業績

2017年


  • Takano K, Takahashi N,Ogasawara N,Yotsuyanagi T,Himi T. Chorda tympani nerve dysfunction associated with congenital microtia. Acta Otolaryngol.137:686-689,2017
  • Suzuki N, Miyazaki A, Igarashi T, Dehari H, Kobayashi JI Miki Y, Ogi K ,Nagai I, Sonoda T.Yotsuyanagi T,Hiratsuka H. Relationship Between Mandibular Ramus Height and Masticatory Muscle Function in Patients With Unilateral Hemifacial Microsomia. Cleft Palate Craniofac J.54:43-52,2017.
  • 四ッ柳高敏 各論Ⅰ 先天性疾患F.耳介 中塚貴志、亀井譲編 形成外科学改訂3版 南山堂 2017,Pp206-210.
  • 中川嗣文、四ッ柳高敏 Ⅲ章 慢性創傷治療の実際 2、褥瘡の局所治療 鈴木茂彦、寺師浩人編 外科系医師が知っておくべき創傷治療のすべて 南江堂 2017, Pp222-227.
  •  須貝明日香、四ッ柳高敏 第2章 ④耳介形成術(小耳症) 楠本健司編 形成外科の手術看護パーフェクトマニュアル メディカ出版 2017,Pp91-102.
  •  四ッ柳高敏、大沼眞廣、鈴木明世、権田綾子、加藤慎二、須貝明日香、中川嗣文、伊谷善仁、山下建 小耳症に対する耳介再建術の最前線.形成外科 60:997-1002,2017.
  • 加藤慎二、四ッ柳高敏、山下建 Ⅰ基本手技 肋軟骨2 11.われわれの行っている肋軟骨採取法. 形成外科 60:S72-S76,2017.
  • 加藤慎二、四ッ柳高敏、鈴木明世、権田綾子、須貝明日香、中川嗣文、山内誠、山下建 折れ耳の術後変形に対し肋軟骨移植による耳介形成術を施行した1例. 形成外科 60:577-581,2017
  • 北田文華、四ッ柳高敏、石崎力久、山下建、須貝明日香、加藤慎二、権田綾子、鈴木明世 小耳症二次修正においてもみあげ形成が有用であった一例. 形成外科 60:571-576,2017
  • 池田毅、平岡美紀、稲富周一郎、船橋謙二、山下建、杉田真太朗、大黒浩 両側涙嚢部に涙石を生じたシェーグレン症候群の2例. 臨床眼科 71:595-598,2017
  • 北愛里紗、香山武蔵、斉藤有、加藤慎二、権田綾子、須貝明日香、山内誠、山下建、四ッ柳高敏 アスファルト熱傷の1例. 熱傷 43:151-156,2017

2016年

  • Yamauchi M, Hirohashi Y, Torigoe T, Matsumoto Y, Yamashita K, Kayama M , Sato N, Yotsuyanagi T Wound healing delays in α—Klotho-deficient mice that have skin appearance similar to that in aged humans-Study of delayed wound healing mechanism Biochem Biophys Res Commun 473(4):842-52,2016
  • Yamashita K, Yotsuyanagi T, Yamauchi M, Sugai A, Gonda A, Kato S, Kita A Subcutaneous pedicle V-Y flap for release of incomplete congenital syndactyly J Plast Reconstr Aesthet Surg 69:e186-e191,2016
  • Niiyama Y, Yotsuyanagi T, Yamakage M Continuous wound infiltration with 0.2% ropivacaine versus a single intercostal nerve block with 0.75% ropivacaine for postoperative pain management after reconstructive surgery for microtia. J Plast Reconstr Aesthet Surg 69(10):1445-1449, 2016
  • Suzuki N, Miyazaki A, Igarashi T, Dehari H, Kobayashi JI, Miki Y, Ogi K , Nagai I, Sonoda T, Yotsuyanagi T, Hiratsuka H  Relationship Between Mandibular Ramus Height and Masticatory Muscle Function in Patients With Unilateral Hemifacial Microsomia Cleft Palate Craniofac J (Epub ahead of print)
  • 四ッ柳高敏、山下建 耳介再建におけるティッシュ・エキスパンダーの利用方法 PEPARS 115:11-17,2016
  • 佐藤圭悟、平岡美紀、橋本雅人、山下建、杉田真太朗、長谷川匡、村瀬和幸、大黒浩 成人男性に発症した眼窩内原発のEwing 肉腫の1例 臨床眼科70(12):1773-1778, 2016

2015年

  • Yotsuyanagi T, Yamauchi M, Yamashita K , Sugai A , Gonda A , Saito T, Urushidate S Abnormality of Auricular Muscles in Congenital Auricular Deformities Plastic and Reconstructive Surgery 2015:136(1) 166
  •  四ッ柳高敏、山下建、山内誠 形成外科手技全書 Ⅲ 創傷外科  顔面外傷 1.軟部組織損傷 3)口唇・口腔 4)耳介
  • 新井孝志郞、今井章仁、池田健 極めてまれな異所性過誤腫性胸腺腫の1例 形成外科 2015:58(2):205-210
  • 漆舘聡志、樋熊有子、三上誠、齋藤百合子、齊藤真紀子、横井克憲、四ッ柳高敏 エステティックユニットを重視した口唇の局所皮弁による再建 形成外科 2015:58(5)477-486
  • 山内誠、四ッ柳高敏、齋藤有、山下建、須貝明日香、権田綾子、北田文華、小澤隆矩 エステティックユニットを重視した局所皮弁による外鼻再建 形成外科 2015:58(5)487-495
  • 権田綾子、四ッ柳高敏、山下建、山内誠 耳輪脚変形を伴う軽度耳介低形成に対する治療経験 日本形成外科学会会誌 2015:35(6)341-345
  • 山下健、四ッ柳高敏、北田文華、権田綾子、須貝明日香、山内誠、齋藤有 眼窩内腫瘍30例の検討 -lgG4関連疾患の概念を加味して-形成外科 2015:58(7)787-796
  • 加藤慎二、四ッ柳高敏、吉川摩由、須田徹也 第Ⅱ~Ⅳ趾に非典型的な癒合を示した合趾の一例 形成外科 2015:58(7)821-827
  • 山下建、四ッ柳高敏、北愛里紗、須貝明日香、山内誠、丸茂弥生、平岡美紀、大黒浩 ハイドロキシアパタイトジェルフィラー注入後の動脈塞栓により視力低下・皮膚壊死を来たした1例 形成外科 2015:58(9)962-967

2014年

  • Yotsuyanagi T, Yamashita K, Yamauchi M, Sugai A, Kayama M, Gonda A,KitaA. Correction of lobule-type microtia: I. The first stage of costal cartilage grafting.Plast Reconstr Surg. 2014 Jan;133(1):111-20.
  • Shibayama H, Yotsuyanagi T, Saito T, Yamashita K, Yamauchi M, Suda T Surgical Correction of Bifid Nose Due to Tessier’s No.0 Cleft Modern Plastic Surgery 2014 Jan; 4(1):pp1-4
  • Yamashita K, Yotsuyanagi T, Yamauchi M,David M Y. Klotho Mice: A Novel Wound Model of Aged Skin Plastic and Reconstructive Surgery- Global Open. 2(1):e101,January 2014.
  • Yasuda K, Torigoe T, Mariya T, Asano T, Kuroda T, Matsuzaki J, Ikeda K, Yamauchi M, Emori M, Asanuma H, Hasegawa T, Saito T, Hirohashi Y, Sato N. Fibroblasts induce expression of FGF4 in ovarian cancer stem-like cells/cancer-initiating cells and upregulate their tumor initiation capacity.Lab Invest. 2014 Oct 20. doi: 10.1038/labinvest.2014.122.
  • Yotsuyanagi T, Yamauchi M, Yamashita K, Yamada T, Kato S, Suzuki A, Saito T. Correction of Lobule-type Microtia: Part 2: The Stage of Ear Elevation.Plast Reconstr Surg Glob Open. 2(9):e208, 2014
  • 山田哲生,四ッ柳高敏,須貝明日香,山内誠,山下建,齋藤有,漆舘聡志,樋熊有子 手拳・指に対する皮膚移植時にわれわれが行っている固定法.形成外科.2014:57刊1号: 82-85.
  • 鈴木明世、四ッ柳高敏、権田綾子、須貝明日香、今井章仁、山内誠、山下建、齋藤有 耳介の部分欠損を伴う頬部瘢痕に対しティッシュ・エキスパンダーを用いて再建を行った1例. 形成外科.2014 .57(6):681-686
  • 北愛里紗、四ッ柳高敏、齋藤有、山下建、山内誠、香山武蔵、山田哲生、北田文華 低体温療法に用いたアイスパックによって発生した耳介凍傷の1例. 形成外科.2014:57(7):799-803.
  • 須貝明日香、四ッ柳高敏 耳介の新鮮熱傷および熱傷後変形に対する治療方針.PEPARS.2014(94):24-30
  • 須田徹也、吉川摩由、加藤慎二 骨髄炎を伴った糖尿病性足壊疽の患者に大切断を施行せずPTB装具を用い歩行し得た1例. 形成外科 2014:57(12):1417-142
  • 芝山浩樹、四ッ柳高敏、齋藤有、山内誠、新井孝志郞背部脂肪腫切除術後にToxic shock syndrome を発症した1例日本形成外科学会会誌 2014:34(12):893-897

2013年

  • Yotsuyanagi T, Yamashita K, Gonda A, Kato S, Sugai A, Yamada T, Kayama M, Ikeda K, Yamauchi M, Saito T Double combined Z-plasty for wide-scar contracture release. J Plast Reconstr Aesthet Surg. 2013 ; 66(5): 629-33.
  • Ikeda K, Torigoe T, Matsumoto Y, Fujita T, Sato N, Yotsuyanagi T. Resveratrol inhibits fibrogenesis and induces apoptosis in keloid fibroblasts Wound Repair Regen. 2013 Jul;21(4):616-23. doi: 10.1111/wrr.12062.
  • 須田徹也,四ッ柳高敏,池田佳奈枝,齋藤有,山下建,山田哲生,加藤慎二,権田綾子.先天性耳介変形に対する耳甲介軟骨移植の検討.形成外科.2013:56(6): 653-659.
  • 小笠原徳子、高野賢一、阿部亜由美、才川悦子、海崎文、関伸彦、吉野真代、今野綾美、山内誠、新谷朋子、四ッ柳高敏、氷見徹夫 当科における先天性小耳症例の検討. 小児耳 2013;34(3):360-365

2012年

  • Yamauchi M, Yotsuyanagi T, Ikeda K, Yoshikawa M, Urushidate S, Mikami M, Kamo K. Clinical and genetic analysis of microtia in Japan. Plast Surg Hand Surg. 46(5):330-4, 2012.
  • Ikeda K, Yotsuyanagi T, Arai K, Suda T, Saito T, Ezoe K. Combined revascularization and free-tissue transfer for limb salvage in a Buerger disease patient. Ann Vasc Surg. 26(3):422.e5-8, 2012. doi: 10.1016/j.avsg.2011.06.018.
  • Yamauchi M, Yotsuyanagi T, Yamashita K, Ikeda K, Urushidate S, Mikami M. The reverse superficial temporal artery flap from the preauricular region, for the small facial defects. J Plast Reconstr Aesthet Surg. 65(2):149-55, 2012. doi: 10.1016/j.bjps.2011.09.013.
  • Urushidate S, Yokoi K, Higuma Y, Mikami M, Watanabe Y, Saito M, Saito Y, Yamauchi M, Yotsuyanagi T. Nose and upper lip reconstruction for purpura fulminans. J Plast Reconstr Aesthet Surg. 65(2):252-5, 2012. doi: 10.1016/j.bjps.2011.07.004.
  • Arai K, Yamashita K, Suda T, Ikeda K, Yamauchi M, Yotsuyanagi T. Primary reconstruction of the umbilicus, using two rectangular subcutaneous pedicle flaps. J Plast Reconstr Aesthet Surg. 65(1):132-4, 2012. doi: 10.1016/j.bjps.2011.07.007.  
  • 四ッ柳高敏, 権田綾子, 山田哲生, 香山武蔵, 山内誠, 山下建, 齋藤有. 形成外科領域の体表先天異常. 臨床小児医学 60(1-6): 15-25, 2012
  • 齋藤有, 四ッ柳高敏.【実践的局所麻酔-私のコッ】 耳介の形成外科における局所麻酔のコッ. PEPARS 72: 9-12, 2012
  • 池田佳奈枝, 四ッ柳高敏. 【研修医・外科系医師が知ッておくべき形成外科の基本知識と手技】 皮弁の理論と実際 局所皮弁 皮下茎皮弁. 形成外科 55:S115-S119, 2012.
  • 香山武蔵,四ッ柳高敏,山下建.Ⅴ. 四肢・軟部組織. 軽傷熱傷に対する処置. 救急医学. 36 : 455-458, 2012.
  • 須田徹也, 四ッ柳高敏, 吉川摩由, 中川嗣文. 原発性皮膚髄膜腫 消退した苺状血管腫と臨床診断して手術した症例. 皮膚科の臨床 54(5):770-772, 2012.

2011年

  • Yamashita K, Yotsuyanagi T, Saito T, Isogai N, Mori H, Itani Y. Mozart ear: diagnosis, treatment, and literature review. Ann Plast Surg. 67(5):547-50, 2011. doi: 10.1097/SAP.0b013e31820944d7.
  • Urushidate S, Yokoi K, Higuma Y, Mikami M, Watanabe Y, Saito M, Saito Y, Yamauchi M, Yotsuyanagi T. New way to raise the V-Y advancement flap for reconstruction of the lower lip: bipedicled orbicularis oris musculocutaneous flap technique. J Plast Surg Hand Surg. 45(2):66-71, 2011. doi: 10.3109/2000656X.2011.569193.
  • Matsumoto Y, Ikeda K, Yamaya Y, Yamashita K, Saito T, Hoshino Y, Koga T, Enari H, Suto S, Yotsuyanagi T. The usefulness of the collagen and elastin sponge derived from salmon as an artificial dermis and scaffold for tissue engineering. Biomed Res. 32(1):29-36, 2011.
  • 四ッ柳高敏. 【ペパーズ】編集企画にあたって….PEPARS 49(1): 前付p1, 2011;.
  • 山内誠, 四ッ柳高敏, 須貝明日香.【口唇部周囲の組織欠損】 下口唇再建 局所皮弁による下口唇再建 下口唇部分欠損に対する機能的再建法 Estlander変法、および、口角下制筋皮弁. PEPARS 49:39-45, 2011.
  • 漆舘聡志, 四ッ柳高敏. 【口唇部周囲の組織欠損】 上口唇再建 局所皮弁による上口唇の再建(2). PEPARS 49:17-25, 2011.
  • 中川嗣文, 四ッ柳高敏, 山内誠. 【Local flap method】 特殊な局所皮弁による外鼻再建. PEPARS 58:40-48, 2011.
  • 四ッ柳高敏, 山内誠, 池田佳奈枝, 須貝明日香, 中川嗣文, 香山武蔵. 【周産期の皮膚疾患・形成外科疾患カラーアトラス】 小耳症・外耳道閉鎖. 周産期医学 41(6):836-841, 2011.
  • 四ッ柳高敏, 齋藤有, 山下建, 池田佳奈枝, 山内誠, 中川嗣文, 香山武蔵, 須貝明日香. 【小耳症 私の手術法】 当科における耳垂型小耳症に対する基本術式. 形成外科 54(3): 235-242, 2011.
  • 四ッ柳高敏. 9.糖尿病性足潰瘍. 医療講座16. 形成外科. 平林慎一編. 経済産業省 国際医療通訳講座 医療系テキスト. 東京:医学書院.;pp22-23, 2011.
  • 四ッ柳高敏. 糖尿病性足潰瘍.平林慎一,鈴木茂彦編. 第6版標準形成外科学.東京:医学書院. pp205-208, 2011.
  • 中川嗣文, 四ッ柳高敏, 須貝明日香, 香山武蔵, 山内誠, 山下建, 齋藤有. 結節性硬化症に伴う顔面血管線維腫に対し手術治療を行ッた1例. 日本頭蓋顎顔面外科学会誌 27(4): 341-348, 2011.
  • 芝山浩樹, 四ッ柳高敏, 齋藤有, 山下建, 池田佳奈枝, 山内誠, 中川嗣文. 軽度耳介変形に対しわれわれが行っている対輪形成術. 形成外科 54(12):1405-1412, 2011.
  • 山内誠, 四ッ柳高敏, 山下建, 池田佳奈枝, 香山武蔵, 石崎力久. 皮膚切除のデザインを工夫した高度の開瞼困難を有する眼瞼皮膚弛緩症の1例. 形成外科 54(1) :73-78, 2011.

2010年

  •  Yamauchi M, Yotsuyanagi T, Saito T, Ikeda K, Urushidate S, Higuma Y. Three cases of giant pilomatrixoma--considerations for diagnosis and treatment of giant skin tumours with abundant inner calcification present on the upper body. J Plast Reconstr Aesthet Surg. 63(6):e519-24, 2010. doi: 10.1016/j.bjps.2009.12.006.
  • Urushidate S, Yotsuyanagi T, Yamauchi M, Mikami M, Ezoe K, Saito T, Yokoi K, Ikeda K, Higuma Y, Shimoyama M. Modified thin abdominal wall flap (glove flap) for the treatment of acute burns to the hands and fingers. J Plast. Reconstr. Aesthet. Surg. 63(4):693-699, 2010.
  • Yamauchi M, Yotsuyanagi T, Ezoe K, Saito T, Ikeda K, Arai K. Reverse facial artery flap from the submental region. J Plast Reconstr Aesthet Surg. 63(4):583-8, 2010. doi: 10.1016/j.bjps.2009.01.035.
  • 山下建,四ッ柳高敏. 皮弁外科・マイクロサージャリーの実際. 挙上~血管吻合の基本から美容的観点を含めて~. E.再建部位別の標準的な皮弁手術4.耳介の再建.百束比古,一瀬正治,保阪善昭編.形成外科診療プラクティス. 東京:文光堂.: pp180-181, 2010.
  • 山下建,四ッ柳高敏. I. 局所皮弁法および小皮弁術. 逆行性顔面動脈皮弁. -特に外鼻,口唇の再建-.使える皮弁術. -適応から挙上法まで-. 中島龍夫,百束比古編. 使える皮弁術(上巻). 東京:全日本病院出版会.: pp26-32, 2010.
  • 四ッ柳高敏. 第一章 顔面.耳甲介型小耳症に対する肋軟骨移植術を用いた耳介形成術.光嶋勲編. エキスパート形成再建外科手術. 東京:中山書店.: pp50-61, 2010.
  • 四ッ柳高敏. 形成外科部門. 中村康生編. 医者がすすめる専門病院 北海道. 神奈川. ライフ企画: pp185, 2010.
  • 四ッ柳高敏, 香山武蔵. 【形成外科の治療指針update 2010】 頭頸部疾患 副耳、耳瘻孔.形成外科 53:S87-S88, 2010.
  • 四ッ柳高敏, 齋藤有.【形成外科の治療指針update 2010】 頭頸部疾患 その他の耳介先天異常 埋没耳、折れ耳、スタール耳など. 形成外科 53:S89-S90, 2010.
  • 四ッ柳高敏, 中川嗣文. 【形成外科の治療指針update 2010】 頭頸部疾患 耳垂の先天異常.形成外科 53:S90-S91, 2010.
  • 四ッ柳高敏, 漆舘聡志. 【耳介の形成外科】 耳甲介型小耳症に対する耳介形成術. PEPARS 42:1-7, 2010.
  • 山谷祥史, 星野躍介, 古賀倫子, 江成宏之, 須藤新一, 松本佳隆, 四ッ柳高敏. 魚類由来コラーゲン・エラスチンを用いた医療用材料の開発と応用. アミノ酸研究 4(1):71-74, 2010.
  • 香山武蔵, 石崎力久. 過去6年間に当科を受診した熱傷症例の検討. 室蘭病医誌. 35(1): 31-34, 2010.

2009年

  • Suda T, Yotsuyanagi T, Ezoe K, Saito T, Ikeda K, Yamauchi M, Arai K. Reconstruction of a red lip that has a defect in one half, using the remaining red lip. J Plast Reconstr Aesthet Surg. 62(12):e570-3, 2009. doi: 10.1016/j.bjps.2008.11.047.
  • Matsumoto Y, Fujita T, Hirai I, Sahara H, Torigoe T, Ezoe K, Saito T, Cruikshank WW, Yotsuyanagi T, Sato N. Immunosuppressive effect on T cell activation by interleukin-16- and interleukin-10-cDNA-double-transfected human squamous cell line. Burns. 35(3):383-9, 2009. doi: 10.1016/j.burns.2008.06.017.
  • Yamauchi M, Yotsuyanagi T, Ezoe K, Saito T, Yokoi K, Urushidate S. Estlander flap combined with an extended upper lip flap technique for large defects of lower lip with oral commissure. J Plast Reconstr Aesthet Surg. 62(8):997-1003, 2009. doi: 10.1016/j.bjps.2008.02.013.
  • Saito T, Yotsuyanagi T, Ezoe K, Ikeda K, Yamauchi M, Arai K, Urushidate S, Mikami M. The acute surgical management of injury to the helix and antihelix in patients with large body surface area burns. J Plast Reconstr Aesthet Surg. 62(8):1020-4, 2009. doi: 10.1016/j.bjps.2008.01.010.
  • Hyodoh H, Akiba H, Hyodoh K, Ezoe K, Yotsuyanagi T, Hareyama M. Effects of blood flow control on clinical outcomes after ethanolamine oleate sclerotherapy for vascular malformations. Jpn. J. Radiol. 27: 297-302, 2009.
  • 四ッ柳高敏. 形成外科医に必要な皮膚腫瘍の診断と治療 A.悪性腫瘍:顔面. 11. 耳 局所皮弁 山本有平, 一瀬正治, 保阪善昭編. 形成外科診療プラクティス. 東京:文光堂;pp249-250, 2009.
  • 四ッ柳高敏. 形成外科医に必要な皮膚腫瘍の診断と治療 A.悪性腫瘍:顔面. 16. 口唇 局所皮弁2 山本有平, 一瀬正治, 保阪善昭編. 形成外科診療プラクティス. 東京:文光堂; pp263-264, 2009.
  • 四ッ柳高敏,山内誠.各種局所皮弁による顔面の再建 最近の進歩(第2版)1. 総論 .耳介の再建 利井清紀, 田原真也編. 成外科ADVANCEシリーズⅡ-6東京:克誠堂出版.;pp66-75, 2009.
  • 四ッ柳高敏, 新井孝志郎, 須田徹也, 山下建, 齋藤有, 漆舘聡志. 【熱傷瘢痕拘縮に対する局所皮弁再建法の工夫】 耳介熱傷瘢痕拘縮に対する皮弁再建. 形成外科 52(12):1407-1415, 2009.
  • 山内誠, 四ッ柳高敏. 【頭部・顔面の形成外科】 耳介変形・欠損の再建法. 形成外科 52:S77-S85, 2009.
  • 吉川摩由, 四ッ柳高敏, 池田佳奈枝, 山内誠, 新井孝志郎, 須田徹也. 耳介皮膚剥脱創に対して側頭頭頂筋膜弁を用いて再建した1例. 形成外科 52(12):1467-1471, 2009.
  • 山内誠, 四ッ柳高敏, 横井克憲, 漆舘聡志, 渡辺庸介, 齋藤真喜子. 色素性乾皮症患者の眼瞼に発生した有棘細胞癌の2例. 皮膚科の臨床 51(10):1281-1285, 2009.
  • 山内誠, 江副京理, 四ッ柳高敏, 齋藤有, 吉川摩由. 二期的乳房再建後にToxic Shock Syndrome(TSS)を発症した1例. 日本形成外科学会会誌 29(7): 433-437, 2009.
  • 山内誠, 四ッ柳高敏, 横井克憲, 漆舘聡志, 樋熊有子, 三上誠. 慢性円板状エリテマトーデス患者の下口唇に発生した有棘細胞癌の2例. 皮膚科の臨床 51(7): 937-940, 2009.
  • 池田佳奈枝, 齋藤有, 中川嗣文, 江副京理, 四ッ柳高敏. 薄筋弁を用いた直腸腟瘻の治療経験. 日本形成外科学会会誌 29(4):235-238, 2009
  • 山内誠, 江副京理, 四ッ柳高敏, 齋藤有, 新井孝志郎. 頬骨骨折を受傷した血友病A患者の1治療例. 日本形成外科学会会誌 29(6):364-369, 2009.・三上誠, 四ッ柳高敏, 樋熊有子, 漆舘聡志, 横井克憲. 小耳症におけるドレッシングの工夫.日本形成外科学会会誌 29(5):302-306, 2009.
  • 三上誠, 四ッ柳高敏, 樋熊有子, 齋藤真喜子, 渡辺庸介, 漆舘聡志, 横井克憲. 先天性正中鼻瘻孔を伴ッた前頭・鼻異形成症候群の1例. 形成外科 52(3):319-324, 2009.
  • 山内誠, 四ッ柳高敏, 江副京理, 齋藤有, 池田佳奈枝, 中川嗣文. 両側鼻唇溝皮弁を用いて口蓋裂術後の口蓋瘻孔を閉鎖した1例. 形成外科 52(1):93-97, 2009.

2008年

  • Ezoe K, Yotsuyanagi T, Saito T, Ikeda K, Yamauchi M, Arai K, Urushidate S, Yokoi K. A circumferential incision technique to release wide scar contracture. J Plast Reconstr Aesthet Surg. 61(9):1059-64, 2008. 
  • 四ッ柳高敏.【後天性疾患】7.難治性潰瘍・その他.Ⅲ.糖尿病性足潰瘍.秦維郎,野崎幹弘編.標準形成外科学. 東京:医学書院: pp235-239, 2008..
  • 齋藤有, 山内誠, 四ッ柳高敏.【皮膚腫瘍 外来治療のコッ】 石灰化上皮腫. PEPARS 21:36-39, 2008.
  • 四ッ柳高敏. 私の手術と合併症回避のコッ 埋没耳に対する耳介形成術. 形成外科 51(5):547-553, 2008.
  • 四ッ柳高敏, 山内誠, 池田佳奈枝, 新井孝志郎, 須田徹也. 【耳介変形の治療update】 小耳症に対する再形成術. 形成外科 51(7):765-773, 2008.
  • 江副京理, 四ッ柳高敏. 【外科系医師のための『創傷外科』update】 創傷外科各論 急性創傷 特殊な外傷 化学損傷. 形成外科 51:S94-S99, 2008.
  • 山下建,楠原廣久,磯貝典孝.【外科系医師のための『創傷外科』update】 創傷外科各論 慢性創傷 下腿潰瘍 血管性下腿潰瘍:動脈性 虚血性下腿潰瘍の治療.形成外科 51: S131-137, 2008..
  • 四ッ柳高敏. 【随想】精神外科医としての誇り.形成外科 51: 1117, 2008.
  • 四ッ柳高敏. 【耳介の形態異常】 家庭医学大事典. 新版 ホームメディカ. 東京:小学館. pp1973-75, 2008.
  • 四ッ柳高敏. 【鼻の形態異常】 家庭医学大事典. 新版 ホームメディカ. 東京:小学館. pp1975-76, 2008.
  • 池田佳奈枝, 新井孝志郎, 山内誠, 四ッ柳高敏. 口唇裂・口蓋裂に対する札幌医科大学形成外科の治療方針. 臨床小児医学 56(5-6 ):113-120, 2008.
  • 石崎力久, 江副京理, 齋藤有, 池田佳奈枝, 新井孝志郎, 四ッ柳高敏. 強アルカリによる顔面化学損傷の1例. 熱傷 34(1):32-37, 2008.
  • 須田徹也,今井章仁,山越真由美,藤井恵子.当院における褥瘡遠隔診療システムの構築を目指して. 褥瘡会誌 10(1): 50-53, 2008.
  • 須田徹也,今井章仁,岩木宏之.手掌部の隆起性腫瘤として発生したcutaneous Rosai-Dorfman disease の一例. 形成外科 51(11): 1327-1330, 2008.
  • 中川嗣文,石崎力久.当科における顔面外傷症例の検討. 室蘭病医誌33(1): 40-44, 2008.
  • 平野桃子, 中橋佳子, 高橋依子, 澤田光男, 神谷崇文, 米田明弘, 小野一郎, 山下利春, 山内誠, 四ッ柳高敏.頭部に生じた非クロストリジウム性ガス壊疽の一例. Skin Surg 17(1): 39, 2008.

2007年

  • Imai A, Sahara H, Tamura Y, Jimbow K, Saito T, Ezoe K, Yotsuyanagi T, Sato N. Inhibition of endogenous MHC class II-restricted antigen presentation by tacrolimus (FK506) via FKBP51. Eur J Immunol. 37(7):1730-8, 2007.
  • Mikami T, Minamida Y, Sugino T, Koyanagi I, Yotsuyanagi T, Houkin K. Free flap transfer for the treatment of intractable postcraniotomy subdural empyemas and epidural abscesses. Neurosurgery. 60(2 Suppl 1):ONS83-7, 2007.・Imai A, Sahara H, Tamura Y, Jimbow K, Saito T, Ezoe K, Yotsuyanagi T, Sato N. Inhibition of endogenous MHC class II-restricted antigen presentation by tacrolimus (FK506) via FKBP51. Eur J Immunol. 37(7):1730-8, 2007.
  • Mikami T, Minamida Y, Sugino T, Koyanagi I, Yotsuyanagi T, Houkin K. Free flap transfer for the treatment of intractable postcraniotomy subdural empyemas and epidural abscesses. Neurosurgery. 60(2 Suppl 1):ONS83-7, 2007.
  • Imai A, Sahara H, Tamura Y, Jimbow K, Saito T, Ezoe K, Yotsuyanagi T, Sato N. Inhibition of endogenous MHC class II-restricted antigen presentation by tacrolimus (FK506) via FKBP51. Eur J Immunol. 37(7):1730-8, 2007.
  • Mikami T, Minamida Y, Sugino T, Koyanagi I, Yotsuyanagi T, Houkin K. Free flap transfer for the treatment of intractable postcraniotomy subdural empyemas and epidural abscesses. Neurosurgery. 60(2 Suppl 1):ONS83-7, 2007.
  • 山内誠, 四ッ柳高敏, 江副京理, 齋藤有, 池田佳奈枝, 新井孝志郎. 各種再建が試みられた後に肋骨付き有茎広背筋皮弁により下顎再建を行った1例. 日本頭蓋顎顔面外科学会誌23(4):311-317, 2007.
  • 新井孝志郎, 齋藤有, 池田佳奈枝, 江副京理, 四ッ柳高敏, 石崎力久. 広範な骨髄炎を合併した坐骨部褥瘡に対し患肢を温存できた2例. 日本褥瘡学会誌 9(4): 540-545, 2007.
  • 池田佳奈枝, 四ッ柳高敏, 新井孝志郎, 齋藤有, 江副京理. われわれの工夫! ハイドロコロイド創傷被覆材を用いた術後創部ドレッシングの工夫. 形成外科 50(7): 816-819, 2007.
  • 池田佳奈枝, 齋藤有, 江副京理, 四ッ柳高敏. 高齢者に発症した陰唇癒着症の1例. 日本形成外科学会会誌 27(5):365-368, 2007.

最終更新日:2018年01月04日


現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 業績