ホーム > 研修プログラム

修了生の声

総合研修修了  
眞鍋 志織さん(新札幌豊和会病院)

 総合研修プログラムでは多様な疾患の患者様を経験させていただきました。経験・知識の豊富な先輩からのご指導や、医師をはじめとするたくさんの医療スタッフのご協力のもと、患者様に対する理学療法を学び、まとめること・わかりやすく伝えあることの難しさを痛感しました。札幌医科大学附属病院で勤務できたことは大変貴重な経験となりました。今後はこの経験を活かし、患者様に対してよりよい理学療法を提供できる理学療法士になるべく、自己研鑽に励みたいと考えています。

総合研修修了  
野宮 杏奈さん(札幌円山整形外科病院)

 総合研修プログラムでは分野に限らず、幅広い疾患を経験できるため、視野を広くもつことができます。さらに、自分の考えに留まらず症例報告会にて客観的に呈示しディスカッションすることで臨床能力向上を図ることができると感じました。また、他職種との関わりの中で、チーム医療のありかたを学ぶことができるのも、研修の大きなメリットだと思います。この1年間の研修により今後の臨床や研究等の活動へのモチベーションにつながりました。

総合研修修了  
竹内 利貴さん(札幌医科大学大学院)

 養成校を卒業し1年目から総合研修プログラムに参加しました。中枢、整形、内部障害疾患等幅広い疾患を経験させて頂いたことで、それぞれに対する病態の理解や評価治療介入を通して基礎的な臨床能力をつけることができました。大学病院という特色を生かし、関係する診療科の医師との関わりを通して医師の考え方に触れ、患者様の病態把握や介入方法の検討ができることは非常に貴重な経験と思います。また大学教員の方々と臨床、研修について意見交換できる環境は自分の視野を拡げ、目指す進路のイメージを持つことができました。

専門研修運動器障害系コース修了
本田 由佳さん(帯広整形外科)

 専門性を有した知識が豊富な指導者とディスカッションを通し、科学的根拠に基づいた理学療法を行うことの重要性を学びました。医師のカンファレンスや英語論文抄読会・勉強会、サージカルトレーニングに参加し、他職種の思考・教育課程について学ぶことが出来たのも、大学病院で行われる研修の特徴と感じています。これからは前職場に戻り、この1年で学んだことや経験を活かし、更なる向上を目指して臨床に励みたいと考えています。

専門研修小児・神経障害系コース修了
笹川 古都音さん(北海道立子ども総合医療・療育センター)

 小児・神経障害系コースということで、日々の臨床では、NICUの赤ちゃんたちから高齢者まで幅広い理学療法を経験することができました。指導担当の先生方をはじめ、コーディネーターの小塚先生、担当医、他職種にスタッフから指導を受けることができたことは、大変貴重な財産になったと思います。また症例報告を通し、病態や治療内容等についてしっかりと学びを深めることができたことも研修ならではのメリットでした。