大学院研究科

在学生からのメッセージ

看護学専攻(博士課程前期1年) 池野 航平

 私は看護師として夜勤勤務を行いながら、大学院に通っています。元々、将来的に看護学の研究や教育に携わりたいと思っていました。看護師として臨床で多くの経験をし、疑問に思うことも多く、看護として何ができるか、より良い看護とは何か、看護の可能性を追求していきたいと思い大学院への進学を決めました。

 大学院では、研究者として専門的な知識や技術を学び、様々な課題に直面した時に主体的に考え、解決していける力を備えたいと思っています。大学院では先生方や大学院生とディスカッションする機会も多く、物事を多角的に考えられることも魅力の一つと感じています。

 学業と仕事の両立は大変ですが、長期履修制度を活用できますし、先生方や先輩にいつでも相談でき、継続的に支援してくれる環境も両立をサポートしてくれています。

 大学院への進学を迷っている方も、ぜひ本学大学院でチャレンジしてみることをお勧めします。

 

看護学専攻(博士課程後期3年) 船木 沙織

 私は本学博士課程前期を修了した後、さらに自身の研究テーマを追求したいと考え、博士課程後期に進学しました。進学を決めた際、本当に自分はやりきれるだろうか、という不安はありました。しかし、指導教員をはじめ講座の先生方のきめ細やかで手厚い指導をいただき、論文作成を進めています。また、研究ゼミを通して同じ目標を持つ大学院生との活発な意見交換は、自身を成長させる良い機会となります。

 本学大学院は看護学だけではなく、医学、理学療法学、作業療法学と多くの大学院生が所属しており、様々な分野の院生から幅広い視点を学ぶことができます。博士課程後期として研究に対して真摯に向き合い、成長するためには広い視野を持つ仲間も大切です。ぜひ、本学で共に学んでいきましょう。

 

理学療法学作業療法学専攻(博士課程前期1年) 坂本 琳太郎

 私は学部生の頃は理学療法士について、その技術や知識を学びながらも漠然としたイメージを抱いていました。ですが病院での臨床実習を経て、求められる理学療法士とは何かを考えるようになり、それは患者さんにとって最適で、かつ根拠に基づいた医療を提供できる理学療法士であると感じました。そのためには常に向上心を持ち、目の前の疑問を研究し、理解する力を養う必要があるのではないかと考え、大学院進学を決意しました。

 本学大学院では、研究に最適な設備が充実しており、的確な指導をしてくださる先生方がたくさんいます。私自身この環境下で学べている事を大変うれしく思っています。そして先生方のサポートを受けつつも、自ら抱いた疑問に対して、積極的に理解しようと研究する力をつけ、理学療法士として求められる姿に近づきたいと思っています。

 今後は志を共にする多くの仲間と切磋琢磨しながら、自らの学びを深めたいと思っています。是非本学大学院で一緒に学びましょう。

 

理学療法学作業療法学専攻(博士課程前期1年) 竹内 利貴

 私は学部を卒業した後、1年間附属病院で研修生として勤務しておりました。大学院進学を考えたのは、その時疑問に思ったことを検証し、発表するといったような、論文を書くことのできる力を身に付けたいと思ったからです。そのためには、特定の分野を深く追究する方法の学習とその分野の深い知識が必要と思い、大学院進学を決めました。現在は大学の附属病院で週2回勤務しながら授業への出席や研究活動を続けています。

  授業やゼミでは優秀な指導教官から論文の読み方や思考過程を知り、意見交換できるため非常に勉強になります。また他の院生との交流は自分の視野を広げる手がかりになるとともに、モチベーションの向上につながっています。

 将来は大学院での経験を生かして、自ら能動的に学習しながら作業療法の発展に貢献していきたいと思っております。皆様も是非、大学院進学を検討してみてはいかがでしょうか。

 

理学療法学作業療法学専攻(博士課程後期3年) 志水 宏太郎

 私は本学の学部学生を卒業した後に、そのまま博士課程前期、博士課程後期と進学しました。学部の卒業論文や学部ゼミ活動がきっかけで研究に興味を持ち、この道に進むことを決めました。

 大学院の期間は私の中では非常に貴重な時間であると感じています。日々の研究活動はもちろん、学会参加や論文執筆、他の研究機関への研修など、この期間でなければできないことがたくさんあるため、自分の成長を大いに感じることができます。

 本学大学院は、研究設備も指導体制も非常に充実しており、自分のやりたいことを形にするには最適であると考えます。また臨床との両立についても本学大学院ではサポートがしっかりとしているので、学部からそのまま大学院に進んでも、卒業後に大学院に戻ってくる場合のいずれでも問題なく研究に取り組むことができます。

 大学院は自分で頑張った分だけ結果がついてくるので、非常にやりがいがあると思います。興味のある方は一度チャレンジすることをお勧めします。

 

理学療法学作業療法学専攻(博士課程後期1年) 勝浦 駿平

 私は本学作業療法学科を卒業後、札幌近郊の総合病院に勤務しながら、臨床経験4年目から2年間、本学大学院の博士課程前期に在学していました。そこで取り組んでいた研究をさらに発展させたいという思いと、自身の研究の質やスキルを高めたいという思いが芽生え、修士の学位を取得後、引き続き博士課程後期に進学しました。進学と同時に臨床の場も本学附属病院へと移り、環境が大きく変わりましたが、常勤での勤務に支障をきたさぬよう、長期履修制度を利用し、計画的に単位を取得できるよう工夫を図っています。

 本学には、各分野において第一線で活躍されている教員が多く在籍しており、研究活動や臨床場面において適宜指導・助言をいただき、指導教員をはじめとする先生方の手厚いサポートのもと、充実した大学院生活を送ることができています。ゼミや院生室などでは他の院生との交流もあり、互いに刺激し合いながら勉学に勤しんでいます。大学院の修了後は、専門性を持った作業療法士として地域医療に貢献したいと考えております。

 私は博士課程後期修了まで、前期から数えると5年以上在学することになりますが、長い大学院生活の中で、ともに切磋琢磨できる仲間がいると大変心強く思います。興味があることを追求したい、今持っている疑問を研究によって明らかにしたい、という志を持った方がいらっしゃれば、ぜひ大学院への進学を選択肢の1つとして検討してみてください。

 

修了生からのメッセージ

千歳市保健福祉部救急医療課 鈴木 幹子
(看護学専攻 博士課程前期 看護教育学分野 修了)

 私は臨床の場で新人看護師指導に携わる中で、職場内における教育の重要性を感じていましたが、どのような支援が新人看護師の成長につながるのか疑問を抱いていました。そこで、日々の臨床実践の場で感じている疑問を研究により探求し、今後の新人看護師教育に活かしたいと考え、札幌医科大学大学院への進学を決意しました。

 大学院入学後は、臨床実践の場で感じていた疑問が非常に曖昧なものであったことを痛感し、「研究疑問は何なのか」を明らかにできるまでに多くの時間を要しましたが、思考を整理し研究を発展させるよう担当教授が導いてくれました。そして、研究が進みデータと向き合う日々では、新たな発見や学びを得られる喜びを実感しながら、研究を進めることができました。

 大学院での学びは、臨床実践の質向上につながると実感しています。日々の臨床実践での疑問を明らかにしたいと感じている方がいましたら、ぜひ札幌医科大学大学院への進学を考えてみてはいかがでしょうか。

 

医療法人ひまわり会 札樽病院 リハビリテーション部 井上 孝仁
(理学療法学・作業療法学専攻 神経・発達障害理学療法学分野 修了)

 私は平成28年3月に北海道文教大学人間科学部理学療法学科を卒業し、続けて札幌医科大学大学院博士課程前期と進学、平成30年3月に修了しました。大学院では神経・発達障害理学療法学分野を専攻し、脳性麻痺をはじめとした運動障害児に対して理論的背景のある理学療法評価や治療を学びました。現在は大学院で学んだ知識や経験を活かし、札樽病院の発達小児外来部門で勤務しています。

 私は理学療法士として働く上で患者様に対して科学的根拠に基づく治療を行うため、論理的思考力や問題解決能力を高めたいと考え大学院に進学しました。現在、臨床で働く中で患者様に対する有効な治療法や信頼性・妥当性のある評価法を調べるため文献検討をしたり、患者様の問題点について統合と解釈したりする際に大学院で鍛えた思考力が活きていると感じます。本学には各専門分野に著明な先生方がいること、様々な研究機器や研究棟が存在することなどから大学院生として深く学ぶための環境が十分に整えられていると思います。

 大学院への進学は研究者としてだけでなく、臨床で働く理学療法士、または人間としても成長することができる選択肢であると思いますので、ぜひ検討してみてください。

 

旭山病院 水口 克信
(理学療法学・作業療法学専攻 精神障害リハビリテーション学分野 修了)

 私は4年次の臨床実習を経て、学術的にも臨床的にも根拠のある作業療法を実践したいという思いが強まり、また臨床・研究ともに実践できる作業療法士になりたいと思い大学院進学を志しました。

 学業と仕事の両立は、ペースを作るのに苦労しましたが、指導教員の献身的なサポートとゼミの先輩方との意見交換という支えを得て、修了まで至ることができました。私の印象としては、周囲が惜しみなく各人の知識や意見を交流させ、そこからさらに自分自身で考える機会を持てるのが大学院だと感じております。建設的に多角的な視点から意見を交流させるのはチーム医療と同じだと思いますし、医療者として従事するときにも非常に役立つ経験と思います。

 現在は前期課程を修了し、民間病院に従事しておりますが、大学院で学んだ研究の視点が対象者と関わる際だけでなく、他職種とのかかわりにも活かされていると感じます。

 札幌医科大学大学院だから学べること、感じられることがあると思います。その場に身を置き、指導教員陣からの手厚いサポートを頂き、他の院生からも刺激をもらいながら研究や学問に向き合ってみるのはいかがでしょうか。