札幌医科大学附属病院 遺伝子診療科

診療のご予約はお電話ください

011-688-9690

臨床遺伝外来のご案内

「遺伝」について悩んでいませんか?

札幌医科大学附属病院 遺伝子診療科の外来では、遺伝の問題について心配や不安を持っている方や、ご本人やご家族が遺伝性の病気である可能性を告げられた方のご相談をお受けしています。

“遺伝”にかかわる内容であれば、あらゆるご相談やご質問もお受けしています。*

*親子鑑定など一部お受けできないご相談もございます。

遺伝カウンセリングについて

遺伝カウンセリングとは

遺伝カウンセリングとは、遺伝に関わる悩みや不安、疑問などを持たれている方々(クライエント、ご家族)に必要な正しい医学的情報をわかりやすくお伝えし、理解していただくようにお手伝いした上で、クライエントやご家族が意思決定をできるように援助する医療行為です。

身体面、心理面、社会面も含めた包括的な支援を行います。

遺伝カウンセリングは臨床遺伝専門医を中心に、認定遺伝カウンセラー、担当医、看護師等が協力して行います。

相談内容と対象疾患

相談内容の例

困っている女性
私(家族)が遺伝性の病気と言われました。
これからどうすればよいでしょうか。
勉強したい男性
私(家族)の病気は遺伝するのですか?
病気について、もっと詳しく知りたいのですが。
家族
私の家系にはがんが多い、あるいは遺伝性のがん患者が家系にいるのですが、私もがんになりやすいのですか?
子どもを肩車している夫婦
子どもが染色体異常症といわれたのですが染色体って何ですか?
次の子どもも同様に染色体異常になるのですか?
疑問がある女性
家系の中には誰もその病気の人はいないのに、
子どもは遺伝病と言われました。どうしてですか?
受診している患者さんと医者
将来、親戚と同じ遺伝病にならないか不安です。
遺伝子検査をしたいので、相談したいのですが。
いとこ同士のカップル
いとこ同士の結婚では病気の子どもが生まれるって本当ですか?
インターネットで調べている男性
インターネットの遺伝子検査について検査を受ける前に詳しく知りたいのですが。

 

お知らせする医師

このようなお悩みをお持ちの方は
一緒に悩みと向き合いますのでお気軽にお問い合わせください。
具体的には次のような疑問や悩みを解決したり、方針を決めるお手伝いをします。
その他どのようなご相談やご質問もお受けしています。

主な対象疾患

遺伝学的検査について

大学、研究機関、検査会社などと連携しながら、必要に応じて行っております。

遺伝学的検査が保険収載されている難病等の検査も承っております。

遺伝学的検査の前には、遺伝カウンセリングを受けていただくことになります。

希望すれば、どのような検査でも受けられるわけではありません。

 

*親子鑑定など一部お受けできないご相談もございます。

*出生前診断については、当院婦人科外来へお問合せください。
(一般的な出生前診断に関するお話、遺伝カウンセリングは承っています)

ページのトップへ戻る