著書、総説、原著、学会発表

分子生物学講座(旧名:生化学講座)の業績を掲載しています。2010年からの業績をご覧頂けます。
なお前年度以前の内容については、PDFにて公開しています。

総説

2020
  1. 新沼猛, 鈴木拓.【エピジェネティクスと疾患】DNAメチル化. 医学のあゆみ 272巻1号 4-9.

原著

2020
  1. Yorozu A, Yamamoto E, Niinuma T, Tsuyada A, Maruyama R, Kitajima H, Numata Y, Kai M, Sudo G, Kubo T, Nishidate T, Okita K, Takemasa I, Nakase H, Sugai T, Takano K, Suzuki H. Upregulation of AEBP1 in endothelial cells promotes tumor angiogenesis in colorectal cancer. Cancer Sci. 111(5):1631-1644, 2020.
  2. Ishiguro K, Sasaki Y, Takagi Y, Niinuma T, Suzuki H, Tokino T, Hayashi T, Takahashi T, Igarashi T, Matsuno Y. Aggressive variant of splenic marginal zone lymphoma characterized using a cancer panel test and treated with rituximab-containing chemotherapy: A case report. Medicine. 99(35):e21938, 2020.
  3. Sudo G, Aoki H, Omori Y, Suzuki H, Nakase H. Sigmoid colon tumor with G-nas mutation presenting unique morphology. Gastrointest Endosc. 92(5):1133-1135, 2020.
  4. Nakanishi H, Sawada T, Kaizaki Y, Ota R, Suzuki H, Yamamoto E, Aoki H, Eizuka M, Hasatani K, Takahashi N, Inagaki S, Ebi M, Kato H, Kubota E, Kataoka H, Takahashi S, Tokino T, Minamoto T, Sugai T, Sasaki Y. Significance of gene mutations in the Wnt signaling pathway in traditional serrated adenomas of the colon and rectum. PLoS One. 15(2):e0229262, 2020.
  5. Ota R, Sawada T, Tsuyama S, Sasaki Y, Suzuki H, Kaizaki Y, Hasatani K, Yamamoto E, Nakanishi H, Inagaki S, Tsuji S, Yoshida N, Doyama H, Minato H, Nakamura K, Kasashima S, Kubota E, Kataoka H, Tokino T, Yao T, Minamoto T. Integrated genetic and epigenetic analysis of cancer-related genes in non-ampullary duodenal adenomas and intramucosal adenocarcinomas. J Pathol. 252(3):330-342, 2020.
  6. 分類不能鋸歯状病変を由来としたTraditional serrated adenomaの癌化症例. 山川司, 吉井新二, 市原真, 大和田紗恵, 柴田泰洋, 風間友江, 平山大輔,久保俊之, 能正勝彦, 須藤豪太, 山本英一郎, 鈴木拓, 山野泰穂, 仲瀬裕志. 胃と腸. 55(13):1631-1638, 2020.

学会発表 (国内)

2020
  1. 青木敬則, 山本英一郎, 高澤啓, 山野泰穂, 原田拓, 松下弘雄, 菅井有, 鈴木拓. 大腸鋸歯状腺腫の発育進展に関わるSMOC1メチル化異常の検討. 第16回日本消化管学会総会学術集会. 2020年2月7~8日, 姫路.
  2. 柴田泰洋, 山野泰穂, 久保俊之, 吉井新二, 秋田浩太朗, 横山佳浩, 風間友江, 三橋慧, 山下健太郎, 能正勝彦, 須藤豪太, 山本英一郞, 鈴木拓, 寺井琴美, 長谷川匡, 永塚真, 菅井有, 仲瀬裕志. Lynch症候群に合併した多発微小大腸癌. 第92回大腸癌研究会. 2020年1月23~24日, 広島.
  3. 鈴木拓, 萬顕, 山本英一郎, 新沼猛, 北嶋洋志, 甲斐正広, 仲瀬裕志. 大腸がんにおけるAEBP1の発現上昇は腫瘍血管新生を促進する. 第57回日本臨床分子医学会学術総会. 2020年4月10~11日, 東京(誌上発表).
  4. 須藤豪太, 山本英一郎, 三橋慧, 久保俊之, 山野泰穂, 鈴木拓, 仲瀬裕志. 新規大腸がん間質関連遺伝子の同定とがん微小環境における機能の解明. 第106回日本消化器病学会総会. 2020年8月11~13日, 広島.
  5. 柴田泰洋, 山野泰穂, 久保俊之, 吉井新二, 山下健太郎, 須藤豪太, 山本英一郎, 鈴木拓, 寺井琴美, 長谷川匡, 永塚真, 菅井有, 仲瀬裕志. Lynch症候群に合併した多発微小大腸癌の1例. 第106回日本消化器病学会総会. 2020年8月11~13日, 広島.
  6. 秋田浩太朗, 山野泰穂, 柴田泰洋, 久保俊之, 吉井新二, 横山佳浩, 風間友江, 三橋慧, 能正勝彦, 山下健太郎, 須藤豪太, 山本英一郎, 鈴木拓, 寺井琴美, 辻脇光洋, 長谷川匡, 永塚真, 菅井有, 仲瀬裕志. 横行結腸に発生したcytological dysplasiaを伴う分類困難な鋸歯状病変の1例. 第99回日本消化器内視鏡学会総会. 2020年9月2~3日, 京都.
  7. 柴田泰洋, 山野泰穂, 久保俊之, 吉井新二, 山下健太郎, 須藤豪太, 山本英一郎, 鈴木拓, 寺井琴美, 長谷川匡, 永塚真, 菅井有, 仲瀬裕志. Superficial serrated adenoma (SuSA)の発がんが観察された微小大腸癌の1例. 第99回日本消化器内視鏡学会総会. 2020年9月2~3日, 京都.
  8. 久保俊之, 山野泰穂, 中村友哉, 柴田泰洋, 山川司, 風間友江, 赤保内正和, 吉井新二, 山下健太郎, 須藤豪太, 山本英一郎, 鈴木拓, 永塚真, 菅井有, 杉田真太郎, 長谷川匡, 遠藤高夫, 仲瀬裕志. SSA/P由来が示唆された横行結腸SM癌の一例. 第99回日本消化器内視鏡学会総会. 2020年9月2~3日, 京都.
  9. 菅井有, 刑部光正, 杉本亮, 鈴木拓. Adeno carcinoma sequenceに基づいた大腸癌のマルチオミックス解析. 第79回日本癌学会学術総会. 2020年10月1日~3日, 広島.
  10. 北嶋洋志, 丸山玲緒, 高澤啓, 新沼猛, 山本英一郎, 甲斐正広, 時野隆至, 小山内誠, 仲瀬裕志, 鈴木拓. 慢性胃炎および胃がんに関連する長鎖non-coding RNAの同定. 第79回日本癌学会学術総会. 2020年10月1日~3日, 広島.
  11. 山本英一郎, 萬顕, 新沼猛, 北嶋洋志, 須藤豪太, 甲斐正広, 高野賢一, 仲瀬裕志, 鈴木拓. AEBP1の発現上昇は大腸がんの腫瘍血管新生を促進する. 第79回日本癌学会学術総会. 2020年10月1日~3日, 広島.
  12. 松下洋輔 ,小松正人, 清谷一馬, 吉丸哲郎, 新沼猛, 鈴木拓, 本田純子, 井本逸勢, 丹黒章, 三好康雄, 笹三徳, 片桐豊雅. 新規癌抑制遺伝子SALL3はトリプルネガティブ乳癌の薬剤抵抗性に関与する. 第79回日本癌学会学術総会. 2020年10月1日~3日, 広島.
  13. 澤田武, 佐々木泰史, 太田亮介, 津山翔, 八尾隆史, 中西宏佳, 山本英一郎, 久保田英嗣, 片岡洋望, 鈴木拓, 時野隆至, 源利成. 非乳頭十二指腸腺腫、粘膜内癌におけるゲノム・エピゲノムの統合解析. 第79回日本癌学会学術総会. 2020年10月1日~3日, 広島.
  14. 甲斐正広, 佐々木亜紀子, 山本英一郎, 新沼猛, 北嶋洋志, 鈴木拓. メラノーマ細胞におけるジアシルグリセロールγの低発現. 第79回日本癌学会学術総会. 2020年10月1日~3日, 広島.
  15. 伊藤勇馬, 杉本亮, 刑部光正, 柳川直樹, 大塚幸喜, 佐々木章, 鈴木拓, 菅井有. 線管分離法を用いた大腸癌および大腸周囲粘膜の網羅的omics解析. 第79回日本癌学会学術総会. 2020年10月1日~3日, 広島.
  16. 石黒一也, 北嶋洋志, 新沼猛, 丸山玲緒, 山本英一郎, 甲斐正広, 仲瀬裕志, 鈴木拓. 多発性骨髄腫における新規エピジェネティック併用療法の開発. 第79回日本癌学会学術総会. 2020年10月1日~3日, 広島.
  17. 青木敬則, 山本英一郎, 高澤啓, 新沼猛, 山野泰穂, 萬顕, 北嶋洋志, 甲斐正広, 小山内誠, 仲瀬裕志, 菅井有, 鈴木拓. SMOC1の大腸腫瘍診断マーカーとしての臨床的有用性の検討. 第79回日本癌学会学術総会. 2020年10月1日~3日, 広島.
  18. 須藤豪太, 山本英一郎, 青木敬則, 高澤啓, 新沼猛, 久保俊之, 萬顕, 北嶋洋志, 甲斐正広, 小山内誠, 仲瀬裕志, 鈴木拓. 早期大腸がん浸潤先進部の分子解析. 第79回日本癌学会学術総会. 2020年10月1日~3日, 広島.
  19. 新沼猛, 北嶋洋志, 山本英一郎, 甲斐正広, 鈴木拓. 転移性膵癌におけるHOXA遺伝子座のlincRNA発現異常. 第79回日本癌学会学術総会. 2020年10月1日~3日, 広島.
  20. 佐藤千絵, 刑部光正, 鈴木拓, 板持広明, 馬場長, 菅井有. 卵巣高異型度漿液性癌における分離癌腺管および癌周囲間質のmicroRNAの発現状態. 第79回日本癌学会学術総会. 2020年10月1日~3日, 広島.
  21. 畠中柚衣, 新沼猛, 西山廣陽, 北嶋洋志, 山本英一郎, 甲斐正広, 関口翔平, 荻和弘, 宮崎晃亘, 鈴木拓. 口腔扁平上皮がんにおける長鎖非コードRNA DLEU1のがん遺伝子的機能の解析. 第79回日本癌学会学術総会. 2020年10月1日~3日, 広島.
  22. 萬顕, 関口翔平, 山本英一郎, 新沼猛, 高澤啓, 須藤豪太, 畠中柚衣, 北嶋洋志, 甲斐正広, 小山内誠, 宮崎晃亘, 高野賢一, 鈴木拓. 頭頚部扁平上皮がんの微小環境におけるAEBP1の解析. 第79回日本癌学会学術総会. 2020年10月1日~3日, 広島.
  23. 関口翔平, 萬顕, 山本英一郎, 新沼猛, 高澤啓, 須藤豪太, 畠中柚衣, 北嶋洋志, 甲斐正広, 小山内誠, 高野賢一, 宮崎晃亘, 鈴木拓. 頭頚部扁平上皮がんの微小環境におけるAEBP1の解析. 第122回北海道癌談話会例会. 2020年10月17日, 札幌.
  24. 石黒一也, 北嶋洋志, 新沼猛, 丸山玲緒, 山本英一郎, 甲斐正広, 仲瀬裕志, 鈴木拓. EZH2とG9aの共阻害はインターフェロンシグナルの活性化とIRF-4-MYCaxisの抑制により多発性骨髄腫細胞の増殖を抑制する. 第122回北海道癌談話会例会. 2020年10月17日, 札幌.
  25. 畠中柚衣, 新沼猛, 北嶋洋志, 西山廣陽, 山本英一郎, 甲斐正広, 宮崎晃亘, 鈴木拓. 口腔扁平上皮がんにおける長鎖非コードRNA DLEU1のがん遺伝子的機能の解析. 第122回北海道癌談話会例会. 2020年10月17日, 札幌.
  26. 須藤豪太, 山本英一郎, 青木敬則, 高澤啓, 新沼猛, 久保俊之, 萬顕, 北嶋洋志, 甲斐正広, 小山内誠, 仲瀬裕志, 鈴木拓. 早期大腸がん浸潤先進部の分子解析. 第122回北海道癌談話会例会. 2020年10月17日, 札幌.
  27. 山川司, 吉井新二, 市原真, 秋田浩太朗, 大和田紗恵, 横山佳浩, 柴田泰洋, 風間友江, 赤保内正和, 久保俊之, 仲地耕平, 能正勝彦, 山下健太郎, 須藤豪太, 山本英一郎, 鈴木拓, 山野泰穂, 仲瀬裕志. 分類不能鋸歯状病変を伴ったtraditional serrated adenoma癌化症例. 第100回日本消化器内視鏡学会総会(JDDW2020). 2020年11月5~8日, 神戸.
  28. 鈴木拓, 青木敬則, 山本英一郎, 高澤啓, 新沼猛, 北嶋洋志, 原田拓, 山野泰穂, 松下弘雄, 菅井有. 大腸鋸歯状病変におけるSMOC1遺伝子メチル化異常の検討. 第31回日本消化器癌発生学会総会. 2020年11月27日, Web開催.
  29. 北嶋洋志, 丸山玲緒, 髙澤啓, 山本英一郎, 新沼猛, 甲斐正広, 石黒一也, 萬顕, 仲瀬裕志, 時野隆至, 鈴木拓. 慢性胃炎および胃がんに関連する長鎖non-coding NRA結合タンパク質の探索. 第14回日本エピジェネティクス研究会年会. 2021年3月30日~31日, 名古屋.
  30. 新沼猛, 北嶋洋志, 山本英一郎, 甲斐正広, 鈴木拓. 転移性膵癌におけるHOXA遺伝子座のlncRNA発現異常の解析. 第14回日本エピジェネティクス研究会年会. 2021年3月30日~31日, 名古屋.
  31. 畠中柚衣, 新沼猛, 北嶋洋志, 西山廣陽, 萬顕, 山本英一郎, 甲斐正広, 宮﨑晃, 亘鈴木拓. 口腔扁平上皮がんにおける長鎖非コードRNA DLEU1のがん遺伝子的機能の解析. 第14回日本エピジェネティクス研究会年会. 2021年3月30日~31日, 名古屋.
  32. 石黒一也, 北嶋洋志, 新沼猛, 丸山玲緒, 萬顕, 西山直隆, 山本英一郎, 甲斐正広, 仲瀬裕志, 鈴木拓. EZH2とG9aの共阻害はインターフェロンシグナルに影響を与え多発性骨髄腫の増殖を抑制する. 第14回日本エピジェネティクス研究会年会. 2021年3月30日~31日, 名古屋.

  1. TOP
  2. 業績