ホーム > 研修プログラム

修了生の声

柏葉脳神経外科病院
理学療法士 後藤 凌介さん(総合研修修了)

 総合研修プログラムでは、各種疾患の病態理解、理学療法評価・治療を経験します。そして、その過程を症例レポート・報告会にて、客観的に呈示し、妥当性について議論することで、臨床能力向上を図ります。この研修では、運動学・解剖学・生理学等、基礎的な知識を用いて、病態を整理し、理学療法が何に対して、どのような結果を、なぜ及ぼしたのかを追求することを学びました。今後は、臨床・研究等、幅広い分野に興味を持ち、この経験を活かしたいと考えています。

筑波大学大学院
理学療法士 宮崎 照光さん(総合研修修了)

 この研修を通し、様々な病態の患者様に対する理学療法を経験できました。特に、ICU管理中や術 直後の患者様に対しての介入は、貴重な経験となりました。介入する上で病態・治療方針の理解不足が、 患者様の不利益に直結してしまいます。そのため、介入の目的・効果を十分に考慮する必要があります。 介入前後には、経験・知識豊富な理学療法士から十分な指導を受けることができ、不足している知識・考えが明確となります。新卒の理学療法士にとって非常に良い環境であると考えます。

北海道立子ども総合医療・療育センター
作業療法士 宍戸 快さん(総合研修修了)

 私が養成校を卒業後、OT1年目に札幌医科大学附属病院の研修プログラムを終えて感じていることは、この研修を受けてよかったということです。OTとしても社会人としても一年目であった私にとって、ここでの臨床経験や尊敬する先輩方との出会いを通じた社会経験はいろいろなことを学べました。また研修を通じて、中枢分野に限らず整形・神経難病・小児など幅広い疾患を数多く経験できたことは、自分の視野を拡げることができて、少しずつ作業療法士としてのやりがいを感じるようになりました。

麻生整形外科病院
理学療法士 才崎 和哉さん(専門研修運動器障害系コース修了)

 この研修制度への参加を考えたきっかけは、自分の行なっている評価や治療が本当に正しいのか疑 問に思ったからです。経験年数を重ねるごとに自分の考え方に患者様の病態を当てはめようとすることがあり、病態を理解した「つもり」で理学療法を行なっていたことに、研修制度に参加して気付かされました。研修では患者様一人一人の病態を理解して、その状況に応じた評価や治療プログラムを発案することの重要性、難しさを学ぶことが出来ました。この経験を活かして、病院での理学療法や スポーツ現場での活動でも研鑽を積んでいきたいです。

弘前大学医学部附属病院
理学療法士 逸見 瑠生さん(専門研修運動器障害系コース修了)

 臨床実務では、多様な運動器疾患を担当します。指導者のサポートもあり、病態に応じた理学療法を思考し、相手に伝えることが以前よりも出来るようになりました。
 大学附属病院という環境は専門性を有する他職種との関わりが多く、ディスカッションを通してチーム医療にどう貢献していくかを学べます。他にも、英語論文抄読会や大学教諭・大学院生との勉強会など臨床以外でも学ぶ機会が多いことも、大学附属病院での研修の特色と思います。

札幌医科大学附属病院
理学療法士 清藤 恭貴さん(専門研修内部障害系コース修了)

 今回参加した研修は、循環器の領域を主として、臨床を通じた研修時間を多く与えて頂きました。また、医師間のカンファレンスへの参加や、病棟主治医や病棟看護師を始めとした多職種の方々との情報交換を密に行うことも出来ました。多職種の様々な思考過程を学ぶことが出来たのもこの研修の大きなメリットであったと考えています。1年間で学んだ事を引き続き自己学習しながら、更に向上できるよう日々の臨床に励んでいきたいと考えています。