現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 事業について
  3. 「人と医を紡ぐ北海道がん医療人養成プラン」とは

「人と医を紡ぐ北海道がん医療人養成プラン」とは

 当事業についての説明と組織体制をご覧いただけます。

ページ内目次

概要

  がんは、我が国死因第1位の疾患であり、生涯のうちに約2人に1人ががんにかかると推計されているなど、国民の生命及び健康にとって重大な問題となっています。
本事業では、大学間の連携により、各大学の特色を生かした教育プログラムを構築し、がん医療の新たなニーズに対応できる優れた「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)」を養成します。

  北海道内の4つの医療系大学では、連携して、医師、薬剤師、看護師、放射線技師、医学物理士、ソーシャルワーカーなど、がん医療において必要とされる人材を対象に

  1. ゲノム医療従事者の養成
  2. 希少がん及び小児がんに対応できる医療人材の養成
  3. ライフステージに応じたがん対策を推進する人材の養成

  に取組みます。

プログラム名

 多様な新ニーズに対応する「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)」養成プラン

事業名

 人と医を紡ぐ北海道がん医療人養成プラン

連携する大学

 札幌医科大学、北海道大学、旭川医科大学、北海道医療大学

事業の目的

  近年のがん診療では、ゲノム情報の重要性が高まり、これまで十分ではなかった希少がんや小児・AYA世代のがんに対する対応が求められるなど、新時代の医療、患者の視点に立った多様な新ニーズに応える医療の必要性が高まり、こうしたがん医療を担う人材の養成が急務です。
  また、広大な北海道においては、患者がそれぞれの地域での生活を営みつつ質の高いがん医療を受けることを可能にするため、医療の機能集約と均てん化の両立が求められています。
  「人と医を紡ぐ北海道がん医療人養成プラン」では、北海道内の医療系大学が先進的に進めている遺伝医療、がんゲノム医療、遠隔医療、他職種連携診療の英知を結集し、道内の中核医療機関とも連携して、大学院生はもとより地域の医療機関で研修する医師やがん診療に関わる医療従事者に高度な専門教育を提供し、地域横断的、専門職横断的、臓器(がん種)横断的な包括的がん医療を担う人材及び次世代のがんゲノム医療を担う研究者を養成していくものです。
  • イラスト

組織体制

  北海道内の4つの医療系大学の事業に関係する研究科長、コーディネータ、コース担当責任者からなる「がん専門医療人材養成ボード」(以下、「養成ボード」という。)を設置します。養成ボードでは、事業全体の企画・運営管理を行います。
  また、事業の取組については、その進捗を適切に評価するとともに、運営に関する意見聴取を行う組織として、学長等をはじめ、北海道、職能団体、北海道がんセンター等からなる「評価委員会」を設置します。評価委員会は、事業の内容や質の向上等を審議し、養成ボードに対して意見を具申します。推進ボードは、この意見を踏まえて、事業を点検し、より成果が得られるように改善していきます。

最終更新日:2018年2月1日