患者様へ

札幌医科大学附属病院 消化器内科

札幌医科大学消化器内科は、札幌医科大学医学部附属病院において、食道・胃・大腸・小腸・肝臓・胆嚢・胆管・膵臓など、すべての消化器に関わる疾患を診療しています。札幌市内ならびに道内の関連病院と連携し、「特定機能病院(肝疾患拠点病院を含む)」として、患者さんに高度な医療を提供しています。私たちは、患者さんの意志と尊厳を重視して医療行為を行うことを心がけています。さらにリスク対策を常に配慮し、安全な医療を心がけています。

私たち医局員全員は、医療の向上、そして患者さんのQOL向上を目指して日夜努力を続けています。

 

詳しくは、下記項目をご参照ください。

外来案内

札幌医科大学医学部附属病院、外来・専門外来を受診される方へのお知らせとお願い。

病棟案内

消化器内科にご入院いただく患者さんにお知らせとお願い。

肝疾患相談センターについて

肝疾患拠点病院として、肝炎患者さんの適切な治療を目指した取り組み。

臨床研究の実施について

炎症性腸疾患患者におけるサイトメガロウイルスに対する免疫応答判定法の新規開発
〔研究期間:2021年3月31日までを予定〕

リンチ症候群の拾い上げ及び遺伝子診断に関する多施設共同研究
〔研究期間:2023年12月31日までを予定〕

皮下埋め込み型中心静脈ポート留置後合併症の後方視的検討
〔研究期間:2017年3月31日までを予定〕

胃がんの臨床病理学的特徴と発育形式についての後方視的検討
〔研究期間:2017年3月31日までを予定〕

アミロイドーシス診断における適切な消化管内視鏡下生検法
〔研究期間:2017年3月31日までを予定〕

全身性AL(エイエル)アミロイドーシスの新規診断マーカーと予後因子の探索のための後方視的研究〔研究期間:2018年3月31日までを予定〕

UGT1A1 遺伝子多型*28, *6 ホモ接合体 または複合ヘテロ接合体を有する進行膵癌患者における FOLFIRINOX 療法の多施設共同観察研究
〔研究期間:2017年1月25日までを予定〕

自己免疫性膵炎における超音波内視鏡下穿刺吸引法 (EUS-FNA)を使用した診断能の観察研究〔研究期間:2017年5月31日までを予定〕

切除可能膵癌に対するS-1補助化学療法の実態調査(HOPS-S1)
〔研究期間:2017年6月30日までを予定〕

当院における自己免疫性膵炎を含むIgG4関連疾患の後ろ向き観察研究
〔研究期間:2018年6月30日までを予定〕

当院における切除不能・再発膵がんに対する治療の後ろ向き観察研究
〔研究期間:2018年3月30日までを予定〕

膵神経内分泌腫瘍に対するストレプトゾシンの安全性と有効性の検討
〔研究期間:2018年7月31日までを予定〕

▲ ページ先頭へ

Copyright© 2008- 札幌医科大学医学部 消化器内科学講座 All rights reserved.