札幌医科大学 治験管理センター

google検索
                 Web全体 このサイト内

トップページ 治験依頼者用 IRB(臨床研究審査委員会) 自主臨床研究用 治験センター IRB会議の記録概要

札幌医科大学附属病院

札幌医科大学

現在募集中の治験
【企業治験】   悪性黒色腫の患者さんを対象とした治験を実施しています。<NEW>
【企業治験】   全身性強皮症患者さんを対象とした治験を実施しています。
【医師主導治験】 脳梗塞の患者さんを対象とした治験を実施しています。

治験とは
 世界中では、もっと良い薬を作るために、いろいろな研究開発が進められています。その中から生まれた「くすりの候補」は、国(厚生労働省)が審査して、有効かつ安全と認められると、「くすり」として治療に使ったり、薬局で販売することができます。
人に対する有効性や安全性を調べる試験を、一般的に「臨床試験」といいますが、この「くすりの候補」を、国の承認を得て「くすり」にするため行う試験を特に「治験」といいます。

 治験を実施するためには守らなければならないルールがあります。それは、「薬機法」という法律と「GCP」(Good Clinical Practice、医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令)で定められています。
治験は、GCPで定められた要件を満たす病院で行われます。
その要件とは、
・医療設備が充分に整っていること
・責任を持って治験を実施する医師、看護師、薬剤師等がそろっていること
・治験の内容を審査する委員会を利用できること
・緊急の場合には直ちに必要な治療、処置が行えること
 札幌医科大学では、これらの要件を満たし、GCPを順守しながら治験を行っています。
札幌医科大学受託研究等取扱規程

新着情報