著書、総説、原著、学会発表

分子生物学講座(旧名:生化学講座)の業績を掲載しています。2010年からの業績をご覧頂けます。
なお前年度以前の内容については、PDFにて公開しています。

総説

2021
  1. 北嶋洋志, 鈴木 拓.【Non-coding RNAの理解を深めよう!!-基礎・病理・臨床のコラボレーション-】Non-coding RNAとは? 消化器病学サイエンス 5巻4号 Page203-207, 2021.
  2. 新沼 猛, 鈴木 拓.【初心者でもわかるゲノム編集技術】ゲノム編集技術の進歩. 消化器病学サイエンス 5巻2号 Page79-84, 2021.

原著

2021
  1. Sugai T, Osakabe M, Niinuma T, Eizuka M, Tanaka Y, Yamada S, Yanagawa N, Otsuka K, Sasaki A, Matsumoto T, Suzuki H. Comprehensive analyses of microRNA and mRNA expression in colorectal serrated lesions and colorectal cancer with a microsatellite instability phenotype. Genes Chromosomes Cancer. 61(3):161-171, 2022.
  2. Yamamoto D, Oshima H, Wang D, Takeda H, Kita K, Lei X, Nakayama M, Murakami K, Ohama T, Takemura H, Toyota M, Suzuki H, Inaki N, Oshima M. Characterization of RNF43 frameshift mutations that drive Wnt ligand- and R-spondin-dependent colon cancer. J Pathol. 257(1):39-52, 2022.
  3. Hatanaka Y, Niinuma T, Kitajima H, Nishiyama K, Maruyama R, Ishiguro K, Toyota M, Yamamoto E, Kai M, Yorozu A, Sekiguchi S, Ogi K, Dehari H, Idogawa M, Sasaki Y, Tokino T, Miyazaki A, Suzuki H. DLEU1 promotes oral squamous cell carcinoma progression by activating interferon-stimulated genes. Sci Rep. 11(1):20438, 2021.
  4. Sudo G, Aoki H, Yamamoto E, Takasawa A, Niinuma T, Yoshido A, Kitajima H, Yorozu A, Kubo T, Harada T, Ishiguro K, Kai M, Katanuma A, Yamano HO, Osanai M, Nakase H, Suzuki H. Activated macrophages promote invasion by early colorectal cancer via an IL-1β-SAA1 axis. Cancer Sci. 112(10):4151-4165, 2021.
  5. Niinuma T, Kitajima H, Yamamoto E, Maruyama R, Aoki H, Harada T, Ishiguro K, Sudo G, Toyota M, Yoshido A, Kai M, Nakase H, Sugai T, Suzuki H. An Integrated Epigenome and Transcriptome Analysis to Clarify the Effect of Epigenetic Inhibitors on GIST. Anticancer Res. 41(6):2817-2828, 2021.
  6. Takasawa K, Takasawa A, Akimoto T, Magara K, Aoyama T, Kitajima H, Murakami T, Ono Y, Kyuno D, Suzuki H, Osanai M. Regulatory roles of claudin-1 in cell adhesion and microvilli formation. Biochem Biophys Res Commun. 565:36-42, 2021.
  7. Aoki H, Adachi Y, Yamamoto E, Yoshida Y, Ishii Y, Yamano HO, Suzuki H, Endo T. The continuum of transformation of TSA to low-grade neoplasia and cancer with BRAF mutation - A case with molecular analysis. Pathol Int. 71(5):368-370, 2021.
  8. Ishiguro K, Kitajima H, Niinuma T, Maruyama R, Nishiyama N, Ohtani H, Sudo G, Toyota M, Sasaki H, Yamamoto E, Kai M, Nakase H, Suzuki H. Dual EZH2 and G9a inhibition suppresses multiple myeloma cell proliferation by regulating the interferon signal and IRF4-MYC axis. Cell Death Discov. 7(1):7, 2021.

学会発表 (国際)

2021
  1. Suzuki H. Screening for long noncoding RNAs associated with oral squamous cell carcinoma reveals the potentially oncogenic actions of DLEU1. The 39th Sapporo International Cancer Symposium, July6-7, 2021, Sapporo.
  2. Niinuma T, Kitajima H, Hatanaka Y, Sekiguchi S, Yorozu A, Kubo T, Sasaki H, Harada T, Kai M, Suzuki H. Identification and functional analysis of a novel head and neck squamous cell carcinoma-associated long non-coding RNA. The 39th Sapporo International Cancer Symposium, July6-7, 2021, Sapporo.
  3. Kitajima H, Maruyama R, Takasawa A, Niinuma T, Yamamoto E, Ishiguro K, Yoshido A, Kai M, Osanai M, Tokino T, Nakase H, Suzuki H. A long non-coding RNA associated with chronic gastritis and gastric cancer promotes stress granule formation and inhibits apoptosis. The 39th Sapporo International Cancer Symposium, July6-7, 2021, Sapporo.
  4. Kai M, Sasaki A, Yamamoto E, Niinuma T, Kitajima H, Suzuki H. Functional analysis of diacylglycerol kinase gamma in melanoma. The 39th Sapporo International Cancer Symposium, July6-7, 2021, Sapporo.
  5. Yorozu A, Yamamoto E, Niinuma T, Tsuyada A, Maruyama R, Kitajima H, Numata Y, Kai M, Sudo G, Kubo T, Nishidate T, Okita K, Takemasa I, Nakase H, Sugai T, Takano K, Suzuki H. Upregulation of adipocyte enhancer-binding protein 1 in endothelial cells promote tumor angiogenesis in colorectal cancer. The 39th Sapporo International Cancer Symposium, July6-7, 2021, Sapporo.
  6. Hatanaka Y, Niinuma T, Nishiyama K, Kitajima H, Yamamoto E, Kai, M, Yorozu A, Sekiguchi S, Ogi K, Miyazaki A, Suzuki H. DLEU1 regulates expression and histone modification of interferon-related genes and promotes oral squamous cell carcinoma progression. The 39th Sapporo International Cancer Symposium, July6-7, 2021, Sapporo.
  7. Sekiguchi S, Yorozu A, Yamamoto E, Niinuma T, Takasawa A, Sudo G, Koike K, Hatanaka Y, Yoshido A, Kitajima H, Kai M, Osanai M, Takano K, Miyazaki A, Suzuki H. Analysis of AEBP1 in the microenvironment of head and neck squamous cell carcinoma. The 39th Sapporo International Cancer Symposium, July6-7, 2021, Sapporo.

学会発表 (国内)

2021
  1. 関口翔平, 萬顕, 山本英一郎, 新沼猛, 高澤啓, 須藤豪太, 畠中柚衣, 北嶋洋志, 甲斐正広, 小山内誠, 宮﨑 晃亘, 高野賢一, 鈴木拓. 頭頸部扁平上皮がん(HNSCC)の微小環境におけるAEBP1の解析:第75回日本口腔科学会. 2021年5月12日, 大阪.
  2. 北嶋洋志, 丸山玲緒, 新沼猛, 高澤啓, 山本英一郎, 石黒一也, 甲斐正広, 吉戸文乃, 仲瀬裕志, 時野隆至, 鈴木拓. 胃炎・胃がん関連長鎖非コードRNAの同定. 第22回日本RNA学会年会. 2021年7月7〜9日, 鶴岡.
  3. 鈴木拓, 丸山玲緒, 北嶋洋志, 新沼猛, 石黒一也, 粂川昴平, 吉戸文乃, 佐々木基, 山本英一郎, 甲斐正広, 仲瀬裕志. DOT1L阻害は乳がん細胞のトランスクリプトームおよびエピゲノムシグネチャーを変化させる. 第80回日本癌学会学術総会. 2021年9月30日~10月2日, 横浜.
  4. 石黒一也, 北嶋洋志, 新沼猛, 丸山玲緒, 山本英一郎, 甲斐正広, 仲瀬裕志, 鈴木拓. 多発性骨髄腫における新規エピジェネティック免疫療法の開発. 第80回日本癌学会学術総会. 2021年9月30日~10月2日, 横浜.
  5. 須藤豪太, 山本英一郎, 青木敬則, 髙澤啓, 新沼猛, 久保俊之, 萬顕, 吉戸文乃, 北嶋洋志, 甲斐正広, 小山内誠, 仲瀬裕志, 鈴木拓. 活性化マクロファージはIL-1β-SAA1 axisを介して早期大腸がんの浸潤を促進する. 第80回日本癌学会学術総会. 2021年9月30日~10月2日, 横浜.
  6. 北嶋洋志, 丸山玲緒, 髙澤啓, 新沼猛, 山本英一郎, 石黒一也, 吉戸文乃, 甲斐正広, 小山内誠, 時野隆至, 仲瀬裕志, 鈴木拓. 胃炎胃がん関連lncRNAはストレス顆粒形成を促進し, アポトーシスを抑制する. 第80回日本癌学会学術総会. 2021年9月30日~10月2日, 横浜.
  7. 山本英一郎, 吉戸文乃, 須藤豪太, 三橋慧, 北嶋洋志, 新沼猛, 甲斐正広, 原田拓, 佐々木基, 久保俊之, 山野泰穂, 仲瀬裕志, 菅井有, 鈴木拓. Helicobacter pylori除菌後胃がんと背景胃粘膜におけるDNAメチローム解析. 第80回日本癌学会学術総会. 2021年9月30日~10月2日, 横浜.
  8. 吉戸文乃, 須藤豪太, 北嶋洋志, 新沼猛, 甲斐正広, 原田拓, 佐々木基, 久保俊之, 仲瀬裕志, 菅井有, 鈴木拓. エピジェネティック阻害剤のGIST細胞におけるエピゲノム修飾, 遺伝子発現への影響の統合解析. 第80回日本癌学会学術総会. 2021年9月30日~10月2日, 横浜.
  9. 新沼猛, 北嶋洋志, 畠中柚衣, 関口翔平, 萬顕, 久保俊之, 佐々木基, 原田拓, 甲斐正広, 仲瀬裕志, 鈴木拓. 新規頭頸部癌関連long non-coding RNAの同定と機能解析. 第80回日本癌学会学術総会. 2021年9月30日~10月2日, 横浜.
  10. 畠中柚衣, 新沼猛, 西山廣陽, 北嶋洋志, 山本英一郎, 甲斐正広, 萬顕, 関口翔平, 荻和弘, 宮﨑晃亘, 鈴木拓. DLEU1はインターフェロン関連遺伝子の発現とヒストン修飾を制御し口腔扁平上皮癌の進行を促進する. 第80回日本癌学会学術総会. 2021年9月30日~10月2日, 横浜.
  11. 関口翔平, 萬顕, 山本英一郎, 新沼猛, 高澤啓, 須藤豪太, 小池和茂, 畠中柚衣, 吉戸文乃, 北嶋洋志, 甲斐正広, 小山内誠, 高野賢一, 宮﨑晃亘, 鈴木拓. 頭頸部扁平上皮がんの腫瘍微小環境におけるAEBP1の解析. 第80回日本癌学会学術総会. 2021年9月30日~10月2日, 横浜.
  12. 甲斐正広, 佐藤亜紀子, 山本英一郎, 新沼猛, 北嶋洋志, 鈴木拓. メラノーマにおけるDiacylglycerol kinase γの機能解析. 第80回日本癌学会学術総会. 2021年9月30日~10月2日, 横浜.
  13. 青木敬則, 山本英一郎, 高澤啓, 新沼猛, 山野泰穂, 萬顕, 北嶋洋志, 甲斐正広, 小山内誠, 仲瀬裕志, 菅井有, 鈴木拓. SMOC1の大腸腫瘍診断マーカーとしての臨床的有用性の検討. 第80回日本癌学会学術総会. 2021年9月30日~10月2日, 横浜.
  14. 刑部光正, 伊藤勇馬, 杉本亮, 上杉憲幸, 柳川直樹, 鈴木拓, 菅井有. 大腸癌の腫瘍近傍正常腺管と分離癌腺管におけるmiRNA/mRNA発現状態の網羅的解析. 第80回日本癌学会学術総会. 2021年9月30日~10月2日, 横浜.
  15. 畠中柚衣, 新沼猛, 西山廣陽, 北嶋洋志, 山本英一郎, 甲斐正広, 関口翔平, 井戸川雅史, 佐々木泰史, 時野隆至, 宮﨑晃亘, 鈴木拓. DLEU1はインターフェロン関連遺伝子の活性化を介して口腔扁平上皮癌の進展を促進する. 第123回北海道癌談話会例会. 2021年10月16日, 札幌.
  16. 関口翔平, 萬顕, 山本英一郎, 新沼猛, 高澤啓, 須藤豪太, 畠中柚衣, 吉戸文乃, 北嶋洋志, 甲斐正広, 小山内誠, 高野賢一, 宮﨑晃亘, 鈴木拓. 頭頸部扁平上皮がんの微小環境におけるACLPの解析. 第123回北海道癌談話会例会. 2021年10月16日, 札幌.
  17. 新沼猛, 北嶋洋志, 畠中柚衣, 関口翔平, 甲斐正広, 宮﨑晃亘, 鈴木拓. 口腔扁平上皮がんに関連する長鎖非コードRNAの同定とその機能解析. 第123回北海道癌談話会例会. 2021年10月16日, 札幌.
  18. 北嶋洋志, 丸山玲緒, 新沼猛, 高澤啓, 山本英一郎, 石黒一也, 甲斐正広, 吉戸文乃, 小山内誠, 時野隆至, 仲瀬裕志, 鈴木拓. 慢性胃炎・胃がん関連長鎖non-coding RNAによるストレス顆粒形成の促進と発がん機構の解析. 第123回北海道癌談話会例会. 2021年10月16日, 札幌.
  19. 鈴木拓, 須藤豪太, 青木敬則, 山本英一郎, 高澤啓, 新沼猛, 吉戸文乃, 北嶋洋志, 久保俊之, 原田拓, 小山内誠, 仲瀬裕志. 腫瘍関連マクロファージはIL-1β-SAA1 axisを介して早期大腸がんの浸潤を促進する. 第32回日本消化器癌発生学会総会. 2021年11月26~27日, WEB開催.
  20. 新沼猛, 畠中柚衣, 北嶋洋志, 山本英一郎, 甲斐正広, 宮﨑晃亘, 鈴木拓. DLEU1はインターフェロン誘導性遺伝子の活性化により口腔扁平上皮癌の進展に寄与する. 第32回日本消化器癌発生学会総会. 2021年11月26~27日, WEB開催.
  21. 近藤享史, 本多昌平, 鈴木拓, 河北一誠, 荒桃子, 北河徳彦, 田中祐吉, 田中水緒, 新開真人, 檜山英三, 武冨紹信. 肝芽腫CHIC分類とDNAメチル化解析の統合による新規リスク分類. 第32回日本消化器癌発生学会総会. 2021年11月26~27日, WEB開催.
  22. 北嶋洋志, 丸山玲緒, 新沼 猛, 山本英一郎, 高澤 啓, 石黒一也, 甲斐正広, 吉戸文乃, 小山内誠, 時野隆至, 仲瀬裕志, 鈴木拓. 慢性胃炎・胃がん関連長鎖non-coding RNAはストレス顆粒形成を促進し, アポトーシスを抑制する. 第44回日本分子生物学会年会. 2021年12月1〜3日, 横浜.
  23. 萬顕, 関口翔平, 山本英一郎, 新沼猛, 高澤啓, 須藤豪太, 畠中柚衣, 吉戸文乃, 北嶋洋志, 甲斐正広, 小山内誠, 高野賢一, 宮崎晃亘, 鈴木拓. 頭頸部扁平上皮癌腫瘍間質におけるAEBP1の機能解析第122回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会. 2021年5月12~15日, 京都.

  1. TOP
  2. 業績