札幌医科大学附属病院 病理診断科・病理部
 
病理診断科・病理部について

病理診断とは

 病理診断科・病理部では、患者さんを直接診察するわけではありませんが、患者さんの体から生検や手術によって採取された検体から作製した組織を顕微鏡でみる組織診断と体液中に剥離した細胞や穿刺吸引した細胞を顕微鏡でみて良悪性を判定する細胞診断を行い、その診断結果が主治医に報告され適切な治療に生かされています。さらに、病院で治療の経過中に不幸にして亡くなられた患者さんの死因を究明し、診断・治療が妥当であったかどうかを検証する病理解剖を基礎医学病理学講座と共同で行っています。これら組織診断、細胞診断、病理解剖の3つが病理診断の主な内容です。
 病理診断科・病理部では、大学附属病院の中央部門として、診療科から依頼される検体の病理診断を行っています。組織診断では、通常の病理標本を鏡検して診断報告書を作成するだけでなく、手術中に摘出された検体の切除断端やリンパ節に癌細胞がないかどうかなどを調べる術中迅速診断を行い、その後の手術方針の決定に役立てています。また、抗原抗体反応を利用し、抗原となる蛋白質を特異的に染色してその局在を検出する免疫組織化学染色、蛍光色素で標識したDNAプローブを用い、目的の遺伝子とハイブリダイゼーションさせ蛍光顕微鏡で検出するFISHによる遺伝子診断を行っています。これらの補助的病理診断法によって、より正確な診断が可能となるだけでなく、患者さんの予後を判定し、化学療法による治療効果を予測することができます。細胞診断では、細胞検査士と病理医の複数チェックによって診断の精度管理に努めています。病理解剖では、診断報告書を作成するだけでなく、診療科と臨床病理検討会(CPC)を行い臨床研修医や学生教育に役立てています。また、院外から依頼される委託病理検査では、遺伝子診断を含めた病理診断と病理解剖を行い、地域医療へ貢献しています。
 さらに、診療科と術前・術後の病理カンファレンス、病理組織標本をパソコン画面で自由自在に閲覧できるバーチャルスライドによる画像サービスを提供し、医療の質の向上、教育および研究に役立てています。また、病理診断精度と治療成績の向上を目指して、長期保管された病理標本を用いて、診療科や多施設と共同で臨床病理学的研究が行われ、多数の研究業績があげられています。



学生・研修医教育

 病理診断科・病理部では、医学部学生へ臨床医学としての病理診断学教育を行っています。6人で2週間の第5学年クリクラではCPCも行っています。2人で4週間の第6学年選択クリクラでは実践的な診断を経験することができます。第3学年の病理学実習ではバーチャルスライドも用いながら顕微鏡実習を行っています。現代の病理学は目で見える「形態」を基本として、様々な解析方法を駆使して病気の病因、病態、転帰を明らかにする総合科学の一つです。さらに、病理学は基礎医学から臨床医学の全ての領域に及び、各診療科に関連しています。学生には、検体の肉眼観察から始まって、切り出し、鏡検、診断に至る病理診断の一連の流れを体験し、時に病理解剖に参加してもらうことで、病理学の理解を深め、おもしろさを感じてもらえるような教育プログラムを用意しています。
 病理専門医を目指す研修医には、最短で病理専門医、細胞診専門医の資格取得が可能な研修プログラムを用意し、各診療科からの多種類かつ多数の症例を経験することで病理診断能力の向上を図ることができます。それ以外の研修医には、病理学的な知識と経験をもった診療科医師に育ってもらえる様にその科に特化した研修プログラムを用意しています。



大学院について

 病理診断学では、札幌医科大学大学院医学研究科腫瘍病理学として、医学・医療の将来を担う研究者を育成しています。主に骨軟部腫瘍の生検・手術標本の組織・細胞診断によって病態を解明し臨床医学に貢献することを目的として、形態学、免疫組織化学および分子生物学的に各種骨軟部腫瘍を解析しています。大学院では、病理専門医の資格取得を目指した外科病理の修練を行い、同時に関連した臨床病理学的研究を行うことで学位取得が可能なようにプログラムを組んでいます。大学院修了時には、病理専門医、細胞診専門医の資格を取得しているので、大学病院あるいは関連病院で病理医として勤務することができます。また、研究を希望する場合は継続できるように配慮しています。
 
TOPご挨拶病理診断科・病理部についてメンバー紹介教育・研修のお知らせ研究内容研究業績リンクお問い合わせ
copyright(C)2006 Sapporo Medical University Hospital. All right reserved.
 
リンク お問い合わせ