放射線診断学教室について|札幌医科大学医学部 放射線診断学。北海道札幌市で放射線診断のエキスパートを育成。

放射線診断学教室について


2011年から放射線診断学を担当している畠中です。
臨床医学のインフラストラクチャーである放射線診断学の充実を通じて、臨床医学の向上に貢献することが教室の使命です。その実現のため、放射線診断医の育成にも力を注いでいます。

診断学では、単純X線写真・エコー・CT・MRI・核医学・IVRといった医学に関する画像を扱います(「診断学とは」をご覧下さい)。画像診断の需要が著しく増加してきたため、札幌医大では2011年に放射線診断学が設立されました。因みに、2015年4月19日の時点で、全国の放射線診断専門医数は5118名、放射線治療専門医数は1032名です。放射線診断分野の需要増が理解頂けると思います。残念ながら北海道は診断医が極端に少なく、需要に追い付いていません。


放射線診断学は画像を通じて全診療科と関わる言わば「臨床医学のインフラストラクチャー」です。正確な画像診断は、早期発見・早期治療・適切な治療方針の選択に役立ちます。放射線診断学を充実させることは臨床医学のレベルアップに直結します。医学部を受験した時の初心に帰って、北海道を取り巻く医療環境の中で自分がどう貢献できるのか、じっくり考えてみてください。

毎週水曜16:00から病院地下1階のMRI読影室で症例カンファレンスを行っています。
勉強しに来ている学生もいますので、学生も研修医も気軽に参加して、まずは画像に親しんでください。
2016年度からは、研修医・学生用の読影端末を設置し、国家試験に出題されるような代表的疾患や、当直に役立つ疾患の画像をみられるようになります。クリクラや自習で使用できますので、役立ててください。


放射線診断学が今日の臨床医学でどういった位置付けになっているのか、例を挙げて説明しましょう。

癌の初期診断には

の評価が重要になります。

正確なstagingが行われないと適切な治療戦略を立てることができません。
放射線診断医はこの領域で中心的役割を果たしています。

「初期診断をしたら仕事は終わり?」ではありません。治療後の経過観察にはCT・MRI・FDG-PETなどの画像検査が行われます。再発の有無を判断したり、治療効果を評価することも放射線診断医の重要な仕事です。病気のことだけで無く、画像の特性(解像度やスライス厚)も十分理解していないと「増大」・「縮小」・「有意な変化なし」の判断を誤ってしまいます。放射線診断専門医が評価していないと治験は認められませんし、最近の医学雑誌では受理されない傾向にあります。


放射線診断が重要なのは、癌診療に限ったことではありません。整形外科領域の骨・関節評価にMRIは欠くことができません。循環器領域でも、冠動脈や心機能評価にCT・MRI・SPECTは重要な役割を果たしています。

放射線診断は、病変の性質(良悪性鑑別)・広がりや進行度(staging)などの評価にとどまらず、病変の持っている生物学的な悪性度・微細構造などに基づいた治療に対する反応性の予測、つまり「予後予測」にまで領域を広げつつあります。最近の技術革新によるPET/CTやPET/MRの開発により、核医学と従来からの放射線診断学の新たな融合の時代に入り、生まれ変わろうとしています。
いつの時代も新たな分野を切り拓くのは若い力です。放射線診断学領域に関心を抱き、情熱のある人材を求めています。発展途上の新しい医学分野に挑戦してみませんか。

医療機関名 医師 専門分野名
函館五稜郭病院 鎌田紀美男 放射線診断・IVR
セントラルCIクリニック 塚本江利子 放射線診断、核医学
市立室蘭総合病院 吉田悟 放射線診断、核医学
済生会小樽病院 武田美貴 放射線診断
函館市医師会病院 市村健 放射線診断・IVR、核医学
KKR札幌医療センター 中村則子 放射線診断、核医学