大学院研究科

在学生からのメッセージ

看護学専攻(博士課程前期2年) 田之畑 久香

 私は、保健師として勤務をするなかで、疑問に思ったこと、詳しく知りたいと思ったことをどうやって調べていけばいいのか、研究をどうやるのかその術を身に着けたいと思い、大学院への入学を決めました。

 学業と仕事の両立をする大学院生活は、ペースをつかむまでは大変さを感じることもありました。しかし、長期履修制度を活用することで自分のペースで研究に向けて取り組むことができています。また、仕事での気づきを研究に活かしていくこともできると感じています。修了後は、保健師として仕事を続けながら、日々自己研鑽をし、地域に貢献できるようになりたいと考えています。

 大学院への進学について迷っているかたは、ぜひ一度チャレンジしてみることをお勧めします。

 

看護学専攻(博士課程後期3年) 水谷 郷美

 私は博士後期課程において修士論文となった研究を継続したいと思い、道外から指導教授を追いかけ、札幌医科大学大学院に進学しました。

 博士後期課程は研究者となるための孤独な戦いだという印象があります。しかし、指導教授を含む先生方の手厚いサポートと、ゼミにおける院生との意見交換が、研究計画を構築していく過程の中で必要不可欠な存在でした。また計画書審査会においては、専門領域を超えて院生が準備に参加してくださり、心強い気持ちで審査会に望むことができました。このように札幌医科大学大学院は、同じ目標に向かって院生同士が協力し合い、先生方から継続的なサポートを受けることができます。

 このような環境で、共に学び、共に研究者としての成長をしていきませんか。孤独な戦いでは得ることのできない大きな学びが待っていると思います。

 

理学療法学・作業療法学専攻(博士課程前期1年) 時田 諒

 私が学部生のころは、医療や理学療法士の世界に魅力を感じながらも、そのイメージはぼんやりとしたものでした。しかし卒業が近づくにつれ、患者さんにとって最適な医療・根拠に基づいた医療を提供したいという思いが日増しに強くなり、そのためには常に向上心を持った能動的な学習能力が求められるのではないかと感じたので大学院進学を決意しました。

 札幌医科大学大学院では、研究に適した数多くの設備のほか、細かく丁寧に指導してくださる先生方がたくさんいます。私はこの環境の下で研究について学べることを大変うれしく感じています。そして、自らの能動性を高めるとともに物事に対する批判的吟味を繰り返し、よりよいものを探求し続ける力を身に着けたいと思っています。

 今後は、志のある多くの仲間とともに切磋琢磨しながら、よりよい医療人を目指して頑張りたいと思っています。是非、本学大学院で一緒に学びましょう。

 

理学療法学作業療法学専攻(博士課程前期1年) 早崎 涼太

 私は本学作業療法学科卒業後、整形外科病院に勤務しています。日々の臨床で、根拠に基づく医療を提供するとともに、臨床疑問を解決し形にして発信できる力を身に付けたいと思い、大学院を受験しました。

 常勤として勤務しているので、当初大学院との両立に不安はありましたが、長期履修制度を利用しながら、無理のないスケジュールで通学できています。

 現在は研究計画書を作成しています。自分の研究テーマに沿った情報の選択や統合ができず、苦しい時もありますが、指導教員の適切な指導により一歩ずつ着実に前に進んでいると思います。

 将来は大学院での経験を生かして、整形外科における作業療法の発展に貢献できるような臨床活動や研究に取り組むことが目標です。

 札幌医科大学大学院は、指導教員の手厚いサポートとあらゆる分野の研究ができる環境が整っていると思うので、ぜひ、前向きに進学を検討してみてください。

 

理学療法学・作業療法学専攻(博士課程後期2年) 飯田 尚哉

 私は本学の大学院博士課程前期を修了した後、民間病院で4年間理学療法士として働きました。試行錯誤を繰り返しながら理学療法を行っていましたが、より根拠のもった理学療法を患者さんに提供したいと強く考えるようになりました。そこで、博士課程後期に進学し、自身の明らかにしたい研究テーマを追究することを決意しました。

 現在、本邦では理学療法士のニーズが高まり、理学療法士の数も年々増え続けています。これからは、理学療法士には臨床スキルだけではなく、研究により臨床の疑問を解決する能力や、数ある治療法の中からエビデンスに基づく理学療法を選択し提供する能力も求められると感じています。本学では、第一線でご活躍されている教員や、同じ志を持つ大学院生が日々研究について議論し、研究の礎となる論理的思考力や問題解決能力を養うことのできる環境が整っています。

 皆様も、大学院への進学を将来の選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか?多くの仲間が増えることを楽しみにしています。

 

理学療法学作業療法学専攻(博士課程後期3年) 玉 珍

 私が大学院に進んだ動機は、将来中国に帰って臨床で働きながら、作業療法士育成に貢献したいと思ったからです。学部卒業後は作業療法士として臨床で常勤しながら、修士課程を終了しました。仕事と学業の両立はとても大変で、寝不足の日々もありましたが、それ以上に充実した2年間を過ごすことができました。現在は、作業療法養成校で働きながら、博士課程後期の勉強をしています。後期出願した時は、自分の能力でやり遂げられるかという懸念もありましたが、担当教員のきめ細やかなご指導や研究室の先生方のご支援のもと少しずつ前に進めることができています。

 高齢化社会に伴い、作業療法士の需要が増えている一方で、作業療法士の数も年々増え続けてきています。これからはより質の高い、エビデンスのある作業療法の提供が求められるでしょう。臨床は毎日の業務が忙しく、流れ作業になりがちですが、振り替えてみると「これで良かったのか」と悩むことも多くあります。大学院に進学し、研究手法を身に着けて、疑問に思ったことを解決できるようになることが第一歩です。

 札幌医科大学は医学専門の大学であるため、医療界での先進的な研究ができる環境が整っています。各専門分野に優秀な指導教員が多く在籍しているので、自分の興味のある分野に一歩踏み出して研究を初めてみませんか。作業療法士だけではなく、医師、看護師、理学療法士など他職種の研究仲間とも出会えるので、ぜひ検討してみてください。

 

修了生からのメッセージ

大学院 看護学専攻 博士課程前期を修了して

 私が大学院への進学に至った理由は2点でした。1点目は、看護学生への臨地実習指導を担当したとき、自身の知識と看護能力の不足を痛感したからです。2点目は、自身の看護研究が、他の研究者と比較したときに研究と呼べるものなのかと疑問に感じたからです。そこで、家族や職場とも相談し、思い切って大学院への進学をチャレンジしました。

 大学院へは、指導教授と相談のうえで長期履修制度を活用することにより、計画的に学習と研究を行うことができました。そして、看護については理論のメタパラダイムから、研究については様々な立ち位置からの方法や分析など、多くの深い学びを得ることができました。

 私は、自身が勤務する病院・病棟での実践看護しか知らなかったのですが、私の世界は大学院の進学により開けたように感じ、自身の成長を実感する毎日でした。大学院への進学を考えている方がいましたら、勇気ある一歩を踏み出し、チャレンジすることを心からお勧めし、背中を押したいと思います。

看護学専攻
神成 真
〔学校法人 札幌青葉学園 北海道看護専門学校〕

 

大学院 理学療法学・作業療法学専攻 博士課程後期を修了して

 私は、平成24年3月に本学理学療法学科を卒業し、続けて博士課程前期・後期と進学、平成29年3月に本学の博士課程後期を修了いたしました。大学院における私の専攻は高齢者・地域健康科学分野であり、高齢者の健康増進と生活機能の維持・改善のための研究に取り組みました。現在は、大学院で学んだ知識と経験を活かし、高齢者医療を専門とする研究所の研究員として勤務しています。

 保健医療学領域の大学院への進学は、医療専門職の資格を持つ方であれば特に、あまり多く選ばれる進路ではないかもしれません。しかし、裏を返せば周りが経験したことのない多くのチャンスが眠っている領域であり、本学はその貴重なチャンスを掴むことができる場所だと自らの修了を経て感じています。本学には、各専門分野を最先端で牽引されている大変著名な先生方や、様々な医療施設や研究施設との密なネットワークなど、自分の興味を存分に突き詰めることができる環境と選択肢が整っているからです。

 大学院を通して見えてくる道は人それぞれかもしれませんが、これから自分が進む道において必ず大きな財産となるはずです。一人でも多くの仲間が大学院へ進学されることを期待しております。

理学療法学・作業療法学専攻 高齢者・地域健康科学分野
牧野 圭太郎
(国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター 予防老年学研究部 研究員)

 

大学院 理学療法学作業療法学専攻 博士課程後期を修了して

 私は平成16年度に札幌医科大学保健医療学部作業療法学科を卒業し、札幌市内の病院に勤務していました。

 平成21年度からは病院勤務を続けながら札幌医科大学大学院博士課程前期に進学し、修了後、博士課程後期に進学しました。大学院入学前から学会発表や研究活動などを経験してきましたが、知識や考え方も含めて未熟であること、同じ疑問やテーマをもって切磋琢磨できる仲間が少ないことを強く感じ、進学を決意しました。

 大学院では、感覚統合障害学分野に所属し、仙石泰仁教授にご指導を頂きました。私が研究テーマとしていたのは「障害者、高齢者の自動車運転」であり、近年は認知症・高齢者ドライバーの事故や危険運転、高次脳機能障害者の運転可否に関する問題など、社会的に大きなトピックとなっているものでした。そのため研究疑問が拡散してしまい、自分の立ち位置を見失うこともありました。その中で作業療法士として何ができるか、患者様や対象者だけでなくその対応に苦慮する医療者や家族のことを思いながら、研究目的や意義を考えていたと思います。

 働きながら大学院生活を継続するのは大変でしたが、発表や議論を通して思考を整理し、研究を発展させていく方法を学ぶことができました。また、ゼミ内外での先輩や後輩と交流も増え、不安や疑問を共有できたという点で仲間や同士を持つという経験を得ることができました。大学院在学中に職場を変え、現在は他大学の教員として学生を教える立場になっております。

 これからは大学院で経験したことを活かして、研究を更に発展させながら、社会に求められる人材育成にも取り組みたいと思っています。

理学療法学作業療法学専攻 感覚統合障害学分野
山田 恭平
(北海道千歳リハビリテーション大学 講師)