ホーム > センター紹介

病院長メッセージ

 今日の医療において理学療法・作業療法の重要度はますます高まり、リハビリテーション医療の高度専門化が進んでいます。このような状況を背景とし、リハビリテーション・スタッフに対する、より専門的な教育システムの構築・充実に期待がもたれています。
 本学では、昭和58年に札幌医科大学衛生短期大学部を創設し、平成元年には札幌医科大学保健医療学部へと発展的改組を経て今日に至っています。これまでに理学療法士及び作業療法士あわせて1,000名を超える卒業生を送り出してきました。

 平成26年に札幌医科大学附属病院では、高度な医療現場のニーズに応えられる人材を育成するため、「札幌医科大学附属病院理学療法士・作業療法士研修プログラム」を策定いたしました。医学部、保健医療学部の教授陣を始めとする教員による指導体制のもと、当院のリハビリテーション部で幅広く実践を積み、専門コースの選択によって高度な知識と技能の修得が可能となっています。すなわち、大学附属病院ならではの教育体制のもとで臨床に密着した研修を行います。今後のリハビリテーション医療における、指導者的役割を担う人材の育成を目指す専門的プログラムです。実務を伴うことから、一定の報酬をお支払いいたします。新卒者から経験豊富な方まで、各個人の目的に応じたコースを選択できるプログラムとなっています。
 このプログラムを通じて、専門的な知識・技術を持つ理学療法士・作業療法士が育ち、医療現場において活躍されることを期待します。

札幌医科大学附属病院 病院長 山下 敏彦

センター長メッセージ

 リハビリテーションは、近年、対象となる疾病ならびに障害の幅が大きく広がり、臓器別診療科の治療と協働して、急性期から生活期まで適切なチーム医療を進めることが求められています。リハビリテーション対象者の心身機能・活動・参加の向上に介入する理学療法士・作業療法士への期待は、これまでにも増して高まっており、さらに高度な専門性が要求されるようになりました。
 当センターの研修プログラムは、高度化する医療に対応する最先端の理学療法や作業療法を推進していくため、基礎的・専門的知識、技術、および医療人としての態度などを包括した臨床能力の向上を目指しています。理学療法士・作業療法士の養成過程を有する医系総合大学と大学附属病院という環境を最大限に活かし、リハビリテーション科および関連診療科との良好な協力関係を基盤とした研修体制を構築しました。教育と研究を基盤とした研修環境は、エビデンスに基づく科学的な臨床的資質を磨き上げるのに最適です。
 研修理学療法士・作業療法士の多様な臨床経験に配慮し、新卒研修や高度専門研修、および学び直しなどといった柔軟な研修プログラムの選択が可能となっています。経験や専門性に応じて、研修コーディネーターが、希望する研修を推進できる個別プログラムを提供します。
 本研修制度は全国に先駆けてスタートしました。本学附属病院、理学療法士・作業療法士研修センターは、これからの理学療法・作業療法を担っていただく方々の新しいキャリア形成に大きく貢献できるように、研修生の皆さんとともにプログラムを発展させていきます。

札幌医科大学附属病院理学療法士・作業療法士研修センター長  
札幌医科大学医学部リハビリテーション医学講座 教授 石合 純夫

副センター長メッセージ

 高齢化社会における地域医療、そして、複雑高度化する医療など、理学療法・作業療法が大きく貢献できる対象も広がりをみせています。その広がりの中、理学療法・作業療法の専門性をチーム医療で発揮できる素養や専門分化してきた医療現場のニーズに応えていく高度な臨床能力など、求められる能力や専門性も多岐にわたってきました。
 しかし、その基本は臨床現場で求められる医療に適切に対応するとともに、学術研究成果を活用した先端的知識、技能を活用することといえます。
 本研修センターでは、1)医系総合大学の教育・研究を基盤とした研修環境で、2)研修療法士の臨床経験、目的に応じた個別研修を企画し、3)臨床実務から学び続けていける人材を養成するプログラムを運営しています。
 研修コーディネーターにより、研修療法士の学ぶべき内容に応じた医学部・保健医療学部の教授陣、およびリハビリテーション部スタッフで複数の指導者を構成し、個別の研修療法士の充実した研修をすすめる環境を確保しています。専門コースでは関連専門診療科の講師陣による指導も直接うけることができるなど、これまでにない研修環境も整備しています。理学療法士、作業療法士の先進的なキャリア育成としての本研修センターでの研修を経て、今後の活躍を大いに期待したいと思います。

札幌医科大学附属病院理学療法士・作業療法士研修副センター長  
札幌医科大学保健医療学部理学療法学第二講座 教授 片寄 正樹

リハビリテーション部 副部長メッセージ

 現在、リハビリテーション医療はより高度専門化し、卒前教育の知識、技術のみで臨床の場で十分に対応できる能力を身につけることは困難となってきています。個々の理学療法士、作業療法士は、各勤務先の医療機関内での教育システムや様々な研修会、講習会等へ参加することで、自己努力によりスキルを高め、この状況に対応しています。
 このような背景の中、平成26年度より、札幌医科大学附属病院では、理学療法士・作業療法士研修制度を開始しました。先端医療を提供する大学附属病院という環境を活かし、関連する様々な診療科と連携した個別のプログラムを提供することで高度なリハビリテーション臨床能力を身につけることを目指しています。
 総合研修プログラムでは、新卒者や先端的理学療法、作業療法の学び直しを希望される方を対象とし、各種疾患別リハビリテーションの基礎的能力を養います。専門研修プログラムでは、運動器障害系、内部障害系、小児・神経障害系、高次脳機能障害系の4つのコースを設置し、各専門性に特化した能力を磨いていきます。
 あなたも高い臨床能力を有し、地域のリハビリテーション医療に貢献できる理学療法士、作業療法士をめざしませんか。

札幌医科大学附属病院理学療法士・作業療法士研修センター委員  
札幌医科大学附属病院リハビリテーション部 副部長 柿澤 雅史

センター委員

センター長

石合 純夫
(リハビリテーション部 部長/医学部リハビリテーション医学講座 教授)

副センター長

片寄 正樹
(リハビリテーション部 副部長/保健医療学部理学療法学第二講座 教授)

委員

柿澤 雅史
(リハビリテーション部 副部長)
池田  望
(リハビリテーション部/保健医療学部作業療法学第二講座 教授)
太田 久晶
(リハビリテーション部 副部長/保健医療学部作業療法学第一講座 教授)
小塚 直樹
(リハビリテーション部/保健医療学部理学療法学第一講座 教授)
橋本 暁佳
(循環器・腎臓・代謝内分泌内科/医学部病院管理学 准教授)
村上 孝徳
(リハビリテーション部 副部長/医学部リハビリテーション医学講座 講師)

病院概要

名称

北海道公立大学法人 札幌医科大学附属病院

所在地

北海道札幌市中央区南1条西16丁目291番地

診療科数

28診療科 消化器内科/免疫・リウマチ内科/循環器・腎臓・代謝内分泌内科/呼吸器・アレルギー内科/腫瘍内科/血液内科/神経内科/消化器・総合、乳腺・内分泌外科/心臓血管外科/呼吸器外科/整形外科/脳神経外科/神経再生医療科/婦人科/産科周産期科/小児科/眼科/皮膚科/形成外科/泌尿器科/耳鼻咽喉科/神経精神科/放射線治療科/放射線診断科/麻酔科/総合診療科/歯科口腔外科/リハビリテーション科
中央部門 薬剤部/検査部/病理部/放射線部/手術部/医療材料部/リハビリテーション部/高度救命救急センター/集中治療部/医療安全部/感染制御部/臨床工学部/看護部/医療連携福祉センター/栄養管理センター/臨床研修・医師キャリア支援センター/看護キャリア支援センター

病床数

938床(一般病床890床 精神病床42床 結核病床6床)

施設概要

敷地面積:23,717.64m2
建築面積:7,990.20m2
延床面積:64,834.79m2
構造:鉄骨鉄筋コンクリート造、11階建・地下2階・塔屋2階

平成28年度

入院 入院延患者数 280,830人
1日平均患者数 769.4人
新規入院患者数 18,305人
外来 外来延患者数 421,742人
1日平均患者数 1,735.6人
手術 手術件数 7,430件
1日平均手術件数 30.6件

施設紹介

理学療法室

理学療法室

作業療法室

作業療法室

三次元動作解析装置による計測

三次元動作解析装置による計測

その他施設紹介

ファミリーマート
病院の2階にはファミリーマートがあり、食事、飲み物、下着、文房具など生活に必要なものは全て揃います。札幌医大グッズも取りそろえています。

ファミリーマート

スターバックスコーヒー
病院の1階にはスターバックスコーヒーショップがあります。職員だけでなく、通院患者さんや面会にいらした方からも人気です。

スターバックスコーヒー