乳房再建

乳房は女性のシンボルの一つであり、乳癌で乳房の一部や全部を切除した場合、病気になったという以外にも乳房を失うという精神的ダメージは計り知れないものと思います。
胸元のあいた洋服を着れない、温泉に行くのが恥ずかしい、など、生活スタイルが消極的になってしまわれる方がいらっしゃいます。
当施設では、医療保険適応内で可能な方法で乳房再建を行う方針としております。
治療方法には、患者さん自身の組織を利用した再建方法とシリコンバックを用いた再建があります。
患者さんの今後の妊娠予定、健側の乳房の大きさ、腹部手術歴などを参考に決定しております。
また、再建時期についても、乳腺外科と連携し、乳房切除時に同時に再建する一次再建、切除後一定の期間をおいてから行う二次再建の両方にも対応が可能です。
乳房の再建に関して、お話しの聞きたい方や興味のある方はご相談ください。

乳房再建について

乳房再建とは、乳がんの治療によって失われた乳房の形態を、手術によりできるだけ元の形に復元することです。
再建しなくとも日常の生活に大きな不便はありませんが、再建により乳房切除による精神的な苦痛の軽減、着衣や温泉などでの気使いが減る、など、多くのプラス面もあげられます。
医療技術の進歩によって、より左右対称に近い乳房を再建する事ができるになってきました。

治療方法

乳房再建の方法には大きく分けて、自家組織を用いた再建、人工乳房を用いた再建があります。  

自家組織による再建

  • 腹直筋皮弁による乳房再建の画像
    腹直筋皮弁による乳房再建の図
  • 広背筋皮弁による乳房再建の画像
    広背筋皮弁による乳房再建の図
患者さん自身の身体の一部を胸に移植する方法です。
自家組織を用いた手術法の利点は、自分の組織で再建されるため、違和感がなく体型に応じて変化してくれることです。
しかし、他の部位から組織を移植するため、腹部や背部等に傷あとが残ります。 
腹直筋皮弁による再建 下腹部の皮膚と皮下脂肪を腹直筋と一緒に利用して乳房を再建する最も代表的な方法です。
下腹部には皮下脂肪が他部位と比較して豊富に存在するので健常側の乳房が大きい場合などが適応となります。
しかし、将来妊娠出産の予定のある場合や腹部の手術を受けた事がある場合には適応しない場合があります。
合併症としては、下腹部が膨らむヘルニア(脱腸)になることがあります。
これを予防するため、術後しばらくは下腹部を支持するために腹帯やガードルなどの装着をしていただきます。
広背筋皮弁による再建 背中の皮膚と皮下脂肪を腹直筋と一緒に利用して乳房を再建する方法です。
腹部と比較して背部には皮下脂肪がそれほど多くないため、比較的小さな乳房をつくる場合、将来妊娠出産の予定のある場合、腹部に手術歴等があるため腹直筋皮弁が使用できない場合が適応になります。
合併症としては、背部採取部に浸出液が溜まることがあります。
もし背部に浸出液が溜まった場合は、入院中や外来通院時に、溜まった浸出液を抜いたり、バストバンド等で圧迫する必要があります。
乳輪・乳頭
再建
乳房再建後約6カ月から1年経過し傷の状態が安定すると、乳輪・乳頭の再建も可能になります。
乳輪・乳頭は、健側の乳頭の一部を利用する方法や、足の付け根のあたりの皮膚を移植して乳輪を再建し、再建した乳房の一部の組織をつかって乳頭を作成する方法もあります。
乳頭乳輪の手術は入院しないで行うこともできます。

治療例
  • 乳房再建の画像

人工乳房による再建

  • 人工乳房による再建の画像
    エキスパンダー による再建の図
現在、特定のブレスト・インプラント(シリコンゲル充填人工乳房)及び乳房再建用ティッシュ・エキスパンダー(皮膚拡張器)の乳癌治療に対する使用が保険適用となっています。
人工乳房を用いた再建には、下記の二つがあります。
インプラント
による再建
自家組織とインプラントを併用し、一度に乳房を作成する
先に述べた広背筋皮弁を用いた再建で、対側と同様の十分な大きさが得られない場合に、インプラントと併用して大きな乳房を再建する方法です。
エキスパンダー
による再建
エキスパンダーにより皮膚を拡張し、のちにインプラントに入れ替え
エキスパンダーを胸の筋肉の下に入れた後、1〜3週間に1回の割合で4〜6カ月くらいの期間に生理食塩水を注入して徐々に拡張していきます。
十分皮膚が拡張されたらエキスパンダーを抜去し、インプラントに入れ替える方法です。
この手術は、胸以外の部位に傷がつかない、手術時間が短く、入院期間も短く済むという利点があり、体の他の部位に傷あとをつけたくない場合や、仕事・育児が忙しく、長期入院が難しい方が適応になります。
ただし、定型乳房切断術が施行されており、胸の筋肉がない場合や、放射線治療やリンパ節郭清が必要な場合も、合併症が多いため、本法は使えません。
他にも自分の組織ではなく異物であるため、感染に弱く、破損や被膜拘縮による位置異常などの場合、摘出しなくてはいけない可能性があります。
また、現在は保険適応で使用できるインプラントの種類が限定されているため、適応が限られる場合があります。

治療時期

 乳房再建を行う時期には、乳がんの摘出術と同時に乳房の再建を行う一次再建と、乳がんの摘出術後期間を開けて行う二次再建があります。
当院では乳腺外科医と形成外科医が連携して治療を行っており、どちらの時期でも対応が可能です。
一次再建 【利点】
  • 手術回数・費用が軽減できる
  • 切除した状況にその場で合わせて再建できる
【欠点】
  • 乳がんの診断がついたばかりで、判断のための時間的精神的余裕がない
  • 切除後の再発が起こった場合発見しにくくなる可能性がある
二次再建 【利点】
  • 乳房切除後の状態を理解でき、時間をかけて判断ができる
  • 再発がないことを確認した後手術が行える
【欠点】
  • 手術回数・費用が一次再建に比べて若干多くなる
  • 乳房喪失による精神的苦痛
これらを判断するためには、受診され、直接相談いただけることが一番の近道です。
再建するしないを判断するために一度形成外科を受診されることをお勧めします。
また、これから乳がんの手術を受ける患者さんの中で、乳房再建の希望があるという方、または選択肢として考えてみたいので、話だけでも聞いてみたいと思われる方は、乳がん手術の前、もしくは乳がん手術を受けた後に乳腺外科の担当医、または当科に直接ご相談ください。
当科に来ていただければ、具体的な選択肢とそれらのメリット・デメリットの説明をさせていただきます。
ご本人にあった治療法を一緒に考えていきましょう。