現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 代表者挨拶

代表者挨拶

ページ内目次

代表者挨拶

写真





事業推進代表者
北海道公立大学法人札幌医科大学
理事長・学長 塚本 泰司


  札幌医科大学、北海道大学、旭川医科大学及び北海道医療大学の4大学では、平成19年度から平成23年度までの文部科学省「がんプロフェッショナル養成プラン」、平成24年度から平成28年度までの同省「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」において、北海道独自の事業を計画し、運営してきました。

  これまでに培った4大学の連携体制や計画したプログラムが評価され、平成29年度からは、同省「多様な新ニーズに対応する『がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)』養成プラン」の選定を受け「人と医を紡ぐ北海道がん医療人養成プラン」に取組むこととなりました。

  本事業では、新たなニーズとして求められている、「ゲノム医療従事者」、「希少がん及び小児がんに対応できる医療人材」及び「ライフステージに応じたがん対策を推進できる人材」の養成を目指し、道内の中核医療機関と連携し、大学院生はもとより地域の医療機関で研修する医師やがん診療に関わる医療従事者に高度な専門教育を提供し、地域横断的、専門職横断的、臓器(がん種)横断的な包括的がん医療を担う人材及び次世代のがんゲノム医療を担う研究者の養成を図ります。

  具体的には、大学院の教育プログラムによる人材養成及び医療従事者等に対するシンポジウム、セミナー及び公開講座等による人材養成に取組み、その成果について患者団体代表やキャンサーサバイバーで構成する外部評価委員会で検証し、翌年以降の運営に生かすことで、事業の充実・向上を図ります。

  最後に、この事業を通じて、北海道における地域がん医療のレベル向上を目指し、地域医療に貢献していきたいと考えていますので、引き続きご支援をよろしくお願いします。 

最終更新日:2017年7月18日