本文へスキップ

医療人育成センター

教育内容program

医学部

基礎生物:1年前期(鈴木,三瀬)
 この科目は,入学試験で生物を選択しなかった学生を対象とする.医学を学んでいく上で必要な生物学の基礎知識についての基本的知識を習得することを目標とする.この授業をきっかけに,これから学んでいく医学への興味を拡大していってほしい.
【生物を構成する物質】【生物の概要】【遺伝子のはたらき】:鈴木
【基礎遺伝学】:三瀬


基礎生命科学:1年前期(鈴木)
 この科目は,高校生物の教育項目のうち特に医学に関連する分野としてホメオスタシスや発生のしくみについて学び,1年後期の人体発生学や解剖学,2年の生理学を学ぶための基盤を作る.講義は,高校生物の内容をベースにしながらも,より高度な内容,特に疾病などとの関連性を含め最新の知見をまじえつつ講義し,医学科目との関連性を強調する.これにより,生物学の知識基盤が,今後の医学科目を学ぶに当たり如何に役立つかを理解させる.具体的な講義内容は,以下に示す.
【生物の全体像】【動物の体内環境の維持】【動物の発生】:鈴木
生物学の基礎として,ヒトの体内環境を維持するしくみ(ホメオスタシス,循環系,泌尿器系,ホルモンと自律神経,免疫系)について学ぶ.また,細胞・組織・器官・器官系という生命の階層構造や,動物の発生のしくみについて学ぶ.


生命科学Ⅰ(生物系):1年前期(鈴木,吉田)
 本講義は動物の反応と細胞生物学,分子遺伝学の3分野からなり,それぞれの学習目標は次の通りである.
【動物の反応】神経系,受容器と効果器,神経回路について学習する(鈴木).
【細胞生物学】生命の基本単位である細胞の構造と機能を学習する(鈴木).
【分子遺伝学】分子遺伝学の発展的基礎を学び,遺伝や遺伝子に関する素養を身につける(吉田).


自然科学実験(生物実験):1年前期(鈴木,高橋,三瀬,有木)
 いろいろな生物を用いた実験や観察を通して,医学を専攻するうえで重要な生物学的センスや観察力を身につけることを目標とする.分子レベルから細胞・組織レベル,器官・系レベルのまで幅広くいろいろな生物学の実験を行うが,学生各個人が自ら組織細胞の構造を観察し,その機能を考察することにより,生物を理解してもらいたい.分子レベルの実験からは,生命が化学物質で構成されていることを理解し,化学的実験手法が生命の理解に効果的であることを体感してもらう.
 また,基礎医学教育課程の組織学や微生物学,病理学などでは,生物顕微鏡を使う実習があり,顕微鏡の仕組みや原理,取り扱い方について十分に熟知しておく必要がある.このため本実験では,生物顕微鏡の仕組みを十分に理解することも目的とし,動植物の標本観察によって顕微鏡の取り扱い方をマスターしてもらう.また,組織構築など生物の形態的特徴を,観察スケッチにより把握し理解する訓練も行う.


免疫学Ⅰ(第7回のみ):2年後期(鈴木)
 第7回講義「抗原提示細胞・免疫シナプス」
 抗原提示細胞の特徴と機能について学ぶ.特に食細胞と抗原提示細胞の違いについてや,外因性抗原の手抗原提示経路と内因性抗原の抗原提示経路の違いについて学ぶ.また,免疫シナプスを介した抗原情報の伝達について解説し,免疫シナプスの構造と機能について学ぶ(鈴木).


保健医療学部

生物学:1年後期(鈴木)
 ひとの身体や病気のしくみを理解するのに不可欠な生物学の基盤的知識について講義する.高校生物の学習内容がどのように医学に結びついているのかを含めて丁寧に解説する.


自然科学実験(生物学実験):1年後期(鈴木)
 生物学における基礎的実験を通し,生物学実験の方法,観察記録,実験結果の整理の仕方を学習する.


講義資料など閲覧ページへのリンク(受講生のみ)

講義資料などを閲覧・ダウンロードできます.
パスワードは各講義でお知らせします.
                   閲覧ページ


information

札幌医科大学
医療人育成センター
生物学教室

基礎医学棟6F


〒060-8556
札幌市中央区南一条西17丁目
TEL.011-611-2111 ex26230
FAX.011-642-7010