新任教授ご挨拶

集中治療医学 升田 好樹

 

 本年4月1日付けで,札幌医科大学医学部 集中治療医学教授および集中治療部部長を拝命いたしました升田好樹と申します.
 1999年に当大学救急集中治療部に勤務となり,その後救急・集中治療医学講座,2012年から救急・集中治療医学講座から独立した形で中央診療部門としての集中治療部で勤務して参りました.大学卒業時の希望は脳外科あるいは救急科を専攻しようと考えておりました.現在のような臨床研修医制度のない時代でしたので,まず全道の救命救急センターを一手に引き受けていた麻酔科に入り,研鑽を積ませていただきました.多くの診療科の先輩方に指導いただき,麻酔科をベースとした救急・集中治療医を目指し現在に至ります.
 集中治療医学は重篤な臓器障害を有する患者や複数の臓器障害を有する重症患者を対象とし,全身臓器の調和を目指して治療する診療科でもあります.多くの診療科との連携を保ち,診療科の枠を越えた智恵と経験を得て,重症患者の救命に力を注ぐ所存です.
 集中治療診療の守備範囲は広範でありますが,私が特に興味を抱いていたのが敗血症の病態と止血・凝固系との関係です.近年ようやく敗血症の病態形成に炎症と凝固とが強力にリンクしていることが明らかになり、活性化白血球と活性化血小板との複合体が炎症のkey stepであることが明らかとなってきました.今後とも,血小板機能や凝固機能と炎症との関係について研究していきたいと考えております.
 集中治療部門の運営ならびに教育にはやはり仲間が必要です.多くの診療科の医師が短期間でもICUで研修できるような新しい形態の診療部門を作っていきたいと考えております.今後ともご指導・ご鞭撻いただけますようよろしくお願いいたします.


略 歴

氏  名: 升田好樹(マスダ ヨシキ) 昭和34年生まれ
所  属: 集中治療医学
学  歴: 昭和52年3月 北海道立札幌北高等学校卒業
昭和59年3月 札幌医科大学医学部卒業
平成15年7月 札幌医科大学で博士(医学)の学位を取得
職  歴: 昭和59年4月 札幌医科大学附属病院研究生
昭和60年4月 釧路市立病院麻酔科・救命救急センター
昭和62年4月 市立函館病院麻酔科
平成元年 4月 旭川赤十字病院麻酔科・救命救急センター
平成 4年 2月 琉球大学医学部生理学第一講座 助教
平成11年4月 札幌医科大学救急集中治療部 助教
平成20年4月 札幌医科大学救急・集中治療医学講座 講師
平成26年2月 札幌医科大学集中治療部 准教授
平成29年4月 現職