大学院研究科

在学生からのメッセージ

看護学専攻(博士課程前期1年) 山本 晴菜

 私は大学での卒業研究を通じて研究に興味を持ち、大学在学中から大学院進学を考え始めました。「まずは臨床で働いて、いつか大学院に行ければ…」と思っていましたが、勤務しながら研究をしている方も多いと聞き、勇気をだして入学しました。臨床経験はありますが短期間であるため進学はとても不安がありました。しかし、入学してみると多様な経験を持った同期と出会え、他の領域の視点や知識に触れることで、抱いていた不安はいつの間にか解消されていました。そして、以前よりも幅広い視点を持てるようになったと感じます。ゼミが始まったばかりですが、指導教員や他の大学院生とディスカッションをする機会も多く、伝えることの難しさや大切さを実感しています。それと同時に、先生方や先輩方の助言から自分が気づけなかった新たな視点を知ることで、興味のある分野に今まで以上に時間をかけて向き合うことができています。進学を検討している方は、悩むよりも一歩踏み出してみることをお勧めします。

 

看護学専攻(博士課程後期3年) 田畑 久江

 私は、これまで看護師としての臨床経験の中で見つけた研究課題を博士課程前期で取り組んできましたが、さらに発展させたいと思い、大学教員として勤務しながらも博士課程後期に進学しました。先天性心疾患をもつ幼児の主体性を育む支援に関する研究に取り組んでいます。

 あまり大学院生としては順調に進んでいるとは言えませんが、研究課題の基盤となるような概念分析や研究方法についての知識を深め、それらを活かして現在研究計画書を作成しているところです。時間はかかっていますが、指導教授や大学院生仲間からの支援により、非常に有意義な時間を過ごしています。

 札幌医科大学大学院では、看護学以外の保健医療学の教授からも指導を受けることができます。博士課程後期で一緒に学びませんか。お待ちしています。

 

理学療法学・作業療法学専攻(博士課程前期1年) 伊藤 翔太

 大学理学療法学科に入学したばかりの私は、卒後は臨床で働きたいと漠然と考えていました。しかし、在学中に臨床実習や卒業研究を通じて研究というものに触れ、その奥深さを知りました。このような経験から、将来は臨床で働きながらも研究活動を積極的に行う、そんなクリエイティブな仕事をしたいと考えるようになり、大学院進学を決意しました。

 札幌医科大学大学院では、研究だけではなく、附属病院で臨床経験を積むことができるのも、大学卒業後すぐに大学院への進学を考えていた私にとっては魅力でした。

 札幌医科大学大学院は、様々な研究を行える設備が整っていると思います。また、たくさんの先生方や、他の院生からも助言や指導を受けられるので、とても恵まれた環境であると実感しています。短い2年間ですが、多くの学びを得られるように向上心を持って活動していきたいです。

 

理学療法学・作業療法学専攻(博士課程前期1年) 勝浦 駿平

 私は本学作業療法学科を卒業後、札幌近郊の総合病院にて勤務しております。そこで多くの患者さんや多彩な疾患・症状と出会うなか、一定の分野を極めたいという思いが芽生え、臨床に出て3年目の年に大学院を受験しました。

 本学には各分野において優秀な教員が多く在籍しており、講義やゼミでは研究に関する基本から、学部課程や臨床では学ぶことが難しい、特定の領域の深い部分まで幅広く学ぶことができています。まだ通い始めて間もないですが、これまでとは異なった視点で物事をみられるようになってきたと感じています。また、院生が主体となって発表しディスカッションする場面も多く、人に伝える技術を磨きながら、様々な考えに触れ刺激を受けています。

 常勤で勤務しながらの進学には不安がありましたが、同様の境遇で通学している院生も多く、互いに刺激し合いながら、勉学に勤しんでいます。大学院の修了後は、専門性を持った作業療法士として、地域医療に貢献したいと考えております。

 

理学療法学・作業療法学専攻 (博士課程後期1年) 舘林 大介

 私は本学理学療法学科を卒業後、引き続き大学院に進学し博士課程前期を修了しました。自身の研究テーマをさらに追求したい、また、リハビリテーションの科学的根拠の構築に寄与したいという想いから、さらなる研究の道へと進むことを決意し、現在に至っています。

 根拠に基づく医療(Evidence based medicine : EBM)が求められるのは、リハビリテーションの分野においても同様であり、大学院課程を修了した理学療法士の必要性は確実に増しています。本学では、研究の最前線でご活躍されている教員の下で研究法を学び、自身の研究テーマに腰を据えて取り組む環境が整えられています。その研究課程を通じて論理的な思考能力を洗練させ、私たちを取り巻く膨大な情報の中から信頼に足るものを主体的に選択する力を養うことで、EBMを実践するための基盤を築くことができます。これは一方で、自らの「生涯学習能力」の基盤構築にもなり、将来どの道へ進んだとしても、必ず大きな糧となると思います。

 皆さんも本学で共に学び、自分自身の可能性を広げてみませんか?多くの仲間が増えることを楽しみにしています。

 

理学療法学・作業療法学専攻 (博士課程後期3年) 村上 元

 私は、精神科医療に携わっている作業療法士です。地域で生活している精神障害や発達障害を抱えた方への面接、デイケア、訪問場面などの支援を行っています。臨床を続ける中で、より根拠に基づいた支援を行いたいと思い数年前に大学院に進学しました。

 現在は臨床を続けながら大学院生として学んでおりますが、研究で明らかになったことを実際の臨床で活かせる環境は非常に充実しています。

 また、大学院の生活を送る中で作業療法士の仲間が増えたことも大きな財産になりました。加えて、精神障害リハビリテーション学の指導教官の多大なサポートにより、広い視点で研究を進めることができています。

 時間やお金はかかってしまいますが、大学院進学は支援者として大きな財産になると思います。是非検討してみてください。

 

修了生からのメッセージ

大学院 看護学専攻 博士課程前期を修了して

 私は地域救急医療に携わる看護師です。少ない医療者の中で患者様の命を最大限に保証する看護とは何か、行き詰まりを感じていた時に専門看護師という存在を知りました。専門看護師になるには「大学院」という私にはとても敷居が高い学びの場への進学が必要でした。しかし、大学院の2年間は教員の先生方や先輩など多くの方々に温かく見守っていただき、看護について深く学ぶことができました。大学院は私にとって大きなチャレンジでしたが「救急看護のあり方」を知り、その中から「地域救急医療における救急看護のあり方」を検討し、そして「自己の関わり」を見つめることができました。学ぶことは時に自分との闘いとなり精神力が問われると思います。しかしそれは今後の臨床活動において必ず自分の力になっていくと信じています。大学院で学ぶことができて本当によかったです。ぜひ!皆様もチャレンジしてみてください。

看護学専攻 クリティカルケア看護専門看護師コース
作田 麻由美
〔社会福祉法人 北海道社会事業協会 余市病院〕

 

大学院 理学療法学・作業療法学専攻 博士課程前期を修了して

 私は平成26年に本学の理学療法学科を卒業して、大学院博士課程前期に進学しました。平成28年に博士課程前期が修了したのち、引き続き大学院博士課程後期へと進学しました。

 博士課程前期では、自身学位論文の執筆やゼミ活動などを通して、研究の基礎や方法論を学ぶことができました。また国際学会において自分の研究成果を発表することを経験することができ、自分にとっても大きな糧となっています。さらに本学の研究設備は充実しており、レベルの高い研究を行う環境も十分整っています。そのため、博士課程前期からより発展的な内容の研究にも取り組むことができると考えます。

 研究ばかりになって臨床があまりできなくなる心配も最初はありましたが、大学院生のほとんどは医大病院で非常勤理学療法士として勤務を行うことができるため、臨床を行いつつ研究活動に打ち込むことも十分可能です。

 本学の大学院は、高いレベルの研究と臨床を経験するための最適な環境が整っていると考えています。エビデンスがより求められるようになってきている現在のリハビリテーション分野において、研究のロジック構築や実践、執筆能力を高めることは、研究者を目指す方はもちろん、臨床場面においても今後より求められる能力だと考えます。博士課程前期の二年は決して無駄にはなりません。ぜひ皆様も挑戦してみてください。

理学療法学・作業療法学専攻 高齢者・地域健康科学分野
志水 宏太郎

 

大学院 理学療法学・作業療法学専攻 博士課程前期を修了して

 私は平成25年度に弘前大学医学部保健学科理学療法学専攻を卒業し、就職ではなく、本学大学院博士課程前期に進む道を選択しました。

 大学院では、高齢者・地域健康科学分野の研究室に所属しました。少子高齢化が進む日本で、地域在住高齢者の健康促進や介護予防に取り組むことは非常に重要であり、理学療法士としてそこに貢献する方法は多々あります。しかし、大学で教わる理学療法の知識の中で、地域在住高齢者に関する知識が占めている割合はほんの一部です。私はこの研究室に所属することで、高齢者に関わる論文の抄読や、地域の方々を対象とした測定調査会を通して、地域在住高齢者とは何か、高齢者の特徴、介護予防を目指した介入方法など、高齢者・地域健康科学分野における様々な知識を得ることができました。また、ゼミや授業、修士論文の執筆を通して、研究法の基礎から研究を行い、論文にするまでの一通りの流れを学ばせて頂きました。さらに、大学院2年間の中で国内外の学会発表を行う事ができました。学会では同じ分野について研究している方々とディスカッションさせて頂き、とても貴重な経験となりました。

 現在は、札幌市内の病院にて理学療法士として働いています。大学院で学ぶことは必ずしも臨床に直結することばかりではありません。しかし、大学院で学ぶことによって身に付いた物事を考える力や人に伝える力は、臨床における自分の武器となっています。今後は、地域の方々に貢献できるような理学療法士となれるよう、大学院で得た知識や経験をもとに臨床に研究に全力で取り組んでいきたいと考えています。

理学療法学・作業療法学専攻 高齢者・地域健康科学分野
石田 豊朗
(医療法人社団 豊生会 東苗穂病院リハビリテーション部)