本文へスキップ



        

 
ー患者さんへー
   私たち検査部では、新しい検査法の開発、検査法の精度改良、検査異常値の検証など医療に貢献するための研究をおこなっております。このような臨床検査に関わる研究により臨床検査の質が向上し、診療へも寄与してきたと考えております。
   これらの研究は、「臨床検査を終了した検体の業務、教育、研究のための使用について−日本臨床検査医学会の見解−」を遵守し、札幌医科大学附属病院臨床研究審査委員会の承認を受けた後、患者さんが当院で検査した血液や尿などの少量の余りを使用させていただきます。患者さんの個人情報が外部に漏れることや、通常の医療費以外の余分な負担が生じることはありません。
 これらの研究で使用する血液や尿などの少量の余りを提供されたくない方や研究の詳細をお知りになりたい方は、下記にご連絡下さい。

研究責任者:札幌医科大学医学部 感染制御・臨床検査医学講座 髙橋 聡
連絡先:〒060-8543 札幌市中央区南1条西16丁目 TEL:011-611-2111
平日:札幌医科大学医学部 感染制御・臨床検査医学講座 内線36390
夜間・休日:札幌医科大学附属病院 検査部 内線36360


ー治験・臨床研究の内容ー


PAI(プラスミノゲンアクチベータインヒビター-1)-1測定試薬「ナノピア PAI(プラスミノゲンアクチベータインヒビター-1)-1」の基礎的検討についてのお知らせ
この研究の公開文書は ここをクリック

ヒト・動物・環境に由来するクロストリジウム・ディフィシルの関連の解明(後向き観察研究)についてのご説明

この研究の公開文書は ここをクリック

「AST,ALT,ALPおよびLD活性測定におけるIFCC対応試薬の有用性に関する検討」についてのご説明
この研究の公開文書は ここをクリック

「TPLA(ティーピ-エルエイ)試薬を用いた新規梅毒検査アルゴリズムに関する研究」についてのご説明
この研究の公開文書は ここをクリック

胎児・
新生児溶血性疾患の発症予測に対する高感度IgG(アイ・ジー・ジー)サブクラス解析の有用性の検討」についてのご説明

この研究の公開文書は ここをクリック

高感度 H B s (エイチビーエス)抗原定量試薬の臨床的有用性に関する検討
(後向き観察研究)に関するお知らせ

この研究の公開文書は ここをクリック

「可溶性インターロイキン2受容体測定試薬『ナノピア IL-2R』の基本性能の評価(後ろ向き観察研究)」についてのお知らせ
この研究の公開文書は ここをクリック

デジタルPCR法を用いた骨髄増殖性腫瘍におけるJAK2遺伝子V617F変異検出の有用性についての研究(後向き観察研究)についてのお知らせ
この研究の公開文書は ここをクリック

「赤血球抗原に対する小児同種免疫に関する多施設共同研究」に関するお知らせ

この研究の公開文書は ここをクリック

全自動遺伝子解析装置GeneXpert(ジーンエキスパート)システムによる毒素産生性Clostridium difficile(クロストリジウム ディフィシル)検出能の検討(後向き観察研究)についてのご説明

この研究の公開文書は ここをクリック

高感度HBS(エイチ ビー エス)抗原測定試薬の基本性能に関する検討(後ろ向き観察研究)
この研究の公開文書は ここをクリック


従来試薬よりも高濃度域が測定可能となった血漿FDP(エフディーピー)およびD(ディー)ダイマー試薬の検討(後ろ向き観察研究)」に関するお知らせ
この研究の公開文書は ここをクリック

「当院で実施したクロスミキシングテストの有用性の評価(後ろ向き観察研究)」に関するお知らせ
この研究の公開文書は ここをクリック

径胸壁心臓超音波検査から算出する非観血的指標による間質性肺疾患例の評価(後ろ向き観察研究)

この研究の公開文書は ここをクリック


大動脈弁狭窄症に対する術前後での心機能・心形態の変化に関する検討(後ろ向き観察研究)
この研究の公開文書は ここをクリック


下肢静脈超音波検査による整形外科手術後の深部静脈血栓症発生因子に関する検討(後向き観察研究)
この研究の公開文書は ここをクリック


アウトブレイクが医療機関に及ぼすコストに関する研究(後ろ向き観察研究)
この研究の公開文書は ここをクリック

僧帽弁狭窄症に関する検討(後ろ向き観察研究)

この研究の公開文書は ここをクリック

TRAb(ティーアールエービー)測定試薬の基本性能に関する検討(後向き観察研究)

この研究の公開文書は ここをクリック


CA72-4抗原測定試薬の基本性能に関する検討(後ろ向き観察研究)
この研究の公開文書は ここをクリック


運動負荷心エコー図検査を用いた右心機能評価
この研究の公開文書は ここをクリック


尿路上皮がんに対する腸管利用尿路変向術患者さんにおける尿中liver-type fatty acid binding protein (L-FABP)の前向き観察研究
この研究の公開文書は ここをクリック


ー終了した治験・臨床研究ー

下記の研究は終了しました。皆様のご協力に深謝申し上げます。

 カルシウム、および、アルブミン測定法における血清カルシウム補正式の検討
 白血病の遺伝子検査の研究
 ノロウイルス検出における抗原キットおよび自動遺伝子検査装置GeneXpert(ジーンエキスパート)とTRC Ready-80(ティーアールシーレディー)の性能評価について(後ろ向き観察研究)
 MSSA(メチシリン感受性黄色ブドウ球菌)に対するCEZ(セファゾリン)を含む各種抗菌薬のInoculum effectに関する検討(後ろ向き観察研究)
 高感度HBs抗原測定試薬の基本性能に関する検討(後向き観察研究)
 血中可溶性インターロイキン2受容体測定試薬『ステイシア CLEIA IL-2R』の基礎的検討(後ろ向き観察研究)
 Aspergillus属菌に対する抗真菌薬のMIC,MEC分布および市販酵母様真菌薬剤感受性キットを用いた試験法の検討(後ろ向き観察研究)
 新規に開発された総カルニチン(T-Car)と遊離カルニチン(F-Car)測定試薬」の研究(後ろ向き観察研究)
 自動遺伝子検査装置TRCReady-80(ティーアールシーレディ)を用いた迅速抗酸菌検出法」の検討(後ろ向き観察研究)
 ルミパルスプレストPIVKAII(ピブカツー)N(エヌ)エーザイにおける基本性能の評価(後向き観察研究)
 尿中L型脂肪酸結合蛋白(L-FABP)測定試薬『ノルディアL-FABP』の基礎的検討
 HIV第4世代スクリーニング試薬ルミパルス HIV Ag/Abの基本性能に関する検討
高感度トロポニンI測定試薬の基本性能に関する検討 

ー職員の皆さんへー
私たち検査部では、新しい検査法の開発、検査法の精度改良、検査異常値の検証など医療に貢献するための研究をおこなっております。このような臨床検査に関わる研究により臨床検査の質が向上し、診療へも寄与してきたと考えております。
   これらの研究は、「臨床検査を終了した検体の業務、教育、研究のための使用について−日本臨床検査医学会の見解−」を遵守し、札幌医科大学附属病院倫理委員会の承認を受けた後、皆さんが当院で健康診断に用いた血液や尿などの少量の余りを使用させていただきます。皆さんの個人情報が外部に漏れることや、通常の医療費以外の余分な負担が生じることはありません。
 これらの研究で使用する血液や尿などの少量の余りを提供されたくない方や研究の詳細をお知りになりたい方は、下記にご連絡下さい。

研究責任者:札幌医科大学医学部 感染制御・臨床検査医学講座 髙橋 聡
連絡先:〒060-8543 札幌市中央区南1条西16丁目 TEL:011-611-2111
平日の連絡先:札幌医科大学医学部 感染制御・臨床検査医学講座 内線3639
夜間・休日の連絡先:札幌医科大学附属病院 検査部 内線3636


 現在、掲載すべき研究はございません


このページの先頭へ