人類を病の苦しみから
救うために研究をおこなう

再生医療と人間蘇生医療で人類の健康と幸福に貢献するのが私たちの目標です

教育・研究

教育においては、医学部の肉眼解剖学を担当し、解剖学実習を通じて、人間性豊かな医師の育成に務めています。

また研究においては、骨髄間葉系幹細胞を用いた糖尿病性腎症やアルツハイマー型認知症、自己免疫疾患、炎症性腸疾患、骨粗鬆症などの治療を目指して研究を行なっています。

再生医療

糖尿病性腎症の再生医療の実用化を目指して、2017年5月にベンチャー企業、株式会社ミネルヴァメディカが設立されました。

本講座においては、株式会社ミネルヴァメディカと共同で再生医療の開発を行っています。

「人類を病の苦しみから救うために
研究をおこなう」ことが、
私たちの使命です。

私たちは、患者さん自らの骨髄幹細胞を用いて
糖尿病性腎症をはじめ
様々な難治性の慢性疾患を治すことを目標に、
日夜研究に励んでいます。

また、「何故病気になるのか?」という
疾病の根本原因に迫る研究を行っています。
この問題を解決しないことには、
真の意味で人類を救うことにはならないからです。

我々の「再生医療」は、別名「修復医療」でもあり、
本来人体に備わった自己治癒力を
最大限に引き出す人間蘇生医療なのです。