がんについて.札幌医科大学市民公開講座「がんと遺伝を考える」.主催:札幌医科大学遺伝医学.2014, 札幌.
  28. 高木秀安.当科における3剤併用療法の現況.札幌肝疾患フォーラム.2014, 札幌.
  29. 高木秀安.C型肝炎の新しい治療.肝疾患市民公開講座.札幌医科大学附属病院肝疾患相談センター主催.2014, 帯広.
  30. 高木秀安.慢性肝炎の診断と治療.第16回肝臓病教室・札幌医科大学附属病院肝疾患相談センター.2014, 札幌.
  31. 高木秀安.これまでのC型肝炎治療の変遷.第3回市民公開講座・札幌医科大学附属病院肝疾患相談センター.2014, 釧路.
  32. 本谷雅代.すい臓ガンワクチンについて.北海道医薬品卸勤務薬剤師会研修会.2014, 札幌.
  33. 阿久津典之.診断と内科的治療.第15回肝臓病教室・札幌医科大学附属病院肝疾患相談センター.2014, 札幌.
  34. 池田 博.札幌医科大学附属病院第一内科における血液腫瘍の治療方針.MR研修会.エーザイ(株).2014, 札幌.
  35. 池田 博.HIV感染症と治療.平成26年度HIV講演会.主催:HIV委員会看護師会.2014, 札幌.
  36. 池田 博.免疫異常についてのお話.第9回市民公開講座.共催:広域紋別病院・札幌医科大学道民医療推進学講座.2014, 紋別.
  37. 齋藤真由子.胃がんの臨床研究について.社内勉強会.中外製薬(株).2014, 札幌.
  38. 齋藤真由子.大腸癌化学療法の日常臨床.社内勉強会.武田薬品工業(株).2014, 札幌.
  39. 田村みゆき,佐々木泰史,小山良太,竹田康佑,井戸川雅史,時野隆至.がん細胞の遊走・浸潤能に関わるp53ファミリーの新規標的FOXF1の同定と機能解析.平成26年度文科省科研費「がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動」がん若手研究者ワークショップ.2014, 長野.
  40. 有村佳昭,一色裕之,永石歓和,小野寺 馨,今井浩三,篠村恭久.腸上皮細胞運命に対するMSCのニッチ作用.厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」分担研究報告書.平成25年度 統括・分担研究報告書.2014, pp203-204
  41. 今井浩三,有村佳昭,那須野正尚,一色裕之,永石歓和,苗代康可,篠村恭久.MSCによる腫瘍イニシエーション抑制機構の解明.厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」分担研究報告書.平成22年度~平成25年度 総合研究報告書.2014, pp279-282
  42. 山本元久.IgG4関連疾患の発症機構と免疫エフェクター細胞の動態解析.平成26年度塩川美奈子・膠原病奨励賞.2014, 東京.
  43. 矢嶋秀教.IgG4関連疾患における疾患標識および活動性マーカーの探索と臨床応用への展開.第19回リバネス研究費 東レ賞.2014, 東京.
  44. 伊藤美樹.MicroRNA-31 may be a prognostic biomarker for metastatic colorectal cancer treated with anti-EGFR therapy.日本臨床腫瘍学会2014年度奨励賞.2014, 福岡.
  45. 五十嵐央祥.大腸腫瘍の分子診断・個別化治療における新規バイオマーカー探索を目指したnon-coding RNAの網羅的解析.平成26年度日本消化器癌発生学会研究奨励賞.2014, 福岡.
  46. 五十嵐央祥.Up-regulation of microRNA-31 associates with BRAF mutation and predicts resistance to anti-EGFR monoclonal antibodies in colorectal cancer.The 9th International Symposium on Cancer Research and Therapy(研究奨励賞).2014, 東京.
  47. 山本元久.高齢者におけるアレルギー性炎症の機序をエイジング.大和証券ヘルス財団調査研究助成金.2014, 東京.
  48. 能正勝彦.膵臓組織で重要な働きをする常在微生物群ゲノムの解析と分子異常・生命予後との関連.日本膵臓病研究財団研究助成金.2014, 東京.
  49. 能正勝彦.次世代ゲノムシークエンスを用いた大腸発癌早期における腸内マイクロバイオーム発現の解析.小野がん研究助成基金.2014, 東京.

2013年

Ⅰ 学位

五十嵐 央祥

Association of microRNA-31 with BRAF mutation, colorectal cancer survival and serrated pathway.

「microRNA31は大腸癌のBRAF遺伝子変異、予後、serrated pathwayと関連する」

Carcinogenesis 2014, 35:776-783

田邉谷 徹也

The role of cytotoxic T cells in IgG4-related dacryoadenitis and sialadenitis, the so-called Mikulicz’s disease.

「IgG4関連涙腺・唾液腺炎、ミクリッツ病における細胞障害性T細胞の役割」

Modern Rheumatology 2014 (Epub ahead of print)

Ⅱ 著書

  1. Yamamoto M, Takahashi H, Shinomura Y. Lacrimal and salivary lesions. IgG4-related disease 2013, pp153-162 Springer. Eds. Umehara H, Okazaki K, Stone JH, Kawa S, Kawano M. New York.
  2. 篠村恭久.胃良性腫瘍・胃ポリープ.内科學 第10版.総編集 矢﨑義雄.編集 伊藤貞嘉,伊藤 裕,岩本愛吉,岡 芳知,金倉 譲,工藤正俊,島本和明,菅野健太郎,須永眞司,永井良三,長谷川好規,水澤英洋,山本一彦.朝倉書店(東京).2013, pp 957-958
  3. 山本元久.問題058.目でみるトレーニング第2集 内科系専門医学受験のための臨床実地問題.監修 medicina編集委員会.編集 岡崎仁昭.医学書院(東京).2013, pp123-124
  4. 山本元久.問題135.目でみるトレーニング第2集 内科系専門医学受験のための臨床実地問題.監修 medicina編集委員会.編集 岡崎仁昭.医学書院(東京).2013, pp285-286
  5. 山本元久.問題144.目でみるトレーニング第2集 内科系専門医学受験のための臨床実地問題.監修 medicina編集委員会.編集 岡崎仁昭.医学書院(東京).2013, pp305-306
  6. 山本元久,篠村恭久.免疫学的検査 自己抗体IgG4.臨床検査ガイド2013~2014.編集 和田 攻,大久保昭行,矢崎義雄,大内尉義.文光堂(東京).2013, pp682-684
  7. 高橋裕樹,山本元久.IgG4関連疾患.EXPERT膠原病・リウマチ.編集 住田孝之.診断と治療社(東京).2013, pp226-233
  8. 石田禎夫.骨髄腫の腎病変に対する管理、治療.多発性骨髄腫Updating第2巻.編集 清水一之,阿部正博,島崎千尋,鈴木憲史.医薬ジャーナル社(大阪).2013, pp89-99
  9. 石田禎夫.多発性骨髄腫に対する初期治療の概念.多発性骨髄腫Updating第3巻.編集 清水一之,阿部正博,島崎千尋,鈴木憲史.医薬ジャーナル社(大阪).2013, pp12-27
  10. 石田禎夫.自家移植の位置づけ.多発性骨髄腫Updating第4巻.編集 清水一之,阿部正博,島崎千尋,鈴木憲史.医薬ジャーナル社(大阪).2013, pp144-150
  11. 山本英一郎,篠村恭久.Menetrier病.カラー版 消化器病学 基礎と臨床.編集 浅香正博,菅野健太郎,千葉 勉.西村書店(東京).2013, pp655-657
  12. 池田 博,石田禎夫.IgM型多発性骨髄腫.新領域別症候群シリーズ No.23.日本臨床社(大阪).2013, pp536-538
  13. 池田 博,石田禎夫.IgE型多発性骨髄腫.新領域別症候群シリーズ No.23.日本臨床社(大阪).2013, pp539-541
  14. 山本博幸,篠村恭久.自己免疫性胃炎.専門医のための消化器病学 第2版.監修 小俣政男,千葉 勉.編集 下瀬川 徹,渡辺 守,木下芳一,金子周一,樫田博史.医学書院(東京).2013, pp100-103

Ⅲ 総説

  1. Suzuki H, Maruyama R, Yamamoto E, Kai M. Epigenetic alteration and microRNA dysregulation in cancer. Front Genet 2013, 4:1-8
  2. 篠村恭久.大腸癌のエピジェネティクス.Review of Gastroenterology&Clinical Gastroenterology and Hepatology 2013, 8:8-15
  3. 篠村恭久.消化管がん治療の進歩.心身医学 2013, 53:646-651
  4. 高橋裕樹,山本元久,篠村恭久.IgG4関連疾患.Medicina 2013, 50:464-467
  5. 石田禎夫.多発性骨髄腫における神経障害のマネジメント.血液内科 2013, 66:257-264
  6. 石田禎夫.移植非適応の多発性骨髄腫患者に対する治療.International Journal of Myeloma 2013, 3:12-25
  7. 石田禎夫.多発性骨髄腫の治療(2)移植非適応例.臨床血液 2013, 54:711-714
  8. 石田禎夫.多発性骨髄腫:染色体異常と臨床病型・予後.臨床血液 2013, 54:1856-1866
  9. 石田禎夫.多発性骨髄腫に対する免疫調節薬治療.Jpn J Cancer Chemother 2013, 40:589-593
  10. 石田禎夫.高齢者多発性骨髄腫の特徴と治療の実際.血液フロンティア 2013, 23:1733-1742
  11. 高橋裕樹,山本元久.IgG4関連疾患.最新医学 2013, 68:1474-1483
  12. 石田禎夫.多発性骨髄腫治療におけるトリプレット療法.日本臨牀 2013, 71:1691-1696
  13. 高橋裕樹,山本元久,鈴木知佐子,篠村恭久.IgG4関連疾患.Mebio 2013, 10:42-49
  14. 高橋裕樹.アダリムマブとエタネルセプトの免疫原性と継続率の比較検討.リウマチ科 2013, 50:115-123
  15. 高橋裕樹.生物学的製剤使用前における肺結核症のスクリーニングと使用中のモニタリング.分子リウマチ治療 2013, 6:174-178
  16. 高橋裕樹,山本元久,篠村恭久,今井浩三.IgG4関連疾患の予後と早期治療の必要性.日本臨床免疫学会誌 2013, 36:442-451
  17. 高橋裕樹,山本元久,篠村恭久.IgG4関連疾患包括診断基準.リウマチ科 2013, 50:669-675
  18. 山本元久,高橋裕樹,篠村恭久.IgG4関連涙腺・唾液腺炎―ミクリッツ病.リウマチ科 2013, 50:676-681
  19. 安井 寛,石田禎夫.多発性骨髄腫におけるエピゲノム異常と治療の可能性.血液内科 2013, 66:337-345
  20. 関 伸彦,高野賢一,森山亜由美,野口寛子,山本元久,高橋裕樹,氷見徹夫.IgG4関連疾患.JOHNS 2013, 29:637-642
  21. 氷見徹夫,高野賢一,関 伸彦,森山亜由美,山本元久,高橋裕樹.頭頸部領域のIgG4関連疾患.耳鼻咽喉科臨床 2013, 6:671-682

Ⅳ 原著

  1. Shimizu Y, Yamamoto M, Naishiro Y, Sudoh G, Ishigami K, Yajima H, Tabeya T, Matsui M, Suzuki C, Takahashi H, Seki N, Himi T, Yamashita K, Noguchi H, Hasegawa T, Suzuki Y, Honda S, Abe T, Imai K, Shinomura Y. Necessity of early intervention for IgG4-related disease-delayed treatment induces fibrosis progression. Rheumatology 2013, 52:679-683
  2. Saito M, Yamashita K, Tanuma T, Kaneto H, Murakami K, Onodera K, Shimizu H, Sakamoto H, Motoya M, Arimura Y, Shinomura Y. Pharyngeal cancer surveillance using narrow band imaging during conventional upper gastrointestinal endoscopy. Digestion 2013, 88:229-234
  3. Kato N, Yamamoto H, Adachi Y, Ohashi H, Taniguchi H, Suzuki H, Nakazawa M, Kaneto H, Sasaki S, Imai K, Shinomura Y. Cancer detection by ubiquitin carboxyl-terminal esterase L1 methylation in pancreatobiliary fluids. World J Gastroenterol 2013, 19:1718-1727
  4. Okazaki S, Nagoya S, Yamamoto M, Tateda K, Takahashi H, Yamashita T, Matsumoto H. High risk of osteonecrosis of the femoral head in autoimmune disease patients showing no immediate increase in hepatic enzyme under steroid therapy.  Rheumatol Int 2013, 33:51-55
  5. Yamazaki K, Umeno J, Takahashi A, Hirano A, Johnson TA, Kumasaka N, Morizono T, Hosono N, Kawaguchi T, Takazoe M, Yamada T, Suzuki Y, Tanaka H, Motoya S, Hosokawa M, Arimura Y, Shinomura Y, Matsui T, Matsumoto T, Iida M, Tsunoda T, Nakamura Y, Kamatani N, Kubo M. A genome-wide association study identifies 2 susceptibility loci for crohn’s disease in a Japanese pooulation. Gastroenterol 2013, 144:781-788
  6. Hasegawa T, Asanuma H, Ogino J, Hirohashi Y, Shinomura Y, Iwaki H, Kikuchi H, Kondo T. Use of potassium channel tetramerization domain-containing 12 as a biomarker for diagnosis and prognosis of gastrointestinal stromal tumor. Human Pathology 2013, 44:1271-1277
  7. Sawada T, Yamamoto E, Suzuki H, Nojima M, Maruyama R, Shioi Y, Akasaka R, Kamimae S, Harada T, Ashida M, Kai M, Adachi Y, Yamamoto H, Imai K, Toyota M, Itoh F, Sugai T. Association between genomic alterations and metastatic behavior of colorectal cancer identified by array-based comparative genomic hybridization. Genes Chromosomes Cancer 2013, 52:140-149
  8. Shimizu T, Suzuki H, Nojima M, Kitamura H, Yamamoto E, Maruyama R, Ashida M, Hatahira T, Kai M, Masumori N, Tokino T, Imai K, Tsukamoto T, Toyota M. Methylation of a panel of microRNA genes is a novel biomarker for detection of bladder cancer. Eur Urol 2013, 63:1091-1100
  9. Choudhury S, Almendro V, Merino VF, Wu Z, Maruyama R, Su Y, Martins FC, Fackler MJ, Bessarabova M, Kowalczyk A, Conway T, Beresford-Smith B, Macintyre G, Cheng YK, Lopez-Bujanda Z, Kaspi A, Hu R, Robens J, Nikolskaya T, Haakensen VD, Schnitt SJ, Argani P, Ethington G, Panos L, Grant M, Clark J, Herlihy W, Lin SJ, Chew G, Thompson EW, Greene-Colozzi A, Richardson AL, Rosson GD, Pike M, Garber JE, Nikolsky Y, Blum JL, Au A, Hwang ES, Tamimi RM, Michor F, Haviv I, Liu XS, Sukumar S, Polyak K. Molecular profiling of human mammary gland links breast cancer risk to a p27(+) cell population with progenitor characteristics. Cell Stem Cell 2013, 13:117-130
  10. Ohashi T, Idogawa M, Sasaki Y, Suzuki H, Tokino T. AKR1B10,a transcriptional target of p53,is downregulated in colorectal cancers associated with poor prognosis. Mol Cancer Res 2013, 11:1554-1563
  11. Hong SH, Goh SH, Lee SJ, Hwang JA, Lee J, Choi IJ, Seo H, Park JH, Suzuki H, Yamamoto E, Kim IH, Jeong JS, Ju MH, Lee DH, Lee YS. Upregulation of adenylate cyclase 3 (ADCY3) increases the tumorigenic potential of cells by activating the CREB pathway. Oncotarget 2013, 4:1791-1803
  12. Nishihara R, Morikawa T, Kuchiba A, Lochhead P, Yamauchi M, Liao X, Imamura Y, Nosho K, Shima K, Kawachi I, Qian ZR, Fuchs CS, Chan AT, Giovannucci E, Ogino S. A prospective study of duration of smoking cessation and colorectal cancer risk by epigenetics-related tumor classification. Am J Epidemiol 2013, 178:84-100
  13. Shigaki H, Baba Y, Watanabe Y, Murata A, Ishimoto T, Iwatsuki M, Iwagami S, Nosho K, Baba H. PIK3CA mutation is associated with a favorable prognosis among patients with curatively resected esophageal squamous cell carcinoma. Clin Cancer Res 2013, 19:2451-2459
  14. Murata A, Baba Y, Watanabe M, Shigaki H, Miyake K, Ishimoto T, Iwatsuki M, Iwagami S, Sakamoto Y, Miyamoto Y, Yoshida N, Nosho K, Baba H. Methylation levels of LINE-1 in primary lesion and matched metastatic lesions of colorectal cancer. Br J Cancer 2013, 109:408-415
  15. Saeki T, Kawano M, Mizushima I, Yamamoto M, Wada Y, Nakashima H, Homma N, Tsubata Y, Takahashi H, Ito T, Yamazaki H, Saito T, Narita I. The clinical course of patients with IgG4-related kidney disease. Kid Int 2013, 84:826-833
  16. Hasegawa M, Asano Y, Endo H, Fujimoto M, Goto D, Ihn H, Inoue K, Ishikawa O, Kawaguchi Y, Kuwana M, Ogawa F, Takahashi H, Tanaka S, Sato S, Takehara K. Serum chemokine levels as prognostic markers in patients with early systemic sclerosis: a multicenter, prospective, observational study. Mod Rheumatol 2013, 23:1076-1084
  17. Sawada T, Adachi Y, Noda M, Akino K, Arimura Y, Ishida T, Ishii Y, Endo T. Hepatic portal venous gas in a pancreatic solitary metastasis from an esophageal squamous cell carcinoma. Hepatobiliary Pancreat Dis Int 2013, 12:103-105
  18. 阿久津典之,佐々木 茂,高木秀安,若杉英樹,松永康孝,一色裕之,石上敬介,伊東文子,山本 至,金戸宏行,菅野伸一,米澤和彦,小林寿久,矢和田 敦,三橋 慧,安達雄哉,浜本康夫,篠村恭久.進行肝細胞癌のソラフェニブ投与における高血圧発症と治療効果の関連.Liver Cancer Journal 2013, 5:292-293
  19. 佐々木 茂,高木秀安,本谷雅代,阿久津典之,志谷真啓,松永康孝,五十嵐麻衣,山本博幸,篠村恭久.BCAA顆粒製剤投与時におけるLES(late evening snack)としてのアミノレバンENの効果.Frontiers in Gastroenterology 2013, 18:178-181
  20. 足立 靖,松永康孝,須河恭敬,中澤眞由美,谷口博昭,能正勝彦,鈴木 拓,山本博幸,有村佳昭,今井浩三,篠村恭久.IGF-I受容体を分子標的としたk-ras変異を伴う膵臓癌に対する治療.日本癌病態治療研究会誌 2013, 19:92-94
  21. 那須野正尚,有村佳昭,渡邊秀平,中垣 卓,永石歓和,苗代康可,山下健太郎,山本博幸,篠村恭久,今井浩三.骨髄間葉系幹細胞はazoxymethaneによる発癌のイニシエーションを一部解除する.消化器と免疫 2013, 49:85-88
症例報告
  1. Yamashita K, Arimura Y, Saito M, Iida T, Suzuki R, Niinuma T, Furuhata T, Kimura K, Ohta T, Shinomura Y. Pyogenic granuloma of the small bowel. Endoscopy 2013, 45:E9-10
  2. Yamashita K, Arimura Y, Saito M, Suzuki H, Furuhata T, Hirata K, Shinomura Y. Gastric cancer with microsatellite instability sharing clinical features chemoresistance and germline MSH6 variants. Clin J Gastroenterol 2013, 6:122-126
  3. Kunimoto Y, Yasui H, Touda N, Okazaki M, Nakata H, Noda N, Ikeda H, Hayashi T, Takahashi S, Shinomura Y, Ishida T, Miyamoto A. Coadministration of tenfovir decreased atazanavir plasma concentration after unilateral nephrectomy. J Infect Chemother 2013, 19:750-753
  4. 鈴木知佐子,清水悠以,田邉谷徹也,松井美琴子,山本元久,高橋裕樹,篠村恭久,齊藤正樹.Reversible posterior leukoencephalopathy syndromeを合併した全身性強皮症の一例.臨床リウマチ 2013, 25:34-39
  5. 丸山ゆみ子,林 敏昭,池田 博,安井 寛,石田禎夫,篠村恭久.血清免疫グロブリン遊離軽鎖検査が治療評価に有用であった非分泌型多発性骨髄腫.臨床血液 2013, 54:122-126
  6. 伊早坂 舞,林 敏昭,三橋 慧,田中道寛,安達雄哉,近藤吉宏,鈴木 隆,篠村恭久.水腎症を合併した子宮原発びまん性大細胞型B細胞リンパ腫.臨床血液 2013, 54:392-396
  7. 矢花 崇,後藤 啓,安達雄哉,内藤崇史,三橋 慧,鈴木 隆,近藤吉宏,笠井 潔,篠村恭久.2カ所の大腸悪性狭窄を伴う治癒切除不能大腸癌においてself-expandable metallic stentが有効であった1例.日本消化器内視鏡学会雑誌 2013, 55:3580-3588
  8. 長南新太,林 敏昭,東出侑子,青木由佳,丸山ゆみ子,池田 博,石田禎夫,近藤吉宏,篠村恭久.Vorinostatが有効であったSézary症候群の一例.診療と新薬 2013, 50:1009-1012

Ⅴ 学会・研究会等

  1. Ikeda H, Sasaki Y. The relationship of myeloma cells stromal cells and monocytes under bone marrow microenvironment. 9th AACR-Japanese Cancer Association Joint Conference. 2013, Hawaii.
  2. Sasaki Y, Koyama R, Maruyama R, Tamura M, Ohashi T, Idogawa M, Suzuki H, Shinomura Y, Tokino T. CLCA2, a target of the p53 family, negatively regulates cancer cell migration and invasion. 9th AACR-Japanese Cancer Association Joint Conference. 2013, Hawaii.
  3. Idogawa M, Ohashi T, Sasaki Y, Tokino T. Identification of novel p53 target genes by ChIP-Seq and mRNA expression analysis combined with genome-wide p53-binding motif analysis in silico. 9th AACR-Japanese Cancer Association Joint Conference. 2013, Hawaii.
  4. Tamura M, Sasaki Y, Koyama R, Yokota I, Ohashi T, Idogawa M, Tokino T. Forkhead transcription factor FOXF1 is a novel target gene of the p53 family and regulates cancer cell migration and invasiveness. 9th AACR-Japanese Cancer Association Joint Conference. 2013, Hawaii.
  5. Ohashi T, Idogawa M, Sugisaka J, Tamura M, Yokota I, Sasaki Y, Tokino T. Apoptosis induction in p53-mutated cancer cell by shRNAs based on the screening of genome-wide shRNA library. 9th AACR-Japanese Cancer Association Joint Conference. 2013, Hawaii.
  6. Adachi Y, Yamamoto H, Matsunaga Y, Nosho K, Taniguchi H, Suzuki H, Arimura Y, Endo T, Kato Y, Imai K, Shinomura Y. Targeting IGF-I receptor for human pancreatic carcinoma with k-ras mutation. 9th AACR-Japanese Cancer Association Joint Conference. 2013, Hawaii.
  7. Kato Y, Hirata H, Tsujisaki M, Matsune T, Sasaki S, Hinoda Y, Shinomura Y, Imai K. A combination of the anti-fibroblast growth factor receptor 1 monoclonal antiboby and interferon-a/b suppresses human hepatic cancer cells in vitro and in vivo. 9th AACR-Japanese Cancer Association Joint Conference. 2013, Hawaii.
  8. Maruyama R, Yamamoto E, Tsuyada A, Suzuki R, Ashida M, Shinomura Y, Suzuki H. Systematic identification of long non-coding RNAs potentially involved in chronic inflammation associated with Helicobacter pylori infection. The 4th Symposium of A3 Foresight Program Recent Progress of Cancer Epigenomics. 2013, Korea.
  9. Maruyama R, Yamamoto E, Kumegawa K, Tsuyada A, Ashida M, Suzuki R, Tokino T, Shinomura Y, Suzuki H. Integrated analysis of clinical ChIPSeq data and public databases identified candidate long non-coding RNAs critically involved in gastrointestinal cancer. 104th Annual Meeting American Association for Cancer Research. 2013, Washington.
  10. Adachi Y, Yamamoto H, Ohashi H, Matsunaga Y, Nosho K, Suzuki H, Taniguchi H, Arimura Y, Endo T, Kato Y, Imai K, Carbone DP, Shinomura Y. IGF-I receptor targeting therapy for esophageal carcinomas. 104th Annual Meeting American Association for Cancer Research. 2013, Washington.
  11. Nosho K, Igarashi H, Ito M, Naito T, Mitsuhashi K, Sukawa Y, Nakazawa M, Sumioka W, Yoshii S, Fujita M, Yamamoto E, Adachi Y, Baba Y, Nojima M, Maruyama R, Suzuki H, Yamamoto H, Imai K, Shinomura Y. Analysis of the genome-wide DNA methylation level in colorectal adenoma for detecting the precursor lesion of line extreme hypomethylated colorectal cancer. DDW2013. 2013, Orlando.
  12. Ito M, Sukawa Y, Nosho K, Igarashi H, Naito T, Kunimoto H, Mitsuhashi K, Nakazawa M, Sumioka W, Adachi Y, Mikami M, Kawayama M, Suzuki H, Yamamoto H, Shinomura Y. Characteristics of and associations among the HER2 signal-related factors thought to be predictive factors for the effectiveness of trastuzumab therapy in gastric cancer. DDW2013. 2013, Orlando.
  13. Nosho K, Yoshii S, Baba Y, Igarashi H, Ito M, Naito T, Sukawa Y, Mikami M, Takahashi T, Nakazawa M, Sumioka W, Takahashi H, Hosokawa M, Suzuki H, Adachi Y, Yamamoto H, Imai K, Ogino S, Shinomura Y. Analysis of the insulin-like growth factor 2 (IGF2) differentially methylated region (DMR) 0 hypomethylation in carcinogenesis of colorectal serrated lesions. DDW2013. 2013, Orlando.
  14. Mitsuhashi K, Sukawa Y, Nakazawa M, Naito T, Ito M, Igarashi H, Kunimoto H, Nosho K, Adachi Y, Yamamoto H, Takada K, Shinomura Y. Association between EBV infection and HER2 expression in gastric cancer. DDW2013. 2013, Orlando.
  15. Isshiki H, Arimura Y, Nasuno M, Nagaishi K, Naishiro Y, Yamashita K, Shinomura Y, Imai K. Mesenchymal stem cells partially cancel azoxymethane-induced tumor initiation. DDW2013. 2013, Orlando.
  16. Igarashi H, Nosho K, Ito M, Naito T, Mitsuhashi K, Sukawa Y, Mikami M, Yamamoto E, Nakazawa M, Sumioka W, Okuda H, Takahashi H, Kusumi T, Hosokawa M, Nojima M, Okita K, Suzuki H, Yamamoto H, Shinomura Y. Analysis of the molecular features of elderly colorectal cancer patients using a large Japanese cohort study and the importance of sessile serrated adenoma/polyp (SSA/P) as a precursor lesion. DDW2013. 2013, Orlando.(Best Poster Award)
  17. Nagaishi K, Isshiki H, Arimura Y, Naishiro Y, Fujimiya M, Imai K, Shinomura Y. Mesenchymal stem cell therapy ameliorates dextran sodium sulfate-induced colitis in mice by regulating bone marrow niche cells and hematopoietic stem cells. 11th Annual Meeting of the International Society for Stem Cell Research. 2013, Boston.
  18. Ikeda H, Aoki Y, Hayashi T, Ishida T, Shinomura Y. The relationship of myeloma cells stromal cells, and monocytes under bone marrow microenvironment. 18th Congress of European Hematology Association. 2013, Sweden.
  19. Yamashita K, Arimura Y, Isshiki H, Saito M, Suzuki R, Endo T, Shinomura Y. Common benign gastric lesions as endoscopic risk indicator of gastric cancer. 10th International Gastric Cancer Congress. 2013, Verona.
  20. Saito M, Kaneto H, Okuda H, Kodaira J, Hagiwara T, Kozawa H, Yoshimoto M, Suzuki K, Adachi T, Nakachi K, Yawata A, Tanuma T, Nojima M, Niinuma T, Isshiki H, Suzuki R, Hamamoto Y, Yamashita K, Arimura Y, Shinomura Y. Serum HER2 in gastric cancer. 10th International Gastric Cancer Congress. 2013, Verona.
  21. Adachi Y, Matsunaga Y, Yamamoto H, Nosho K, Akino K, Suzuki H, Arimura Y, Endo T, Kato Y, Shinomura Y. Insulin-like growth factor-I receptor as a candidate for a targeting molecule in human pancreatic adenocarcinoma having a mutated K-ras. 21st United European Gastroenterology Week. 2013, Berlin.
  22. Ishida T, Hayashi T, Aoki Y, Shinomura Y. Stroma cells and monocytes make multiple myeloma cells active in bone marrow microenviroment. 55th ASH Annual Meeting and Exposition. 2013, New Orleans.
  23. Ikeda H, Aoki Y, Maruyama Y, Hayashi T, Ishida T, Shinomura Y. The relationship of myeloma cells stromal cells and monocyte in bone marrow microenvironment. 14th International Myeloma Workshop. 2013, Kyoto.
  24. Isshiki H, Arimura Y, Nasuno M, Nakagaki S, Nagaishi K, Naishiro Y, Yamashita K, Shinomura Y, Imai K. Mesenchymal stem cells partially cancel azoxymethane-induced tumor initiation. The 1th Annual Meeting of Asian Organization for Crohn’s & Colitis (AOCC). 2013, Tokyo.(Best Poster Award)
  25. Sasaki Y, Tamura M, Koyama R, Takeda K, Idogawa M, Tokino T. Forkhead transcription factor FOXF1 is a novel target gene of the p53 family and regulates cancer cell migration and invasiveness. 6th International p63/p73 Workshop. 2013, Chiba.
  26. Idogawa M, Ohashi T, Sasaki Y, Tokino T. Identification of novel p53 family target genes by ChIP-Seq and mRNA expression analysis combined with genome-wide p53-binding motif analysis in silico. 6th International p63/p73 Workshop. 2013, Chiba.
  27. Takahashi H. Discovery of IgG4-related disease and clinical characteristics. 12th International Symposium on Sjogren's Syndrome. 2013, Kyoto.
  28. Yamamoto M. Clinical practice in IgG4-related dacryoadenitis and sialadenitis, so called Mikulicz’s disease. 12th International Symposium on Sjogren's Syndrome. 2013, Kyoto.
  29. Kumegawa K, Maruyama R, Yamamoto E, Ashida M, Tsuyada A, Hatahira T, Niinuma T, Suzuki R, Sugai T, Yamano H, Kai M, Sato A, Shinomura Y, Suzuki H. Genome-wide identification of novel long noncoding RNAs epigenetically silenced by DNA methylation in colorectal cancer. Sapporo Cancer Epigenetics Seminar of the A3 Foresight Program 2013. 2013, Sapporo.
  30. Maruyama R, Yamamoto E, Tsuyada A, Kumegawa K, Suzuki R, Ashida M, Niinuma T, Sato A, Kai M, Shinomura Y, Suzuki H. Systematic identification of long non-coding RNAs potentially in volved in gastric carcinogenesis. Sapporo Cancer Epigenetics Seminar of the A3 Foresight Program 2013. 2013, Sapporo.
  31. Sunami K, Fuchida S, Matsumoto M, Yoshida T, Murayama T, Miyamoto T, Otsuka E, Fujishima N, Izumi T, Tamaki S, Hiramatsu Y, Kuroda Y, Hayashi T, Tamura H, Takamatsu H, Murata R, Kiguchi T, Shimomura T, Yujiri T, Togitani K, Nagafuji K, Akashi K, Harada M. Lenalidomide consolidation and maintenance therapy after auto-PBSCT for multiple myeloma(JSCTMM10). The 75th Annual Meeting of the Japanese Society of Hematology. 2013, Sapporo.
  32. 篠村恭久.消化器癌治療の進歩.(教育講演)第16回日本病態栄養学会年次学術集会.2013, 京都.
  33. 五十嵐麻衣,阿久津典之,高木秀安,本谷雅代,志谷真啓,松永康孝,佐々木 茂,東 貴代,鬼原 彰,篠村恭久.肝細胞がん株における高インスリン状態の影響とそのBGAAの効果に関する検討.第16回日本病態栄養学会年次学術集会.2013, 京都.
  34. 佐々木 茂,五十嵐麻衣,松永康孝,志谷真啓,阿久津典之,本谷雅代,高木秀安,東 貴代,鬼原 彰,篠村恭久.BCAA顆粒製剤内服で効果不十分な症例に対して肝不全用経口栄養剤をLESとして投与した場合の効果.第16回日本病態栄養学会年次学術集会.2013, 京都.
  35. 能正勝彦,五十嵐央祥,伊藤美樹,内藤崇史,三上雅史,川山真理子,須河恭敬,吉井新二,高橋宏明,細川正夫,沖田憲司,平田公一,高橋大賀,足立 靖,山本博幸,鈴木 拓,篠村恭久.大腸癌におけるLINE-1メチル化レベルとmicroRNA発現を標的とした診断・個別化治療への応用.第9回日本消化管学会総会学術集会.2013, 東京.
  36. 小野寺 馨,割田悦子,川上賢太郎,行澤斉悟,山中康弘.胃癌におけるHER2発現状況とトラスツズマブ併用療法の安全性と有効性の検討.第9回日本消化管学会総会学術集会.2013, 東京.
  37. 須河恭敬,山本博幸,能正勝彦,鈴木 拓,足立 靖,篠村恭久.胃癌におけるPI3K-Akt経路異常活性化に関わる因子の検討と個別化治療への応用.第9回日本消化管学会総会学術集会.2013, 東京.
  38. 鈴木 拓,山本英一郎,神前正幸,丸山玲緒,野島正寛,山野泰穂,菅井 有,山本博幸,篠村恭久.大腸腫瘍におけるニューロテンシン受容体1型遺伝子のメチル化と臨床的意義.第9回日本消化管学会総会学術集会.2013, 東京.
  39. 三橋 慧,内藤崇史,矢花 崇,安達雄哉,後藤 啓,近藤吉宏,齊藤真由子,有村佳昭,篠村恭久.進行胃癌に対しXP療法(Capecitabine+CDDP)を外来で安全に施行しえた一例.第9回日本消化管学会総会学術集会.2013, 東京.
  40. 石上敬介,齊藤真由子,金戸宏行,清水晴夫,奥田博介,鈴木一也,仲地耕平,安達雄哉,田沼徳真,矢和田 敦,浜本康夫,山下健太郎,有村佳昭,篠村恭久.胃がんの組織HER2発現と血清HER2.第9回日本消化管学会総会学術集会.2013, 東京.
  41. 那須野正尚,田中浩紀,石上敬介,伊東文子,山本 至,一色裕之,中垣 卓,佐藤修司,清水晴夫,金戸宏行,山下真幸,石井 学,本谷 聡,今村哲理.潰瘍性大腸炎ステロイドナイーブ例における週2回の顆粒球除去療法(intensive GMA)に関する検討.第9回日本消化管学会総会学術集会.2013, 東京.
  42. 田中一成,三井慎也,野村昌史,田沼徳真,村上佳世,奥宮雅代,浦出伸治,永井一正,松波幸寿,真口宏介.早期十二指腸癌に対するESDに際しSwanBladeが有用であった1例.第9回日本消化管学会総会学術集会.2013, 東京.
  43. 山本元久.ミクリッツ病からみたIgG4関連疾患~データベースSMARTから.第20回自己抗体と自己免疫シンポジウム.2013, 東京.
  44. 五十嵐哲祥.リンパ腫関連血球貧食症候群の一例.第37回北海道血液疾患研究会.2013, 札幌.
  45. 石田禎夫.未治療初発移植非適応骨髄腫患者におけるMPB導入療法、レナリドミド強化及び維持療法の有効性・安全性を検証する第Ⅱ相臨床研究(CANDLE試験)の紹介.第37回北海道血液疾患研究会.2013, 札幌.
  46. 五十嵐哲祥,須藤豪太,柾木喜晴,岡 俊州,谷津高文,笠原 薫,山内英敬,小林寿久,矢和田 敦.漢方薬内服との関連が示唆された特発性腸間膜静脈硬化症の1例.第266回日本内科学会北海道地方会.2013, 札幌.
  47. 五十嵐哲祥,須藤豪太,柾木喜晴,岡 俊州,谷津高文,笠原 薫,山内英敬,小林寿久,矢和田 敦.健康食品を原因として発症した重篤な薬剤性肝障害の1例.第266回日本内科学会北海道地方会.2013, 札幌.
  48. 山本 至,佐藤修司,石上敬介,伊東文子,那須野正尚,中垣 卓,清水晴夫,金戸宏行.ダサチニブが著効した超高齢者Ph陽性ALLの1例.第266回日本内科学会北海道地方会.2013, 札幌.
  49. 矢島秀教.XP+HER療法の使用経験.Gastric Cancer Seminar in SAPPORO.2013, 札幌.
  50. 齊藤真由子.XP+HER療法、XP療法の現状.Gastric Cancer Seminar in SAPPORO.2013, 札幌.
  51. 山本元久,田邉谷徹也,清水悠以,矢島秀教,松井美琴子,鈴木知佐子,苗代康可,高橋裕樹,今井浩三,篠村恭久.IgG4関連ミクリッツ病の診断基準(2008)の検証.第7回IgG4研究会.2013, 岡山.
  52. 浦出伸治,野村昌史,三井慎也,田沼徳真,村上佳世,西園雅代,永井一正,田中一成,真口宏介.ESDを施行した高齢者の胃癌非治癒切除例の検討.第106回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  53. 我妻康平,山下健太郎,鈴木 亮,齊藤真由子,新沼 猛,伊志嶺 優,有村佳昭,能正勝彦,山本博幸,萩野次郎,佐野晋司,近藤伸彦,西舘敏彦,篠村恭久.出血性小腸潰瘍を合併したcutaneomucosal venous malformationの一例.第106回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  54. 伊藤美樹,能正勝彦,五十嵐央祥,内藤崇史,吉井新二,高橋宏明,久須美貴哉,細川正夫,鈴木 拓,山本博幸,篠村恭久.本邦における多症例の大腸腫瘍を対象とした分子生物学的異常の検討と生活習慣との関連.第106回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  55. 村上佳世,野村昌史,三井慎也,田沼徳真,浦出伸治,西園雅代,永井一正,田中一成,松波幸寿,真口宏介.高齢者(75歳以上)に対する大腸ESD治療成績と安全性.第106回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  56. 矢和田 敦,須藤豪太,柾木喜晴,五十嵐哲祥,谷津高文,岡 俊州,笠原 薫,小林寿久.検診を契機に診断された健常女性に発症したアメーバ腸炎の一例.第106回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  57. 田中一成,野村昌史,三井慎也,田沼徳真,村上佳世,浦出伸治,西園雅代,永井一正,松波幸寿,真口宏介.腸管出血性大腸菌O-157腸炎14例の検討.第106回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  58. 川上裕次郎,山下健太郎,飯田智哉,伊志嶺 優,牛島慶子,那須野 央,沼田泰尚,一色裕之,齊藤真由子,鈴木 亮,山本英一郎,能正勝彦,山本博幸,有村佳昭,篠村恭久.抗血栓薬服用患者に対する大腸ポリープ切除術.第106回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  59. 岡 俊州,柾木喜晴,五十嵐哲祥,谷津高文,笠原 薫,山内英敬,小林寿久,矢和田 敦.EUS-FNA後の穿刺部腫瘍に対してEUS-CD(超音波内視鏡ガイド下ドレナージ術)にて加療した膵尾部癌の一例.第106回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  60. 小林寿久,柾木喜晴,五十嵐哲祥,岡 俊州,谷津高文,笠原 薫,山内英敬,矢和田 敦.Collagenous gastritisの一例.第106回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  61. 沼田泰尚,松永康孝,志谷真啓,阿久津典之,本谷雅代,高木秀安,佐々木 茂,篠村恭久, 今村将史,木村康利,平田公一.無黄疸で発見された早期胆管癌(m癌)の1切除例.第106回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  62. 石上敬介,伊東文子,山本 至,那須野正尚,中垣 卓,佐藤修司,清水晴夫,金戸宏行.腔鏡下胆嚢摘出術後に発症した特発性食道粘膜下血腫の一例.第106回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  63. 能正勝彦,山本博幸,篠村恭久.本邦における高齢者大腸癌の臨床病理学的・分子生物学的特徴とその前癌病変としての大腸鋸歯状病変の重要性.第112回日本消化器病学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  64. 伊東文子,金戸宏行,石上敬介,山本 至,那須野正尚,中垣 卓,佐藤修司,清水晴夫.再発食道内分泌細胞癌に対し、CDDP、CPT-11併用化学療法の再導入が有効であった一症例.第112回日本消化器病学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  65. 飯田智哉,鈴木 亮,牛島慶子,川上裕次郎,沼田泰尚,一色裕之,齊藤真由子,山本英一郎,能正勝彦,山下健太郎,山本博幸,篠村恭久.十二指腸穿通部から動脈性出血を来たした悪性リンパ腫の一例.第112回日本消化器病学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  66. 那須野 央,齊藤真由子,飯田智哉,伊志嶺 優,須藤豪太,一色裕之,鈴木 亮,山本英一郎,能正勝彦,山下健太郎,有村佳昭,古畑智久,篠村恭久.当科における胃癌・大腸癌患者のCVポート使用状況と合併症.第112回日本消化器病学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  67. 柾木喜晴,須藤豪太,五十嵐哲祥,岡 俊州,谷津高文,笠原 薫,山内英敬,小林寿久,矢和田 敦,池田 健.膀胱へ穿破した虫垂粘液嚢胞腺癌の一例.第112回日本消化器病学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  68. 永井一正,野村昌史,三井慎也,田沼徳真,村上佳世,浦出伸治,西園雅代,田中一成,松波幸寿,真口宏介.潰瘍性大腸炎に対するタクロリムスの有効性.第112回日本消化器病学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  69. 藤好 直,神山俊哉,横尾英樹,柿坂達彦,若山顕治,敦賀陽介,蒲池浩文,佐々木 茂,高木秀安,武冨紹信.術前診断が困難であった肝血管筋脂肪腫の一例.第112回日本消化器病学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  70. 佐々木 基,阿久津典之,那須野 央,松永康孝,志谷真啓,本谷雅代,高木秀安,佐々木 茂,篠村恭久.アルコール性肝硬変に発生した多血性腫瘤の一例.第112回日本消化器病学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  71. 小野道洋,石渡裕俊,林 毅,宮西浩嗣,松永康孝,志谷真啓,本谷雅代,篠村恭久,斉藤正人,廣川直樹,坂田耕一,今村将史,木村康利,平田公一,加藤淳二.札幌医科大学附属病院における膵癌診療の現況.第112回日本消化器病学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  72. 山本 至,金戸宏行,石上敬介,伊東文子,那須野正尚,中垣 卓,佐藤修司,清水晴夫.中結腸動脈瘤破裂に対しコイル塞栓術を施行した1例.第112回日本消化器病学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  73. 池田 博,五十嵐哲祥,青木由佳,丸山ゆみ子,安井 寛,林 敏昭,石田禎夫,篠村恭久.多発性骨髄腫に自家末梢血幹細胞移植を施行した15例の症例検討.第35回日本造血細胞移植学会総会.2013, 金沢.
  74. 鈴木 亮,山本英一郎,篠村恭久.microRNA-34b/cの異常メチル化は胃癌の異時性多発リスクに関与する.第99回日本消化器病学会総会.2013, 鹿児島.
  75. 能正勝彦,山本博幸,篠村恭久.マルチバイオマーカー解析に基づく切除不能大腸癌の化学療法・分子標的治療の展望.第99回日本消化器病学会総会.2013, 鹿児島.
  76. 新沼 猛,鈴木 拓,篠村恭久.miR-196aとHOTAIRの高発現は消化管間質腫瘍の悪性化に関与する.第99回日本消化器病学会総会.2013, 鹿児島.
  77. 能正勝彦,山本博幸,篠村恭久.KRAS, BRAF, PIK3CA変異と有意な相関を示すmicroRNAの同定を目指したアレイシステムによる網羅的検討.第99回日本消化器病学会総会.2013, 鹿児島.
  78. 五十嵐央祥,吉井新二,能正勝彦.本邦における大腸腺種・大腸鋸歯状病変と喫煙習慣・BRAF遺伝子変異の検討.第99回日本消化器病学会総会.2013, 鹿児島.
  79. 村上佳世,田沼徳真,三井慎也,野村昌史,浦出伸治,奥宮雅代,永井一正,田中一成,松波幸寿,真口宏介.未分化型早期胃癌のESDにおける非治癒切除因子の検討.第99回日本消化器病学会総会.2013, 鹿児島.
  80. 内藤崇史,能正勝彦,五十嵐央祥,伊藤美樹,須河恭敬,三橋 慧,松永康孝,三上雅史,高橋大賀,吉井新二,高橋宏明,細川正夫,鈴木 拓,山本英一郎,足立 靖,山本博幸,篠村恭久.多症例の大腸側方発育型腫瘍(LST)を対象にしたLINE-1メチル化レベルと遺伝子異常の検討.第99回日本消化器病学会総会.2013, 鹿児島.
  81. 高橋裕樹.バイオ時代の関節リウマチ診療.第15回山口臨床リウマチ研究会.2013, 山口.
  82. 山本元久.SMARTデータベースからわかること.第3回北海道臨床免疫セミナー.2013, 札幌.
  83. 石田禎夫.多発性骨髄腫の骨病変.第25回北海道癌治療研究会学術講演会.2013, 札幌.
  84. 鈴木 亮,山本英一郎,鈴木 拓,野島正寛,丸山玲緒,能正勝彦,山本博幸,山野泰穂,菅井 有,篠村恭久.microRNA-34b/c異常メチル化率測定による胃癌の異時性多発リスク予測.第110回日本内科学会総会講演会.2013, 東京.
  85. 有村佳昭.日本人におけるIBD感受性遺伝子のメタ解析.第21回北海道IBD研究会.2013, 札幌.
  86. 鈴木 亮,山本英一郎,鈴木 拓,野島正寛,丸山玲緒,能正勝彦,山本博幸,山野泰穂,菅井 有,篠村恭久.胃癌の異時性多発リスク予測マーカーとしてのmicroRNA-34b/c異常メチル化測定.第50回日本臨床分子医学会学術集会.2013, 東京.
  87. 能正勝彦,伊藤美樹,五十嵐央祥,内藤崇史,三橋 慧,須河恭敬,足立 靖,吉井新二,鈴木 拓,山本博幸,荻野周史,篠村恭久.大腸鋸歯状病変におけるInsulin-like growth factor2(IGF2)differentially methylated region (DMR) 0メチル化レベルの解析―発癌機構の解明を目指して―.第50回日本臨床分子医学会学術集会.2013, 東京.
  88. 山本元久.IgG4関連涙腺・唾液腺病変(ミクリッツ病).第57回日本リウマチ学会総会・学術集会.2013, 京都.
  89. 上田尚靖,塚本 浩,石ヶ坪良明,井田弘明,楠原浩一,高橋裕樹,武井修治,田平知子,藤井隆夫,簑田清次,宮原寿明,鷲尾昌一,田中 淳,綾野雅宏,赤司浩一,堀内孝彦.本邦におけるTNF受容体関連周期性症候群(TRAPS)の特徴.第57回日本リウマチ学会総会・学術集会.2013, 京都.
  90. 佐伯敬子,川野充弘,水島伊知郎,山本元久,和田庸子,中島 衡,伊藤朋広,山﨑 肇,高橋裕樹,斉藤喬雄,成田一衛.IgG4関連腎臓病43例の臨床経過.第57回日本リウマチ学会総会・学術集会.2013, 京都.
  91. 矢島秀教,阿部 敬,山本元久,鈴木知佐子,高橋裕樹,篠村恭久.尋常性乾癬を合併した抗アミノアシルtRNA合成酵素抗体症候群の1例.第57回日本リウマチ学会総会・学術集会.2013, 京都.
  92. 鈴木 亮,一色裕之,村上佳世,小野寺 馨,齊藤真由子,能正勝彦,山下健太郎,有村佳昭,篠村恭久,栗原弘義,田沼徳真.当科において内視鏡治療を行ったバレット腺癌の3例.第40回北海道食道癌研究会.2013, 札幌.
  93. 田沼徳真,田中一成,浦出伸治,栗原弘義,三井慎也,野村昌史.食道全周ESD後狭窄に対してステロイド局注より内服が効果的だった1例.第40回北海道食道癌研究会.2013, 札幌.
  94. 高橋裕樹,山本元久.IgG4関連疾患―検査と診断―.第86回日本内分泌学会学術総会.2013, 仙台.
  95. 能正勝彦,伊藤美樹,篠村恭久.多症例の大腸鋸歯状病変・腺腫・癌を対象とした喫煙習慣の分子病理疫学的検討.第85回日本消化器内視鏡学会総会.2013, 京都.
  96. 金戸宏行,石上敬介,伊東文子,山本 至,那須野正尚,中垣 卓,佐藤修司,清水晴夫,今 信一郎,大関令奈,野島正寛,篠村恭久.胆管癌における経乳頭的病理診断率を向上させる因子に関する検討.第85回日本消化器内視鏡学会総会.2013, 京都.
  97. 鈴木一也,矢島秀教,菅野伸一,若杉英樹,藤井健一,米澤和彦,阿部 敬,吉田 豊,篠村恭久.EMR+放射線療法施行後に再発した直腸癌に対し、salvage療法としてESDを施行した1例.第85回日本消化器内視鏡学会総会.2013, 京都.
  98. 齊藤真由子.胃がんにおける組織HER2と血清HER2の関連.第36回札幌消化管研究会.2013, 札幌.
  99. 能正勝彦.高齢者における大腸鋸歯状病変の分子病理学的検討.第36回札幌消化管研究会.2013, 札幌.
  100. 高橋裕樹.バイオ時代の関節リウマチ診療.第6回さいたまエタネルセプトミーティング.2013, 埼玉.
  101. 青木由佳,丸山ゆみ子,池田 博,林 敏昭,石田禎夫,篠村恭久.ALアミロイドーシスに対して治療経過中に自家末梢血幹細胞移植(A-PBSCT)を2回施行した2例.第24回北海道造血細胞移植研究会.2013, 札幌.
  102. 岡 俊州,須藤豪太,牛島慶子,柾木喜晴,谷津高文,笠原 薫,小林寿久,矢和田 敦.肝内胆管癌によるSister Mary Joseph’s noduleの1例.第267回日本内科学会北海道地方会.2013, 札幌.
  103. 松永康孝,牛島慶子,志谷真啓,阿久津典之,本谷雅代,高木秀安,佐々木 茂,篠村恭久, 川本雅樹,水口 徹.遅発肝転移を来し、外科的切除を行った副腎皮質癌の1例.第267回日本内科学会北海道地方会.2013, 札幌.
  104. 明石浩史,水越常徳,宮地敏樹,舛谷治郎,篠村恭久.インスリン治療により経過良好な横紋筋融解症を伴った劇症1型糖尿病の1例.第267回日本内科学会北海道地方会.2013, 札幌.
  105. 松永康孝.当科におけるRFA後局所再発に関する検討.第29回札幌肝胆膵研究会.2013, 札幌.
  106. 阿久津典之,若杉英樹,松永康孝,一色裕之,高木秀安,佐々木 茂,篠村恭久,石上敬介,伊東文子,山本 至,金戸宏行,菅野伸一,米澤和彦,小林寿久,矢和田 敦,三橋 慧,安達雄哉,浜本康夫.進行肝細胞癌のソラフェニブ投与における高血圧発症と治療効果の関連.第8回日本肝がん分子標的治療研究会.2013, 石川.
  107. 能正勝彦.大規模コホートを用いた大腸癌のノンコーディングRNA発現異常と生活習慣の分子疫学的検討.第22回日本癌病態治療研究会.2013, 東京.(奨励研究賞)
  108. 足立 靖,松永康孝,須河恭敬,中澤眞由美,谷口博昭,能正勝彦,鈴木 拓,山本博幸,有村佳昭,今井浩三,篠村恭久.IGF-I受容体を分子標的としたK-ras変異を伴う膵臓癌に対する治療.第22回日本癌病態治療研究会.2013, 東京.
  109. 能正勝彦,五十嵐央祥,伊藤美樹,内藤崇史,三橋 慧,野島正寛,山本英一郎,吉井新二,奥田博介,高橋宏明,久須美貴哉,細川正夫,沖田憲司,平田公一,丸山玲緒,鈴木 拓,山本博幸,篠村恭久.大腸癌の新規バイオマーカー探索を目指したEGFR下流シグナルを制御するマイクロRNAの検討.第79回大腸癌研究会.2013, 大阪.
  110. 矢島秀教,山本元久,我妻康平,鈴木知佐子,福島 誠,苗代康可,高橋裕樹,篠村恭久.胆道病変を認めたIgG4関連疾患の一例.第35回北海道コラーゲン研究会.2013, 札幌.
  111. 篠村恭久.病態栄養専門師とチーム医療.日本病態栄養学会 平成25年度教育セミナー.2013, 札幌.
  112. 佐々木 茂.病態栄養の基礎知識.日本病態栄養学会 平成25年度教育セミナー.2013, 札幌.
  113. 高木秀安.消化器疾患・呼吸器疾患.日本病態栄養学会 平成25年度教育セミナー.2013, 札幌.
  114. 石黒一也.自家移植後に再発した肝原発びまん性大細胞型リンパ腫に同種移植を施行した一例.第12回ミニ移植フォーラム.2013, 札幌.
  115. 松永康孝,志谷真啓,阿久津典之,本谷雅代,高木秀安,佐々木 茂,篠村恭久.当科におけるRFA後局所再発に関する検討.第49回日本肝癌研究会.2013, 東京.
  116. 高橋裕樹.本邦発の新しい全身性疾患―IgG4関連疾患―.第23回千葉膠原病セミナー.2013, 千葉.
  117. 須藤豪太,山下健太郎,小林寿久,矢和田 敦,有村佳昭,古畑智久,平田公一,篠村恭久.マイクロサテライト不安定性陰性のLynch症候群.第19回日本家族性腫瘍学会.2013, 別府.
  118. 山下健太郎,有村佳昭,齊藤真由子,鈴木 拓,古畑智久,平田公一,篠村恭久.胃癌におけるマイクロサテライト不安定性.第19回日本家族性腫瘍学会.2013, 別府.
  119. 飯田智哉,山下健太郎,鈴木 亮,須河恭敬,齊藤真由子,新沼 猛,山本英一郎,能正勝彦,有村佳昭,篠村恭久,木村圭介,太田智之.小腸pyogenic granulomaの一例.第6回日本カプセル内視鏡学会学術集会.2013, 東京.
  120. 本谷雅代.当科における切除不能膵癌に対するS-1併用ペプチドワクチン療法第Ⅰ相臨床試験の報告.第9回北海道癌免疫制御研究会.2013, 札幌.
  121. 伊藤美樹,能正勝彦,五十嵐央祥,内藤崇史,三橋 慧,須河恭敬,田沼徳真,山本桂子,吉井新二,高橋宏明,細川正夫,山本博幸,篠村恭久.表在型食道胃接合部癌における分子生物学的異常の解析.第45回胃病態機能研究会.2013, 名古屋.
  122. 中村正弘,菊地剛史,原田 拓,秋野公臣,高橋秀明,見田裕章,安達靖代,足立 靖,澁佐 隆,加藤康夫,遠藤高夫,石井良文,林 敏昭,石田禎夫,澤田 武,安井 寛.多発肝転移を伴った胃Burkittリンパ腫の一例.第26回札幌Digestive Diseaseカンファレンス.2013, 札幌.
  123. 有村佳昭.IBDに対する幹細胞治療.第22回関西腸疾患セミナー.2013, 大阪.
  124. 一色裕之,有村佳昭,永石歓和,苗代康可,篠村恭久,今井浩三.骨髄間葉系幹細胞依存性の大腸癌細胞増殖の機序.第50回日本消化器免疫学会総会.2013, 東京.
  125. 高橋裕樹.バイオ時代のRA診療の実際.RA Scientific Seminar in 室蘭.2013, 室蘭.
  126. 有村佳昭.炎症性腸疾患に対する幹細胞治療.第38回北海道血液疾患研究会.2013, 札幌.
  127. 阿久津典之,高木秀安,福田昴一郎,平山大輔,若杉英樹,志谷真啓,本谷雅代,佐々木 茂,篠村恭久.EOB-MRIで高信号を呈した肝細胞癌の一切除例.第15回北海道肝イメージ研究会.2013, 札幌.
  128. 齊藤真由子,金戸宏行,奥田博介,小平純一,萩原 武,小澤 広,吉本 満,山下健太郎,有村佳昭,篠村恭久.Serum HER2 in Gastric Cancer―SHERLOCK trial―.第11回日本臨床腫瘍学会学術集会.2013, 仙台.
  129. 川上裕次郎,齊藤真由子,那須野 央,伊志嶺 優,一色裕之,鈴木 亮,山下健太郎,有村佳昭,篠村恭久.血清HER2高値を契機に病理組織を再検討しHER2過剰発現が判明した進行胃癌の一例.第11回日本臨床腫瘍学会学術集会.2013, 仙台.
  130. 川上賢太郎,行澤斉悟,小野寺 馨,割田悦子,山中康弘,松山眞人,倉岡賢輔,尾阪将人,石井 浩.実地診療下の進行・再発胆道癌に対するゲムシタビン+シスプラチン併用療法と二次治療S-1療法の成績.第11回日本臨床腫瘍学会学術集会.2013, 仙台.
  131. 我妻康平.トラスツズマブ併用療法後根治切除可能となり組織学的CRを確認したHER2陽性胃癌の一例.Gastric Cancer Seminar in SAPPORO.2013, 札幌.
  132. 齊藤真由子.XP+HER療法,XP療法の現状.Gastric Cancer Seminar in SAPPORO.2013, 札幌.
  133. 平山大輔,阿久津典之,福田昴一郎,若杉英樹,志谷真啓,本谷雅代,高木秀安,佐々木 茂,金戸宏行,米澤和彦,矢和田 敦,安達雄哉,篠村恭久.進行肝細胞癌患者に対するソラフェニブの治療効果と高血圧に関する検討.第113回日本消化器病学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  134. 我妻康平,齊藤真由子,矢島秀教,鈴木一也,石黒一也,一色裕之,村上佳世,小野寺 馨,能正勝彦,山下健太郎,有村佳昭,信岡隆幸,米澤和彦,篠村恭久.トラスツズマブ併用療法後根治切除を施行し組織学的CRが確認されたHER2陽性胃癌の1例.第113回日本消化器病学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  135. 飯田智哉,金戸宏行,佐々木 基,永縄由美子,石上敬介,内藤崇史,中垣 卓,佐藤修司,清水晴夫,永山 稔,佐々木賢一,澁谷 均.十二指腸癌肉腫の1例.第113回日本消化器病学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  136. 平田 翔,安達雄哉,伊志嶺 優,内藤崇史,矢花 崇,後藤 啓,鈴木 隆,近藤吉宏,篠村恭久.non-surgical pneumoperitoneumの1例.第113回日本消化器病学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  137. 田沼徳真,木村有志,田中一成,永井一正,浦出伸治,栗原弘義,野村昌史,真口宏介,村上佳世,小野寺 馨,赤保内正和,我妻康平.早期胃癌分化度診断におけるNBI拡大観察の有用性.第113回日本消化器病学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  138. 松田千佳,小野寺 馨,山下健太郎,福田昴一郎,赤保内正和,一色裕之,村上佳世,齊藤真由子,山本英一郎,能正勝彦,有村佳昭,長谷川 匡,篠村恭久.imatinibが奏功したPDGFRA遺伝子変異を伴う胃原発GISTの1例.第113回日本消化器病学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  139. 奥田洋輝,一色裕之,福田昴一郎,赤保内正和,村上佳世,小野寺 馨,齊藤真由子,山下健太郎,有村佳昭,篠村恭久,信岡隆幸,平田公一.十二指腸狭窄を契機に診断されたクローン病の1例.第113回日本消化器病学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  140. 笠原 薫,牛島慶子,須藤豪太,柾木喜晴,岡 俊州,谷津高文,小林寿久,矢和田 敦.自己免疫性肝炎に合併したAFPが著明な高値を示し鑑別に苦慮した肝炎症性偽腫瘍の1例.第113回日本消化器病学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  141. 福田昴一郎,山下健太郎,赤保内正和,一色裕之,小野寺 馨,村上佳世,齊藤真由子,山本英一郎,能正勝彦,有村佳昭,篠村恭久,佐藤康史.内視鏡的粘膜生検後の出血に関する検討.第107回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  142. 田中一成,三井慎也,野村昌史,田沼徳真,栗原弘義,浦出伸治,木村有志,真口宏介.悪性胃・十二指腸狭窄に対するステント治療の現状.第107回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  143. 赤保内正和,村上佳世,福田昴一郎,一色裕之,小野寺 馨,齊藤真由子,山本英一郎,能正勝彦,山下健太郎,有村佳昭,篠村恭久.鋸歯状腺腫に併存した大腸低分化腺癌の1例.第107回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  144. 栗原弘義,三井慎也,田沼徳真,浦出伸治,田中一成,野村昌史,真口宏介.術後吻合部難治性狭窄に対してRIC (Radial Incision and Cutting)を施行した1例.第107回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  145. 安孫子怜史,小平純一,穂刈 格,塚越洋元,三橋 慧,大橋広和,岡原 聡,工平美和子,松本岳士,高橋宏明,小池容史,武内利直.比較的急速な再発をきたし、再内視鏡治療が不可能であった分化型早期胃癌の1例.第107回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  146. 中村正弘,遠藤高夫,菊地剛史,秋野公臣,安達靖代,高橋秀明,吉田幸成,足立 靖,原田 拓,石井良文,石田禎夫,見田裕章,林 敏昭.吐血で発症した胃Burkittリンパ腫.第107回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  147. 栗原弘義,三井慎也,田沼徳真,浦出伸治,田中一成,野村昌史,真口宏介.ESD後幽門狭窄に対する予防的ステロイド局注の検討.第107回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  148. 浦出伸治,三井慎也,田沼徳真,野村昌史,栗原弘義,田中一成,木村有志,真口宏介.早期大腸癌に対するESDの中長期予後.第107回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会.2013, 札幌.
  149. 足立 靖,松永康孝,能正勝彦,鈴木 拓,山本博幸,有村佳昭,佐々木泰史,篠村恭久.胆道癌におけるIGF-I受容体とmatrilysinの発現、腫瘍進展と標的分子としての可能性.第24回日本消化器癌発生学会.2013, 金沢.
  150. 山本恭史,野村昌史,木村有志,田中一成,浦出伸治,栗原弘義,田沼徳真,真口宏介.インフリキシマブが著効した壊疽性膿皮症を伴う潰瘍性大腸炎の1例.第34回日本大腸肛門病学会北海道地方会.2013, 札幌.
  151. 山本元久,矢島秀教,石上敬介,清水悠以,田邉谷徹也,松井美琴子,鈴木知佐子,苗代康可,高橋裕樹,今井浩三,篠村恭久.IgG4関連疾患における血清IgG4値モニタリングの意義.第22回日本シェーグレン症候群学会学術集会.2013, 大阪.
  152. 篠村恭久.消化管腫瘍の分子診断と治療戦略.第10回Osaka Gut Forum.2013, 大阪.
  153. 高橋裕樹.リウマチ膠原病診療についての最近の知見.第9回釧路根室リウマチ研究会.2013, 釧路.
  154. 東出侑子,林 敏昭,平山大輔,我妻康平,青木由佳,丸山ゆみ子,池田 博,石田禎夫,篠村恭久.R-EPOCH療法が奏功した縦隔(胸腺)原発大細胞型B細胞性リンパ腫.第55回日本血液学会秋季北海道地方会.2013, 札幌.
  155. 原田 拓,山本英一郎,野島正寛,丸山玲緒,佐藤亜紀子,甲斐正広,山野泰穂,鈴木 拓.腸管洗浄液のメチル化検出による大腸癌診断法の開発.第33回日本分子腫瘍マーカー研究会.2013, 横浜.
  156. 五十嵐央祥,能正勝彦,伊藤美樹,野島正寛,吉井新二,丸山玲緒,内藤崇史,三橋 慧,山本英一郎,足立 靖,三上雅史,高橋宏明,奥田博介,細川正夫,沖田憲司,平田公一,鈴木 拓,山本博幸,篠村恭久.大腸癌におけるmicroRNA-31発現とBRAF遺伝子変異・抗EGFR抗体薬感受性との関連性.第33回日本分子腫瘍マーカー研究会.2013, 横浜.(研究奨励賞)
  157. 丸山玲緒,山本英一郎,粂川昴平,津矢田明泰,鈴木 亮,芦田仁己,甲斐正広,佐藤亜紀子,新沼 猛,山野泰穂,菅井 有,篠村恭久,時野隆至,鈴木 拓.消化器癌の発生や進展に関与する長鎖ncRNAの量的・質的異常の探索と臨床応用への試み.第33回日本分子腫瘍マーカー研究会.2013, 横浜.
  158. 池田 博,青木由佳,丸山ゆみ子,林 敏昭,石田禎夫,篠村恭久.骨髄微小環境を考えた症候性骨髄腫に対する治療.第72回日本癌学会学術総会.2013, 横浜.
  159. 山本博幸,須河恭敬,能正勝彦,前畑忠輝,谷口博昭,五十嵐央祥,伊藤美樹,内藤崇史,足立 靖,鈴木 拓,伊東文生,今井浩三,篠村恭久.胃癌におけるトラスツズマブ治療の効果予測因子となりうるHER2シグナル関連分子異常の関連の解析.第72回日本癌学会学術総会.2013, 横浜.
  160. 田村みゆき,佐々木泰史,竹田康佑,大箸智子,井戸川雅史,時野隆至.p53はmiR-200ファミリーを介してCRKLの発現を抑制する.第72回日本癌学会学術総会.2013, 横浜.
  161. 竹田康佑,佐々木泰史,田村みゆき,井戸川雅史,荻 和弘,平塚博義,時野隆至.p53ファミリーの新規標的ICAM2の同定:がん細胞の接着・遊走能への関与.第72回日本癌学会学術総会.2013, 横浜.
  162. 大箸智子,井戸川雅史,田村みゆき,竹田康佑,佐々木泰史,時野隆至.AKR1B10はp53ファミリーの直接転写標的でありp53誘導アポトーシスを促進する.第72回日本癌学会学術総会.2013, 横浜.
  163. 澤田 武,山本英一郎,原田 拓,山野泰穂,津矢田明泰,新沼 猛,丸山玲緒,野島正寛,高橋秀明,佐藤亜紀子,甲斐正広,菅井 有,鈴木 拓.BRAF遺伝子変異を伴う大腸病変の発生部位によるメチル化と組織型の相違.第72回日本癌学会学術総会.2013, 横浜.
  164. 三橋 慧,能正勝彦,内藤崇史,松永康孝,伊藤美樹,五十嵐央祥,須河恭敬,山本英一郎,丸山玲緒,足立 靖,鈴木 拓,山本博幸,篠村恭久.日本人の高齢者における大腸癌および大腸鋸歯状腺腫の分子生物学的特徴.第72回日本癌学会学術総会.2013, 横浜.
  165. 井戸川雅史,大箸智子,佐々木泰史,丸山玲緒,鈴木 拓,時野隆至.ゲノム網羅的p53結合領域解析によるp53ファミリーの転写標的となる大型介在性非コードRNA(lincRNA)の同定と機能解析.第72回日本癌学会学術総会.2013, 横浜.
  166. 佐々木泰史,田村みゆき,竹田康佑,井戸川雅史,丸山玲緒,鈴木 拓,篠村恭久,時野隆至.p53によるXPO1の抑制機構とその意義.第72回日本癌学会学術総会.2013, 横浜.
  167. 五十嵐央祥,能正勝彦,伊藤美樹,内藤崇史,三橋 慧,丸山玲緒,野島正寛,山本英一郎,吉井新二,足立 靖,鈴木 拓,山本博幸,篠村恭久.microRNA-31は大腸癌におけるBRAF遺伝子変異・予後と関連する.第72回日本癌学会学術総会.2013, 横浜.
  168. 山本英一郎,丸山玲緒,高塚伸太朗,原田 拓,津矢田明泰,澤田 武,新沼 猛,佐藤亜紀子,甲斐正広,山野泰穂,菅井 有,篠村恭久,鈴木 拓.大腸腫瘍内の多彩な表面構造は遺伝的不均一性を反映する.第72回日本癌学会学術総会.2013, 横浜.
  169. 内藤崇史,能正勝彦,馬場祥史,伊藤美樹,五十嵐央祥,三橋 慧,山本英一郎,丸山玲緒,鈴木 拓,足立 靖,山本博幸,平田公一,篠村恭久.大腸鋸歯状病変の進展および分化におけるIGF-2DMR低メチル化の役割.第72回日本癌学会学術総会.2013, 横浜.
  170. 甲斐正広,山本英一郎,丸山玲緒,佐藤亜紀子,新沼 猛,津矢田明泰,鈴木 拓.DGKGは大腸がん細胞の増殖・浸潤・遊走をその酵素活性によらず抑制する.第72回日本癌学会学術総会.2013, 横浜.
  171. 能正勝彦,五十嵐央祥,伊藤美樹,内藤崇史,三橋 慧,須河恭敬,丸山玲緒,山本英一郎,荻野周史,鈴木 拓,今井浩三,山本博幸,篠村恭久.大腸鋸歯状病変におけるmicroRNA-31の役割.第72回日本癌学会学術総会.2013, 横浜.
  172. 丸山玲緒,山本英一郎,粂川昴平,津矢田明泰,鈴木 亮,芦田仁己,佐藤亜紀子,甲斐正広,山野泰穂,菅井 有,篠村恭久,時野隆至,鈴木 拓.消化器癌において重要な役割を果たす長鎖ncRNAの網羅的同定の試み.第72回日本癌学会学術総会.2013, 横浜.
  173. 原田 拓,山本英一郎,鈴木 拓,甲斐正広,丸山玲緒,高橋秀明,澤田 武,山野泰穂,菅井 有,今井浩三.腸管洗浄液中のDNAメチル化を用いた大腸癌スクリーニングの有用性の検討.第72回日本癌学会学術総会.2013, 横浜.
  174. 鈴木 拓,山本英一郎,丸山玲緒,鈴木 亮,清水 崇,原田 拓,山野泰穂,野島正寛,高塚伸太朗,新沼 猛,甲斐正広,篠村恭久,今井浩三.マイクロRNA遺伝子のエピジェネティクス異常と臨床応用.第72回日本癌学会学術総会.2013, 横浜.
  175. 山本英一郎,鈴木 拓,篠村恭久.消化器癌エピジェネティクスと消化管内視鏡の統合解析および臨床応用.第72回日本癌学会学術総会.2013, 横浜.(奨励賞)
  176. 松永康孝,足立 靖,山本博幸,大橋広和,能正勝彦,谷口博昭,鈴木 拓,佐々木泰史,有村佳昭,遠藤高夫,今井浩三,篠村恭久.食道癌におけるIGF-1受容体の発現と分子標的としての可能性.第72回日本癌学会学術総会.2013, 横浜.
  177. 野島正寛,青木由佳,安井 寛,丸山玲緒,山本英一郎,麻奥英毅,時野隆至,長村文孝,石田禎夫,今井浩三,篠村恭久,鈴木 拓.多発性骨髄腫におけるLINE-1異常低メチル化と臨床遺伝子学的特徴の相関.第72回日本癌学会学術総会.2013, 横浜.
  178. 伊藤美樹,能正勝彦,五十嵐央祥,内藤崇史,三橋 慧,田沼徳真,山本桂子,高橋宏明,細川正夫,平田公一,山本博幸,篠村恭久.早期パレット食道腺癌における分子学的特性.第72回日本癌学会学術総会.2013, 横浜.
  179. 小野寺 馨,有村佳昭,一色裕之,永石歓和,山下健太郎,苗代康可,松本主之,山崎慶子,久保充明,今井浩三,篠村恭久.日本人における炎症性腸疾患関連遺伝子のメタアナリシス.第63回日本体質医学会総会.2013, 久留米.
  180. 高橋裕樹,篠村恭久,鷲尾昌一,清原千香子,多田芳史,浅見豊子,井出三郎,渥美達也,小橋 元,堀内孝彦.全身性エリテマトーデスの発症リスクに関する症例対照研究.第63回日本体質医学会総会.2013, 久留米.
  181. 篠村恭久.消化器癌の分子標的治療の現状と課題.(基調講演)第55回日本消化器病学会大会.2013, 東京.
  182. 伊藤美樹,能正勝彦,篠村恭久.新規バイオマーカー探索を目指した食道胃接合部癌の分子病理学的異常の検討.第55回日本消化器病学会大会.2013, 東京.
  183. 那須野 央,齊藤真由子,一色裕之,山本英一郎,能正勝彦,山下健太郎,有村佳昭,古畑智久,篠村恭久.当科における胃癌・大腸癌患者のCVポート使用状況と合併症.第55回日本消化器病学会大会.2013, 東京.
  184. 一色裕之,有村佳昭,永石歓和,苗代康可,篠村恭久,今井浩三.骨髄間葉系幹細胞依存性の大腸癌細胞増殖の機序.第55回日本消化器病学会大会.2013, 東京.
  185. 浦出伸治,三井慎也,田沼徳真,野村昌史,村上佳世,永井一正,田中一成,真口宏介.当センターにおける治療困難部位の胃病変に対するESDの現況.第86回日本消化器内視鏡学会総会.2013, 東京.
  186. 川上裕次郎,山下健太郎,篠村恭久.抗血栓薬服用者に対する大腸ポリープ切除術.第86回日本消化器内視鏡学会総会.2013, 東京.
  187. 沼田泰尚,能正勝彦,五十嵐央祥,伊藤美樹,内藤崇史,三橋 慧,三上雅史,高橋大賀,吉井新二,高橋宏明,久須美貴哉,細川正夫,山本英一郎,山下健太郎,有村佳昭,青木敬則,野村昌史,山本博幸,平田公一,篠村恭久.大規模コホートを用いた高齢者大腸癌と大腸鋸歯状病変の分子病理学的検討.第86回日本消化器内視鏡学会総会.2013, 東京.
  188. 平田 翔,伊志嶺 優,三橋 慧,内藤崇史,矢花 崇,安達雄哉,後藤 啓,鈴木 隆,近藤吉宏,篠村恭久.2か所の大腸悪性狭窄を伴う治癒切除不能大腸癌においてself-expanding metal stentが診断、減圧、およびQOLの向上に寄与した1例.第86回日本消化器内視鏡学会総会.2013, 東京.
  189. 高木秀安,松永康孝,志谷真啓,阿久津典之,本谷雅代,山本博幸,佐々木 茂,篠村恭久.当科におけるde novo B型肝炎症例の臨床的検討.第17回日本肝臓学会大会.2013, 東京.
  190. 池田 博,青木由佳,丸山ゆみ子,林 敏昭,石田禎夫,篠村恭久.症候性骨髄腫に対してBortezomibを皮下投与した8例の検討.第75回日本血液学会学術集会.2013, 札幌.
  191. 石田禎夫.多発性骨髄腫 : 染色体異常と臨床病型・予後.(教育講演)第75回日本血液学会学術集会.2013, 札幌.
  192. 我妻康平,齊藤真由子,矢島秀教,鈴木一也,石黒一也,一色裕之,村上佳世,小野寺 馨,能正勝彦,山下健太郎,有村佳昭,信岡隆幸,米澤和彦,篠村恭久.トラスツズマブ併用療法後根治切除可能となり組織学的CRを確認したHER2陽性胃癌の1例.第51回日本癌治療学会学術集会.2013, 京都.
  193. 須藤豪太,齊藤真由子,鈴木一也,矢島秀教,菅野伸一,矢和田 敦,岡 俊州,谷津高文,安達雄哉,三橋 慧,奥田博介,金戸宏行,山下健太郎,有村佳昭,篠村恭久.HER2陽性進行胃癌に対するカペシタビン+シスプラチン+トラスツズマブ療法の使用成績.第51回日本癌治療学会学術集会.2013, 京都.
  194. 高橋裕樹.本邦発の新しい全身性疾患―IgG4関連疾患―.第12回札幌膠原病フォーラム講演会.2013, 札幌.
  195. 志谷真啓.当院における胆道癌の治療成績.第30回札幌肝胆膵研究会.2013, 札幌.
  196. 五十嵐哲祥,栗原弘義,畠山巧生,玉川 進.慢性下痢に対する繰り返しの検査で診断に至った好酸球性大腸炎の1例.第269回日本内科学会北海道地方会.2013, 札幌.
  197. 谷津高文,矢和田 敦,小林寿久,笠原 薫,岡 俊州,柾木喜晴,須藤豪太,牛島慶子.高分化型肝細胞癌との鑑別を要した肝限局性結節性過形成の1例.第269回日本内科学会北海道地方会.2013, 札幌.
  198. 藤井健一,阿部 敬,川上裕次郎,那須野 央,本間賢太,高橋文彦,鈴木一也,米澤和彦,篠村恭久.大腸に偽憩室を形成した強皮症の1例.第269回日本内科学会北海道地方会.2013, 札幌.
  199. 高橋裕樹.新たな全身性疾患・IgG4関連疾患の診断と治療.第19回茨城リウマチ.2013, 茨城.
  200. 鈴木知佐子,清水悠以,石上敬介,田邉谷徹也,矢島秀教,山本元久,苗代康可,高橋裕樹,篠村恭久,肥田時征.自己免疫性肝炎が先行し、著明な関節破壊と皮下石灰化を呈した全身性強皮症の一例.第23回日本リウマチ学会北海道・東北支部学術集会.2013, 仙台.
  201. 清水悠以,田邉谷徹也,矢島秀教,鈴木知佐子,山本元久,苗代康可,高橋裕樹,篠村恭久.IgG4関連疾患における抗甲状腺抗体の陽性率の検討.第23回日本リウマチ学会北海道・東北支部学術集会.2013, 仙台.
  202. 池田 博,石黒一也,平山大輔,青木由佳,丸山ゆみ子,林 敏昭,國本雄介,石田禎夫.先天性腎奇形のある症例に対してART療法を行った2症例の検討.第27回日本エイズ学会学術集会総会.2013, 熊本.
  203. 篠村恭久.消化器癌の分子標的治療―最近の動向―.函館消化器病懇談会.2013, 函館.
  204. 山本元久,清水悠以,矢島秀教,石上敬介,田邉谷徹也,松井美琴子,鈴木知佐子,苗代康可,高橋裕樹,今井浩三,篠村恭久.日常診療におけるIgG4関連疾患データベースの構築―SMARTデータベース.第41回日本臨床免疫学会総会.2013, 下関.
  205. 矢島諒人,高野賢一,関 伸彦,阿部亜由美,山本元久,高橋裕樹,氷見徹夫.ミクリッツ病に関連する眼窩下神経腫脹例.第63回日本アレルギー学会秋季学術大会.2013, 東京.
  206. 阿部亜由美,関 伸彦,高野賢一,矢島諒人,山本元久,高橋裕樹,氷見徹夫.IgG4関連ミクリッツ病における小唾液腺生検の検討.第63回日本アレルギー学会秋季学術大会.2013, 東京.
  207. 有村佳昭.IBDに対する幹細胞治療.第3回室蘭IBD研究会.2013, 室蘭.
  208. 井戸川雅史,大箸智子,佐々木泰史,時野隆至.ゲノム網羅的p53結合領域解析によるp53ファミリーの転写標的となる大型遺伝子介在性非コードRNA(lincRNA)の同定と機能解析.第36回日本分子生物学会年会.2013, 神戸.
  209. 大箸智子,井戸川雅史,佐々木泰史,時野隆至.p53の直接転写標的AKR1B10は大腸癌で発現抑制されp53誘導アポトーシスを制御する.第36回日本分子生物学会年会.2013, 神戸.
  210. 佐々木泰史,小橋健太,鈴木信太郎,田村みゆき,竹田康祐,井戸川雅史,篠村恭久,時野隆至.p53によるXPO1の抑制機構とその意義.第36回日本分子生物学会年会.2013, 神戸.
  211. 丸山玲緒,山本英一郎,粂川昴平,津矢田明泰,鈴木 亮,新沼 猛,佐藤亜紀子,甲斐正広,篠村恭久,時野隆至,鈴木 拓.消化器癌の発生や進展に関与する長鎖ncRNAの量的・質的異常の探索と臨床応用への試み.第36回日本分子生物学会年会.2013, 神戸.
  212. 清水悠以.関節炎に対してインフリキシマブが有効であったベーチェット病の1例.第36回北海道コラーゲン研究会.2013, 札幌.
  213. 能正勝彦.アレイシステムを用いた大腸癌のEGFR下流シグナルを制御するmicroRNA発現の網羅的解析.第21回浜名湖シンポジウム.2013, 浜松.

Ⅵ 受賞・その他

  1. 篠村恭久.消化器がん治療の進歩について.市民公開講座.主催:がんプロフェッショナル養成基盤推進ボード(札幌医科大学・北海道大学・旭川医科大学・北海道医療大学).2013, 札幌.
  2. 篠村恭久.「わが旅」私の旅~日常から離れて~.日本医師会雑誌.2013, 141:2490
  3. 篠村恭久.Preface. Digestion 2013, 87:5
  4. 篠村恭久.編集後記.北海道医誌.2013,88:178
  5. 篠村恭久.内視鏡で胃がんのリスクがわかりますか?ラジオ番組「医の力~札幌医科大学 最前線~」.エフエム北海道(AIR-G).2013, 札幌.
  6. 篠村恭久.発癌リスクを考慮した消化管病変の治療戦略.北見赤十字病院 平成25年度オープンカンファレンス特別講演会.2013, 北見.
  7. 篠村恭久.最新がん治療に挑む テレビ番組「医の一番!~札幌医科大学の挑戦~」.HBC北海道放送.2013, 札幌.
  8. 高橋裕樹.抗体製剤とレセプター製剤の薬剤の特性.社内勉強会.ファイザー(株).2013, 札幌.
  9. 高橋裕樹.ステロイド性骨粗鬆症.医薬担当者研修会.第一三共(株).2013, 札幌.
  10. 石田禎夫.多発性骨髄腫治療におけるトピックス.ASH2012血液癌治療のトピックス.武田薬品工業(株).2013, 東京.
  11. 石田禎夫.ALアミロイドーシスの新規治療法.心・アミロイド談話会.2013, 札幌.
  12. 石田禎夫.Multiple Myeloma―最新の治療 2013―.所沢多発性骨髄腫治療講演会.2013, 所沢.
  13. 石田禎夫.多発性骨髄腫・ALアミロイドーシスの最新話題―治癒を目指して―.第4回道南分子病態研究会.2013, 函館.
  14. 石田禎夫.多発性骨髄腫治療について.EHA2013血液癌治療のトピックス.武田薬品工業(株).2013, 東京.
  15. 石田禎夫.移植非適応多発性骨髄腫の治療戦略.Symposium in Myeloma.2013, 大阪.
  16. 石田禎夫.多発性骨髄腫・アミロイドーシスと腎不全.第1回 三河Hemato Renal研究会.2013, 名古屋.
  17. 石田禎夫.多発性骨髄腫の治療戦略.第86回青森血液疾患セミナー.2013, 青森.
  18. 石田禎夫.移植非適応多発性骨髄腫の治療戦略.釧路 Hematology Seminar.2013, 釧路.
  19. 石田禎夫.多発性骨髄腫の治療戦略.Shiga Myeloma Forum 2013.2013, 滋賀.
  20. 石田禎夫.ALアミロイドーシス:腎臓における問題点について.第1回「ALアミロイドーシス患者の会」セミナー.2013, 東京.
  21. 石田禎夫.モーニングセミナー2・全体ケーススタデイー4(骨髄腫).第6回「研修医(初期・後期)のための血液学セミナー」.2013, 大津.
  22. 石田禎夫.新規薬剤による多発性骨髄腫の治療戦略.Tokushima Myeloma Forum.2013, 徳島.
  23. 石田禎夫.新規薬剤による多発性骨髄腫の治療戦略.Myeloma Clinical Conference.2013, 名古屋.
  24. 石田禎夫.新規治療薬を用いた多発性骨髄腫の治療戦略.Fukushima Myeloma Seminar.2013, 福島.
  25. 石田禎夫.新規治療薬を用いた多発性骨髄腫の治療戦略.Multiple Myeloma Forum in Fukui.2013, 福井.
  26. 石田禎夫.新規治療薬を用いた多発性骨髄腫の治療戦略.Okayama IMiDs Conference.2013, 岡山.
  27. 石田禎夫.新規治療薬を用いた多発性骨髄腫の治療戦略.熊本IMiDs研究会.2013, 熊本.
  28. 有村佳昭.骨髄間葉系幹細胞による大腸がん予防.北海道医療新聞.2013, 札幌.
  29. 有村佳昭.基礎研究と臨床の接点.News Letter.2013, Vol 14(No.1):3
  30. 有村佳昭.上皮下筋線維芽細胞と生体肝移植.消化器と免疫 2013, 50:104
  31. 有村佳昭.機能性胃症診療の夜明け.レクチャーミーティング.アステラス製薬(株)・ゼリア新薬工業(株).2013, 札幌.
  32. 有村佳昭.日本の便秘診療の夜明け.Abbott Japan Medical Symposium in 旭川.アボットジャパン(株).2013, 旭川.
  33. 佐々木 茂.ウイルス性肝炎治療の現状.札幌肝疾患相談セミナー.2013, 札幌.
  34. 佐々木 茂.C型肝炎の治療.第10回肝臓病教室・札幌医科大学附属病院肝疾患相談センター.2013, 札幌.
  35. 佐々木 茂.ウイルス肝炎の現状.空知南部医師会講演会.2013, 長沼.
  36. 佐々木 茂.インターフェロン治療と副作用.第3回肝臓サロン・札幌医科大学附属病院肝疾患相談センター.2013, 札幌.
  37. 佐々木 茂.最近の脂肪肝に対する考え方.第2回札幌肝疾患相談セミナー.2013, 札幌.
  38. 佐々木 茂.高齢者ケアの意思決定プロセスに関するガイドライン~人工的水分・栄養補給の導入を中心として~.北海道生命倫理研究会2013年度夏季セミナー.2013, 札幌.
  39. 佐々木 茂.C型肝炎治療の最新情報.第1回市民公開講座・札幌医科大学附属病院肝疾患相談センター.2013, 札幌.
  40. 佐々木 茂.C型慢性肝炎治療の最前線.講師招聘勉強会.田辺三菱製薬(株).2013, 札幌.
  41. 林 敏昭.最近の血液疾患について.社内講演会.バクスター(株).2013, 札幌.
  42. 高木秀安.C型肝炎の診断.第1回市民公開講座・札幌医科大学附属病院肝疾患相談センター.2013, 札幌.
  43. 高木秀安.肝硬変の最新治療.第12回肝臓病教室・札幌医科大学附属病院肝疾患相談センター.2013, 札幌.
  44. 山本元久.RA・IgG4関連疾患についての最近の知見.リウマチ研修会in釧路.2013, 釧路.
  45. 山本元久.いま、解る!IgG4関連疾患.第15回滝川リウマチ懇話会.滝川市医師会.2013, 滝川.
  46. 山本元久,田邉谷徹也,苗代康可,矢島秀教,石上敬介,清水悠以,小原美琴子,鈴木知佐子,山下健太郎,山本博幸,林 敏昭,菅谷壽晃,石田禎夫,高野賢一,氷見徹夫,鈴木康夫,西本憲弘,本多佐保,高橋裕樹,今井浩三,篠村恭久.リウマチ性疾患および日常診療で頻度の多い疾患における血清IgG4測定の意義.北海道医誌 2013, 88:38(Best articles of the year)
  47. 本谷雅代.膵臓領域~がん治療も含めて~.社内勉強会.ゼリア新薬(株).2013, 札幌.
  48. 山本英一郎.大腸腫瘍の内視鏡診断と治療.平成25年度第1回公開合同カンファレンス.札幌医科大学附属病院腫瘍診療センター主催.2013, 札幌.
  49. 池田 博.身近になったHIV感染症.第7回道央・道南地区HIVカンファレンス.2013, 室蘭.
  50. 池田 博.多発性骨髄腫とALアミロイドーシスについて.社内勉強会.セルジーン(株).2013, 札幌.
  51. 池田 博.多発性骨髄腫とALアミロイドーシスについて.外部講師勉強会.ヤンセンファーマ(株).2013, 札幌.
  52. 阿久津典之.分子標的治療薬のネクサバールを中心とした肝がんの内科治療.平成24年度第8回公開合同カンファレンス.札幌医科大学附属病院腫瘍診療センター主催.2013, 札幌.
  53. 阿久津典之.ソラフェニブのお話し.第11回肝臓病教室・札幌医科大学附属病院肝疾患相談センター.2013, 札幌.
  54. 阿久津典之.肝硬変の栄養障害について.平成25年度第87回NSTセミナー.2013, 札幌.
  55. 阿久津典之.分子標的治療薬の副作用としての高血圧.外部講師勉強会.第一三共(株).2013, 札幌.
  56. 能正勝彦.大腸多重癌50症例の遺伝子異常の解析―単発癌2002症例との比較―.第25回日本内科学会奨励賞.2013, 東京.
  57. 池田 博.骨髄腫微小環境における多発性骨髄腫細胞と単球の相互作用について.金原一郎記念医学医療振興財団 第28回基礎医学医療研究助成金.2013, 東京.
  58. 時野隆至,佐々木泰史,井戸川雅史,宮野 悟.p53が発現制御する非コードRNAネットワークの基盤構築.平成25年度東京大学医科学研究所共同研究(先端医療研究開発共同研究領域).2013, 東京.
  59. 矢島秀教.XP+H療法の使用経験.2012年度後半期SHERLOCK研究ミーテング.2013, 札幌.
  60. 斎藤真由子.XP,XP+H療法の現状.2012年度後半期SHERLOCK研究ミーテング.2013, 札幌.
  61. 我妻康平.トラスツズマブ併用療法後根治切除可能となり組織学的CRを確認したHER2陽性胃癌の1例.2013年度前半期SHERLOCK研究ミーテング.2013, 札幌.
  62. 川上裕次郎.血清HER2高値を契機に病理組織を再検討しHER2過剰発現が判明した進行胃癌の1例.2013年度前半期SHERLOCK研究ミーテング.2013, 札幌.
  63. 斎藤真由子.XP,XP+H療法の現状.2013年度前半期SHERLOCK研究ミーテング.2013, 札幌.
  64. 永石歓和,一色裕之,有村佳昭,苗代康可,篠村恭久,今井浩三.腸炎における造血幹細胞と骨髄ニッチの異常.厚生労働科学研究 難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成24年度第2回総会.2013, 東京.
  65. 一色裕之,永石歓和,小野寺 馨,今井浩三,篠村恭久,有村佳昭.腸上皮細胞運命に対するMSCのニッチ作用.厚生労働科学研究 難治性疾患克服研究事業「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」平成25年度第1回総会.2013, 東京.
  66. 山本元久,清水悠以,苗代康可,田邉谷徹也,矢島秀教,松井美琴子,鈴木知佐子,高橋裕樹,今井浩三,篠村恭久.IgG4関連ミクリッツ病の唾液腺機能に対する早期治療の有用性.厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等克服研究事業「IgG4関連疾患に関する調査研究」平成24年度第2回班会議.2013, 京都.

▲ ページ先頭へ

Copyright© 2008- 札幌医科大学医学部 消化器内科学講座 All rights reserved.